とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 戦争

今日8月12日、安倍政権は「黒い雨」広島地裁判決を不服とし、控訴しました。なんとひどいことをするのか!怒り心頭です。
(8月12日付朝日新聞夕刊)
200812朝日夕刊

国はこの裁判に「補助的立場で参加していた」だけに過ぎないのです。被告は広島県と広島市。その両者が「控訴したくない」と国に伝えていたにも関わらず、また、原告たちが必死に「控訴するな!」と申し入れていたにも関わらず、安倍は被爆者たちの75年の苦しみ、悲しみをいとも簡単に足蹴にしたのです。8.6ヒロシマ、8.9ナガサキ記念式典で言っていることとまったく真逆のことをやっている。つまり、言っていることは原稿を読んでいるだけで、やっていることが本心なのです。
結局、広島県知事(湯崎 英彦)・広島市長(松井一実)もこれに与してしまい、本当に許せません。

「黒い雨」訴訟は、国が決めた援護対象地域外で「黒い雨」を浴びた住民らが、被爆者健康手帳などの交付申請を却下されたのは違法だとして、広島県・広島市に対し「自分たちも被爆者として認めよ、被爆者健康手帳を交付せよ」と求めた裁判で、7.29広島地裁判決は原告側の全面勝利でした。
広島地裁は広島県・広島市に対し、原告全員に被爆者健康手帳を交付せよと命じたのです。
被爆75周年8.6ヒロシマ・8.9ナガサキを前にして、喜びに沸く原告たちの姿がまだ目に焼き付いています。
(7月30日付朝日新聞)
200730朝日
安倍政権の暴挙に対し、全国から弾劾の声を上げましょう!
全ての被爆者に国は直ちに医療を保障せよ!
ヒロシマ・ナガサキ・フクシマを繰り返すな!

そして、被爆者の闘いを知り、学び、共に闘おう!
今こそ、核武装を狙う安倍政権を打倒しよう!

下の写真は、被爆75周年8.9ナガサキ現地の闘いに連帯した8.9渋谷デモ(NAZEN東京の呼びかけ)です。約100人が集まり、代々木公園から出発してJR渋谷駅前を通り、一緒に声を上げようと若ものたちに呼びかけました。(S)
8.9デモ


7月23日、江古田駅近くの「ギャラリー古藤」で行われたドキュメンタリー映画「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」上映会に参加しました。コロナ対策で会場の受付には消毒液があり、予約優先で定員が決められていました。2回の上映会の間に、杉浦弘子監督のトーク&質疑がありました。

映画は約1時間ですが、労働運動とは無縁だった杉浦弘子さんが、インタビュー申し入れで初めて会った関西生コン支部委員長の武建一さんがその3日後に不当逮捕されるという現実に直面して、関西生コン支部というのはどういう労働組合なんだろう、武建一委員長とはどういう人なんだろうとカメラを回しながらその真実に迫ろうとしたものです。
初めて見ましたが、とてもいい映画だと思いました。
2007232
杉浦監督は、トークの中で、「インターネットの中では関西生コンとか武委員長は<暴力団><怖い男>というイメージで描かれていた。武委員長を知るために、まず彼が生まれ育った徳之島に身を置いてみよう、そこの風にふかれてみようと思って徳之島に向かった」と言われました。映画監督とは程遠い私でしたが、「なるほどー」と物事を理解するやりかたはみんな同じなんだなと妙なところで共感してしまいました。

エンディング曲はPANTA(頭脳警察)さん、「棘」のロゴデザインやポスターは浅葉克己さん(アートディレクター)。労働組合活動が犯罪にされて、大資本や警察権力・裁判所によって延べ90名近くが不当逮捕され、委員長・副委員長が1年以上も勾留され続けているという中で、多くの人々の協力、支援の思いを集めてつくられた映画なんだなあと思いました。

5月29日、武建一委員長は641日ぶりに勾留から解かれ、保釈されました。その3日後、湯川副委員長も保釈。杉浦監督は、保釈後、武委員長から届いた手紙を紹介してくれました。その中の一節を紹介します。
「私たちの弾圧の後は、ファシズムであり、戦争への道です。負けるわけにはいきません。」
シンプルだけど、闘う労働組合を指導し抜いてきた武委員長の血肉化した信念に触れた思いでした。

間生支部への大弾圧をはね返す闘いはまだまだこれからです。いま、関西以外でも、東京、神奈川、静岡などで共に闘う会が発足しています。闘う労働組合を守り、連帯していきましょう。
「棘」上映会は、近いところでは下記のところで予定されています。お近くの方はぜひお出かけください。
■「棘」上映会in埼玉
とき◆8月1日(土)午後1時30分上映開始
ところ◆埼玉会館小ホール(JR浦和駅西口6分)
参加協力券1000円(当日1200円)
主催◆「棘」上映実行委員会(予約・問合せ 090-4727-6109杉浦、080-3738-0799新井)

また、「関西生コン支部」も呼びかけに加わっている「国鉄分割・民営化に反対し、1047名の解雇撤回闘争を支援する全国運動(略称:国鉄闘争全国運動)」の全国集会が7月26日(日)に江戸川区総合文化センターで予定されています。関西生コン支部からも報告の発言があります。
チラシを添付しますので、こちらも、ぜひご参加ください。(S)
7.26チラシ表
7.26チラシ2




千葉県成田市三里塚から、ここ数年7月に行われている「樫の木祭り」の報告が届きました。国・千葉県が強制収用しようとしている滑走路すぐわきの市東孝雄さんの農地に集まり、怒りも新たにデモ行進。そして、市東さん宅の中庭で反対同盟と支援者たちとの交流会が行われました。
*******

