とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 反戦

1月8日から岸田首相が訪米し、アメリカで国賓待遇で接待されている。10日には日米首脳会談が行われ共同声明が発表された。11日には米議会上下両院合同会議で演説。そこで開陳されている日米軍事同盟強化の内容を、米政府高官は「1960年の日米安保条約改定以来の最大の変化の一つ」と指摘したという。
60年安保と言えば、「安保粉砕!」を掲げ、労働者学生市民が連日国会に押し寄せ、国会を包囲・突入した大闘争が闘われた。それ以来の大転換・大飛躍とは!文字通りアメリカと一体となってこのアジアで日本が再び侵略戦争をやっていくということであり、とんでもないことだ。絶対に止めなければならない!

4月9日夜、日米戦争会談粉砕!中国侵略戦争・世界戦争への突進をとめよう!と渋谷で集会とデモが行われました(改憲・戦争阻止!大行進東京主催)。約200人が参加し、戦争に突き進む岸田を倒そう!と声を上げました。
渋谷デモ

報道されているように、今回の日米首脳会談では、日本が中国への対決姿勢を一段と強めました。
今年2月に行われた日米共同統合図上演習「キーン・エッジ」で、中国をはじめて「仮想敵国」として明示して演習を行いましたが、さらに本格的に対中国の戦争に向かった動き・体制がつくられようとしています。

新聞記事2
そして、今回の会談では、その日米戦争訓練が実際の戦争になったときに求められる「自衛隊と米軍による指揮統制の連携強化」を打ち出しました。
これに関しては、11日の衆院安保委員会で可決されてしまった「統合作戦司令部」の創設を軸とする防衛省設置法改正案が関係しています。
(4月12日付東京新聞より)
新聞記事4


さらに、防衛省と米国防総省が主導する「日米防衛産業協力・取得・維持整備定期協議(DICAS)を開催する」ことが確認されました。具体的には、ミサイルの共同開発・生産、米海軍艦船や米空軍航空機の日本の民間施設における整備が含まれます。
これに関しては、今国会で超スピードで成立させられようとしている「セキュリティークリアランス(適正評価)制度」導入法案が頭をよぎりました。これは国家の安全保障に支障がある経済分野の情報に関わる公務員や企業の従業員らの個人情報を国が調査したうえで権限を与えるというもので、これからの米軍と一体で進める官民挙げての軍事化に対応するものだったのです。
(4月10日付朝日新聞より)

新聞記事3

今国会では、このほかにも地方自治法改悪案や食糧安保関連法案など有事に国が強権発動できるようにする戦争法の成立が狙われています。
一昨年12月の安保関連3文書の閣議決定以降、防衛費のGDP比2%化、敵基地攻撃能力の保持に向けた戦争法が次々と国会で強行されています。それは、医療・福祉切り捨てなど労働者民衆の生活破壊と一体で進められている。介護保険制度の大破綻は、資本主義体制の大破綻を表わしています。物価高、戦争、黙っていたら殺される!

日米首脳会談を弾劾し、戦争国会を弾劾し、団結して、職場・地域から戦争反対の声を上げよう。アメリカ帝国主義の一角であるイスラエルに立ち向かうパレスチナ人民の命がけの闘いに連帯し反戦デモを広げよう!(S)


東京北部の仲間からの報告を紹介します。
* * * * * * *
3月17日、東京の陸上自衛隊練馬駐屯地に対し、改憲・戦争阻止!大行進 東京北部実行委員会は「自衛官は侵略の銃を取るな!」「反戦デモで戦争を止めよう!」「青年の名簿を自衛隊に渡すな!」の抗議行動を行いました。

徳丸第二公園(板橋区)の集会では、前々日に自公が英伊と共同開発する次期戦闘機の第三国輸出を解禁したことを「閣議決定があるから歯止めになる」とは全くのデタラメだと暴露、三菱重工など戦争願望を強める財界と岸田政権=日本帝国主義を打倒しなければならない、練馬駐屯地から南西諸島の戦場に行くことをやめさせようとの怒りに満ちた基調報告を確認。さらに横田・朝霞・横須賀の首都圏の反基地闘争の報告、自治体労働者や全学連の決意を受けてデモに出発しました。

