とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 沖縄

3月1日(金)夜、杉並区内のセシオン杉並ホールで『辺野古埋めるな!9条変えるな!「改憲・戦争阻止!大行進」一周年集会』が開かれました。昨年3月25日、改憲案の決定を策す自民党大会を直撃して(会場のホテル近くで大抗議行動)、その足で日比谷野音で発足集会をかちとってから1年目の集会です。9条改憲阻止と辺野古新基地阻止を一体で闘い抜いた1年でした。
4-1-CIMG1928
最初に森の映画社・藤本監督の『SAVE HENOKO』が上映されました。30分ほどでしたが、とてもよくできた記録映画でした。土砂投入直前の映像で、辺野古の海が美しくサンゴが生きていました。陸と海での体を張った闘いに肉薄した映像が続きます。ものすごいスピードでカヌー隊に突き当たる海上保安官。車が人をひき殺すような殺人行為そのものでした。
上映後に藤本監督が講演。藤本さんは、「新聞やテレビが辺野古や沖縄で起きていることをほとんど報道しようとしない。防衛省が土砂投入を表明する中、とにかく多くの人に今の状況を知ってもらいたいとつくった」と言われ、各地で上映会などしてほしいと訴えました。    
1-1-CIMG1903
また藤本さんは、辺野古新基地の性格が「米軍再編の日米合意」(2006年)によってそれ以前とは全く違うものになったと指摘しました。それまでは「沖縄の基地負担を軽減する」ということで民間も使えるものをということだったが、日米合意後は、「日米で使える次の戦争のための最前線基地」という性格のものになり、やり方もガラッと変わったと言います。「環境調査も民間ではなく自衛隊がやった。第一次安倍政権の時から、国が持つあらゆる権力を使って(警察、行政、裁判所)抵抗するものを力ずくで押さえつける」というやり方で、「沖縄の人はこれを『構造的暴力』と言っている」と。
そして最後に「辺野古基地建設はいまや安倍政権にとって最大の弱点になっている。日本全体で大きなテーマとして力を集中して闘っていけば安倍を倒せる」と結びました。

このあと、若者たちによる原爆詩人・峠三吉の詩「にんげんをかえせ」の群読がありました。
3-3-CIMG1910
改憲・戦争阻止!大行進の若きホープ・ほらぐちともこさんも参加(上写真中央)。
2-2-CIMG1907
 続いて、弁護士の高山俊吉さんから、どうやって戦争を阻むかというテーマで講演がありました。
高山さんはまず「戦争が迫っていることを、私たちは言っていかなければならない」と言いました。「戦争は隠されている。それを見抜いて、暴露して、警戒しようとみんなに言っていくことが重要だ」と。そして、「一人ひとりの市民が、現状への深い批判を持っている、感じている」「戦争反対の声はこの世の中を変えよう、根底からひっくり返そうという声になる」と訴えました。
1-4-CIMG1914
講演の後、いくつかのアピールがありました。星野暁子さんからは、2月19日、星野文昭さん(徳島刑務所在監)についに四国地方更生保護委員会委員による仮釈放のための面接があったことが報告されました。3月は固唾を飲むような緊張過程ですが、暁子さんは更生保護委員会への要望書の集中と3月19日の参議院議員会館での院内集会への参加を呼びかけました。

