とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: ニュース

東北大震災~福島第一原発爆発から10年目の3月11日、福島県郡山市の開成山公園野外音楽堂で開かれた「3.11反原発福島行動2021」に参加してきました。2月の地震の影響で屋内会場が使えなくなり、急きょ野外会場に変更となりましたが、幸い晴天となり、日射しもとても暖かく良かったです。

集会では、現地の10年間の苦闘と怒りの声が続きました。
福島
福島2
「10年目の福島 被曝の現実は変わらない」というテーマでのトークセッションでは、飯館村の伊藤延由さん、三春町の飛田晋秀さん(写真家)、ふくしま共同診療所院長の布施幸彦さんが、それぞれ10年間とんでもない被曝が強要されているということを訴えられました。

伊藤さんは、10年たって明らかになった現実として、腐葉土が大きな汚染源となって放射線セシウムが自然の循環サイクルに組み込まれたと指摘されました。土壌汚染→根から吸い上げられ葉に出る→葉は落葉し腐るがセシウムはその場に蓄積される。これが毎年繰り返されていると言われ、樹木もセシウムに汚染されているし、キノコを食べられるようになるには300年待つしかないと言われました。

そして、見えないし匂いもしない放射線を、音で表す機器を使って感じさせてくれました。空間線量を計ったときの音と飯館村のキノコに当てて計った音は、大きさもそのピッチも大きく違いました。伊藤さんが手にしているのは「線量が低めのを持ってきた」というキノコですが、明らかに高い放射線が発せられていることを目の当たりにしました。
福島3
「食べても安全だ」という人もいることに対し、伊藤さんは「もちろん、直ちに影響はありませんよ。でも、必ずどこかにリスクを負います」とはっきりと言われました。

飛田さんは(上の写真の右側)、原発事故翌年に避難地域に初めて入ったとき「街があるが人がいない」風景に背筋が寒くなった思い、怒りと涙でシャッターを切ったことなどを語られ、自分に何ができるかと悩んで撮影に行くようになったと語られました。そして、金をかけて、帰還困難区域に常磐線を開通させ、住宅地はバリケードで入れず道路だけは除染して「復興」だとし、22年からは避難指示を解除するなど、「殺人行為だと思う」と言われました。

また、フランスへ行ったとき専門家に「チェルノブイリは30㎞以内は立ち入り禁止だ。0.07μ㏜/h以上は立ち入り禁止だ。日本の現状は話にならない」と強い憤りをもって言われたと話され、今の福島が置かれている現状を全国の人々に伝えたい、写真を持ってどこへでも行くと言われました。
福島4
ふくしま共同診療所の布施先生が、体調不良で参加できなくなったの渡辺瑞也さん(相馬市、小高赤坂病院院長)の報告を代わって報告されました。

渡辺さんは、この10年で福島県民の健康状態が悪化している、原発事故前と後では死亡率も高くなっているし、がんも多発していると。特に女性の死亡率が高いのでなぜかと思っていたら、後に外国の資料から女性は男性より放射線への感受性が高く抵抗力が弱いと知り原発事故の影響だと確信されたとのことでした。

数日前に、国連の科学委員会が、福島原発事故による住民への健康被害はないとする報告書を発表し、マスコミで大々的に報道されましたが、こういうデタラメで真実を覆い隠そうとするやり方に怒りがわきます。

ミニコンサートでは、10年前にも福島に駆けつけたという中国出身のサージュさんのうたとグオミンさんの木琴演奏があり、魅了されました。また、毎年演奏してくださる地元の稲葉隆一さんのサックスの音色も素晴らしかったです。
福島8
全国からは、三里塚芝山連合空港反対同盟、星野暁子さん、NAZENヒロシマ、動労水戸からアピールがありました。

また、特別報告として「子ども脱被ばく裁判原告」からの訴えがありました。国や県の被ばく対策の責任を問うた親子らが原告の裁判で、福島地裁は3月1日に不当判決を下しました。

「10年たっても終わってない。日々無用な被ばくを子どもたちにさせている。子どもたちを守るのは親の責任」と訴えるお母さん。6年以上の裁判を闘って、被ばくの現実があるのにこれを退ける裁判所とは!悔し涙が出ました。お母さんたちは仙台高裁に控訴して闘いを続けると表明、共に闘っていきましょう。
福島5
途中、地震があった14時46分に黙とう。

