とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 戦争

闘う労働組合が呼びかける11.1労働者総決起集会への参加を呼びかけます。
11.1労働者集会ビラ

この集会は、現在、労組つぶし弾圧(労働組合活動を犯罪とするデタラメな大弾圧)と闘っている関西地区生コン支部と、JR資本の鉄道破壊・雇用解体攻撃と闘う動労千葉らが、国鉄分割民営化に反対し「闘う労働組合を甦らせよう!」と呼びかけ、毎年11月の第一週の日曜日に日比谷野音で開催している全国集会&デモです。
数年前から、改憲・戦争に反対する市民運動諸団体も集会を共催しています。

世界中で労働者市民が生きるために声を上げ行動しています。何より働く現場で労働者が立ち上がっています。日本でも、闘う労働組合をたくさんつくりましょう。
労働者と一緒に、市民も団結し、菅政権の「命よりカネ、人権無視」の改憲・戦争政治をひっくり返しましょう!

(2020年11.1集会ポスター)
11.1ポスター

(百万人署名運動で作ったビラです)
11.1ビラ表



11.1ビラ裏

★動労千葉が組合員に参加を呼びかけ(組合ニュースより)

日刊動労千葉.jpg.psd

(上記ニュースの全文)
危機こそチャンス! 組織拡大を ー今こそ、闘う労働組合を! 11.1労働者総決起集会へ

 組合員の総結集を

連帯ユニオン関西生コン支部・港合同・動労千葉が「闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう」と呼びかけて始まった11月集会が今年で23回目を迎えます。
コロナ禍から始まった2020年の大情勢に応える道は、まさに「闘う労働組合を再生させる」ことです。日本における新自由主義攻撃の始まりであった分割・民営化攻撃と闘った原点に立ち返り、組合員の総結集を訴えます。

菅政権打倒!

9月16日、7年8カ月にわたって雇用・社会保障制度、医療をはじめ社会の全領域を破壊し、安保戦争法を強行し、改憲に突き進んだ安倍政権は、コロナ危機の前になす術を失い、腐敗にまみれて退陣しました。
しかし、後を継いだ首相・菅義偉もごりごりの新自由主義者です。閣僚人事では20名中14名を日本会議で固め、安倍以上に強権的・独裁的な体制で危機を乗り切ろうとしています。新型コロナの蔓延と世界大恐慌という歴史的な危機に突き動かされて、「改憲に挑戦する」「敵基地攻撃能力の保有」「行政改革」を押し立て、「戦争のできる国」への道にのめりこんでいます。あらたな決意で、菅政権打倒!の旗をかかげよう!

 時代が動く

大倒産・大失業、より極端化された新自由主義攻撃が社会を呑み込もうとしています。しかし、コロナ危機は労働者が団結して歴史の全面に登場する条件を広範につくりだしました。全世界で労働者が燃え上がる炎のように立ち上がっています。
新自由主義の中で最底辺に突き落とされ、軽んじられ、侮辱されてきた世界中の労働者が本来いるべき場所を自覚し始めたのです。怒りの声は社会に満ちあふれ、時代が動こうとしています。日本でも必ず山が動く時がきます。まなじりを決して立ち上がろう。

 JR大激動

コロナ感染症の拡大は、JR民営化体制を崩壊させました。3島JRの経営は壊滅的な状態です。本州3社も巨額な赤字におちいっています。JR貨物も深刻です。
しかしJR東日本はそれを「千載一遇のチャンス」として、1500億円のコストカット、〝整理解雇〟を振りかざして、分割・民営化以来の大攻撃に踏み出しています。
「整理解雇一歩手前」と称する休業命令に関する就業規則改悪は、すべての労働者を恒常的に失業・解雇の恐怖のもとにおく究極の雇用解体攻撃です。東労組などは「雇用と職場を守るため全組合員とともに黒字経営を作り出す」と、解雇さえしなければ何でも呑むと震えあがっています。

 危機こそチャンス

強固に団結した労働組合の闘い以外にこの攻撃に立ち向かうことはできません。「団結さえ崩さなければ道は開ける」、自分たちは、国鉄分割・民営化との闘いでこのことを、身をもって体験しました。「危機こそチャンス」〝JR大激動〟この情勢の中で組織拡大を実現しよう。
11・1全国労働者集会―改憲・戦争阻止!1万人大行進の成功をかちとろう。労働運動の産業報国会化、総非正規職化・解雇自由・労組なき社会を許すな!闘う労働運組合の全国ネットワーク、国際連帯闘争のさらなる発展をかちとろう!


