とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 沖縄

2022年第一回目の防衛省前抗議行動は1月4日(火)に行われました(主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会)。寒風の中を約100名の人々がかけつけ、沖縄県の「不承認」決定断固支持、辺野古工事を中止せよ!と防衛大臣と自衛官たち、門から出てくる防衛省職員らに訴えました。

14防衛省6
14防衛省前4
この日は、平和をつくりだす宗教者ネットが申し入れを行い、沖縄本島南部の戦没者の遺骨は入った土砂で辺野古の海を埋め立てるなど許されないと岸防衛大臣あてに強く申し入れました。遺骨収集ボランティア具志堅隆松さんらの訴えに応えた「土砂採取中止を求める意見書」はすでに全国で150の議会で可決されています。

14防衛省前3
沖縄現地からは、山城博治さんから電話で新年のメッセージがありました。
山城さんは、「台湾有事は日本の有事であり日米安保の有事だ」と言い放った安倍や、それと一体になった岸田内閣により「戦意高揚や軍国主義が煽られている」「その最前線に沖縄が立たされている」と言われ、「何としてもこのような政府の無謀をとめるためがんばろう」と呼びかけました。そして「再びの沖縄戦、政府の行為によって再び私たち県民が地獄を味わうことのないようにするため復帰50年の年を歩んでいきたい」と決意を述べられ、辺野古基地建設反対の岸本洋平さんが立候補している1月23日投開票の名護市長選勝利の重要性を訴えました。最後に沖縄でのコロナ感染拡大は米軍基地が発生源であることを指摘して、防衛省・防衛大臣に向かって「県民の命と暮らしを守るため、米軍基地を閉鎖しなさい!でなければ大臣をやめなさい!」と強く弾劾しました。
14防衛省前2

新年の連帯アピールが土砂連(辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会)などいくつかの団体からありました。辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会からは、1月29日(土)に行われる新宿デモ(13時~新宿駅東口アルタ前集会、14時~新宿駅周辺デモ)への参加が呼びかけられました。

14防衛省前5
途中で手作りのおいしいドーナツ(?)が配られたり、日音響の歌があったりで、とても寒かったですが、みんなで元気に岸田政権への戦闘宣言を発しました。(S)
14防衛省前1



12月11日(土)午後、東京・亀戸文化センターで、「米軍機は上空を飛ばないで!」と声をあげ続けている「チーム緑ヶ丘1207」の皆さんとの交流集会がありました。「改憲・戦争阻止!大行進実行委・チーム緑ヶ丘1207支援プロジェクト」が昨年に続いて開催したものです。会場には35名が参加し、神谷武宏園長のお話や保育士・お母さんたちのお気持ちをお聞きして交流を深めました。
緑ヶ丘8
神谷園長は、パワーポイントを使って2017年12月7日に起きた米軍ヘリ部品落下事故当時のことや、お母さんたちが「子どもたちの命を守りたい」と事故の原因究明や米軍機の飛行停止を求めて署名活動、要請行動に奔走される様子を話されました。

米軍は、落ちた部品は米軍ヘリのものであると認めながらも、「部品の数はそろっている」言っていまだに落下させたことを認めていません。
(赤丸の中の部品と同じ落下部品がその上の写真)
緑ヶ丘1
また、事故後「好き好んで基地の近くに住んでいるんだろ!」というような誹謗中傷のメールなども連日送り付けられたそうです。神谷園長はその時のいやな気持ちを語りつつ、「この人たちは普天間基地がどのように造られたのか知らないのだろう」と、普天間基地の歴史について話してくださいました。