「ふくしまの決意」として、希望の牧場の吉沢正巳さんがアピールしました。「300頭の牛を国に対する抗議・抵抗のシンボルとして最後まで生かす」「21000人いた浪江町にもう20000人は帰ってこない」「汚染水を海に流したら請戸漁港は成り立たない」「原発廃炉なんかできない」「原発の時代を終わらせるんだ。そのために国民が実力を持とう。仲間を増やそう!」吉沢さんの魂の叫びが、ビンビン迫ってきました。
福島6
集会後は、郡山駅までデモ行進。
福島9
原発いらない、再稼働するな!
原発事故は終わってないぞ!
汚染水流すな!
オリンピックやめろ!福島10
途中、うれしそうに手を振ってくれる人や歩道を一緒に歩く中学生たちもいました。
福島11
駅に近くなったところで、「日の丸」を立てた右翼の妨害行動にあいました。
何を言っているのか?よくわかりませんでした。
福島12
私たちは、堂々とデモをやり抜きました。
福島13
デモ後、すぐに新幹線で東京の3.11経産省テント前や東電前行動に向かわれた方たちもいました。ご苦労様です。
福島14
私たちは、郡山駅の中にある立ち食いそば屋さんで腹ごしらえをして、「青春18きっぷ」で東京へ向かいました。(S)

東京での3.11行動にもたくさんの人々が参加しました。
(レイバーネットより)
3.11東電前集会
3.11経産省前集会

20210221-1
「都立病院なくすな2.21集会」は予想以上の参加者で会場は満員でした。都立病院がコロナ患者を最も受け入れているのに、このコロナ禍で独立行政法人化(民営化)するのはおかしいだろ!医療の儲け主義はやめろ!と思っている方が大勢いることに元気が出ました。

集会の冒頭、船橋二和病院労組の12.4ストライキ―厚労省行動と、都庁への署名提出=申し入れ(2.9)の様子がビデオで流されました。とくに、独法化のでたらめさが良くわかりました。

根岸病院の男性看護師が基調報告に立ち、「都立病院つぶすな署名」の取り組みが都の病院経営本部を揺さぶっている、一人一人の行動で22年度独法化を阻止しようと訴えました。
20210221-2
小児科医の山田真さんは、都立病院が充実していった歴史をわかりやすく話しました。そして、感染症も小児科も、季節によって患者数が増減する不採算部門で、だからこそ公的な補償が必要だ、それをつぶしてしまう新自由主義はダメなんだということを語りました。
20210221-3
船橋二和病院労組の委員長は、コロナ前から医療崩壊が進んでいて、自分たちは社会保障としての医療を取り戻すためにストライキに決起したこと、都立病院の労働者がそのことを訴えて立ち上がったらものすごい力になると話しました。書記長は「看護師の一日派遣」を厚労省が認めたことを強く批判し、医療を金儲けの手段に変えてきたのは厚労省そのものだと弾劾しました。
20210221-4
浴風会労組の書記長は「高齢者医療をやっていて40年赤字続きだが、それでいいんだ。そもそも医療で赤字だ黒字だと言うのは、命に値段をつけることを同じではないか。公的医療、公的福祉を守ることが大事だ」と訴えました。

保健所の職員や都営地下鉄の労働者など労働現場からの発言が続きました。一陽会労組の委員長が行動方針を提起してデモに出ました。デモでは沿道から声援が相次ぎました。
20210221-5
20210221-6
20210221-7
20210221-8

集会を報道された市民メディア

田中龍作ジャーナル (tanakaryusaku.jp)

KENさんによる集会デモ動画

KENさんによるスマホフォトまとめ


20201101-1
関西生コン支部、港合同、動労千葉の3組合などが呼びかける「11.1全国労働者総決起集会&改憲阻止!1万人大行進」が11月1日、東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。11月集会は今年で23回目ですが、コロナ禍をのりこえて2050人が参加しました。労働組合をよみがえらせよう、スガを倒そうと、力強い集会とデモになりました。(上の写真は各地の関西生コン支援運動)
20201101-2
20201101-3
二和病院労組の皆さんも登壇して発言。
20201101-4
20201101-5
20201101-6
三里塚反対同盟の市東孝雄さん
20201101-7
横田基地に反対して闘う福本道夫さん
20201101-8
百万人署名運動も登壇して発言しました。
20201101-9
20201101-10
20201101-11
20201101-12
20201101-13
20201101-14
写真を撮りきることが出来ませんでした。
動労千葉のHPに一定の記事が載っていますのでぜひご覧ください。
https://doro-chiba.org/page-17993/

6月20日(土)午後、東京・品川にある東京入管収容所へのデモに参加しました。「収容者を解放しろ!」「入管による差別、襲撃、暴行を許さないぞ!」を訴え、中にいる収容者を激励しました。
20200620-1
20200620-2
20200620-3
20200620-4
今回も収容所の中から大きな声があがりました。窓にしがみついて手をふってくれました。
20200620-5
20200620-6
20200620-7
毎日新聞の電子版で報道された記事です。

