とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 戦争

画像

真珠湾73周年(日米開戦=太平洋戦争の本格化)の12月8日、「―国益と排外に憲法は屈するのか― 安倍の延命を許すな!12・8集会」を「とめよう戦争への道!百万人署名運動」と「8・15労働者・市民のつどい実行委」の共催で開催(セシオン杉並)、175名の参加者で大成功しました。集会の開催を決めたとたん解散・総選挙情勢に突入、「8・15実」の鈴木たつおさんが出馬を表明されたので、集会実行委員会としてはあたふたしながらの集会準備となりました。

画像

集会は14分間のビデオ上映からはじまりました。世界大恐慌から学徒出陣までの「戦争の記憶」から、「7・1閣議決定」に対する反撃が闘われ、そして京都大学を先頭にあらたな学生運動が動いていることを映し出しました。

画像

集会実行委を代表して弁護士の葉山岳夫さんが開会あいさつ。次に、西川重則さんが「戦争は国会からはじまる」と題して40分間の講演を行いました。西川さんは、国会傍聴15年の経験から「戦争は国会からはじまる」という言葉を提案していることを話し、憲法政治に反する安倍政権を厳しく弾劾しました。また、来年の国会は改憲・戦争をめぐる最大の闘いになるので、国会をめぐる取り組みを強化しようと訴えました。

画像

続いて、選挙戦の街宣現場から駆けつけた鈴木たつおさんが発言。「安倍がなぜ解散・総選挙にうって出たのか、その狙いが見えてきた」「安倍・自民党が『この道しかない』と言っているのは、独裁を続けて戦争に向かう以外にない、ということ。完全に支配階級の本音が出た。労働者・人民がこの支配を打ち破るチャンス。私はその先頭で闘う」と語り、拍手喝采でした。

画像

さらに、弁護士の森川文人さんが「戦争は自衛の名ではじまる」と題して講演しました。森川さんは、7・1閣議決定と新ガイドライン改定中間報告が意味することを暴き、「永遠のゼロ」や「風立ちぬ」の映画を例に挙げながら、「地獄への道は善意で敷きつめられているという言葉があるが、戦争は自衛のためと称して行われてきた。自衛戦争反対をしっかり言い切ることが大事」と訴えました。

画像

最後に、大学生と労働者が発言。11・2日比谷集会のデモで不当逮捕された大学生が、鈴木たつおさんの選挙戦に参加していることを感動して報告。中野区職の北島さんは、公立保育園の民営化が戦争体制に直結していることを話し、職場の闘いが戦争反対に結びついていることを報告しました。

画像

みなさん!!

「憲法改悪反対!戦争させない!安倍は辞めろ!
集団的自衛権に反対する署名」を始めます。

改憲・戦争への道に突き進む安倍政権を絶対に許さない!
原発も武器も儲けの道具にする安倍や財界を許さない!

この春~夏の闘いで安倍政権を倒しましょう!

職場、労働組合、学園、駅頭、地域、などなどで、この署名を広げましょう!

署名用紙はこちら!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/images/syudan-sign.pdf






画像

 5月23日、4月キャラバンの際、午後から雨になり中断した神戸市西区の駅頭署名に行きました。地下鉄「学園都市」駅では外大、県立大などの学生さんに署名を呼びかけました。
 その後、明石市内の労組を訪問し署名を要請しました。帰りに明舞団地センターに寄りましたが人通りが少なく、JR「朝霧」駅で署名を訴えました。署名に応じる人たちは、みなさん、改憲投票法が通ったことに「大変な時代になった」と、危機感をあらわにしていました。
 この日で全駅署名は約35駅(複数回含む)を回り、署名は合計600筆になりました。近くの賛同人の方が参加されたり、「手伝います」と加わる人も出始めました。

画像

画像

 百万人署名運動は5月19日、「いまこそ改憲阻止へ!5・19全国集会」を開催しました。参加は540名でした。集会の最後に立った西川重則さんは、「戦争を止めるのは議会じゃない、人民だ。改憲阻止にむけて全県的に連絡会を! 横のつながりを強化しながら、真の意味でリーダーシップのとれる運動を!」と訴え、歴史的な集会をまとめました。集会後は自民党本部からアメリカ大使館前を通り、国会周辺を歩くデモを行いました。