米軍は1945年4月1日に沖縄に上陸後、南部で戦闘を続けながら中部ではすぐに2700㍍級の滑走路の建設に取りかかったのです。米軍は背が高くて美しい琉球松並木(下の写真)を伐採し、ブルドーザーで民家や畑をつぶし、お墓まで壊して遺体を引きずって突貫工事で飛行場を造っていったのです。
緑ヶ丘2
戦争が終わって、住民は収容所から解放されました。また、疎開先から帰ってきました。しかし人々は住んでいたところが滑走路になっていたので、仕方なくその周辺に土地を分け合って住むしかありませんでした。そのようにして、戦後の宜野湾市の復興が進みました。
(現在の普天間基地)
緑ヶ丘3
11月23日には、保育園から400㍍のところに飛行中のオスプレイから30センチもの水筒が民家に落ちてきました。「再発防止」と何度言っても全く解決されていません。
21-11-29-05
神谷園長は、「沖縄が未だ占領地であると感じてならない。しかし沖縄もまた日本国憲法の下にあるはず、基本的人権、命の尊厳は保障されているはずです。なぜ、沖縄が米軍基地からの脅威に毎日さらされ続けなければならないのか。これは差別です。日米安保の弊害がどこで起きているのか。日米地位協定の弊害を皆さんが住んでいる場所で感じるでしょうか。沖縄の基地問題は日本の問題であり、みんなで考えるべき問題です。みんなでこの問題に向き合いませんか」と結ばれました。

保育士さんやお母さんたちからも、今の状況についてのお話がありました。

「先日のオスプレイからの落下事故で、4年前と同じいや~な感情がワーっとよみがえってきました。体調をくずしたり、落ち込むお母さんたちもいます」

「最近、低空飛行が多く、回数も多い。子どもたちの遊び、生きることそのものが疎外されていて、この理不尽な状況はなんだろうと思います。保育士としては、米軍機の轟音に、子どもの背中をさすって、いやだねー、うるさいねーと言って、いやなことはいやだと言っていいんだよと子どもたちと向き合っている」

「状況が変わらない、ますますひどくなっている。米軍機が飛ぶたびに授業が中断される状況は当たり前ではない。基地の問題の前に子どもたちの命の問題、人権の問題だと思います。米軍機が飛ばないのが当たり前となるよう一緒に考えてください」
緑ヶ丘4
会場からも発言がありました。参加された地元の牧師さんの発言の中で、「お話を伺うと沖縄の問題を自分の問題だと感じるが、日常的にそれを持続するのが難しい」とありましたが、これに関して神谷牧師は「情報が届いていないからです。ぜひ東京で沖縄の新聞(琉球新報、沖縄タイムス)をとって情報を共有してもらえたら」と言われました。
緑ヶ丘6
また、千葉の木更津からの参加者からは、普天間基地のオスプレイの修理をしている木更津基地の様子や自衛隊オスプレイ常駐化反対運動の報告があり、横須賀基地反対に取り組む神奈川の仲間からの報告もありました。百万人署名運動からは、12月7日の防衛省抗議行動で防衛大臣あての「緑ヶ丘保育園上空などへの米軍機飛行禁止を求める」要請書を読み上げて提出したことが報告されました。
防衛省申入書
神谷牧師やお母さんたちの訴えをかみしめながら、一緒に進んでいきたいと思いました。(S)

当日の様子は、琉球新報にも報道されました。
(12月12日付琉球新報より)
1-211212琉球新報

琉球新報 12月11日より
チーム緑ヶ丘から新団体「#コドソラ」へ
米軍部品が落下した保育園の保護者「飛ばないで」訴え続ける
f4c7da5cd2689ba09a986c8736425e06
2017年12月に米軍ヘリ部品落下事故が発生した宜野湾市の緑ヶ丘保育園保護者らでつくる「チーム緑ヶ丘1207」は10日、県庁記者クラブで会見を開き、来年1月から新団体「#コドソラ」に移行することを発表した。同保育園のほか同市の普天間小学校、普天間第二小学校なども対象に、上空の米軍機飛行禁止を求めて活動を続ける。

緑ヶ丘保育園の部品落下事故当時に最年少だった1歳児クラスの園児が来年3月に卒園する中で、周辺での米軍機の飛行が続いていることから、新団体に移行しての活動を決めた。会見で宮城智子会長は「『#コドソラ』は『子どもの空を守りたい』という意味だ。子どもたちが成長しても声を上げ続けねばならない」と語った。

