とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 農業

7月3日の日曜日、久しぶりに三里塚現地へ行ってきました。
(市東さんの南台の畑)
畑1

昨年6月8日の最高裁の請求異議裁判上告棄却から1年、三里塚現地では反対同盟と支援が力を合わせて「強制執行実力阻止」の監視体制を堅持しています。国家権力との緊張関係の中での日々の農作業と闘いは本当に大変なことと思います。
そうした中で、この日は天神峰に仲間が集い「樫の木まつり」が行われました。
(市東さん宅中庭・農作業所)
全体
(簡単な地図)

chizu

まつりの前に、昼の12時30分に、市東さんの南台の畑に集まって、そこから市東さん宅前の開拓組合道路までデモ行進しました。
南台の畑のすぐ横はジェット機の誘導路で、何度もジェット機が目の前を通過していきました。

畑2

直ちにデモに出発です。
反対同盟の市東孝雄さん(左)、伊藤信晴さん(その右)を先頭に「強制収用実力阻止!」「第3滑走路建設阻止!」とコールしながら、国と成田空港に怒りを叩きつけました。

デモ1
デモ2

デモの後、市東さん宅へ。
(市東さん宅です)
市東家
敷地内にある監視やぐら。
この上にのぼると、B滑走路が見渡せます。
やぐら
また、市東さんの中庭にある大木も闘っていました。
大木

デモでひと汗かいたあと、祭り会場では温かい豚汁ときゅうりと味噌がふるまわれました。
豚汁の汁が体に染みわたり、アッというまに残り少なくなってしまいました。

トン汁

まつりは、反対同盟の挨拶のあと、動労千葉、関西生コン支部、関西実行委、全国農民会議などから連帯の挨拶が続きました。
動労千葉
関生
全国農民会議の小川さんは、「農地は命そのもの、農地の強奪に対して実力で闘う市東さんの闘いに続こう。安倍政権10年で農業は破壊されてきた。農民に対する補助は外され、農民として生きていけない、瀬戸際に立っている。農民として怒りを表わすことが重要だ。労働者と共に、三里塚と共に生きていく」と語られました。
農民会議

この後は、川口真由美さん、「いなのとひらのとこば」のいなのさんのコンサートです。
みんなを元気にするすばらしい歌声と語りでした。
うた

反対同盟の萩原富夫さんも「農地は命」という、なんと!自作(作詞・作曲)の歌を熱唱!
萩原

さらに、リレートーク、決戦本部からの訴えが続きました。
この間、スイカもふるまわれ、また天神峰カフェからアイス珈琲もいただきました。
反対同盟と支援のみなさん、ありがとうございました。
カフェ
ここは、市東さん宅のはなれで、毎月「天神峰カフェ」が開かれています。DVD上映や現地報告など、一人でも多くこの市東さん宅へ通って欲しいと参加が呼びかけられています。
7月は31日(日)の午後5時~です。詳しくは、090-1855-8189(反対同盟・太郎良)までお問い合わせを。

最後に市東孝雄さんからのアピール。
「こうした普段からの団結の力を大事にして、これからも闘っていく」

市東

みなさんも、ぜひ一度、天神峰の市東孝雄さん宅を訪ねてみてください。(S)


遅くなってしまいましたが、3月27日(日)に成田空港周辺の芝山町で三里塚反対同盟主催の芝山現地集会&デモがあり、参加してきましたので報告します。これは本当に画期的なことで、1年ぶりの大勝利なのです。
三里塚3
それはどういうことかというと、会場となった芝山文化センターは昨年3月に予定していた集会の会場として使用申請したとき使用承認申請が却下された会場で、以来1年間の闘いに勝利して、使用許可を勝ち取り開かれた集会だったからです。
1年前の却下理由は「成田空港をめぐるこれまでの経緯に鑑み、貴団体が本行事を行うことにより文化センターの管理運営に不安が生じるため」と2行のみ。元反対同盟員だった相川勝重芝山町長(昨年12月に退任)の悪辣な策動でした。具体的な理由もなく反対同盟は怒り心頭。直ちに行政不服審査法に基づき却下処分の取り消しを求める審査請求の闘いに入ったのです。
そして、ついに今年の2月16日、芝山町議会臨時会で、今回の却下処分が「地方自治法第244条第2項で定める『正当な理由がない限り、住民が公の施設を利用することを拒んではならない』という条文に該当せず、地方自治法に違反する」と確定され、「却下処分を取り消す」とされたのです。

そして、開かれた3・27集会には約280名が参加。労働組合や農民、支援団体の発言に続き、騒音下で苦しんでいる地元住民の方も連帯の発言に立たれました。
三里塚2
市東孝雄さんも「国策と闘う仲間と一緒に最後まであきらめない。体が続く限り正義を貫いて闘う」と発言。その市東さんの農地を守ろうと、反対同盟の太郎良さんが強制執行阻止の夜間防衛・泊まり込みへの参加を熱く呼びかけました。(昨年4月1日から開始された強制執行攻撃との対決・早朝の防衛監視態勢がこの3月で1年となりました。)
三里塚1
(太郎良さんが読み上げた「決戦本部ニュース最新号」)
三里塚4
三里塚5
集会後は、反対同盟を先頭に芝山町内をデモ行進。

