とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: ニュース

「3.11反原発福島行動‘19」が郡山市の開成山公園・野外音楽堂で開催された。
311集会2
東日本大震災・原発事故から9年目を迎える。あの日の衝撃は未だ昨日のことのように思い出される。長いようで短い8年間、被災者の悲しみ、怒り、苦しみは想像を絶し、消えることはない。

風雨の下での集会に備えて着込んで参加したが、集会が始まる頃には幸いに小雨となった。スローガン「福島は負けない!なくそう!原発とめよう!改憲・戦争」の横断幕が風にはためく。女性たちの「希望診療所」の歌で寒さを吹き飛ばした後、JR労働者の橋本光一実行委員長の元気な主催者あいさつで集会が始まった。特別報告として沖縄の学生から県民投票の勝利と辺野古の闘い、星野再審連絡会議から星野文昭さんを取り戻す緊迫した現状報告があった。
311集会1
次いで浪江町で自らの被曝もいとわず被爆牛を育成している「希望の牧場」の吉沢正巳さんが発言した。「浪江町は避難指示解除されたが、住居への通いを含めても4%の800人しか帰還していない。“除染してもサヨナラ浪江町、復興五輪のまやかし”を語り部となって全国をまわって広げたい」と、まさに怒りの塊で熱く語られて圧倒された。
311集会3
今、国の放射能アンダーコントロール宣言や、着実に復興しているという判断によって被災者には新たな苦しみがかけられている。避難指示が解除されてもプレハブ仮設住宅から出ることもできない人々。特に避難指示区域外避難者への住宅無償提供終了に伴う退去は、家も生活もすべてを失った避難者を路頭に迷わす攻撃で許せません。最大47万人という膨大な被災者を生んだ3.11大地震は、津波だけではなく原発爆発事故による大被災と言い切れる。未だ避難者は5万人も居る。

集会ではこうした現状に立ち向かう労働組合からの発言もあった。被曝労働拒否を闘う動労水戸(JR常磐線の浪江から双葉の開通問題)、原発反対を闘う愛媛県職労や京都府職労舞鶴支部、教育現場から教え子を再び戦場へ送らない「広島教職員100人声明運動」の報告など、労働現場の地道な闘いがリアルに語られた。また、農民や若い全学連からも発言があり、会場からの声援の声も大きかった。
311集会5
311集会6
ふくしま共同診療所からも建設委員会の佐藤幸子さんと布施医師がアピール。原発事故反対に即日立ち上がり、常に自分の体験から発する佐藤さんの発言にはいつも感動する。また、布施さんの「オリンピック返上、安倍打倒、原発反対」で大同団結しようの呼びかけには納得した。最後に、杉並で区議選に挑戦している洞口朋子さんから、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部からの核惨事継続の中でのオリンピック問題の訴えが紹介された。
311集会4
集会後はデモ行進。
311デモ1
311デモ3
311デモ2
途中で右翼がデモの妨害に出てきた。
311デモ4
郡山駅までの元気なデモで体も温まった。さあ、明日からの闘いにスタートしょう!(東京北部連絡会 N)

沖縄で、辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票が24日に投開票され、辺野古の埋め立て「反対」に〇が72%を占めました。
(2月25日付朝日新聞より)
1-琉球新報
(2月24日夜の沖縄のテレビニュースより)
2-県民投票1
↑自民党支持者も過半が「反対」、公明党支持者は「反対」が多い。

沖縄現地の仲間からの声を紹介します。

「若い人が前に出てがんばった。いままでは、70代の人たちが前に立っていたが、今回は元山君のハンストもあり若い人たちがリードして盛り上げていった。地元紙でも『バトンタッチ』がうまくいったと書いている」

「投票用紙が『賛成』『反対』の2択から『どちらでもない』を入れた3択にされたが、これは評判が悪かった。投票に行くからには、はっきりとさせようということだ」

「菅官房長官が県民投票の結果が辺野古工事に影響することは『まったくない』と言った。県民投票は意味がないと。ふざけている。これで、投票に行って『反対』票を入れようとなった人も多いと思う」

「県民投票2週間前から全島で、交差点とかバス停で「県民投票行こう」「反対に〇を」と呼びかけが行なわれていた。僕も、おばあさんが一人でバス停で『反対〇』のボードを持って立っている姿を見た」等々。
1-県民投票2
安倍や菅は口を開けば「普天間の危険性の除去はどうするのか、返還されなくていいのか」と繰り返しています。問題のすり替えだし、無責任で狡猾な発言です。その普天間での県民投票は、

普天間

7割近い人々が「反対」でした。みんな、安倍らのペテンを見抜いているのです。

安倍政権への強烈なパンチです。

安倍はぐらぐらになりながら、「県民の理解を得る努力をする。対話を続けていきたい」と言いました。でも、翌日の25日も工事を強行しています。絶対に許せません!

