すでにお手元に届いている方も多いと思いますが、まだの方にぜひ購読をお願いしたく、『百万人署名運動全国通信』の紙面の紹介をさせていただきます。

4.10日米首脳会談ー共同声明では、中国を名指しで非難し日米の対処力の強化、南西諸島の戦闘態勢の強化を表明しており、アメリカの対中国戦争に日本が積極的に参戦していくというものです。多くの人々にとってにわかには信じられないことですが、いま岸田政権は日本の戦争国家化へ向けて大転換を進めています。

1面は、そうした情勢の中での沖縄からの訴えです。
3181
2面は、日米共同声明の核心「指揮権の一本化」について
3面は、戦争に向けた衆院憲法審査会の報告です。
3182

4-5-6面は、イスラエルによるパレスチナ人民へのジェノサイドの問題です。アメリカを先頭にG7主要国はイスラエルを支援し続けており、背景に米欧帝国主義による石油支配のための中東侵略戦争があり、それが今も続いていることを示しています。
「10.7は帝国主義の植民地支配へのパレスチナ民族解放戦争だ」と訴えられている藤田進さん(東京外語大名誉教授)にお話をお聞きました。
3183
3184
3185

★「全国通信」定期購読のお願い

『百万人署名運動全国通信』は、毎月1回1日に発行されていています。
改憲・戦争反対の運動に役立つようにと毎回4-5面で特別企画(インタビュー記事など)に取り組んでいます。A4で8頁、1部100円です。ぜひ定期購読をお願いします。

購読料は、送料・カンパも含めて年間3000円/1口の賛同金としてお願いしています。
「とめよう戦争への道!百万人署名運動」はこの賛同金で運動を継続しています。ご理解いただきご協力をよろしくお願いいたします。

●賛同金の振込先(郵便振替)
   口座番号  00150-1-410561
   加入者名  百万人署名運動
 *備考欄に「賛同金として」とお書きください。
  カンパの場合は「カンパとして」とお書きください。  

★なお、ご希望の方には、宣伝紙をお送りします。
このホームページの右枠内の「メッセージ」欄より、送り先をご連絡ください。