 難民認定申請中の多くの外国人らが長期収容されている現状の改善を訴え、難民支援団体などが20日、東京出入国在留管理局(通称・東京入管、東京都港区)周辺で、抗議デモを行った。この日は「世界難民の日」。参加者の抗議に応える形で、入所する外国人らはガラス越しに大きな声を上げ、「自由をください」と訴える人もいた。こうした状況をいつまでも放置していいのだろうか。【鵜塚健/統合デジタル取材センター】

 「東京入管を考える会」や「牛久入管収容所問題を考える会」などの難民支援団体や労働組合などの約120人が参加。最寄りのJR品川駅前を出発し、約1時間半にわたって東京入管周辺を歩き、「長期収容やめろ」「外国人の命を守れ」などと訴えた。

 東京入管前では、参加者が立ち止まり「お父さんを家族のもとに返せ」「皆さん、諦めないでください」などと大きな声で呼びかけた。これに対し、入管の上層階では入所者の外国人が集まり、ガラス越しに手を振ったり、大声で「ありがとう」などと応えたりしていた。中には「Give me freedom(私に自由をください)」などとメッセージを書いたTシャツを窓越しに見せ、思いを訴える入所者もいた。

 法務省によると、今年4月末時点で、全国の収容所にいる外国人は計914人。このうち東京入管(280人)と東日本入国管理センター(通称・牛久入管、224人)で半数以上を占めている。近年、各地の収容所では、早期の仮放免や劣悪な環境の改善を求めて入所者がハンガーストライキを繰り返しているほか、餓死者や自殺者も出ている。

 収容所内は通常どこも密集状態にあり、新型コロナウイルス感染拡大の恐れがあるため、各収容所とも一時的に解放する仮放免を進めている。ただし、仮放免が認められる基準はあいまいで、出所時に支払う保証金の金額も1万~数十万円とばらばら。一部で仮放免が進む一方、数年にわたり長期収容され心身に病気を抱えてもなお解放されない外国人も多い。

 「東京入管を考える会」の設立メンバーの一人で、十亀(そがめ)トシ子さん(72)は「活動を始めた15年前より、長期の収容者が増え、状況はむしろ悪化している」と指摘。法務省が国外退去拒否の外国人への罰則導入も検討していることなどに関し、「ハンガーストライキまでしている外国人がいるのに、訴えを聞こうとしない。許しがたいことだ」と話した。

 「牛久入管収容所問題を考える会」代表の田中喜美子さん(67)は「仮放免が進んでいることはいいことだが、再収容されないか心配だ。長期の収容者が取り残されていることも問題。手を振ってくれた収容者に応えるためにも、まだまだ活動を頑張りたい」と語った。

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、世界の難民・国内避難民は7950万人(2019年末)で、前年から870万人増えた。日本での19年の難民申請者は1万375人に上るが、難民認定者は44人にとどまる。「難民鎖国」とも呼ばれる難民認定率の低さや難民申請者の長期収容を続ける日本の姿勢に、国際社会からは極めて厳しい目が向けられている。


CIMG3498
4月25日の東京入管デモ(命を守れ! 被収容者を今すぐ解放しろ!)に参加しました。
例年この時期に行われていた「外登法・入管法と民族差別を撃つ全国集会」が中止となり、その主催者が入管収容所包囲デモを呼びかけました。
CIMG3427
品川駅港南口を出てすぐの「こうなん星の公園」に集まり、そこからデモに出ました。「不要不急の外出の自粛」なので基本は人通りも車も少ないのですが、スーパーの前とか、マンションのベランダから見ている人とか、逆に注目されていたと感じました。
CIMG3437
「3密をひかえろと言うなら、収容者をすぐ解放しろ!」「面会を禁止するなら、収容者を今すぐ解放しろ!」とコールを続けながら東京入管局に向かっていきました。
CIMG3442CIMG3440
東京拘置所の建物のように見えるのが東京入管収容所です。
CIMG3478
CIMG3496
収容所の中から叫び声がなんどもしました。上の階の窓には収容されている方々の顔が見えました。お互いに手を振りあいました。
CIMG3519
CIMG3524
CIMG3526
大阪や東京の拘置所や留置場でもコロナ感染が広がっていると聞きます。しかし入管当局は、ろくな感染対策もせず、長期収容を続けています。「消毒液がない」「隣の人と布団の間が30センチしかない」「新しく収容された人は別の部屋にしてほしい」など、被収容者からは悲鳴があがっています。

デモ終了後、発言された動労千葉の田中さんは、「不当な扱いをされている滞日外国人の仲間をなんとしても解放したいが、今日のような抗議と激励のデモしかできない私たちの力のなさも現実です。しかし、今日抱いた怒り、そして熱い国際連帯の思いを各地に持ち帰って、闘いを組織していこう」と呼びかけました。

主催者からは、6月20日の世界難民デーには再び入管包囲デモを行う予定だと言われました。
収容所を2周するデモだったので、何度も何度も手を振って叫んで呼応することができました。(K)
CIMG3532


↑このページのトップヘ