さらに、全国からのたくさんのパンチで、安倍を打倒していこう。(S)








2月17日(日)午後2時から、新宿駅東口アルタ前で「安倍首相はうそをつくな、『普天間運用5年以内停止』はどうなった」集会とデモが行なわれました。辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会が呼びかけたもので、200人くらいが参加しました。
2-2-CIMG1855
2013年12月、辺野古埋め立て承認を前に、仲井真知事(当時)は普天間飛行場の「5年以内の運用停止」を政府に求め、その際、辺野古移設には時間がかかるので、それとは切り離して運用停止を実現すべきだと要請していました。これに対し安倍首相は「できることはすべて行う」「知事との約束は沖縄県民との約束」だと応じたといいます。翌年の2月18日に首相官邸で開かれた普天間問題の会議で「5年以内に運用停止」が正式に協議されました。それから5年目の2月18日を前に、約束を反故にした安倍に対する抗議の行動です。
1-1-CIMG1854
普天間飛行場のある宜野湾市でもこの日、集会が予定されていて現地から電話でのアピールがありました。
続いて、参加者からもリレーアピール。
長年沖縄の自然保護に取り組む花輪さんは、大浦湾の軟弱地盤問題にふれ、新基地建設などできないのに工事を強行する安倍政権を弾劾しました。
警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法だと訴訟を起こして闘っている市民からは、いよいよ2月27日から証人尋問が始まる、ぜひ傍聴をと訴えがありました(午後2時開廷、東京地裁103号法廷)。
3-3-CIMG1864
6-7-CIMG1874
リレーアピールのあと、午後3時にデモ出発。
4-4-IMG_20190217_150230
途中、辺野古工事を請け負っている大成建設本社が入っているビルへの抗議をしながら、新宿駅周辺を約1時間、アピールしながら歩きました。
5-5-IMG_20190217_150444
7-8-IMG_20190217_150742
普天間飛行場周辺では常駐しているオスプレイやヘリの事故が多発しています。「普天間の一日も早い危険除去」を辺野古工事強行のためだけに繰り返す安倍政権を弾劾し、普天間の飛行停止、辺野古への土砂投入中止を求めていきましょう。
最後に主催者から、県民投票を受けて、翌日の25日に、辺野古の工事を中止しろ!と官邸前での行動が呼びかけられました。(S)

2.25官邸前行動
 とき:2月25日(月)午後6時30分~7時30分
 ところ:首相官邸前
  主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会(tel.090-3910-4140)


2月9日午後、東京の文京区民センターで「都教委の暴走を止めよう!都教委包囲・首都圏ネット」主催の「日の丸・君が代」強制反対!2.9総決起集会が開かれた。
卒業式を前にした2月に、都教委包囲ネットは毎年「総決起集会」を開いてきたが、今年の集会にも処分された教職員や支援する労働者・市民など90名が集まり、熱心に聞き入った。
4-02092
2003年10月23日に、都教委が教職員に「日の丸・君が代」を強制し、卒業式や入学式で立って歌え、そうしなかったら処分すると通達を出した。そして、実際に抵抗して歌わなかった先生たちを処分した。抵抗は2004年の卒業式からずーっと続き、2018年3月までに「君が代」を立って歌わず処分された都立学校の教職員は合計483人になる。今年はどうなるか。

今年の集会は、9条改憲情勢の中で、教育への国家支配・統制が強まっている情勢に対して断固たたかわなければならないという気概を込めて「今こそ、教育の国家主義に国家対抗する」を掲げて開かれた。基調報告を見城赳樹さん(元多摩教組委員長)が行なった。
5-02091
講演者の荻野富士夫さん(元小樽商科大学教授)は、安倍内閣の「教育基本法」の改悪から今日の「憲法9条改悪のもくろみ」までの教育を巡る動向を概括しながら、道徳の教科化、教育勅語肯定化から時代間変転を指摘された。そして、そうした今日の情勢と戦前の「思想統制から教学錬成」へと向かい、最終的に侵略戦争を担う教育と教員が要請されていったことを具体的に話された。
1-02096
荻野富士夫さんは小樽商大の教授で、小林多喜二の研究もされてきたが、「多喜二の『時代』まるごとの把握、『変革』への意思と実行」に学び、安倍政権の新たな「戦時体制」の構築と対峙して、眼前の事態に一喜一憂することなく、『胞子の拡散』『培養土』たらんこと、『何代がかりの運動』への覚悟と希望を」という言う言葉で結ばれた。

学校現場からの報告は、学校への支配・統制を示すものだった。一つ一つ闘いの報告は厳しい内容だったが、それでもくじけずに教職員が闘っていることに参加者は勇気を与えられた。

