とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 基地

5月10日、陸海空3自衛隊を一元的に指揮する「統合作戦司令部」創設の悪法が参議院で成立してしまった。これは、4月の日米首脳会談ー共同声明で確認された「日米の指揮統制枠組みの見直し」を進めるためのもので、これで横田基地の在日米軍司令部のもとで米軍・自衛隊が指揮系統を一本化する動きが加速するという、とんでもない戦争法です。戦争反対で戦後80年、陸海空3軍を一元的に指揮する司令部はつくらないできていたのに、最大野党の立憲も賛成したとのことで許しがたい。朝日新聞の取り扱いも小さすぎる!
横田7
5月12日、「横田を中国侵略戦争の司令部にするな!」と米軍・自衛隊への抗議行動に起ちました(主催:改憲・戦争阻止!大行進三多摩)。まず、福生駅前での街宣、それから近くの「ひふみ公園」での集会。そこから横田基地に向かってデモ行進。さらに基地への申し入れと、4時間近くの行動に約100名が参加しました。その間ずっと右翼が大音量の街宣車で妨害!(なんと9台も) でもそれを上回る「安保粉砕・基地撤去!」のコールでがんばりました。
横田3
横田2
集会には千葉から三里塚現闘の方も参加され「成田空港の物流は激減しているのに新たに4000mの滑走路を造ろうとしている。巨大兵站基地だ。成田と横田は一体だ」と言われました。また、神奈川から横須賀で反基地闘争を闘っている仲間が報告、さらに練馬、三多摩の医療福祉労働者から職場での闘いの報告がありました。地元の労働者は「頻繁にオスプレイやC130が飛んでいて怒りでいっぱいだ。マスコミも民衆の闘いを報道せず異常だ」と訴え、学生も、アメリカの学生のパレスチナ連帯行動を前に「世界と私たちの闘いは繋がっている!戦争の司令部横田の現地で闘おう」と呼びかけました。
横田1
集会後、横田基地周辺をデモ行進。家の中から手を振ってくれたり、スマホで写真を撮ったり、デモに入って一緒に歩いたりと、反応がとても良かったです。

デモ終了後、再度横田基地ゲート前へ行って申し入れ行動。航空自衛隊横田基地司令は自衛官が出てきました。申入書を読み上げ手渡しました(信号を挟んで反対側が第二ゲート)。
横田4
(申入書)
横田6
しかし、在日米軍司令は申入書の受け取りを拒否して出てきません。ちゃんと受け取れ!とみんなで信号を渡って門前へ。すると米軍は直ちに門の鉄扉を閉めてしまいました。「出てこい!受け取れ!」と抗議しても反応なし。やむなくその場で申入書を読み上げ抗議しました。
横田5
目の前の鉄扉の向こう側はまるで「治外法権」のようです。「日米地位協定」で国内法が及びません。世界で戦争をやっている人殺しの米軍が我がもの顔で居座っているのです。この米軍と自衛隊が一体となって対中国への戦争訓練を強化しています。さらに戦争に向けて指揮系統を一本化していくなど絶対に許すことはできません。
すでに戦争は始まっている!この現実を私たちは必死で訴えていかねばと思いました。(S)


東京北部の仲間からの報告を紹介します。
* * * * * * *
3月17日、東京の陸上自衛隊練馬駐屯地に対し、改憲・戦争阻止!大行進 東京北部実行委員会は「自衛官は侵略の銃を取るな!」「反戦デモで戦争を止めよう!」「青年の名簿を自衛隊に渡すな!」の抗議行動を行いました。

徳丸第二公園(板橋区)の集会では、前々日に自公が英伊と共同開発する次期戦闘機の第三国輸出を解禁したことを「閣議決定があるから歯止めになる」とは全くのデタラメだと暴露、三菱重工など戦争願望を強める財界と岸田政権=日本帝国主義を打倒しなければならない、練馬駐屯地から南西諸島の戦場に行くことをやめさせようとの怒りに満ちた基調報告を確認。さらに横田・朝霞・横須賀の首都圏の反基地闘争の報告、自治体労働者や全学連の決意を受けてデモに出発しました。