主催者を代表して動労千葉の田中委員長が最後に発言。大行進運動を呼びかけたときの気持ちを振り返り、安倍の2020年新憲法施行の発言に、戦後初めて改憲ということを具体的な政治日程にのぼらせる発言であり、ここで本当に真剣に人生をかけた闘いを組織しなかったらいけないと思った。また、改憲反対運動の現状を変えなければならない、新しい運動の火花でもつくりたいと思ったと述べました。それは韓国のろうそく革命に参加して、また、そこでの民主労総の「今の法律でゼネストは違法だ。しかし民衆の行動こそ法であり正義なんだ」という発言を聞いて、その思いを強くした。原則的で大衆的な運動を始めよう。杉並から始めようと訴えました。
そして、5.1メーデーに「新天皇即位」をぶつけてきたことに、「天皇制の下に労働運動を取り込もうという攻撃だ。これこそ現代の産業報国会化だ。断固メーデーデモに立ち上がろう」と呼びかけました。また「3月16日から運転手でない者が電車を運転することになる。デスクワークをしている管理部門の職員が朝と夕方のラッシュ時間帯に乗務することになる。重大事故につながる!」と弾劾し、3月15日~16日にストライキに立ち上がって闘う決意を述べました。
2-6-CIMG1930
沖縄での県民投票で辺野古NO!が投票数の7割を占め、安倍をとことん追い詰めています。一刻も早く土砂投入を中止させ、改憲発議を阻止しようと、新たな闘いへのスタートとなりました。(S)


沖縄で、辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票が24日に投開票され、辺野古の埋め立て「反対」に〇が72%を占めました。
(2月25日付朝日新聞より)
1-琉球新報
(2月24日夜の沖縄のテレビニュースより)
2-県民投票1
↑自民党支持者も過半が「反対」、公明党支持者は「反対」が多い。

沖縄現地の仲間からの声を紹介します。

「若い人が前に出てがんばった。いままでは、70代の人たちが前に立っていたが、今回は元山君のハンストもあり若い人たちがリードして盛り上げていった。地元紙でも『バトンタッチ』がうまくいったと書いている」

「投票用紙が『賛成』『反対』の2択から『どちらでもない』を入れた3択にされたが、これは評判が悪かった。投票に行くからには、はっきりとさせようということだ」

「菅官房長官が県民投票の結果が辺野古工事に影響することは『まったくない』と言った。県民投票は意味がないと。ふざけている。これで、投票に行って『反対』票を入れようとなった人も多いと思う」

「県民投票2週間前から全島で、交差点とかバス停で「県民投票行こう」「反対に〇を」と呼びかけが行なわれていた。僕も、おばあさんが一人でバス停で『反対〇』のボードを持って立っている姿を見た」等々。
1-県民投票2
安倍や菅は口を開けば「普天間の危険性の除去はどうするのか、返還されなくていいのか」と繰り返しています。問題のすり替えだし、無責任で狡猾な発言です。その普天間での県民投票は、

普天間

7割近い人々が「反対」でした。みんな、安倍らのペテンを見抜いているのです。

安倍政権への強烈なパンチです。

安倍はぐらぐらになりながら、「県民の理解を得る努力をする。対話を続けていきたい」と言いました。でも、翌日の25日も工事を強行しています。絶対に許せません!

さらに、全国からのたくさんのパンチで、安倍を打倒していこう。(S)








2月17日(日)午後2時から、新宿駅東口アルタ前で「安倍首相はうそをつくな、『普天間運用5年以内停止』はどうなった」集会とデモが行なわれました。辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会が呼びかけたもので、200人くらいが参加しました。
2-2-CIMG1855
2013年12月、辺野古埋め立て承認を前に、仲井真知事(当時)は普天間飛行場の「5年以内の運用停止」を政府に求め、その際、辺野古移設には時間がかかるので、それとは切り離して運用停止を実現すべきだと要請していました。これに対し安倍首相は「できることはすべて行う」「知事との約束は沖縄県民との約束」だと応じたといいます。翌年の2月18日に首相官邸で開かれた普天間問題の会議で「5年以内に運用停止」が正式に協議されました。それから5年目の2月18日を前に、約束を反故にした安倍に対する抗議の行動です。
1-1-CIMG1854
普天間飛行場のある宜野湾市でもこの日、集会が予定されていて現地から電話でのアピールがありました。
続いて、参加者からもリレーアピール。
長年沖縄の自然保護に取り組む花輪さんは、大浦湾の軟弱地盤問題にふれ、新基地建設などできないのに工事を強行する安倍政権を弾劾しました。
警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法だと訴訟を起こして闘っている市民からは、いよいよ2月27日から証人尋問が始まる、ぜひ傍聴をと訴えがありました(午後2時開廷、東京地裁103号法廷)。
3-3-CIMG1864
6-7-CIMG1874
リレーアピールのあと、午後3時にデモ出発。
4-4-IMG_20190217_150230
途中、辺野古工事を請け負っている大成建設本社が入っているビルへの抗議をしながら、新宿駅周辺を約1時間、アピールしながら歩きました。
5-5-IMG_20190217_150444
7-8-IMG_20190217_150742
普天間飛行場周辺では常駐しているオスプレイやヘリの事故が多発しています。「普天間の一日も早い危険除去」を辺野古工事強行のためだけに繰り返す安倍政権を弾劾し、普天間の飛行停止、辺野古への土砂投入中止を求めていきましょう。
最後に主催者から、県民投票を受けて、翌日の25日に、辺野古の工事を中止しろ!と官邸前での行動が呼びかけられました。(S)

