とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 基地

9月4日に、沖縄県北部(国頭村安田)の米軍北部訓練場の跡地で、米海兵隊UH1Yヘリとみられる機体の離着陸が目撃されました。ここは2016年12月に米軍から返還された場所で、現在は国立公園の一部となっているところです。
(9月5日付琉球新報より)
2-190905琉球新報
北部訓練場の約半分が日本に返還されることに伴い、東村高江区を取り囲むように6つの新たなヘリコプター発着場(ヘリパット)が建設されました。このヘリパット建設に反対して住民たちの粘り強い座り込み抗議闘争が闘われ、今も続いています。
住民たちは「基地返還の意味があるのか」「恐れていたことが起きた」と怒っています。

新たなヘリパットが建設されて以降、安田上空では米軍機の訓練が激化し、集落上空の低空飛行が繰り返されていました。
2017年10月11日には、東村高江の集落に近い民間牧草地で、米軍ヘリCH53Eが飛行中に出火し墜落炎上しました。事故現場では放射能汚染の可能性も指摘されていました。しかし6日後にやっと沖縄県や沖縄防衛局が事故現場に立ち入ることができ、土壌を採取して調査しようとしたとき米軍はこれを認めず、自分たちだけで事故機周辺からの土壌を持ち去ってしまったのです。
最近、その高江の土壌が県外で処分されていたことがわかりました。
(8月14日付琉球新報より)
1-190814琉球
8月27日には沖縄本島東海岸から8キロの海上で、同じくCH53Eヘリからプラスチック製の窓が海上に落下していたことがわかりました。2017年に普天間第二小学校の校庭に落下したものと同じです。
(8月30日付琉球新報より)
1-190830琉球
CH53Eは米海兵隊が世界各地で軍隊や軍備品輸送ののために使用しているものですがイラクやアフガニスタンなどの戦闘地域での任務ですでにボロボロ、機体の老朽化が指摘されているものです。こんな危険な軍事ヘリが沖縄の空を戦争訓練のために飛びまわっているなど、背筋がぞっとします。
オスプレイもしかり。

沖縄の基地被害の現実、危険な事故と隣り合わせの現実、ここに日米安保の実態があり、この現実をひっくり返していかなければなりません。そのためにも、改憲・戦争反対の闘いを全国から巻き起こしましょう。(S)





賛同人の方からの投稿です。
* * * * * * *
 8月14日旧盆の中日、石垣の白保の空港闘争の中心の一人であり、また筆者にとって大先輩でもある「命と暮らしを守るオバーたちの会」の山里節子氏を訪ねた。防衛省や米国防省の資料を広げて、石垣軍事化の背景や歴史を語る山里さんの声は昔と変わらない。空港はもちろん、あちこちの通信基地や施設などはすべて島の要塞化に結びついている。空港建設関連だけでも環境破壊はほとんど限界まで進んだ。地下水の体系もめちゃめちゃにされている。こうした状況なのに、島の言葉で怒りを表現すると、怖がられるからやめてくれという人がいるのよ、と嘆いておられた。
石垣03
 山里さんの運転する車で現場を見に出かけた。自衛隊基地建設予定地に近接する四つの公民館(集落)は、戦後早い時期に沖縄本島から「計画移住」としてやってきた人が多い。台湾からの移住者もいる。於茂登(おもと)集落には、その苦労をしのばせる大きな「開拓の碑」が建てられていた。農民の苦闘は、かつて三里塚で感じたものと基本的に同じだ。於茂登の他に、海南、川原、嵩田、計四つの集落が自衛隊基地建設に反対している。石垣市の有権者の40%に近い、約1万4千名が基地建設の是非を問う住民投票請求に署名したが、市長と市議会はこれを拒否した(今年の2月および6月)。防衛省防衛局はアセス逃れのために、3月初めから工事着工を強行した。まともな手続きは全くなされていない。勝負はすべてこれからだ。
石垣02
 建設予定地は、於茂登山の南側山麓に位置している。予定地の約4分の1は、ジュマールという名のゴルフ場とレストランや宿泊施設などがあったところ。その部分はすでに防衛省に売り渡されている。売った側は100数十億円を手にした。ジュマールの経営者だった売り主は、石垣の「幸福の科学」の責任者で市議会議員でもあるという。「幸福の科学」のポスターが貼られているジュマールの入り口が、今は工事車両の出入り口となっている。
石垣01
 約2年で「駐屯地造成」を行うという防衛省沖縄防衛局の掲示板は、急ピッチで突貫する意志を示している。地形も複雑で地中には大きな石がゴロゴロしていて工事は楽ではないはずだ。しかし、地形の複雑さも含めてミサイル基地用地としては絶好の場所であるらしい。石垣・宮古・与那国(そして奄美)の最戦線基地化が同時一体的に大規模に進められている。さしあたり与那国(160人)、宮古(800人)、石垣(600人)の人員とされているが、この規模にとどまる保証はない。
石垣06
 昨年12月に発表された新防衛大綱と中期防は、「専守防衛の枠」を破って、敵基地攻撃を可能とする大軍拡に踏み込んだ。それが安倍の改憲への執念と結びついている。「いずも」の空母化、F35の147基導入、イージス・アショア、巡航ミサイルを含む長射程のミサイルなどと同時に、「スタンド・オフの攻撃能力」が重要なキーワードとなっている。敵の攻撃が届かないところから攻撃するという意味である。
石垣05
 防衛省は5年後には、「島嶼防衛用高速滑空弾」を石垣・宮古に配備すると公言している。これはロケットで打ち上げられた弾頭部分が巡航ミサイルのように滑空して敵を攻撃する兵器で、距離はいくらでも延ばせるという。トランプが中距離核に関するINF条約を一方的に廃棄した(8月2日に実効化)中で、米軍とともに、自衛隊も敵地攻撃のミサイルを配備する計画なのだ。この南西諸島自衛隊配備は、「尖閣」を守るための必要最低限の軍事的措置などではない。政府と自衛隊は日米軍事同盟をバックに、「尖閣」防衛・島嶼防衛を口実として、中国との軍事的対決の最前線で、(島民を犠牲に)「戦って勝利する」つもりの態勢を構えている。
石垣04
 石垣市当局は、9月定例議会で市有地部分の売り渡しを強行する可能性がある。事態は緊迫している。現場の監視小屋を守りながら奮闘しているUさんは、「米軍基地反対の闘いは南西諸島への自衛隊配備反対の闘いと連動すべきだ」を掲げて、SNSで全国・全世界に発信している。石垣・宮古の闘いに注目し、支援しよう。(8月20日 Y・K)