北部1.png
100人の隊列が大型スーパーや商店街の市民の注目の中、練馬駐屯地前に到着。北部5
東京北部の青年労働者と三多摩の仲間が、駐屯地司令や岸田首相あての抗議申入書を堂々と読み上げている間、デモ隊が立ち止まって声援を送ると、公安警察が激しく規制・弾圧。対中国戦争に向け、私たちの闘いを国家権力が恐れていることを示しています。デモ隊の呼びかけに駐屯地内や宿舎から手を振って応じる人もいました。
北部2.png
これに先立つ3月11日、練馬駐屯地所属の第1普通科連隊が、「防災」を口実に練馬―板橋―北―足立―荒川を“迷彩服”で行進し各区役所に立ち寄る「市街地行進訓練」を行いました。私の自宅近くを通るコースの部隊に抗議しようと、練馬駐屯地正門から4㎞余り、約1時間「同行」しました。
北部3.png
18人が重いリュックを背負い、演習場ではできない、舗装道路を8時間かけて25㎞歩く“戦闘訓練”“治安出動訓練”です。私は、この若い隊員たちを戦場に送ってはならない、侵略の銃を握るな、労働者と共に闘おうと呼びかけたい、と思いました。3・17デモはそのような闘いとなりました。(改憲・戦争阻止!大行進 板橋 W)

山梨からの報告です。
*******
11月23日、私たち百万人署名運動山梨連絡会は、郡内地区連絡会、山梨合同労組と共に、この日から北富士演習場で実施される沖縄の米海兵隊の実弾演習への抗議行動に立ちました。静岡からも仲間がかけつけてくれ、北富士演習場正門ゲ-ト前で午後1時から集会、その後申し入れを行いました。
1700741569161
11月15日に米海兵隊は沖縄県に駐留する第12海兵連隊を離島有事に即応する第12海兵沿岸連隊(MLR)に改編しました。中国との戦争に備えたものです。今回の北富士演習直前の18日、海兵隊の元幹部は『朝日新聞』に、「すでに2年前から海兵隊は離島防衛を想定した演習を北富士で始めてきており、それが今回の部隊改編につながった」と語っています。演習は『日本本土に見立てた沖縄の基地から、駐屯地がある沖縄本島に見立てた沼津海岸に移動し、そこから第一列島線の内側にある島に見立てた北富士に向かう』シナリオで行ったと。今回の北富士演習は中国への戦争訓練です。
北富士1
なにより米軍はイスラエルに武器弾薬を送り、空母を派遣して「ガザ虐殺」に大加担しています。絶対に許すことはできません。「米・イスラエルはガザでの虐殺を直ちにやめよ!」「戦争訓練反対!」「岸田政権は米軍演習に北富士を使わせるな!」と演習場に向かってシュプレヒコールを繰り返しました。(百万人署名運動・山梨連絡会 I)

●木原防衛大臣あての抗議申し入れ書
2023年11月23日の申入書



10月1日、改憲・戦争阻止!大行進神奈川が呼びかけた「戦争反対!10.1横須賀闘争」に参加しました。
1973年10月5日、横須賀市の米海軍横須賀基地に空母ミッドウェーが寄港(事実上の母港化)してから50年が経ちます。続いて、インディペンデンス、キティホーク(ここまでディーゼル型)、2008年に配備されたジョージ・ワシントンと現在のロナルド・レーガンは原子力型です。米軍にとってアメリカ本土以外で唯一の空母の母港がこの横須賀基地なのです。

また、横須賀基地は、中国本土への全面攻撃部隊となる米海軍第7艦隊、原子力空母ロナルド・レーガンを中核とした空母打撃群を擁する最大の出撃拠点であり、米海軍と海上自衛隊の司令部機能および艦隊群が隣接した日米軍事一体化の中枢拠点でもあるのです。

ウクライナ戦争情勢、中国との戦争準備が進む中、「日本の参戦に反対しよう!」「横須賀を侵略出撃基地にさせない!」「基地も空母も今こそ撤去!」と集会&デモを行いました。約250人が参加しました。
10012
10015