書記の与那城千恵美さんは「チーム緑ヶ丘1207」での活動を「私たちは子どもとの大切な時間を削って活動してきた。(沖縄防衛局などへの要請で)子どもの命への危機感に差があると感じている」と振り返った。「(飛行禁止の)要望が守られ、子どもたちが安心安全に学校へ通い、遊び、学ぶことが活動のゴールだ」と強調した。

現在は同保育園の保護者と元保護者9人が参加している。緑ヶ丘保育園と普天間、普天間第二の両小学校の保護者以外でも、学校上空の米軍機飛行に不安を持つ人に参加を呼び掛けている。




12月7日、宮古島への弾薬搬入強行に抗議・ミサイル基地化に反対し、沖縄県の辺野古設計変更「不承認」決定への政府の悪辣な対抗措置に抗議して、防衛省へのデモと申し入れ行動が闘われました。あいにくの雨模様でしたが、改憲・戦争阻止!大行進実行委の呼びかけで約100人が参加しました。

デモは午後5時半ごろ法政大学市ヶ谷キャンパス前から出発して靖国通りへ。にぎやかなJR市ヶ谷駅前を通って防衛省へ向かいました。
2112072
防衛省前では「辺野古新基地建設をやめろ!」「沖縄をミサイル基地にするな!」と大きくシュプレヒコール。
2112071
デモは、JR四ツ谷駅近くまで。
そこから、急いで防衛省まで引き返し、今度は申し入れ行動です。

6時半からシュプレヒコールで始まった申し入れ行動では、申し入れ書を受け取りに出てきた防衛省職員に、4つの団体が岸信夫防衛大臣あての申入れ書を読み上げて手渡しました。
2112073
とめよう戦争への道!百万人署名運動からも「沖縄・緑ヶ丘保育園上空などへの米軍機飛行禁止を求める要請」を行いました。
この日は、宜野湾市の緑ヶ丘保育園に米軍機の部品が落下してから4年目の12月7日。園児のお母さんたちが何度も政府・防衛省に「保育園の上空を飛ばないようにしてほしい」と要請しているにもかかわらず、この4年間、危険な状況は何ら変わりません。「国民の命と安全を守る」と言いながら、目の前の子どもたちの命を守らないで、何が「防衛」か!と訴えました。
1-211207緑ヶ丘申入書
申し入れ後のリレーアピールでは、沖縄・宮古島からの電話アピールがありました。「ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会」代表の仲里成繁さんからでした。
仲里さんは、11月14日のミサイル弾薬搬入強行に抗議し、「いま軍事車両が私たちの目の前から『訓練』ということで毎朝6~7台の隊列をなして一般公道へ出て訓練を行っています。まるで、私の目から見ると、本当に私たちの生活の場で戦争が行われようとしているのがまざまざと見えて、非常に苦悩しているところです。今後はこの戦争にならないような運動を続けて、憲法9条が改悪されずに平和な日本であり続けることを願っての運動を続けていきたいと思っていますので、一緒に頑張っていきましょう。」と訴えられました。

この訴えを受けて、郵政労働者や自治体労働者、学生から、職場・学園で戦争に反対し、沖縄の闘いに連帯していくというアピールがありました。

最後に、主催者から、12月11日(土)午後2時~、亀戸文化センターで「チーム緑ヶ丘1207」とのオンライン交流集会(主催:大行進実行委「チーム緑ヶ丘1207」支援プロジェクト」があることが紹介され、参加が呼びかけられました。(S)


