とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 戦争

昨年7月10日に陸自木更津駐屯地にオスプレイが暫定配備されました。自衛隊がアメリカから購入したオスプレイ17機のうちの最初の2機です。以来、毎月10日に千葉県各地で「オスプレイはいらない!」と署名街頭宣伝が取り組まれています。
4月10日には「動労千葉を支援する会・木更津」と「改憲・戦争阻止!大行進千葉」の呼びかけで、木更津駅前でのリレートークと木更津基地へのデモ&申し入れ行動がおこなわれ、地元木更津市や周辺地域、また神奈川や東京からも駆けつけ約130名が参加しました。
木更津1
最初に呼びかけ団体の「改憲・戦争阻止!大行進千葉」から、木更津への危険なオスプレイの配備・訓練飛行に反対し、今日の行動を一緒にやり抜こうと挨拶。
続いて木更津でオスプレイ反対運動をされている2人の方からのアピールがありました。一人の方は「いま尖閣の警備は海上保安庁がやっている。中国もそうだ。それでいいのだ。そこに自衛隊が出ていったら戦争になってしまう」と言われ、「日本は、いざ戦争になったときのリアル感が欠けているのではないか。オスプレイの配備で軍事訓練が強化されるのではないか、今反対の声を上げなければ」と訴えました。

木更津市議会議員の田中紀子議員(市民ネットワーク千葉県)と堀切俊一議員(立憲民主党)、柏市議の鈴木清丞議員(社民党)からもオスプレイ反対取り組みのアピールがありました。
木更津2
また、市民ネットワーク千葉県共同代表の吉沢弘志さんも連帯アピール。
吉沢さんは「オスプレイは輸送機で、抑止力と言えない。しかし、いずも型護衛艦を改修して空母化した場合、そこで運用される人殺しのF35戦闘機にそのエンジンを運ぶことができる。日米戦闘力の主力を支えることになる」と指摘されました。
木更津3
さらに動労千葉、改憲・戦争阻止!大行進神奈川、池田(元自衛官)裁判をともに闘う会、元教員の方などからのアピールが続きました。
成田市から三里塚空港反対同盟の宮本麻子さんも参加して連帯アピール。
木更津4
百万人署名運動千葉県連絡会の仲間も千葉駅頭でのオスプレイ反対署名活動などを報告。
木更津5
木更津駅前リレートークのあと、約2キロ先にある陸自木更津駐屯地へ向けデモ行進に出発しました。
木更津6
駅前通りも、人通りは少なかったです。
大通りから、少し狭い道に入りました。
普段見ないデモ行進に、住民も、ちょっとびっくりの様子でした。
木更津7
また、大きな通りへ。
「木更津の街にオスプレイはいらない!」「オスプレイは、佐賀にも、沖縄にも、どこにもいらない!」
「住民と自衛官の命を危険にさらすオスプレイ反対!」「木更津を『軍都復活』の街にするな!」とコールして歩きました。

木更津8
もうすぐ、木更津駐屯地。
木更津9
駐屯地となりの公園です。
木更津10
写真はないのですが、駐屯地入り口すぐ近くに保育園がありました!沖縄の普天間基地近くの緑ヶ丘保育園と同じだと思いました。

デモは駐屯地入り口手前まで。
申し入れ行動の代表団を送り、いくつかの団体が駐屯地指令や防衛大臣、内閣総理大臣あての申入書を読みあげて手渡しました。
木更津11
木更津12
オスプレイは、この駐屯地内に現在5機が「暫定配備」され(今年に入って3機配備)、順次配備されていくとのことです。本格的な飛行訓練も始められようとしています。
「オスプレイいらない!4.10木更津行動参加者一同」の申し入れでは、こうしたなし崩し「暫定配備」が住民の意思を無視して進められていることに抗議し、オスプレイ配備と日米共通整備基盤強化の完全撤回を強く求めました。

東京・横田基地配備の米軍オスプレイも危険で騒音をまき散らす低空飛行訓練を繰り返しています。東京~千葉、神奈川での米軍・自衛隊基地強化の実態をつかみ、周辺住民と連帯して戦争訓練反対!の声を強めていきましょう。(S)