【監視小屋と監視活動のためのカンパを百万人署名運動でも受け付けます】
  振込先(郵便振替) 口座番号 00150-1-410561
            口座名  百万人署名運動


4-CIMG1618
今年第一回目の19国会前行動が1月19日(土)午後2時から国会前で開かれました。2015年9月19日の安保関連法(=戦争法)強行採決の暴挙に抗議して毎月19日に呼びかけられている国会前抗議集会です。いつもは夕方からですが、この日は土曜日ということもあり午後2時からでした。暖かな日差しの中、2800人が集まりました(主催は安倍9条改憲NO!全国市民アクションと戦争させない・9条壊すな!総がかり行動)。
2-CIMG16103-CIMG1616
国会議員や弁護士などの発言が続く中で、「戦争はいやだ!調布市民の会」の方の発言が耳に入りました。聞くと、安保法制に反対して会が発足してから4年間で国会行動や中央行動に、70回のべ1800人が参加してきたそうです。それだけではなく、出かけてこれない多くの仲間と共に調布地域で宣伝や署名活動に取り組み(90回のべ2700人、月2~3回のペース)、のべ22万枚のビラを配布、街中デモにも取り組んできたそうで、「さまざまな諸行動470回にのべ1万6000人が参加してきました」と言っておられました。これは、やはり、すごいなあと思いました。
5-CIMG1622
最後の憲法学者の清水雅彦さんの発言も印象的でした。今年2019年のたたかいを語るにあたって、100年前のロシア革命(1917年)、その後の世界の労働者市民のたたかいで勝ち取られてきた生存権や自衛戦争否定の立場などが日本国憲法にも盛り込まれていることを確認し、こうした世界の歴史の流れに逆行する安倍政権を倒そうと訴えました。話の導入で坂本龍一さんの「1919」という曲が紹介されました。この曲は1919年のレーニンの演説をバックに流しているそうで、一度ぜひ聴いてみたいと思いました。

集会後、最寄りの地下鉄の入り口で「自衛隊明記NO!」の署名活動をしました。30分ほどで16筆の協力を得ました。署名してくれた人の中で「自民党の改憲案に、修正に応じるような対案を出してはいけない。対案は現・日本国憲法しかないと野党が一致しないとダメ」と訴える女性がいました。その通り!!!(S)


4月27日の「朝日新聞」や5月1日の「しんぶん赤旗」で、自民党が党内向けの改憲日程表を作成し、配布していることが明らかになりました。それによれば、「2011年夏に改憲を発議、秋に国民投票を実施」となっています。また、改憲投票法の成立で夏に「憲法審査会を設置、改憲案の骨子を作成」とも書かれています。まさに9条改憲へまっしぐら!絶対に許せません。赤旗の記事→http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-05-01/2007050101_01_0.html

画像
そうした中で5月19日(土)、百万人署名運動は全国集会&デモを開催します。どなたでも参加できます。ぜひお集まり下さい。

「いまこそ改憲阻止へ!5・19全国集会」
とき◆5月19日(土)午後1時半~4時15分。4時半、デモ出発(日比谷公園まで)
ところ◆東京・社会文化会館(千代田区永田町1-8-1 地下鉄「永田町」駅下車)
主催◆とめよう戦争への道!百万人署名運動(tel.fax.03-5211-5415)
http://million.at.webry.info/ mail:million@mqc.biglobe.ne.jp
講演◆梅田正己さん(高文研代表)「朝鮮有事と9条改憲」
国会報告◆近藤正道さん(参院憲法調査特別委委員。社民党)
発言◆上原公子さん(前国立市長)「街に戦争がやってくる~国民保護計画に反対します~」
提起◆小田原紀雄さん、西川重則さん/各地域から、ほか
参加費500円/託児あります
【ビラの保存場所(表面のみ)】
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/images/519-02.pdf

画像


4月24日、沖縄・辺野古基地建設のための事前調査が強行開始されました。
カヌー隊などが阻止行動に決起して闘い続けています。
琉球朝日放送のニュースビデオです↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/images/07-04-24-04001.wmv

↑このページのトップヘ