とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 基地

沖縄からの報告です。
* * * * * * *

6月21日~26日、那覇市民ギャラリー(パレット久茂地)で<「復帰」50年写真展・沖縄写真の軌跡>が開かれました。沖縄タイムス社が共催し、那覇市が後援となっています。その一環として写真家の比嘉豊光氏の「牧青行動隊の闘い」のブースも設置され、22日には元牧青と婦人部の方々の座談会も同じ会場で催されましたので、私もそこに参加してきました。

(6月22日付け沖縄タイムスより)
沖縄タイムス
この催し物を開催することになった主催者の思いと経緯(いきさっ)は、「復帰」から50年が経っても沖縄は何も変わっていないにも関わらず、基地労働者の闘いをどこも問題にしていないことへの危機感からだそうです。

全軍労牧港支部青年部(牧青)の闘いは、公(おおやけ)の全軍労闘争史や全駐労の闘いのなかからも抹殺されるか、偽造されるかのどちらかでした。会場の参加者からも「牧青の闘いについての本を出版すべきでは……」という意見も出されていました。

座談会で語ってくれた元牧青の方々の話しを聞いて思ったことは、決して50年前の昔のことではなく、みなさんが今の沖縄の現実について話していることです。沖縄がふたたび戦場の島になろうとしていることへの危機感です。

2・4ゼネスト(1969年)の挫折を乗り越えることを目標に全軍労牧港支部青年部は結成されました。牧青の「解雇撤回・基地撤去」を掲げた闘いは、米軍政支配を揺るがすとともに、当時の復帰闘争に<階級的な力>をもたらしたと言えます。

(下記の写真は、『全軍労・沖縄闘争』比嘉豊光写真集より)
1-牧港1
2-牧港2
3-牧港4

この座談会で元牧青の方は「牧青1200の白ヘルと400の行動隊を組織した力は"大衆のなかに入り言行一致の青年部運動"のなかから生みだされた」とおっしゃっていました。これは印象的な言葉でした。
牧青といえば、その<戦闘性>や<闘いの激しさ>だけが強調されがちですが、それだけではないということです。職場の労働者のなかに入って苦楽をともにする。決して独りよがりではなく、自分たちの言葉が正しいのか、間違っているのかは、現場の労働者によって検証されなければならないというのです。このことは牧青の"指導者"であった故仲田憲和さんがつらぬいた姿勢でした。

座談会では、太田隆一さんの就労闘争における「労働者は死んではならない。死すべきは基地だ」ということが牧青に与えた影響など、また71年の全島ゼネストと米軍の報復的弾圧、無期限ストと全軍労指導部のスト収拾(裏切り)から基地内決起にいたる貴重な話しを聞くことができました。どれひとつとっても重要なテーマです。

戦争が切迫するなかで基地労働者の存在と闘いがどのような意義をもつのか、元牧青のみなさんは身をもって体験してきました。そしてこのような闘いと活動こそよみがえらせなければなりません。 (百万人署名運動・沖縄の会 M)


徳島からの報告です。
* * * * * * *

 千葉県の木更津基地に暫定配備されている陸上自衛隊のオスプレイが、6月下旬から九州の長崎・熊本の基地で飛行訓練をする予定で、その際、経由地に徳島空港を使う計画が報道されました(6/7付徳島新聞)。こうしたオスプレイの訓練強化は、ウクライナ戦争下で日米が中国侵略戦争に向かう具体的な軍事行動と言わねばなりません。
(6月7日付徳島新聞)
2022年6月7日 徳島新聞
 
 直ちに6月10日、改憲・戦争阻止!大行進・徳島として徳島県庁を訪れ、知事宛に「徳島空港のオスプレイ使用反対」の申入れを行いました。百万人署名運動・徳島、徳島・星野救援会、徳島医療福祉労組の仲間が参加しました。
 徳島空港は、海上自衛隊の航空群、陸上自衛隊の飛行隊が配置されている軍民共用空港です。紀伊水道・関西新空港・大阪湾の空の防衛基地としてあると言われます。 県には、徳島県南の米軍オスプレイの飛行訓練反対も併せて申し入れました。

