とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2024年02月

■横須賀を中国侵略戦争の出撃基地にするな!集会&デモ
とき◆3月2日(土)午後1時30分開会、4時~デモ
ところ◆ヴェルクよこすか3階(神奈川県横須賀市日ノ出町1-5)
主催◆改憲・戦争阻止!大行進横須賀(tel. 080-5002-8744)

■もっともっと反戦を!3.8国際婦人デー広島行動2024
とき◆3月3日(日)午後1時30分~集会、3時45分~デモ
ところ◆幟会館1階(広島市中区八丁堀3-2、京口門公園隣り)
デモは、京口門公園~岸田事務所~原爆ドーム
主催◆3.8国際婦人デー広島行動実行委(tel.090-6849-1193伊豆)

■3.8国際婦人デー集会~女性が先頭で改憲・戦争を止めよう!
とき◆3月3日(日)午後2時開会、集会後デモ
ところ◆大阪PLP会館5階大会議室(大阪市北区天神橋3-9-27)
主催◆婦民全国協・関西ブロックほか(tel.080-5910-6921)

■反戦・反核・反原発!東京集会&高円寺デモ
とき◆3月3日(日)午後2時開会、集会後デモ
ところ◆セシオン杉並3階(杉並区梅里1-22-32、丸ノ内線「東高円寺」5分)
共催◆NAZEN東京ほか(tel.03-3329-8813)

■辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議申し入れ
とき◆3月4日(月)午後6時30分~7時30分
ところ◆市ヶ谷の防衛省正門前
主催◆辺野古への基地建設を許さない実行委(tel.090-3910-4140)

■いま戦争を止めるために行動しよう!国際婦人デー集会&デモ
とき◆3月9日(土)正午~デモ(警固公園集合)、2時~集会
ところ◆福岡市立中央市民センター(中央区赤坂2-5-8)
呼びかけ◆婦民全国協・福岡支部(tel.092-483-0860)

■3.8国際婦人デー集会~女性が行動すれば戦争はとめられる!
とき◆3月9日(土)午後1時開会
ところ◆ワイム貸会議室荻窪(JR荻窪駅西口前)
映像&講演◆影山あさ子さん(映画監督)「琉球弧を戦場にさせない」
主催◆3.8国際婦人デー行動実行委(tel.045-330-0422婦民全国協)

■第13回さよなら原発アクションin群馬
とき◆3月10日(日)午前11時開演、午後2時30分デモ出発
ところ◆高崎城址公園(群馬県高崎市、高崎市役所前)
主催◆同実行委員会(tel.090-4432-6746大塚)

■いまこそ全原発を廃炉に!3.11反原発福島行動2024
とき◆3月11日(月)12時開場、集会後デモ
ところ◆とうほう・みんなの文化センター小ホール(福島市春日町5-54)
主催◆3.11反原発福島行動実行委(tel.090-5237-9851長沢)

■事故から13年、東電は責任をとれ!追悼と東電抗議集会
とき◆3月11日(月)午後7時~8時15分
ところ◆東京電力本店前(新橋駅5分)
呼びかけ◆経産省前テントひろば、たんぽぽ舎(tel.03-3238-9035)
【日本原電本店前行動】同日午後5時~、主催:とめよう!東海第二原発首都圏連絡会

■首相官邸前・原発いらない金曜行動
とき◆3月15 日(金)午後6時30分~7時45分
ところ◆首相官邸前
主催◆実行委員会(tel.03-3238-9035)

■24反戦春闘勝利!ダイ改阻止!スト貫徹!動労千葉総決起集会
とき◆3月16日(土)午後2時~
ところ◆千葉市民会館小ホール(千葉市中央区要町1-1、JR千葉駅東口より東千葉駅方向へ7分)
主催◆動労千葉(tel.043-222-7207)

■芸備線廃止絶対反対!3.17新見集会&デモ
とき◆3月17日(日)午後1時30分開会~2時30分、集会後デモ
ところ◆新見商工会館5階大会議室(岡山県新見市高尾2475-7)
主催◆動労西日本(tel.090-1325-0414山田)

■3.20さようなら原発全国集会
とき◆3月20 日(水・休)午後1時~ライブ、1時30分~トーク、3時~デモ
ところ◆代々木公園(JR 山手線「原宿駅」5分)
主催◆一千万署名市民の会(tel.03-5289-8224)

■『雪道』(イ・ナジョン監督、121分)上映会
とき◆3月23日(土)上映時間①午前10時30分~②午後2時~*30分前開場、先着入場
ところ◆日本基督教団本所緑星教会礼拝堂(墨田区緑3-13-8)
1200円(前売・チラシ持参1000円)
主催◆上映実行委(tel.080-6680-3974高木)