2.25官邸前行動
 とき:2月25日(月)午後6時30分~7時30分
 ところ:首相官邸前
  主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会(tel.090-3910-4140)


3月1日(金)に、「改憲・戦争阻止!大行進」の一周年集会が開かれます。メイン企画は『SAVE HENOKO』(ドキュメンタリー/藤本幸久・影山あさ子共同監督/森の映画社/35分)の上映と藤本監督の講演、そして高山俊吉弁護士の講演です。

森の映画社  SAVE HENOKO

会場は東京・杉並区のセシオン杉並ホールです(東京メトロ丸ノ内線「東高円寺」駅または「新高円寺」駅から徒歩5分)。

沖縄県民の闘いは、安倍政権をおいつめています。安倍はだからこそ辺野古の埋め立てを強行して、沖縄の闘いを圧殺しようとしています。

沖縄闘争は改憲・戦争阻止の最先端の闘いです。ぜひ3月1日の集会に集まりましょう。

<ビラのダウンロード>
31bira31bira2

4-CIMG1618
今年第一回目の19国会前行動が1月19日(土)午後2時から国会前で開かれました。2015年9月19日の安保関連法(=戦争法)強行採決の暴挙に抗議して毎月19日に呼びかけられている国会前抗議集会です。いつもは夕方からですが、この日は土曜日ということもあり午後2時からでした。暖かな日差しの中、2800人が集まりました(主催は安倍9条改憲NO!全国市民アクションと戦争させない・9条壊すな!総がかり行動)。
2-CIMG16103-CIMG1616
国会議員や弁護士などの発言が続く中で、「戦争はいやだ!調布市民の会」の方の発言が耳に入りました。聞くと、安保法制に反対して会が発足してから4年間で国会行動や中央行動に、70回のべ1800人が参加してきたそうです。それだけではなく、出かけてこれない多くの仲間と共に調布地域で宣伝や署名活動に取り組み(90回のべ2700人、月2~3回のペース)、のべ22万枚のビラを配布、街中デモにも取り組んできたそうで、「さまざまな諸行動470回にのべ1万6000人が参加してきました」と言っておられました。これは、やはり、すごいなあと思いました。
5-CIMG1622
最後の憲法学者の清水雅彦さんの発言も印象的でした。今年2019年のたたかいを語るにあたって、100年前のロシア革命(1917年)、その後の世界の労働者市民のたたかいで勝ち取られてきた生存権や自衛戦争否定の立場などが日本国憲法にも盛り込まれていることを確認し、こうした世界の歴史の流れに逆行する安倍政権を倒そうと訴えました。話の導入で坂本龍一さんの「1919」という曲が紹介されました。この曲は1919年のレーニンの演説をバックに流しているそうで、一度ぜひ聴いてみたいと思いました。

集会後、最寄りの地下鉄の入り口で「自衛隊明記NO!」の署名活動をしました。30分ほどで16筆の協力を得ました。署名してくれた人の中で「自民党の改憲案に、修正に応じるような対案を出してはいけない。対案は現・日本国憲法しかないと野党が一致しないとダメ」と訴える女性がいました。その通り!!!(S)


↑このページのトップヘ