世界の労働組合から連帯のメッセージが届いています。(11.1集会実行委員会ニュースより)

11.1メッセージ


連日国会前で多くの労働者市民が大きな反対の声を上げて取り巻く中、2015年9月19日深夜、安倍政権は「戦争法」を強行採決しました。戦後一貫して「できない」とされてきた「集団的自衛権の行使」を「できる」とするための悪法を作ってしまったのです(新法1改正法10からなる)。

以降、毎月19日に国会前でこの戦争法の廃止を求め抗議集会が開かれています(総がかり行動などの主催)。5年目の9月19日、午後3時から国会正門前で「戦争法は廃止!いのちをまもれ!改憲発議とめよう!」集会が行われました。

CIMG5088
3500人が参加し、発言者からは5年間の共闘の力が安倍の改憲をとめ、辞任に追いやったことが語られ、安倍政治を引き継ぐ菅新政権との新たな闘いの一歩を踏み出そうと確認しました。

国会前5
国会前4
野党国会議員からは、社民党の福島みずほ党首、立憲民主党の辻元清美副代表、共産党の志位和夫委員長が発言。自民党政権を倒そう!と呼びかけられました。
国会前3
連帯の挨拶で、「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委の木村さんは、沖縄の現状を報告し、防衛省が沖縄県に出した辺野古「設計変更承認申請」の不承認を求める意見書を沖縄県知事あてに出してほしいと訴えました(9月28日消印まで有効、メール・ファックスも可)。
国会前2
安保関連法に反対するママの会の町田さん(保育士)は「コロナ下で黙っていなかった。ストライキをやった人たちもいる、処遇改善をやった人たちもいる。保育園職員たちの逆襲が始まった。ここに希望がある!」と言われ、身近なところから声を上げ変えていこうと訴えました。(S)

9月2日(水)、東京高裁で、農地の強制収用を許さない「請求異議裁判」の第3回控訴審が開かれました。コロナ情勢の中でいつも100人ほどの傍聴者が1/3に制限されましたが、市東さんの農民としての命がかかった裁判として、成田空港会社と国策裁判の横暴を許さない!と裁判所の内外で終日闘いぬきました。
三里塚2

この裁判は、4年前に最高裁が出した反動判決(市東孝雄さんに耕作地の明け渡しを命じたもの)に対し、市東さんがこの判決に基づく強制執行を認めないよう求めた異例の訴訟です。千葉地裁はこの「請求異議」の裁判を開始しましたが結局棄却(2018年12月)。市東さんは直ちに控訴し、東京高裁での裁判が始まりました。
三里塚1

問題になっている耕作地は市東家が農地買収に応じなかったためB滑走路への誘導路が「への字」に曲げられてしまったところです。ところが、成田空港会社は卑劣にも地主から農地を買い取っていたとして親子3代で耕作してきた耕作者から農地を取り上げようとしているのです。

市東さんの農地をめぐる最高裁までの反動判決は、成田空港建設が国策であるため、法廷でいかに市東さんの側の正当性が明らかになっても、法務省・裁判所は結局成田空港会社の側にたってしまっているということを赤裸々に示しました。

それでもこじ開けた請求異議裁判は、三里塚反対同盟と弁護団の必死の反撃がつくりだした攻防戦場で、さしあたってここでの闘いが当面の強制執行を食い止めている力です。
三里塚3