■中央区憲法講座~大虐殺やめ占領を終わらせよう
とき◆3月23日(土)午後2時~
ところ◆万代市民会館3階307・308(新潟市中央区東万代町9-1)
お話◆松本耿郎さん(元国際大学中東研究所所長)
主催◆中央区憲法講座&改憲・戦争とめよう!にいがた大行進(tel. 090-2842-9127)

■Stop!女川原発再稼働 さようなら原発全国集会in宮城
とき◆3月23日(土)午後2時~集会、3時~アピール行進
ところ◆匂当台公園市民広場(仙台市役所向い)
主催◆さようなら原発みやぎ実行委(tel.080-1673-8391多々良)

■ガザを殺すな!群馬の森追悼碑破壊弾劾!高崎デモ
とき◆3月24日(日)午後1時、JR高崎駅東口に集合、アピール行動。2時デモ出発
主催◆改憲・戦争阻止!大行進ぐんま(tel.090-9016-0272清水)

■2024国際婦人デー 医療・福祉一斉行動
とき◆3月30日(土)正午~札幌駅南口で街宣、午後1時30分~一斉集会
ところ◆札幌エルプラザ(JR札幌駅北口3分)
主催◆婦民全国協・北海道支部(tel.090-2815-0489古川)

■流すな汚染水!とめよう原発!3.30集会
とき◆3月30日(土)午後1時30分開会
ところ◆千葉市文化センター5階セミナー室(千葉市中央区中央2-5-1)
お話◆小出裕章さん(元京都大学原子炉実験所助教)
主催◆放射能汚染水流すな!千葉県実行委(tel.090-4017-8373深谷)

■老朽原発廃炉!美浜全国集会
とき◆3月31日(日)昼12時30分開会、集会後デモ・関電申入れ
ところ◆はあとホール(福井県三方郡美浜町郷市25-20)
主催◆老朽原発うごかすな!実行委(tel.090-1965-7102)

■空港機能強化粉砕!市東さん農地を守ろう!3.31芝山現地闘争
とき◆3月31日(日)午後1時開場~集会、集会後デモ
ところ◆芝山文化センターホール(千葉県山武郡芝山町小池973)
主催◆三里塚芝山連合空港反対同盟(tel.0476-35-0087)



2月16日(第3金曜日)午後6時30分、官邸前で多摩川太鼓が打ち鳴らされ、原発いらない金曜行動が開始されました。
281
265
264
能登半島地震から1か月半も経つのに、被害者の生活は破壊されたままです。この上もし、志賀原発が再稼働されていたらどうなっていたか。参加者は口々にその危険性を訴えました。

たんぽぽ舎の柳田真さんは「能登半島でマグネチュード7.6という大きな地震がおきた。同じことが東京に一番近い東海第二原発近くで起きていたらどうなるか。配管が全部切れて、数時間後には東京に放射能が来る。東海第二原発は出力110万キロワット、福島原発と同じ沸騰水型で福島の2.5倍の巨大な原発だ。茨城県にも"地震の巣"がある。東海第二は今年の9月に再稼働されようとしいる。何としても東海第二の再稼働を止めたい。地震は止められないけど、原発は止められる。」と訴えました。
283

「福島県原発被害」東京訴訟原告団長の鴨下祐也さんも参加されてアピール。鴨下さんはまず「皆さんの力で本人尋問を乗り切り、傍聴席があふれた力で裁判打ち切りを先延ばしにした」と、1月31日に行われた避難住宅追い出し訴訟「本人尋問」裁判傍聴へのお礼を述べられました。この裁判は2022年2月に、東京都が鴨下さんだけに避難住宅の明け渡しと損害賠償を求めて起こしたもので、見せしめ的で許せない裁判です。
鴨下さんはさらに、福島原発被害東京訴訟裁判の昨年末12月26日の東京高裁の不当判決への憤りを語られた。「高裁は、地裁で認めた国の責任を否定した。原発政策が国に責任がないとは考えられない。やれることがあったのに国はやってこなかったのだ。最高裁で国に責任ありと認めさせたい。全国の訴訟と連携して、原発を止めたい」と。
266
福島原発事故は終わっていません。何が「復興」だ!と怒り、くやしさがわきます。国は「安全だ」と言って原発を強制し、「想定外」と言って責任をとらず、福島県は安全を求めて県外に避難した人たちを「期限が来たから」と追い出し、東京都は生きていく場を奪いながら賠償金を求めて避難者を訴えるとは!!!
鴨下さんらと共に、こんな理不尽なことをする岸田・自民党政権、小池・東京都を弾劾し抜いて、国・東電に福島原発事故の責任を必ずとらせましょう。(S)


