とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 基地

神奈川からのお便りを紹介します。
* * * * * * *
10月26日から11月5日まで11日間にわたって、米軍9000人・自衛隊3万7000人を動員した日米共同統合演習(キーン・ソード21)が日本全国で大規模に展開されました。従来型の作戦に加え、サイバー攻撃や宇宙作戦を想定した新たな訓練も始められました。また、四国沖では、事実上の空母化が予定されている護衛艦「かが」に初めてオスプレイが着艦し、日米軍事一体化を見せつけました。
日米の現場トップはこの演習を、激化する米中対決に対応した「尖閣諸島防衛の相互訓練」と明言しています。

この日米共同統合演習の要の一つが、ミサイル防衛システムの運用訓練です。今回初めて米軍厚木基地に、沖縄の米軍嘉手納基地のPAC3(地対空誘導弾パトリオット3)2基と約20台の車両が、横浜・ノースドック経由で搬入されました。
厚木基地を起点に、嘉手納・三沢などの米軍基地と連携した「弾道ミサイル防衛のシミュレ-ション」を始めました。米軍当局は、「最も効率的かつ効果的な場所として厚木基地を選んだ」と言っています。
厚木1
厚木2

2年前に米軍相模総合補給廠(相模原市)で運用を始めたミサイル防衛部隊司令部が、この統合演習を支援していることが明らかになりました(10/30付東京新聞)。菅政権は、敵基地攻撃能力保有を叫んで大軍拡に突き進んでいます。
今次の日米共同統合演習は、日米安保同盟強化の一環です。まさに日米地位協定が言う「米軍による日本全土基地化・自由使用」の発動です。

10月29日、厚木基地爆音防止期成同盟などの呼びかけで、「PAC3訓練反対要請行動」が行われました。
厚木3

厚木基地正門に約50名が結集し、私も婦民全国協や「改憲・戦争阻止!大行進/神奈川」の仲間と一緒に参加しました。改憲・戦争反対は、国会や選挙に頼る闘いではありません。反基地闘争を、労働組合が地域の住民団体と共に闘う潮流を創り出すことが重要です。
教組や自治労の旗があり、「関生弾圧を考える神奈川の会」結成集会に参加してくれた方々にも出会えてうれしかったです。
厚木4

百万人署名運動・湘北も参加する改憲・戦争阻止!大行進/湘北では、米軍補給廠へのミサイル防衛司令部設置に反対し、学習会・デモ・対市交渉を重ねています。
首都圏の国道16号線ぞいの横須賀、厚木・座間・相模原、そして横田、習志野、木更津を結ぶ反基地闘争を、「ルート16ネットワーク」のイメージで繋げようではありませんか!(百万人署名運動・湘北連絡会 S)


千葉からのお便りです。
* * * * * * *
いま、「百万人署名運動・千葉」は「改憲・戦争阻止大行進/千葉」と共に“オスプレイ木更津基地暫定配備撤回”の街頭署名活動に取り組んでいます。7月に続けてオスプレイ2機が木更津基地に配備され、11月にも千葉県内全域だけでなく首都圏での飛行訓練が始まると言われています。

そうした緊迫した情勢の中、百万千葉として独自に4回目の公開学習会を10月4日(日)午後2時から千葉市のDC会館で開催しました。独自のビラ等を作って、街頭宣伝行動を積み重ねて当日を迎えました。当日は20人を超す参加がありました。

千葉1
今回の学習講演会のテーマを「南西諸島軍事基地とオスプレイ」とし、①「宮古島からのSOS」(森の映画社、60分)の上映、②久木野和也さん(百万・賛同人)のお話「コロナ下で変貌する自衛隊」の2本立てで、「イ―ジスアショア」導入を断念した後に「敵基地攻撃」論を突如として打ち出し、ミサイル防衛体制の変化の中での木更津基地へのオスプレイ配備の問題を学習しました。

千葉2
メディアがあまり報道しない中で急速に進む南西諸島のミサイル基地化、対中国戦略の変化の中で突然のように浮上した「敵基地攻撃」論、安保法制後に露骨になってきた自衛隊とアメリカ軍の一体的行動、特に、日本の軍事戦略が増々アメリカ軍と共同作戦、共同訓練、共同行動化しつつある現状について、講師からリアルな実態報告があり、慄然とさせられました。さらに行動を強化しなければと決意を新たにさせられました。
(南西諸島の軍事基地化)
千葉3
最後に、今後の行動として、①「オスプレイはいらない」の署名行動を中心に、「10日行動」(7月10日にオスプレイが木更津基地に強行配備。以降毎月10日に各地で抗議行動をしている)に一斉行動を、②オスプレイ飛行訓練反対の集会に参加しよう、③それらの行動を通じて11・1労働者集会の成功をかちとろう、との提起を全体の拍手で確認しました。
横田・木更津の東西でオスプレイはいらない、飛行訓練反対の闘争強化を訴えて報告にします。(百万人署名運動・千葉 S)


辺野古新基地建設で、大浦湾にマヨネーズ状の軟弱地盤があることが判明したことに伴い沖縄防衛局が4月に「設計変更申請書」を沖縄県に提出していましたが、その「公告・縦覧」(申請内容を公開し県民ら工事で影響を受ける人から意見を募る)が9月8日から始まりました。期間は9月28日までで、県庁や名護市役所など8か所で閲覧でき、県の海岸防災課のホームページでも公開されているそうです。