北部1.png
100人の隊列が大型スーパーや商店街の市民の注目の中、練馬駐屯地前に到着。北部5
東京北部の青年労働者と三多摩の仲間が、駐屯地司令や岸田首相あての抗議申入書を堂々と読み上げている間、デモ隊が立ち止まって声援を送ると、公安警察が激しく規制・弾圧。対中国戦争に向け、私たちの闘いを国家権力が恐れていることを示しています。デモ隊の呼びかけに駐屯地内や宿舎から手を振って応じる人もいました。
北部2.png
これに先立つ3月11日、練馬駐屯地所属の第1普通科連隊が、「防災」を口実に練馬―板橋―北―足立―荒川を“迷彩服”で行進し各区役所に立ち寄る「市街地行進訓練」を行いました。私の自宅近くを通るコースの部隊に抗議しようと、練馬駐屯地正門から4㎞余り、約1時間「同行」しました。
北部3.png
18人が重いリュックを背負い、演習場ではできない、舗装道路を8時間かけて25㎞歩く“戦闘訓練”“治安出動訓練”です。私は、この若い隊員たちを戦場に送ってはならない、侵略の銃を握るな、労働者と共に闘おうと呼びかけたい、と思いました。3・17デモはそのような闘いとなりました。(改憲・戦争阻止!大行進 板橋 W)

ダイヤ改正が行われた3月16日、このダイ改によって強行される労働者への労働強化・権利破壊に抗議し、動労千葉は15日の始業から48時間のストライキに入りました。

15日は早朝から幕張車両センター前で、この日の朝からストに入った組合員を先頭にビラ巻き情宣活動。
03165
その後、JR千葉支社前で抗議行動。
03166
16日は、午後2時~千葉市民会館小ホールで、動労千葉総決起集会が開かれ、各支部組合員、OB・家族会、ともに反戦春闘を闘う仲間たち、支援者が230名結集し団結を固めました。
03161
主催者挨拶にたった関委員長は「今回のストは、鉄道の歴史を覆すような攻撃に対する反撃であり、戦時下における労働組合としての闘いだ」と反戦春闘としてのストライキの意義を訴えました。
03162
(動労千葉のJR千葉支社への闘いの要求)
①職名廃止の撤回、業務融合化の中止
②すべての外注業務の再直営化
③本線運転士の抜本的行路緩和と十分な要員配置、ワンマン運転の中止
④上総一ノ宮検査派出廃止、木更津派出体制見直しの撤回
⑤京葉線快速列車廃止提案、久留里線廃線化計画の中止
⑥JR貨物の3月ダイ改における諸要求、労働条件の改善、要員不足の解消
⑦定年延長と70歳まで働ける労働条件の確立

①の業務融合化というのは、一人の労働者にある日は運転、別の日には車掌、次の日は駅業務と「なんでもやれ」というもの。また一定期間運転手に駅業務をやらせるなどのジョブローテンションの強制配転攻撃など、「勤務地も業務内容もすべて会社が自由に決められる」というとんでもない攻撃がかけられています。しかし、これらは「鉄道の安全」を破壊するもので重大事故につながります。
スト突入の各支部からは、こうしたJR当局の業務融合化攻撃への怒りと闘いへの決意が次々と表明されました。
03163
この動労千葉の闘いの激励に、三里塚反対同盟の伊藤信晴さん、改憲・戦争阻止!大行進呼びかけ人の高山俊吉さん、久留里線と地域を守る会の三浦代表、動労千葉を支援する会の織田事務局次長らが駆けつけ連帯あいさつ。
高山さんはJR東海道新幹線の運転士らの年休裁判の控訴審で運転士らの逆転敗訴になった例を取り上げ、「日本の経済社会の発展に必要な産業においては、労働者の基本的権利を認めなくてよい」とするもので「これこそ新自由主義の考え方だ」と断罪し、この延長線上に廃線の問題もある、「コストに合わないなら切り捨ててよい」という論理をまっこう拒否しよう!それが今回の春闘ストだと言われました。そして「搾取される労働者が決起する。搾取する資本が戦争衝動に強いこだわりを持つことに対して、最もそれに反撃するのが労働者だ。労働者あっての反戦だ」と熱烈連帯のアピールでした。

高山.psd
続いて、共に24反戦春闘を闘っている動労総連合水戸(写真下)、船橋二和病院労組、群馬合同労組などから闘いの報告があり、若い全学連からも共に闘う決意がありました。
十倉経団連会長が春闘のことを「経済の好循環を労使ともども競い合ってがんばろうという意味での闘い」と言ったそうですが、これに応じる連合路線を粉砕しぬいて、さらに労働者が主導権を握ってこの社会を変えるぞ!という気概に満ちた各労組の発言に、すごいなあと感動しました。(S)
03164