この日の裁判では、①コロナ禍の中で航空事業が大破綻し、B滑走路延長・C滑走路新設の機能強化は必要なく、だから市東さんの耕作地の強制収用の緊急性/必要性がなくなっていること。②1993年~1994年の「成田空港問題円卓会議」(隅谷調査団主催、反対同盟(旧熱田派)、運輸省、空港公団、千葉県などが参加)で「…用地の取得に、あらゆる意味で強制的手段が用いられてはならず、…」と明確に確認されていて、市東さん農地の強制執行は認められないこと、が改めて明らかにされました。

①については弁護団の弁論と経済学者の鎌倉孝雄さんの証言で徹底的に明らかにされました。
鎌倉さんは、「今のコロナ不況・経済危機は、これまでの企業の減収による経済危機というようなものではなく、新自由主義の崩壊であり、人間が人間として生きていく基盤そのものの解体、人間関係の破壊として進んでいる」「新自由主義政策として意図的に観光事業があおられ、作り出された航空需要がいま大幅縮小している。それなのに、成田空港会社はさらに機能強化をするなどと言っている。驚くべき考え方だ」「地域に住んでいる労働者市民の生活破壊は許されない。市東さんの農地問題は重要な闘いだ」と述べました。

②については、成田空港問題シンポジウム・円卓会議にずっと参加していた平野靖識さんの証言で、「あらゆる場面で強制的な手段を用いない、行政的な強制執行はやらないと確認した」と明らかにされました。

市東孝雄さんも証言に立ちました。
市東さんは、「4月22日以降3か月間B滑走路が閉鎖され、今まで騒音でかき消されていた鳥のさえずりや風の流れをじかに感じ、本来の姿がこれなんだと感じながら耕作している」「成田空港会社は、国策だからと必要性のない機能強化をやろうとしている。周辺住民の気持ちを全くわかっていない」「いま耕している農地を取られたら、隣の農地も死んでしまい農業ができなくなる。育苗ハウスも大事でこれもとられたら農業をやっていけない」「親父の後を継いで始めた無農薬有機農法も軌道にのるまで3年ちょっとかかった。あの農地がなければ農業ができなくなる」と訴えました。そして、「1988年に地主が底地を売っていたことを2003年の新聞報道で知った。小作人が知らないところで農地を売却したら、農地法上、その時点でアウトだと思う。こんなことがあっていいのか。国家のためなら、そこで生きていく人間に対して何をやってもいいというのか、何度も怒り感じる」「私はこれからも農業を続けていきたい。ウソをつかない、農薬を使わない、新鮮な野菜を消費者に届ける。おいしいと聞くとありがたい。お金は必要だが、喜びの中で仕事ができることが一番良い」と。とても感動しました。

農業学者の石原健二さんも証言に立ち、「小作地の強制執行は間違っている」と、市東さんが行っている有機農業や産地直送の意義、小作人の権利について語り、「強制執行は、市東さんの生き方を侵害するもので認められない、権利濫用だ」と弾劾しました。

許せないと思ったのは、成田空港会社の代理人弁護士たちが一言も反論しないことでした(私が傍聴した裁判で代理人の弁護士が何か言葉を発するという場面はひとつもありませんでした)。 裁判長も反対尋問をきちんとするよう彼らにうながすということをまったくしないのです。市東さんたちが法廷の場で誤りを正そうと真剣に取り組んでいるのに、裁判長も代理人弁護士たちも本来の自らの使命に照らして恥ずかしくないのかと怒りを感じました。
この国の司法の腐敗の一面を見た思いです。国策に反対する者たちの正義は通らない。こんなことを許してはなりません。

切り開いた請求異議裁判も10月22日が最終弁論となります。限られた時間ですが、一人でも多くの人々にこの裁判のことを知らせ、強制執行するな!という声を東京高裁に届けましょう。9月27日に成田で市東さんたちが呼びかける全国集会があります。ぜひ参加しましょう。(S)

市東さんの農地を守ろう!空港機能強化粉砕!安倍政権打倒!9.27三里塚全国総決起集会
とき◆9月27日(日)正午~集会、午後2時30分~デモ
ところ◆成田市・赤坂公園芝生広場(千葉県成田市赤坂1-2、JR成田駅西口バス乗り場よりバス路線あり:中台線「赤坂公園」下車、中央通り線「保健福祉館」下車)
主催◆三里塚芝山連合空港反対同盟(tel.0476-35-0087)