行動提起では、2005年から始めた卒業式の日に、都立高校の正門前で行なうビラまきについての説明と参加者の呼びかけが行われた。今年で15回目になる。今年は実に2/9(土)に82校も集中している。

ビラまきの申し込みは、090-5415-9194へ。
みなさん ご協力ください!(T)

<集会次第>
 日の丸・君が代」強制と処分反対!  10・23通達撤回!
「今こそ、教育の国家主義化に反対する   2.9集会総決起集会プログラム     
                                2019年2月9日  13:30 ~ 16:30
                                                 文京区民センター3A
1.開会挨拶                                            
2.基調報告                                           
3.基調講演        荻野富士夫さん(元小樽商科大学教授)                     
             「戦前の教育統制と今日の国家主義化教育」                
4.闘いの現場から
 ・「日の丸・君が代」強制反対の闘い  高校の現場から 
 ・「日の丸・君が代」強制反対の闘い  裁判の現状           
 ・ 道徳の教科化に抗して                                
 ・ 教育統制と闘う千葉の高校の実践                         
 ・ 高校生の言論の自由を求める闘い                        
 ・“天皇代替わり”に対する取り組み                      
 ・ 世田谷区新採教員解雇撤回裁判                                 
5.行動提起・ビラまき他                                   
6.集会決議                                               
7.閉会挨拶・団結がんばろう  

2月10日、千葉県市原市文化会館小ホールで開かれた国鉄集会に参加しました。
1987年2月16日という日は、国鉄分割・民営化で7628人の国鉄労働者にJRへの不採用通知が出された日です。国有鉄道である「国鉄」をいったん全員解雇し、民営化された「JR」に選別再雇用される。という形をとって、闘う国鉄労働者を職場から追い出すという「不当労働行為」が行なわれ日であり、これをひっくり返そうと、毎年2月に開かれている国鉄集会です。
4-7-CIMG1828
JRに再雇用されなかった労働者は再就職を余儀なくされたわけですが、「国鉄清算事業団」でいやがらせを受けながらも「こんな国家的な不当労働行為は認められない、元の職場に戻せ」と闘い続けました。しかし1990年4月にこの清算事業団からも解雇され(この時1047名)、労働組合(国労、動労千葉、全動労)は、地元の地方労働委員会に救済を申し立て、さらに、長い裁判闘争を闘うことになりました。

この日も、動労千葉や元国労の1047名被解雇者が登壇し、怒りと決意を述べました。
「2月16日を、首を斬られた7628名とその家族、子どもたちは絶対に忘れない。中曽根は、労働組合をつぶして新しい憲法をつくろうと国鉄分割・民営化をやったと堂々と言っている。そしていま、安倍を支えている。改憲・戦争反対の闘いで、今年こそ決着をつけよう」(秋田の小玉さん)
3-6-CIMG1824
動労千葉の田中委員長は、「私たちは闘いの中で、国鉄分割・民営化が労働組合をつぶすために仕組まれた国家的大陰謀であることを暴き出した」と32年目の勝利的な地平について詳しく語りました。
2-3-CIMG1807
東京地裁での「動労千葉の12名は採用候補者名簿に載っていた。採用・不採用を決める直前に、葛西職員局次長の指示で外した。」という当局側の伊藤嘉道証人の証言や、JR設立委員長・斎藤英四郎(当時の日本経団連会長)がそれを命じていたという資料が見つかり、不採用基準が不当労働行為であり、その責任はJRにあるということが明らかになったのです。
この真実を武器に、新たな闘いが始まっています。

この日の集会の主催は、「国鉄分割・民営化に反対し、1047名の解雇撤回を支援する全国運動」(国鉄闘争全国運動)という団体です。
2010年4月9日に、国鉄1047名問題について、与党3党(民主党、国民新党、社民党)・公明党と政府の間で「政治決着」の合意が成立し、3日後の12日に、国労本部など4者4団体代表が連名で受け入れを表明しました。こうした状況の中で「1047名の人生をかけた闘いが踏みにじられようとしている。国鉄闘争の火を消してはならない」という動労千葉の訴えに応えて労働組合OBや学者、労働組合らで立ち上げられたものです。

この運動の呼びかけ団体でもある全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関西生コン)に対して、この間大量の不当逮捕という大弾圧がかけられています。正当な組合活動を「恐喝未遂」とか「威力業務妨害」とでっち上げたものです。集会の中でもこの弾圧を共に打ち破ろうと呼びかけられました。

国鉄分割・民営化から大資本の新自由主義攻撃が始まりました。民営化、外注化、非正規化によって、闘う労働組合がつぶされ、いまや雇用・医療・教育・福祉…社会の隅ずみまで競争原理が優先されています。集会では、JR職場のほかにも、教育労働者、自治体労働者からも職場で闘っている発言があり、勇気づけられました。(S)



↑このページのトップヘ