徳島2
 対応した徳島県庁危機管理部・溝杭課長からは「国防の事なので防衛省に伝えます。不測の事態が起きた際は、対応を協議すること、情報を共有することを国に申し入れています。」とのことでした。 こちらからの質問として、沖縄のオスプレイ墜落事故、普天間基地近くの緑が丘保育園への部品落下事故などを事例として挙げ、空港周辺の住宅密集地や、大塚製薬・東亜合成(可燃性のアロンアルファの製造ライン)などの化学薬品工場が立ち並ぶ地域は、飛行ルートに入っていないのかと尋ねたところ、「国防は国がやることですので」との一点張りでした。

徳島1
 九州、沖縄、千葉の各地の仲間たちと連携して、オスプレイの戦争訓練反対を粘り強く取り組んでいきます。(百万人署名運動・徳島 S)

6月4日(土)に、沖縄では久しぶりに辺野古のキャンプシュワブゲート前での「県民大行動」(オール沖縄会議主催)が行われました。
(6月5日付け琉球新報より)

06041
これに連帯して、東京でも新宿駅東口アルタ前での集会と新宿デモが行われました(呼びかけ:辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会議)。
170名ほどが参加し、新宿の街を行き交う人々に、「沖縄県知事が辺野古新基地建設の大幅設計変更申請を不承認としていること」、「これに対して防衛局が私人に成りすまして、国民の権利救済を目的とする『行政不服審査』を身内である国土交通相に請求したこと」、「そして、国土交通相が不承認を取り消すという茶番を演じて、知事に承認を迫っていること」、「知事はこれを拒否し、現在も辺野古工事は承認されていないままであること」、「ところが、防衛局は"承認されていない"辺野古工事を強行していること」などを訴えました。

06042
06043
沖縄で辺野古新基地反対の県民投票の会の代表だった元山仁士郎さんも駆けつけてアピール。「政府は沖縄の声を聴こうとしていない。台湾有事をあおって軍事要塞化を進めている」と訴えました。
06044
「沖縄を再び戦場にするな!」
06045
参加者からのリレーアピールと、同時刻に開催されていた辺野古ゲート前県民集会の現場から、一坪反戦地主会の下地さんからの電話での報告などがありました。

集会後、新宿駅西口~南口へと、暑い日射しの中、新宿の街をデモ行進しました。
06046
06047
06048
一人でいろいろな楽器を鳴らしている人も!
06049

「国民の声を聴く」と言いながら、沖縄県民の声をまったく聴こうとせず、辺野古基地建設を強行し、南西諸島への自衛隊基地建設・ミサイル基地化を強行し続ける岸田首相は、5.23日米首脳会談で公然と日米軍事同盟の強化、核についても「拡大抑止」で対処すると宣言しました。アメリカの日本への核ミサイル配備計画に対し日本も積極的に対応するというのです。とんでもないことです。怒りがわきます。

ただ、この「怒り」が、「世論」になっていない現実があります。政府の情報が一方的に流され、これに対する反論が小さく、多くの人々に聞こえていないのだと思います。労働や生活が苦しい中で、いろいろな怒りの中に人々はいるのだけれど、そうした怒りと戦争反対の声がなかなか結び付かない現状があります。「知らない」「知らされない」現実が多すぎるのか。議論する場がなくなっているからか。

まずは、デモも、街宣も、派手派手にやっていきましょう!(S)



沖縄の本土「復帰」から50年目の5.15を迎えます。米軍基地のない沖縄へ、個の人権が保障された憲法の下へと、沖縄県民の血のにじむような復帰運動が闘われて、1972年5月15日、やっと実現した米軍支配からの日本復帰でした。
しかし、実際は米軍基地はそのまま残り、県民の思いは日本政府によって裏切られたのです。