オープンスペース街の皆さんの日誌↓
http://kumanomi.suichu-ka.com/machi2007.5.10.html


 集会は岩井健作さん(牧師、呼びかけ人)の開会挨拶で始まりました。岩井さんは、海上自衛隊を投入した辺野古「事前調査」の強行を弾劾するとともに、「今一度、地域から運動を!」をモットーにして、peopleが立ち上がる礎になる行動をともに進めていこうと訴えました。
 「9条改憲阻止の会」の蔵田計成さんは、リレーハンストを貫徹して、行動こそが最高のプロパガンダだと実感したこと、たとえ少数者でも国会前での政治空間を切り開くことができたこと、来る6・15闘争を、改憲阻止への大きな一歩としていくと話しました。
 参議院議員の近藤正道さん(参院憲法調査特別委員)は、改憲投票法の問題点を明快に語りながら、「議員立法に付帯決議は異例のこと。しかも18項目も並べて、それらの検討を続けると言いながらの採決なんでデタラメだ」と採決強行を弾劾しました。そして、3年間の改憲阻止の本番が始まった、今こそ力を合わせて闘おうと訴えられました。
 この3月まで国立市の市長だった上原公子さんは、右派の台頭の激しさに警鐘を鳴らしながらも、埼玉で行われた地方公聴会での元県議の「日本は天皇制の国家である」という発言を例にあげ、本音をもらす右派の発言をうまく利用して、改憲反対の運動を強くしていこうと話しました。また、警視庁が120数ヵ所の交番を廃止し、パトロールを強化し、交番は民間に貸し出すという方針を打ち出したことを例に出し、現代の自警団づくり・隣組の形成が始まっていると述べ、このようなソフトな形での戦争国家づくりとも闘わなければならないと話しました。

画像

 「朝鮮有事と9条改憲」というタイトルで講演した梅田正己さんは、「北朝鮮のミサイル発射実験や核実験は大々的に報道されたが、なぜ北朝鮮はこのような愚かな行為に踏み出しているのかという論議がまったくなされていない」と切り出し、「北朝鮮脅威」キャンペーンがいかにデタラメであるかを具体的に批判しました。
 梅田さんはまず北朝鮮とアメリカが歴史的に今も戦争関係にあることを示し、北朝鮮政府にとって最大の脅威はアメリカであること、そのリアルさを踏まえなければならないと提起しました。そして、日本の自衛隊は、それを政治利用し、米軍のような軍隊へと変貌しつつあること、その仕上げが9条2項の破壊、改憲であることを話しました。
 続いて、「裁判員制度はいらない!大運動」事務局長の佐藤和利弁護士から6・29集会のアピールが行われました。
 休憩をはさんで、事務局次長の小田原紀雄さんが、「本集会を9条改憲阻止への再出発の機会にしよう」と題して基調を熱烈に提起しました。

<基調提起ー方針部分の骨子>
①北朝鮮脅威論にも対応できる恒常的な学習会、政治討論の場を設定しよう。いわゆる活動家ではない人々にも参加を求め、エネルギーを蓄えよう。
②連絡会運動の点検と再組織化を。賛同人どうしの交流を深め、この人々の知恵、力、人脈を掘り起こそう。攻勢に出て、その過程で連絡会活動を再組織しよう。
③9条改憲阻止の闘いは反戦・反基地闘争の昂揚と一体。共闘と連携を深めて反戦反基地闘争を展開しよう。パトリオット3配備と辺野古新基地建設の阻止を。
④格差社会に怒り、労働者と反戦・反改憲の戦列を組もう。労働者や学生は職場や学園で闘い、闘う仲間を増やそう。労働者の団結と闘いは、反戦・反改憲の民衆運動との連動・連携の中でさらに強まり発展する。
⑤百万人署名運動の生命線である署名の拡大をなんとしても推進しよう。この3年間の攻防の中でまず100万人の署名を達成しよう。そのためにも労働者を主体とした連絡会を全国に拡大していこう。
⑥改憲阻止運動の広範な統一戦線を構築しよう。「小異を残して大同につく」という原則に確信を持ち、運動主体としての力量をさらにつけて共闘の役割を果たしていこう。

 続いて5つの連絡会から報告とアピールが行われました。新潟から小野坂弘さん、埼玉から石井碩行さん、兵庫から梶原義行さん、広島から伊豆ハルミさん、東京北部地域から五條敦さんが発言しました。石井さんはパトリオット配備阻止を訴え、梶原さんは百万人署名運動の意義を明快に語りました。
 2時間半の集会でしたが、内容の濃い、闘いへの意欲に満ちた集会だったと思います。また、カンパアピールで発言した神奈川県の女性の“自分はなぜこういう運動に参加したか”という話も心に残りました。


画像
14日、改憲投票法の参院本会議採決を弾劾する国会前行動がたたかわれました。月曜日の午前中にもかかわらず数百人が国会前に集まっていました。
正午前、改憲投票法案が参院本会議で採決されました。国会内ではなんの混乱もなく、粛々とボタンが押されました。しかし国会の外では採決弾劾の国会前集会があちこちで開かれました。
安倍政権はこの日、イラク特措法の年延長案の委員会採決を強行しました。また、今週中にも教育改悪関連4法案の衆院採決がねらわれています。
改憲と戦争に向かって暴走する安倍政権と徹底的に闘わねばなりません。たたかいはこれからです。安倍政権は労働者民衆の反撃を恐れているのです。さらにさらに闘いを広げていきましょう!
画像

画像

画像

画像

画像

画像



↑このページのトップヘ