■東京高裁への「要望書」を書いて、反対同盟に届けましょう。(送り先:千葉県成田市天神峰63 市東孝雄様方)
「要望書」のダウンロードはこちらから。
https://www.sanrizuka-doumei.jp/wp/wp-content/uploads/2020/01/kosai-yobosyo2020.pdf


三里塚芝山連合空港反対同盟ホームページ
https://www.sanrizuka-doumei.jp/wp/






安倍を辞任に追い込んだのは、労働者民衆の怒りと闘いです。
しかし8月30日、海自艦「むらさめ」が、第三次中東派遣として横須賀港から若い自衛隊員を乗せて出航しました。私達も抗議行動に参加しました。
20200830-2
呼びかけたのは、地元のヨコスカ平和船団や非核市民宣言ヨコスカ、地区労など。
20200830-1
抗議船には「大行進」神奈川の仲間も乗船しました。
20200830-3
午前10時45分頃、「むらさめ」が出航していきました。
20200830-5
自衛艦に近づいて派遣反対を訴える抗議船。
20200830-6
私たちも岸壁から声をあげました。
202008307
コロナの中ですが、こういう行動はとても大事だと感じました。






8月23日 池袋・としま区民センターで、「飛ばすな!オスプレイ 止めよう!敵基地攻撃力保有 イージス・アショア白紙撤回に続き、すべての軍拡にNOを!」の集会が行なわれ、参加してきました。
823集会4
欲張った題名の集会でしたが、メインは、櫻田憂子さん(STOPイージス!秋田フォーラム代表)の講演でした。櫻田さんは秋田県教組委員長で、この間のイージス・アショアの秋田市新屋演習地配備反対運動の責任者として闘ってきた人です。
その他に、オスプレイ木更津配備反対で闘いを積み重ねている吉澤さんと、横須賀で闘っている木元茂夫さんの報告がありました。
823集会5
櫻田さんの講演を紹介します。
櫻田さんは、本当は池袋の会場に来られて講演する予定だったそうですが、コロナ情勢で、現地からのオンライン講演になりました。
会場のスクリーンに櫻田さんが写しだされ、櫻田さんはパワーポイントを映し出して講演されました。確かに、これからはこうした講演会形式を駆使していかなければならないと思いました。
823集会2
櫻田さんは詳細なレジュメをパワーポイントを使って話されましたが、中心は闘いをどうやって、下からつくっていったかということでした。

反対運動は秋田平和センターを中心にして実行委員会をつくりその代表に櫻田さんがなったけれども、闘いの積み重ねを大事にしてきたと、次のようなことを挙げられました。
●反対を表明した「新屋勝平地区振興会」という町内会的組織の闘いを中心に置き、それ下支えすることを基本にすること。
●知事、市長への要請行動を強めて、両者が反対を言い続けることを目指す。
●賛否にかかわりなく参加できる住民学習会を重ねた。
823集会1
●秋田市以外の全県的反対を形成するようにした。県会議員、市会議員、市民運動。
●秋田魁新報が2018.7.16に社長名の「社説」で「どうする地上イージス」を出して反対 を明確にした。そして新聞社として地上イージス取材班をつくって、報道をリードした。
823集会3
●国会議員の踏ん張りと2019年参院選で反対派が勝利した。
●労働組合は単組、及び平和労組会議で学習会。とりわけ青年部へのアプローチを強めた。
●防衛省との交渉を強めた。防衛省はずさんで乱暴。
その他、さまざまな多様な小さな闘いの積み重ねで、下から「オール秋田」がつくられた。

以上のようなことを櫻田さんは述べられました。要領を得た話と提出されたレジュメからも、闘いの様子がわかりました。

櫻田さんは「配備撤回」を勝ち取った力を今後どのように持続的闘いにしてくかは検討中ということでした。コロナで勝利集会もできないと言っていました。

としま区民センターの集会は地域の、約40名くらいの集会でしたが、有意義なものでした。(T)

↑このページのトップヘ