今週の日曜日、3月21日に、日比谷野外音楽堂で大集会&銀座デモがあります。私たち百万人署名運動も参加している「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会が呼びかけているものです。
(3.21ビラ表)
ed37c6ae-s

コロナ下で菅政権は、大臣たちは高級料理店に通い、官僚たちは企業の接待を受け、民衆の切実な現実である医療・賃金補償・生活支援に全力をあげることをせず、営業自粛・外出自粛要請を繰り返し、コロナ特措法や感染症法を改悪して国の言うことを聞かないものは罰すると、そういう姿勢です。しかも、このコロナ危機をも利用してさらなる監視社会、「デジタル化社会」へと強引に舵を切ろうとデジタル監視法案も今国会で強行しようとしている。辺野古では抗議の座り込みの人々を前に土砂埋め立てを急ピッチで進めています。

ふざけるんじゃない!!!誰のための政府なのか!!
3.21日比谷野音に集まって、この怒りの声を上げ、大行進で菅政権に立ち向かっていきましょう。
いまのところ天候は良くありませんが、雨天決行です。
軍事クーデターに対し無期限ゼネストでたたかいぬくミャンマーの労働者民衆に連帯して、菅政権打倒へ闘いぬきましょう。(S)
(3.21ビラ裏)
ba504c03

●「改憲・戦争阻止!大行進」に参加する動労千葉は、3月13日から「ワンマン運転拡大反対!」で48時間のストライキを闘いました。3.21日比谷集会では、この動労千葉をはじめ関西の関生支部、港合同など職場で闘う労働組合からのアピールもあります。

外注化阻止ニュース

3月4日(木)午後7時から、日本キリスト教会館で「西川重則氏から受け継いだこと~平和を創り出す人々の集い」が開かれました。

昨年7月23日に逝去された西川重則さんの遺志を引き継いでいこうと、「日本キリスト教協議会(NCC)靖国神社問題委員会」「靖国国営化福音主義キリスト者の集い」「政教分離の侵害を監視する全国会議」が共催で呼びかけたものです。
コロナ緊急事態宣言下で参加者を縮小した形での開催となりましたが、オンライン配信をし、会場には約30人が参加しました。
西川1
司会は、西川重則さんの後を継いで「政教分離の侵害を監視する全国会議」の事務局長もされている星出卓也さん。星出さんは「今日は、西川重則さんを偲ぶということより、西川さんが生涯かけて私たちに残そうとしたものを一緒に確かめていきたい。そして、受け継いでいこう」と言われて、集いを始められました。

最初に、「西川重則氏から受け継いだこと」として、日弁連憲法問題対策本部幹事や安倍靖国参拝違憲訴訟弁護団長もされている木村庸五さんから講演がありました。
木村さんは、西川重則さんと同じ日本キリスト改革派の教会員で、西川さんと大変親しくされていた方です。
西川
講演の中で木村さんは、西川さんの遺業を次のようにまとめられました。
①信教の自由・思想良心の自由の確保、政教分離原則違反の監視・是正(憲法20条、89条)、靖国神社問題、国による慰霊行為の違憲性を指摘した。
②平和主義の堅持(憲法9条)、有事法制・新安保法制批判、戦争と平和の問題とヤスクニ問題との緊密な関係を暴露する。1997年9月に発足した「日米新安保ガイドラインと有事立法に反対する百万人署名運動」の呼びかけ人として参加され、また1999年9月に「とめよう戦争への道!百万人署名運動」でも運動の先頭に立った。
③そのほか憲法に反するさまざまな法律の精査と批判(秘密保護法、共謀罪法、通信傍受法など)を国会の動きを注視しながら行った。
④アジア太平洋戦争における海外での被害の実態を調査・把握し、戦争による侵害・加害について詳しく学び、事実に基づく歴史認識と謝罪が一体となる形で、被害者の心とつながる努力をした。
⑤戦争の歴史を正確に知り、戦争責任を明確にする。特に昭和天皇の戦争責任の明確化と天皇制についての批判的検討をした。
⑥憲法違反の是正と改憲の動きに対する全国的反対運動を展開した。
⑦著作出版活動を通じて、上記の記録を残し、運動を横に拡げ、しっかりと後に(縦に)受け継いでいくため備えた。
⑧皇居周辺ツアーや靖国神社見学、遊就館見学をたびたび催し、天皇制や靖国神社の問題点を厳しく突いて、遺族としての思いを熱く語った。