本日午前中、日本とウクライナとの「経済復興推進会議」なるものが開かれました。会場は経団連会館です。この会議は、日本政府、日本経団連、ジェトロ、ウクライナ政府(シュミハリ首相が参加)が主催し、両国から各100社前後の企業が参加します。約60兆円とも言われるウクライナの戦後復興に日本も率先して乗り込み「復興支援」と称して官民一体となって「復興ビジネス」を進めるというものです。
けれども、ウクライナ戦争自身はますますドロ沼化しています。その戦地へ日本の企業が乗り込んで行く。ウクライナの戦争推進を支援しながら、その被害復興で儲けようとしている。これはまぎれもなく日本の新たな侵略であり、戦争参加そのものです。絶対に許せません。

抗議デモの呼びかけがあった千代田区の淡路公園に午前9時にかけつけ、経団連会館までのデモに参加しました(主催:改憲・戦争阻止!大行進東京)。
242198
9時30分、経団連会館に向かってデモに出発。
デモ規制が許し難かったです。デモ隊の両側を機動隊が挟み込み、デモコールをかき消すように大きな声で伝令?を頻繁に叫ぶのです。
デモ弾圧だ!人権侵害もはなはだしい!
242197
20分くらいしたところで、目の前に経団連会館が現れました。
真ん中の建物。ローマ字で「KEIDANREN」とあります。
241292
「復興会議は戦争会議だ!」
「日本の参戦を許さないぞ!」
「ウクライナ戦争で金儲けするな!」
会場に届けと、声の限りに弾劾しました。
242193

デモ終了後、解散地から徒歩で経団連会館に向かいました。経団連会館の手前で警察が暴力的に阻止線を張ってきて押し合いになりましたが、一歩も引かずその場で約1時間、抗議のアピールとシュプレヒコールで戦争会議を弾劾し抜きました。全学連の学生や休暇を取って参加した青年労働者らが前列で最後までスクラムを組んで闘っていました。

19日昼のテレビニュースはトップでこの会議のことを報道していました。
242199
242195
242194
岸田首相が「戦争が続いている」と平然と言っていることにゾッとします。
その戦争をとめようとはせず、アメリカなどG7諸国と一緒になって推進している岸田政権の戦争政治をひっくり返しましょう。
ウクライナ戦争ただちにやめろ!戦争推進の岸田を倒そう!2.24新宿反戦デモに参加しましょう!(S)

開戦2周年2.24新宿反戦デモ(イタリア・トルコ・アメリカの仲間との共同行動です)
とき◆2月24日(土)午後1時~集会、2時30分~デモ行進
ところ◆新宿駅東口アルタ前
主催◆改憲・戦争阻止!大行進(tel.080-6053-1751)





国鉄の分割民営化から37年、今や大半の青年たちが国鉄時代を知らないという状況の中で「国鉄1047名解雇撤回!」を掲げた国鉄集会が千葉市内で開かれました。当該の被解雇者や動労千葉、動労総連合、支援の労働者など460名が参加し、分割民営化の大破綻と切り開いてきた闘いの現状と課題について共有しました。
11851
1987年2月に国鉄分割民営化による差別選別の結果7629人の国鉄労働者がJR不採用となり、3年後の1990年4月1日に最終的に1047名が国鉄清算事業団から解雇されました(うち12名が動労千葉)。解雇撤回の長い裁判闘争の中で、国労などは2010年4月に政治和解のテーブルに着き、動労千葉だけが国家的不当労働行為を暴く鉄建公団訴訟を継続しました。結果、2015年6月の最高裁棄却決定で「不採用基準は不当労働行為」と認める高裁判決が確定したのです。
この新たな真実を武器に動労千葉はJR東会社に「仲間をただちに職場に戻せ!」と団交を申入れましたが、JR側は拒否。これをめぐって動労千葉は中労委闘争、裁判闘争でJR当局を引きずりだすべく果敢に闘い抜いています。

●裁判所が「不当労働行為だった」と認めた「不採用基準」は、1987年2月12日の第3回JR設立委員会で正式に決定されたものです。当初、動労千葉組合員を含めて採用候補名簿に入っていたのに葛西職員局次長の指示で名簿からの排除が行われた。その不採用基準の策定を指示したのはJR設立委員長の斎藤英四郎だったことが裁判の証言で暴かれました(現在のJR東の深澤祐二社長は実際に名簿から外す作業を行った張本人)。国鉄改革法で「JR設立委員の行為はJRの行為」と規定されているので、認定された不採用=解雇の不当労働行為の責任はJR東にあります。それなのにJR東は「当事者ではない」と団交を拒否し続けています。許されません!
JR不当労働行為
動労千葉争議団の弁護団は、発言の中で裁判所を弾劾し抜く大きな社会的な運動をつくろう!と訴えました。

