とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 基地

4-CIMG1618
今年第一回目の19国会前行動が1月19日(土)午後2時から国会前で開かれました。2015年9月19日の安保関連法(=戦争法)強行採決の暴挙に抗議して毎月19日に呼びかけられている国会前抗議集会です。いつもは夕方からですが、この日は土曜日ということもあり午後2時からでした。暖かな日差しの中、2800人が集まりました(主催は安倍9条改憲NO!全国市民アクションと戦争させない・9条壊すな!総がかり行動)。
2-CIMG16103-CIMG1616
国会議員や弁護士などの発言が続く中で、「戦争はいやだ!調布市民の会」の方の発言が耳に入りました。聞くと、安保法制に反対して会が発足してから4年間で国会行動や中央行動に、70回のべ1800人が参加してきたそうです。それだけではなく、出かけてこれない多くの仲間と共に調布地域で宣伝や署名活動に取り組み(90回のべ2700人、月2~3回のペース)、のべ22万枚のビラを配布、街中デモにも取り組んできたそうで、「さまざまな諸行動470回にのべ1万6000人が参加してきました」と言っておられました。これは、やはり、すごいなあと思いました。
5-CIMG1622
最後の憲法学者の清水雅彦さんの発言も印象的でした。今年2019年のたたかいを語るにあたって、100年前のロシア革命(1917年)、その後の世界の労働者市民のたたかいで勝ち取られてきた生存権や自衛戦争否定の立場などが日本国憲法にも盛り込まれていることを確認し、こうした世界の歴史の流れに逆行する安倍政権を倒そうと訴えました。話の導入で坂本龍一さんの「1919」という曲が紹介されました。この曲は1919年のレーニンの演説をバックに流しているそうで、一度ぜひ聴いてみたいと思いました。

集会後、最寄りの地下鉄の入り口で「自衛隊明記NO!」の署名活動をしました。30分ほどで16筆の協力を得ました。署名してくれた人の中で「自民党の改憲案に、修正に応じるような対案を出してはいけない。対案は現・日本国憲法しかないと野党が一致しないとダメ」と訴える女性がいました。その通り!!!(S)


4月27日の「朝日新聞」や5月1日の「しんぶん赤旗」で、自民党が党内向けの改憲日程表を作成し、配布していることが明らかになりました。それによれば、「2011年夏に改憲を発議、秋に国民投票を実施」となっています。また、改憲投票法の成立で夏に「憲法審査会を設置、改憲案の骨子を作成」とも書かれています。まさに9条改憲へまっしぐら!絶対に許せません。赤旗の記事→http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-05-01/2007050101_01_0.html

画像
そうした中で5月19日(土)、百万人署名運動は全国集会&デモを開催します。どなたでも参加できます。ぜひお集まり下さい。

「いまこそ改憲阻止へ!5・19全国集会」
とき◆5月19日(土)午後1時半~4時15分。4時半、デモ出発(日比谷公園まで)
ところ◆東京・社会文化会館(千代田区永田町1-8-1 地下鉄「永田町」駅下車)
主催◆とめよう戦争への道!百万人署名運動(tel.fax.03-5211-5415)
http://million.at.webry.info/ mail:million@mqc.biglobe.ne.jp
講演◆梅田正己さん(高文研代表)「朝鮮有事と9条改憲」
国会報告◆近藤正道さん(参院憲法調査特別委委員。社民党)
発言◆上原公子さん(前国立市長)「街に戦争がやってくる~国民保護計画に反対します~」
提起◆小田原紀雄さん、西川重則さん/各地域から、ほか
参加費500円/託児あります
【ビラの保存場所(表面のみ)】
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/images/519-02.pdf

画像


4月24日、沖縄・辺野古基地建設のための事前調査が強行開始されました。
カヌー隊などが阻止行動に決起して闘い続けています。
琉球朝日放送のニュースビデオです↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/images/07-04-24-04001.wmv

↑このページのトップヘ