そして、「西川氏にとっては、これらすべての問題が相互に関連しており、活動する中で必然的に次第にその活動が拡がってきたものです」と述べられ、西川さんの生涯から学んだことについてさらに詳しく語られました。

続いて、西川さんが関わられてきた諸団体の8人の方から、それぞれ西川さんから受け継いだことについての発言がありました。
「平和遺族会全国連絡会」「キリスト者遺族の会」「新教出版社社長」「日本キリスト教協議会(NCC)靖国神社問題委員会」「靖国国営化反対福音主義キリスト者のつどい」「重慶大爆撃の被害者と連帯する会・東京」「政教分離の侵害を監視する全国会議」より。
「とめよう戦争への道!百万人署名運動」からも事務局の先崎が発言させていただきました。また、西川重則さんがいかに幅広く活動されていたかを知ることができました。

いま菅政権は、コロナ禍の中でも、コロナ特措法の改悪で「罰則」を導入し、「まん延防止等重点措置」という概念を新設するなど権力支配の強化を進めています。そして、憲法への緊急事態条項新設への企みを強めています。
こうした情勢の中で、私たちは、改めて、20年以上事務局長として「とめよう戦争への道!百万人署名運動」をけん引してくださった西川重則さんの思いと闘いを引き継いで、改憲・戦争絶対阻止!の運動を大きく広げるために全力で闘っていきたいと思います。
みなさん、共にがんばりましょう!(事務局 先崎)

(当日配布させていただいた追悼資料の一部です)
にしかわさん


2月1日(月)午後6時30分から、防衛省正門前で「辺野古の埋め立てをやめろ!」と、国・防衛省への抗議要請行動が行われました。
「Stop!辺野古埋め立てキャンペーン」「平和をつくり出す宗教者ネット」など3団体が、菅総理大臣、岸防衛大臣あての要請文を読み上げ、防衛省職員に手渡しました。
2102011

この日の沖縄現地からの電話アピールは上間芳子さん(沖縄平和市民連絡会)からでした。上間さんは今の辺野古や沖縄の現状を怒りをもって報告されました。

コロナ緊急事態宣言下で、しかも、キャンプシュワブ所属の米海兵隊43人がコロナ感染と発表されている中で、辺野古埋め立て工事は強引に続けられている!
県の自粛要請に応じず、米海兵隊と陸上自衛隊は米軍ブルービーチ訓練場などで共同訓練を強行している!
辺野古への陸自「水陸機動団」の常駐問題など、「戦火に巻き込まれるのではないかと肌で感じる」と。
(1月29日付琉球新報より)
210129琉新2
210129琉新

さらに、上間さんは、辺野古埋め立て工事も違法だらけ。K8、K9も桟橋と認められない。大量の土砂仮置き用の超大型台船も違法だと。そして、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設は基地拡大であり、「戦争への道を絶対に許してはいけない。沖縄の現状を全国に知らせてほしい」と訴えられました。

参加者も、コロナ緊急事態宣言下で、辺野古工事が強行されていることへの怒りを共有し、東京での取り組みを創意工夫してやり抜こうと確認しました。(S)
2102013

主催者からは、2月3日の官邸前行動が呼びかけられました。
210203行動





『百万人署名運動全国通信』277号(2020年12月号)6面に、8.6ヒロシマ大行動実行委の中島健さんからの「黒い雨被爆者」報告会に関する投稿を掲載しましたが、その中にあった放射能を含んだ黒い雨の「雨域問題」についてわかりやすくまとめた動画がありましたので紹介します。

動画は「黒い雨はどこまで降ったかー気象専門家 増田善信の約束ー」(制作:「黒い雨」動画作成チーム、28分)です。97歳の増田さんが昨年8月に講演された内容を基に作られたそうです。
(動画のアドレス)
  https://www.youtube.com/watch?v=7FpGAFnkdEo&feature=youtu.be


(参考にー全国通信277号6面)

277 号6面


↑このページのトップヘ