辺野古への基地建設を許さない実行委主催の今年最後の防衛省前抗議行動が、12月6日(月)に行われました。厳しい冷え込みの中80名ほどの人々が駆けつけ、沖縄県・玉城デニー知事が辺野古「不承認」を表明したことを受けて、防衛省に直接「辺野古新基地建設を直ちに断念せよ」と迫りました。
12062
沖縄からの電話アピールは、辺野古ゲート前・現場責任者の山城博治さんから。山城さんは「玉城知事がついに不承認の決断を下した。いよいよ責任は私たちにある。辺野古断念に追い込もう。90メートルの深海に軟弱地盤があることを明らかにしてくれた北上田毅さんの働き、戦没者の遺骨が混じった土砂を辺野古埋め立てに使うなという具志堅さんの訴えは150を超える自治体決議を生み出している。この二人の闘いに大きく敬意を表しながら、われわれは座り込みを継続します。この辺野古新基地建設はどのように考えても無理であり、できない。来年1月には名護市長選挙、秋には県知事選がある。政府のさまざまなたくらみを打ち破って勝利しよう。12月4日、辺野古ゲート前で800人の大集会をやった。いよいよ決戦の時、全国から辺野古ゲート前に結集して欲しいと訴えた。この闘いこそ、日本が戦争国家に向かうことをとめる最大の攻防戦です。みなさん、辺野古に来てください」と熱く訴えました。
12064
12063
この日も、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックなどいくつかの団体から「辺野古新基地建設を断念せよ」と強力に申し入れられました。
12061

来年1月の防衛省抗議行動は、定例の第一月曜日ではなく、4日(火曜日)です。
また、辺野古・県民大行動に呼応する新宿スタンディング(呼びかけ:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)は1月8日(土)です。午前11時~12時、JR新宿駅南口前

防衛省沖縄防衛局は12月7日、沖縄県の辺野古・設計変更「不承認」決定に対し、斉藤鉄夫国土交通相に不服審査請求を申し立てました。許せません。国民が国・行政に対して不服を申し立てる制度を、こんなふうに悪用して平然としている岸田政権に断固抗議しましょう!「不承認」支持の声を広げましょう。(S)
(12月8日付け朝日新聞より)
1-013




11月25日、沖縄県は沖縄防衛局に辺野古設計変更申請への「不承認」を通知しました。玉城デニー県知事が記者会見で「不承認「を表明しました。昨年4月に政府・防衛省は大浦湾の軟弱地盤改良工事などの設計変更を沖縄県に申請、県と沖縄防衛局との間で質問・回答が繰り返されていましたが、ついに「不承認」が決定されたのです。
不承認5
翌日の26日18時30分~、国会前(衆議院第二議員会館前)に約200名が駆けつけ、「不承認」断固支持の大きなアピールを発しました。
不承認1
沖縄現地からも、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議の福元事務局長や、伊波洋一参議院議員から電話メッセージが寄せられました。伊波さんは「今日の昼の集会で、これを機会に県民の思いを全力で出していこうと確認した。軟弱地盤は解決していないのに、この設計変更は、できないものをできるかのようにして申請している。裁判になっても負けない裁判として闘いたい。安倍政権でできないものをできるとした政治が行われ、その象徴が辺野古だ。このままでは日本が成り立たなくなる。辺野古基地反対を日本全体の問題として取り組んで、日本の進路を正そう」と訴えました。
不承認2
さらに、札幌や福岡で「不承認」支持行動に立っている人々からも電話で連帯アピールがありました。
また、参加者からのアピール、シュプレヒコールが続きました。
不承認4
不承認6
乱さんも、「不承認」断固支持!
不承認3

主催者から、12月3日(金)18時30分~首相官邸前で、さらに大きく「不承認」支持!政府は辺野古新基地建設を断念せよ!のアクションを起こそうと呼びかけられました。
不承認7
また、全国で「不承認」支持するブルーアクションを!と呼びかけられました。
県知事を先頭に沖縄の民衆が辺野古断固拒否!と改めて国に叩きつけたことに、沖縄以外の新聞・テレビの取り上げ方は小さいです。これは沖縄ではなく日本全体の問題だと声をあげ続けましょう!(S)
不承認8



↑このページのトップヘ