さらにこの日、動労千葉の関委員長は、二つのことを強く訴えました。一つはJR会社の廃線化攻撃を阻止すること、もう一つはイタリアの労組から呼びかけられている2.24ウクライナ戦争反対の共同行動に立とうということです。
JRの廃線化反対の闘いについては、千葉県の久留里線と地域を守る会や岡山県の芸備線の廃線に反対する動労西日本、さらに新潟県の米里線の廃線化に反対する動労総連合新潟からの報告がありました。
11961
新潟からの報告の中で印象的だったのは、羽越本線も大きな赤字を抱えているのに何ら問題にされていない。それは、ここは軍事物資の輸送訓練などに使われており、戦時のために残そうとしているからだという指摘でした。あらゆることが戦争の視点で再編されていることを肝に銘じましょう。

(久留里線廃線阻止署名用紙)
久留里線署名

もう一つの「2.24ウクライナ戦争2周年共同行動の呼びかけ」については下記のとおりです。
イタリアの労組・SI-Cobasからの呼びかけとそれに呼応する韓国・民主労総、トルコのUID-DERのメッセージです
「ウクライナ開戦2周年の日に、資本の戦争に反対して闘う国際的行動日に決起しよう。ウクライナ戦争での両陣営に反対し、革命的敗戦主義、"敵は国内にある"を掲げて闘おう!パレスチナ人民の解放闘争の側に立とう!」と呼びかけています。
イタリアからの文Ⅰ
イタリアからの文3

動労千葉国際連帯委員会からの発言の中で、さらにミャンマーの労働者民衆の闘いに連帯しようとの訴えがありました。この日も在日ビルマ市民労働組合からの連帯あいさつがありました。
動労千葉の関委員長も発言の中で「労働組合は本来反戦のとりでだ。戦争をとめる力は労働者の団結の中にある。労働者の団結した姿を登場させよう!」と訴えていましたが、そういう立場で闘う労働者の国境を越えた国際連帯の闘いが具体的に始まっていることに勇気をもらいました。

また国内でも動労千葉と共に「甦れ!労働組合」と粘り強く闘う労働組合があります。関西生コン支部、港合同昌一金属支部、さらに昨年11月にストライキに立ち上がった労働組合からの元気な発言が続きました。
12041

最後に今年の「11.3全国労働者総決起集会ー戦争・改憲阻止!1万人大行進」(東京・日比谷野音)に向けての3労組共同アピール2024が発せられ、全体で確認しました。とても中身の濃い集会でした。(S)
12051


●開戦2周年、2.24新宿反戦デモが呼びかけられています。主催は改憲・戦争阻止!大行進です。ぜひ、ご参加を!

2.24ビラ


2024年2月号の全国通信の紙面紹介です。

今号1-2面は、パレスチナ問題です。
昨年11月9日に日比谷野外音楽堂で開かれた全国労働者反戦集会でパレスチナ連帯を訴えられた日本イスラーム文化センターの中村さんに、その活動についてお話を伺いました。
中村さんは集会で、パレスチナーイスラエル問題について「問題の根本として宗教は一切関係がございません」と言われていたので、その辺のところもお聞きしてみました。
2402071

4-5面企画は「様変わりした武器生産・輸出問題」です。防衛ジャーナリストの半田滋さんにお聞きしました。
2022年末に閣議決定された「安保3文書改訂」の中身はこれまでの日本の軍事力を一変させるもので、日本の軍需産業を活性化させ、装備の強化、兵器の開発・生産、そしてその輸出へと、戦争で儲ける国へ変身しようとするものです。労働者の反戦ストライキで大きな反対デモを組織できるようがんばりましょう!
まず現状を知りましょう。
2402074
2402075
3面は、今年の3.11へ向けた福島からの訴えです。
6面は、この間自衛隊も参加して行われている「国民保護」を名目とした国・自治体などの共同訓練への批判。1月15日に東京・中野区で行われた訓練への反対行動の報告です。

2402072

7面は各地からのお便り。
8面は集会などのインフォメーションです。

『百万人署名運動全国通信』の定期購読をぜひお願いします。


★「全国通信」定期購読のお願い

『百万人署名運動全国通信』は、毎月1回1日に発行されていています。
改憲・戦争反対の運動に役立つようにと毎回4-5面で特別企画(インタビュー記事など)に取り組んでいます。A4で8頁、1部100円です。ぜひ定期購読をお願いします。

購読料は、送料・カンパも含めて年間3000円/1口の賛同金としてお願いしています。
「とめよう戦争への道!百万人署名運動」はこの賛同金で運動を継続しています。ご理解いただきご協力をよろしくお願いいたします。

●賛同金の振込先(郵便振替)
   口座番号  00150-1-410561
   加入者名  百万人署名運動
 *備考欄に「賛同金として」とお書きください。
  カンパの場合は「カンパとして」とお書きください。  

★なお、ご希望の方には、宣伝紙をお送りします。
このホームページの右枠内の「メッセージ」欄より、送り先をご連絡ください。


↑このページのトップヘ