梅雨の晴れ間となった7月12日、三里塚で第3回樫の木祭りを開きました。コロナ情勢で集会も裁判もしばらくできなかったので、大勢の仲間を迎えるのは久々です。デモ出発の南台の畑に集まった人々は、飛行機の轟音もゴムタイヤの焼ける匂いもない畑で深呼吸。ナス、ピーマン、ネギなどが育つ夏の畑で、市東さんの日常を共有しました。

計らずも、コロナによる航空需要の激減で取り戻した静かな空ですが、日本国内とアメリカなど世界各地で感染が増え続ける状況で、観光の回復はありえません。まして世界中の人が集まるオリンピックの強硬など、火に油を注ぐようなものです。
三里塚2
猛暑の中、参加者は「今こそ空港の息の根を止めよう」とデモ行進し、100年の樫の木が枝を広げる庭で交流しました。第3滑走路反対住民はじめ、三里塚を支えてきてくれた労働者・市民140名が、市東さんの農地を守ろうと気持ちを新たにしました。
 
コロナ下で自慢の野菜料理は提供できませんでしたが、地元産のスイカと冷えた麦茶でのどを潤してもらいました。ミニライブと、カレー野菜セットや三里塚Tシャツなどの抽選回も企画して、大いに盛り上がりました。
7.12三里塚3
延期されていた裁判が9月から集中的に入ってきます。9月27日(日)には秋の全国集会を予定しています。ため込んでいた怒りを解き放ち、9月に爆発させましょう。皆さんの結集をお願いします。(三里塚現闘 K)

コロナ情勢の中で、被爆75周年8.6ヒロシマ大行動に向けて広島現地での重要な闘いが続いています。
「8.6ヒロシマ大行動実行委員会ニュース」を紹介します。
8.6ニュース1
8.6ニュース2
一昨年末から、広島市が8.6平和式典会場周辺でのデモ行進の拡声器の音量の規制をする条例をつくる動きを開始しました。「拡声器規制条例」です。8.6ヒロシマ大行動実行委の仲間たち、これは「音量」を問題にしながら、安倍政権への批判の声を圧殺するものだと直ちに抗議の声を上げ、その後さらに被団協や原水禁や原水協、広島弁護士会なども反対の声を上げています。

8.6実行委は、共闘の仲間たちと被爆75年をどう迎えるのかという中身の議論を深め、粘り強く広島市との協議を重ねています。
「今回は慰霊に目的を絞る」という松井市長の発言(4/9)に対しても、「規模の縮小と性格の変更は別問題」と発言の撤回や討論会の開催を要求しています。
広島現地の取り組みに注目し、連帯して共に闘っていきましょう。(S)

(3月28日付毎日新聞より)
毎日新聞

●「8.6ヒロシマ大行動」ホームページ
86hiroshima.blogspot.com/



山梨からの報告です。
* * * * * * *
3月1日、百万人署名運動・山梨連絡会など6団体が呼びかけ、甲府市で、「フクシマとつながろう!なくそう原発!3・1小出裕章さん講演会」が開催され、約80名の参加で成功しました。

2月に入り日本でも新型コロナウイルスの感染が拡大し、2月末には安倍首相が突然、何の説明もなく一方的に大規模イベントの中止・延期や公立学校の休校を要請。多くのイベントが「右へ倣え」で中止される中、私たちは感染症対策をしっかりと行って講演会を開催。多くの方々の参加を得て、ともに原子力=核廃絶への意思を深めることができました。
小出さん講演会
講演のタイトルは「福島原発事故から9年 原子力=核と被曝、命ある者の責任」。今も原発の敷地内・敷地外で苦闘が続き、日本は今後100年以上、原子力緊急事態宣言下にあり続けること、本来であれば飲食も排泄もしてはならない汚染地に子どもを含む多くの住民が棄てられていること、被曝は微量でも危険であり生き物と放射線は相いれないこと、日本政府がそれでも原子力発電をやめないのは核武装のためであることが明快に説明され、「一人一人が騙されたというのではなく、自分の責任を自覚して立ち上がるしかない」「日本の原発は凋落の時代に入ったが、今こそ私たちの手で意識的に引導を渡したい」とまとめられました。

休憩を挟み、質疑応答では次々と質問の手が挙がりました。特に「汚染水を減らすには、また福島第一原発の処理はどうすればいいのか」「汚染水の海洋放出に対して何を警戒すべきか」など、事故収束の方策について質問が数多く出されました。そして、事故原発の廃炉や核廃棄物の最終処理の困難さが具体的に明らかにされました。

講演会の最後には、郡内地区連絡会が「まとめ・閉会あいさつ」を行い、「無責任な政府に代わって私たちが核廃棄物を管理していかなくてはならない。そのためにまずは原発を止めさせること。まだまだ私たちの行動が足りない。意見の違いはあっても一致できるところでは力を合わせ、行動しよう」と締めくくりました。

さらに、講演会終了後、小出さんを囲んで1時間弱の交流会を行いました。呼びかけ団体のメンバーを中心に初参加者も会場に残り、互いの活動や意見を交換しあいました。

安倍首相は、新型コロナウイルスの感染拡大に乗じて緊急事態宣言を行い、挙国一致体制をつくりあげようとしています。しかし、他方では専門家の意見を無視し、情報を隠蔽する安倍政権に怒りが高まっています。
命を守るために、すべての核の廃絶、戦争・改憲阻止へ、声をあげ続けましょう。(山梨県郡内地区連絡会 T)

↑このページのトップヘ