デモに出る前、京急横須賀中央駅・駅前広場でアピール行動。
地元の市民・労働者の発言、首都圏の反基地闘争現場(木更津、横田、朝霞など)からの発言、学生からも発言が続きました。
10011
集会中、右翼の妨害が続きましたが、集会参加者の戦争への危機感・岸田政権への怒りではね返し、1時間半近くアピール行動をやりぬきました。陸橋の上からも集会に耳を傾ける人々が多くいました。

10013

集会後のデモ行進への街の人々の注目は大きく、若者たちは歩道から一緒になってこぶしを突き上げてくれました。ビラもよく受け取ってくれ、東京では見られないほどの熱い連帯の空気がありました。
10016

米軍横須賀基地前でアピール。英語で兵士に呼びかけました。
10018
アピール文です。
10010

デモでは、NATOもロシアもウクライナから手を引け!日本の参戦阻止!殺傷兵器の輸出をするな!横須賀を核基地にさせない!青年を戦場に送るな!と訴えました。
10019

今日(10/4)のニュースで、訪米中の木原防衛大臣がワシントンで米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)を訪れて中国の海洋進出や北朝鮮の核ミサイル開発などについて意見交換し「日米同盟をより強化したい」と強調したことや、有識者らとの意見交換で「日米同盟の重要性を政府間では確認しているがそれぞれの国民の中でも確認されなければならない。有識者が国民向けに発信していくことが重要だ」(記憶による要旨です)と訴えたことが報道されていましたが、とんでもないことです。
日米同盟=日米軍事同盟・日米安保体制が強化されるなど戦争推進体制強化以外の何ものでもありません。労働者市民の立場は、戦争絶対反対であり、日米安保体制反対です。
岸田政権と国民(労働者市民)とは、こんなにも真反対の立場なのです。このことを全国民の意識にできるよう奮闘しましょう!(S)



9月4日(月)午後3時開廷の最高裁第一小法廷で沖縄県の上告が棄却されました。福島原発汚染水海洋放出に続く暴挙で、許せません。地方自治より国益・戦争を優先する「最高裁の翼賛化」をあらわにした恥ずべき判決です。

判決の内容は短かったようで、開廷6~7分後には傍聴者が外に出てきました。
反動判決を下した最高裁に対して、怒りのシュプレヒコールを叩きつけました。
最高裁6
沖縄一坪反戦地主会・関東の青木さんは開口一番「最高裁、ふざけるなー!!」
そして、「岸田政権を倒し、辺野古新基地工事を止め、沖縄の軍事監獄化を許さず、戦争への道をとめよう!」と訴えました。
最高裁2


抗議行動主催者の国会包囲実行委員会から、この間の経緯についての説明がありました。

一昨年の12月に玉城デニー知事が防衛大臣からの辺野古工事・設計変更申請を「不承認」としたことに対し、事業主体の防衛省沖縄防衛局が「私人」の立場で不服の申し立てを国交相に提出。これ自身、本来は国民が行政に対する不服を申し立てる制度の悪用した許しがたい行為です。
そして、身内の国交相がこれを審査して沖縄県の「不承認」を取り消す裁決を出したのです。しかし、玉城知事は「不承認」を堅持。これに対して国交省はさらに「是正指示」を出しました。
沖縄県は粘り強く①「採決取消し」訴訟、②「是正指示取消し」訴訟を闘ってきましたが、①は最高裁は受理せず、②の判決が9月4日に出されました。

4日の判決では、岡正晶裁判長は「上告棄却。国の採決後も知事が設計変更を承認しないのは違法」と述べたとのこと。「裁判官5人全員一致」というのにも驚きましたが、県が「不承認」としている大きな理由の「軟弱地盤」問題ついての言及がないのは「意識的」であり国の側に立っているとしか思えません。

これ以上の無謀な辺野古埋め立て工事を認める最高裁判決は不当であり、従う必要はありません。全国から抗議の声を上げ、沖縄とともに闘いましょう!(S)
最高裁1

翌5日には、沖縄でも大きな抗議行動がありました。
辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議主催の抗議集会が那覇市の県民ひろばで開かれ、「沖縄は不当判決に屈しない!」と約700人が参加しました。
那覇




↑このページのトップヘ