本日午前中、日本とウクライナとの「経済復興推進会議」なるものが開かれました。会場は経団連会館です。この会議は、日本政府、日本経団連、ジェトロ、ウクライナ政府(シュミハリ首相が参加)が主催し、両国から各100社前後の企業が参加します。約60兆円とも言われるウクライナの戦後復興に日本も率先して乗り込み「復興支援」と称して官民一体となって「復興ビジネス」を進めるというものです。
けれども、ウクライナ戦争自身はますますドロ沼化しています。その戦地へ日本の企業が乗り込んで行く。ウクライナの戦争推進を支援しながら、その被害復興で儲けようとしている。これはまぎれもなく日本の新たな侵略であり、戦争参加そのものです。絶対に許せません。

抗議デモの呼びかけがあった千代田区の淡路公園に午前9時にかけつけ、経団連会館までのデモに参加しました(主催:改憲・戦争阻止!大行進東京)。
242198
9時30分、経団連会館に向かってデモに出発。
デモ規制が許し難かったです。デモ隊の両側を機動隊が挟み込み、デモコールをかき消すように大きな声で伝令?を頻繁に叫ぶのです。
デモ弾圧だ!人権侵害もはなはだしい!
242197
20分くらいしたところで、目の前に経団連会館が現れました。
真ん中の建物。ローマ字で「KEIDANREN」とあります。
241292
「復興会議は戦争会議だ!」
「日本の参戦を許さないぞ!」
「ウクライナ戦争で金儲けするな!」
会場に届けと、声の限りに弾劾しました。
242193

デモ終了後、解散地から徒歩で経団連会館に向かいました。経団連会館の手前で警察が暴力的に阻止線を張ってきて押し合いになりましたが、一歩も引かずその場で約1時間、抗議のアピールとシュプレヒコールで戦争会議を弾劾し抜きました。全学連の学生や休暇を取って参加した青年労働者らが前列で最後までスクラムを組んで闘っていました。

19日昼のテレビニュースはトップでこの会議のことを報道していました。
242199
242195
242194
岸田首相が「戦争が続いている」と平然と言っていることにゾッとします。
その戦争をとめようとはせず、アメリカなどG7諸国と一緒になって推進している岸田政権の戦争政治をひっくり返しましょう。
ウクライナ戦争ただちにやめろ!戦争推進の岸田を倒そう!2.24新宿反戦デモに参加しましょう!(S)

開戦2周年2.24新宿反戦デモ(イタリア・トルコ・アメリカの仲間との共同行動です)
とき◆2月24日(土)午後1時~集会、2時30分~デモ行進
ところ◆新宿駅東口アルタ前
主催◆改憲・戦争阻止!大行進(tel.080-6053-1751)





yasukunisanpai20240109
1月9日午後、小林弘樹・陸上自衛隊幕僚副長ら数十人の自衛隊幹部らが集団で靖国神社を参拝しました。かつての「軍部の突出」を想起させるものであり、絶対に認めることはできません! このとんでもない動きは、現在の世界戦争情勢、とりわけ「台湾有事」を口実とした(米日両政府による)対中国戦争の策動の中で起きています
E80IxsSVkAYA1rB
靖国神社は戦前、戦争体制の精神的支柱となった国家神道の中心的施設です。東京裁判で戦争責任を問われたA級戦犯14人が合祀されています。それゆえ防衛省自身が通達などで「部隊としての参拝」や「隊員への参加の強制」を禁じてきたにも関わらず、自衛隊幹部らはあえて集団参拝に踏み切っているのです。
20240121121215587
【沖縄タイムス1/21】

翌10日、なんと宮古島でも、
陸自隊員が宮古神社に組織的に参拝したことが明らかになりました。これに対して仲里成繁さんや清水早子さんら「ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会」は、抗議申し入れを行っています。「琉球弧の軍事基地化に反対するネットワーク」のホームページに掲載されていました。その一部を紹介します。
ryukyukonet
20240120141829422
202401231328547da
【宮古毎日新聞1/23】

このような自衛隊の動きを見ても、「新たな戦前」「戦時下」を迎えていると感じざるを得ません。反戦闘争がますます重要です。大きなデモをつくるために、昨年以上にがんばっていきましょう。

ウクライナ開戦2年。戦争推進の岸田を倒そう!2.24新宿反戦デモ
とき:2月24日(土)午後1時、新宿東口アルタ前でリレーアピール、
午後2時、新宿一周デモに出発
主催:改憲・戦争阻止!大行進東京(tel.080-6053-1751本山)


↑このページのトップヘ