県は今後、申請書の内容を精査し、縦覧で寄せられた利害関係人からの意見や関係市町村などからの意見も踏まえて申請内容を判断していくとのことで、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議では、意見書を出そうと広く呼び掛けています。
オール沖縄会議→https://all-okinawa.jp/opinion/

9月12日(土)に沖縄平和市民連絡会が主催した「辺野古・設計概要変更申請」糾弾!緊急学習会があり、「設計変更申請書」を読み込んだ北上田毅さんらが防衛省の出してきた辺野古・変更申請書の内容の問題点を全力で暴いています。ユーチューブにアップされているので紹介します。

*緊急学習会(前編) 桜井国俊沖縄大学名誉教授講演
*緊急学習会(後編) 北上田毅講演
    https://youtu.be/AizYGv-9NB4   
  
 北上田さんが学習会で使った資料
https://all-okinawa.jp/wp-content/uploads/2020/09/opinion_9.4.pdf

北上田さんも指摘しているように、地盤改良の具体的内容は不明であり、地盤沈下の説明もありません。工期短縮のため海の濁りが多く発生する工法に変更するなど環境への影響も甚大です。
戦争に使われる基地をつくるため、命の海を破壊し、土砂と共に税金を湯水のごとく流し込むなど許されません。北上田さんらの指摘を生かし、辺野古工事阻止!の力にしましょう。(S)

<意見書の呼びかけ、書式と記入例>(「意見書」用紙は上記のオール沖縄会議のHPよりダウンロードできます)

申請書1
申請書2

8月23日 池袋・としま区民センターで、「飛ばすな!オスプレイ 止めよう!敵基地攻撃力保有 イージス・アショア白紙撤回に続き、すべての軍拡にNOを!」の集会が行なわれ、参加してきました。
823集会4
欲張った題名の集会でしたが、メインは、櫻田憂子さん(STOPイージス!秋田フォーラム代表)の講演でした。櫻田さんは秋田県教組委員長で、この間のイージス・アショアの秋田市新屋演習地配備反対運動の責任者として闘ってきた人です。
その他に、オスプレイ木更津配備反対で闘いを積み重ねている吉澤さんと、横須賀で闘っている木元茂夫さんの報告がありました。
823集会5
櫻田さんの講演を紹介します。
櫻田さんは、本当は池袋の会場に来られて講演する予定だったそうですが、コロナ情勢で、現地からのオンライン講演になりました。
会場のスクリーンに櫻田さんが写しだされ、櫻田さんはパワーポイントを映し出して講演されました。確かに、これからはこうした講演会形式を駆使していかなければならないと思いました。
823集会2
櫻田さんは詳細なレジュメをパワーポイントを使って話されましたが、中心は闘いをどうやって、下からつくっていったかということでした。

反対運動は秋田平和センターを中心にして実行委員会をつくりその代表に櫻田さんがなったけれども、闘いの積み重ねを大事にしてきたと、次のようなことを挙げられました。
●反対を表明した「新屋勝平地区振興会」という町内会的組織の闘いを中心に置き、それ下支えすることを基本にすること。
●知事、市長への要請行動を強めて、両者が反対を言い続けることを目指す。
●賛否にかかわりなく参加できる住民学習会を重ねた。
823集会1
●秋田市以外の全県的反対を形成するようにした。県会議員、市会議員、市民運動。
●秋田魁新報が2018.7.16に社長名の「社説」で「どうする地上イージス」を出して反対 を明確にした。そして新聞社として地上イージス取材班をつくって、報道をリードした。
823集会3
●国会議員の踏ん張りと2019年参院選で反対派が勝利した。
●労働組合は単組、及び平和労組会議で学習会。とりわけ青年部へのアプローチを強めた。
●防衛省との交渉を強めた。防衛省はずさんで乱暴。
その他、さまざまな多様な小さな闘いの積み重ねで、下から「オール秋田」がつくられた。

以上のようなことを櫻田さんは述べられました。要領を得た話と提出されたレジュメからも、闘いの様子がわかりました。

櫻田さんは「配備撤回」を勝ち取った力を今後どのように持続的闘いにしてくかは検討中ということでした。コロナで勝利集会もできないと言っていました。

としま区民センターの集会は地域の、約40名くらいの集会でしたが、有意義なものでした。(T)

6月23日、沖縄戦75年の「慰霊の日」を迎えました。
6月23日は、沖縄での日本軍最高責任者、牛島満司令官と長勇(ちょう・いさむ)参謀長が自決した日で、日本軍の組織的戦闘が終了した日とされています。

今年の6月23日に、ChooseTVで、「沖縄慰霊の日を考える」#忘れないオキナワの特別企画が取り組まれました。フォトジャーナリストの安田菜津紀さんのMCで、沖縄タイムス編集委員の阿部岳さん、琉球新報報道本部長の島洋子さん、映画監督の三上智恵さん、チーム緑ヶ丘1207の与那城千恵美さん、せやろがいおじさん(芸人)、大城章乃さん」(県民投票の会)の参加で、沖縄戦~戦後75年を振り返り、何を忘れず何を引き継ぐのか、共に考えようというものです。

米軍基地問題、日米安保の問題がずっと沖縄の人々の命と生活を脅かしている現実。それが、日本全体の私たちが直面しているいまの現実でもあること。沖縄の問題は私たち自身の問題であると改めて感じさせるものでした。


1時間30分を超える長時間にわたるものですが、ユーチューブで配信されていますので紹介します。(S)
https://www.youtube.com/watch?v=ppuOaj5MoCE&feature=youtu.be


↑このページのトップヘ