けれども、沖縄県民は不屈に基地をなくせと闘い続け、憲法に基づく政治を求め、二度と沖縄戦を繰り返すなと闘い続け、憲法を改悪して戦争体制づくりを狙う歴代の自民党政権に対峙してきました。

私たちも、沖縄の闘いに学び連帯して、共に基地撤去・改憲阻止を闘ってきました。未だ辺野古新基地建設を止めることができず、さらに南西諸島へのミサイル基地建設が進んでいる現実に悔しい限りですが、50年目の5.15を前にして、新たな決意で闘っていきたいと思います。

沖縄県は5月7日に辺野古新基地建設の断念や日米地位協定の抜本的改定などを盛り込んだ「平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書」を庁議で決定し、10日に玉城デニ知事が上京して岸田首相に手渡しました。しかし、岸田首相は聞く耳持たずでした。
(5月11日付朝日新聞より)
5153
また、5月9日に元山仁士郎さん(「 辺野古 」県民投票の会元代表)が沖縄の声を日本政府が尊重していないと首相官邸前でハンガーストライキに入りました。
(5月10日付朝日新聞より)
5151
岸田首相は、5月15日の沖縄での記念式典に参加の予定です。
辺野古新基地反対の沖縄の民意を踏みにじり続けている日本政府、岸田首相の居直りの式典参加を弾劾します。
当日は、沖縄現地での抗議行動が予定されています(主催:改憲・戦争阻止!大行進 沖縄)。
5156
5155
東京でも、軍事基地は出ていけ!と銀座デモが行われます(主催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)。
5154
5152
一人でも多くデモに参加しましょう!
また、全国で、沖縄を再び戦場にするな!日米軍事一体化反対!基地撤去!改憲阻止!の闘いに取り組みましょう。(S)



2月5日(土)午前11時~12時まで新宿駅南口で行われた辺野古埋立て「不承認」支持アピール行動に参加しました。玉城デニー知事の「設計変更・不承認」を支持して、辺野古の県民大行動に呼応して第一土曜日に沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックが呼びかけているものです。

この日は、歌や踊り(こちらは本格的なもの)もありにぎやかなアピール行動となりました。
6-2-220105新宿駅南口
新宿駅南口を通行する人々に、横断幕やプラカード、アピールやチラシなどで訴えました。
沖縄でいま米軍の新しい基地が建設されていること、辺野古の海に毎日土砂が投入され美しい海が壊されサンゴなどが殺されていること、沖縄県民は反対の意思を何度も示しているのに国は聞かないこと、軟弱地盤が発見され工事は不可能であること、それなのに防衛省は埋め立て工事の「設計変更」を申請し基地建設を続けようとしていること、沖縄県・玉城デニー知事は昨年11月25日にこれを「不承認」としたこと、本来ここでいったん工事がストップしなければならないのに国・防衛省はその取り消しを求めて対抗措置をとり埋立てを強行していること、コロナ・オミクロン株は米軍基地から広がっていること、等々。
(撒かれたチラシ)
7-1-辺野古チラシ

1月29日(土)にも、辺野古埋立て不承認支持!政府は直ちに工事を止めろ!の新宿デモがあり参加しました。こちらは、辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会が呼びかけたものです。
午後1時に新宿駅東口アルタ前に集合してリレーアピール。道行く人々に訴えました。
辺野古2
辺野古1
アピール行動のあと、デモ行進で新宿駅周辺に集う人々にも呼びかけました。

辺野古3
辺野古4
辺野古5
沖縄の辺野古基地建設のこと、南西諸島への自衛隊基地建設のこと、繰り返される日米戦争訓練のことなど、マスコミでほとんど報道されない中で、街頭でのアピール行動は重要だと思います。いま日本政府が戦争体制強化に突き進んでいる中で、横田基地、朝霞基地、木更津基地、厚木基地、横須賀基地など首都圏の空や海もものすごく危険な状況になっています。
今こそ、沖縄の闘いと連帯して、戦争絶対反対の声を上げ行動していきましょう。職場・学園・地域でも頑張っていきましょう。(S)

↑このページのトップヘ