三里塚6
車の両輪として反対同盟と共に闘いぬく動労千葉の皆さんや支援の労働者市民が続きました。
デモでは、空港機能強化に反対しよう、第3滑走路建設に反対しよう、軍事空港に反対しよう、戦争に反対しようと呼びかけました。反対同盟と支援連は毎月1回「反対同盟ニュース」を持って空港周辺への情宣活動に取り組んでいます。ニュースはこの3月で100号になりました。スーパーの前などで手を振ってくれる地元の方たちもいて、反対同盟の運動の広がりを実感しました。(S)

三里塚7
三里塚8
三里塚9

1月19日(水)、三里塚の「新やぐら裁判」の控訴審第2回が東京高裁でありました。この日は午前・午後と一日がかりの裁判で、市東孝雄さんと3人の学者の証人調べが行われました。
午前中の裁判を傍聴したので報告します。
(裁判前に高裁前でビラまき)
三里塚裁判

今回の裁判は、成田空港会社(NAA)が市東さんの所有地に建てている反対同盟の監視やぐらや大看板などの撤去と土地の明け渡しを求めているものです。そんなことを申し立てるNAAの側の根拠は、市東家が農作業に使っているところが借地であり、そこはすでにNAAが買い取っているところだからというものです。

でも、このこと自身がまったく卑劣なだまし討ちであり、違法なことです。NAA側は1988年に「転用目的」で地主から買い取ったとしていますが、それは、市東家には何も知らされていませんでした。市東さんは15年後の2003年12月の「朝日新聞の記事」で初めて知ったということでした。証言の中で市東さんは「自分たちはずっと農業を続け、地主は何も言わず地代を受け取り続けていた」と言っています。
そして、その後、やぐらや大看板を建てたときも地主は何も言ってこなかったのです。

「地主が小作人に無断で農地を売った」ことや「転用目的が15年も農地のままであった」ことは、農地法では厳しく規制・禁止されており、市東さんは「こんなことは後にも先にもないことだ」と弾劾しました。

市東さんは、「天神峰と南台の農地は親子三代100年にわたって耕されてきた農地であり、どこにでもある土地とは違う」「これらを取り上げるのは農民としての命を奪うものだ」「手足をもぎ取られる思いであり、生きがい、誇り、尊厳が著しく損なわれる」と言われ、「飛行機の排ガス検査などでやぐらも建てた。こうしたものも農地と一体のものだと思っている」と訴えられました。
(監視やぐら)
三里塚3

市東さんの証言に続いて憲法研究者の内藤光博さん(専修大学法学部教授)が証言。
内藤さんは、「生存的財産権」(自らの生存を確保するための基本的な財産)は絶対的に保障されるとし、この中に看板などや有機農法も入ると言われました。

また、憲法ができる以前から、人間は生まれながらに持っている基本的な人権(人体、経済活動、精神活動)に基づく表現の自由を持っていると言われ、看板など「命がけの意見表明」はその中に入ると説きました。

内藤さんはさらに、食料をめぐって戦争にならぬよう農業の保護・農民の保護への国の責務について述べられました。スイスの憲法では農業の重要性を確認し農地の保全を義務付けていおり、また韓国の憲法では耕す者こそが田畑を持つべきであると農民を保護しているとのことでした。

聞いていて、しばし心が洗われるようでした。市東孝雄さんの存在と闘いの正義性が法廷の中をいっぱいにしたのです。

でも、次の瞬間、暗い気持ちになりました。NAAの代理人弁護士は、市東さんと内藤さんの証言に対して、裁判長に問われても一切何も言わず(聞く耳を持たず)、裁判官も何も言わないのでわからず、法廷内に8人もの衛視が立っていて傍聴者が声を発するものなら飛び掛かからんばかりの体制です。法廷の外も衛視でいっぱい。裁判所はもはや、「基本的な人権」とはどういうことなのかさえ分からない人たちでいっぱいになっているようです。

市東孝雄さんと三里塚反対同盟は、市東さんの農地の強制収用がいつ来てもおかしくないという緊迫した情勢の中で、農業をやりながらいくつもの裁判を闘っています。50年を超える三里塚農民の不屈の闘いに連帯し、その闘いに学びましょう。隣りの人にぜひ、市東さん、三里塚の闘いを知らせてください!(S)

三里塚芝山連合空港反対同盟のホームページ
https://www.sanrizuka-doumei.jp/wp/


昨年8月24日に千葉地裁で不当判決が出された「やぐら裁判」の控訴審が、10月20日に東京高裁で始まりました。
この「やぐら裁判」は、成田空港会社(NAA)が市東孝雄さんに、天神峰農地に立つやぐら・看板など4つの物件の撤去とそれらが建つ土地部分の明け渡しを求めて提訴したもの。判決は、NAA側の違法脱法をことごとく免罪して、NAAの主張を全面的に認めたものでした。
反対同盟側は直ちに控訴、この日が第一回目の控訴審となりました。

裁判前、東京高裁周辺・霞が関デモが行われました。
デモ出発場所の日比谷公園霞門で、反対同盟の萩原富夫さんは、「これ以上農業を破壊することは許さない。成田空港会社は市東さんの農地を奪ってまで空港を拡張することはもうやめるべき」とやぐら裁判を弾劾しました。
動労千葉や市東さんの農地取り上げに反対する会など支援からも連帯のアピールがありました。
最後に反対同盟の太郎良さんの音頭でシュプレヒコール。
「渡部裁判長は重要証人を採用しろ!」「新やぐら裁判に勝利するぞ!」「市東さんの農地を守り抜くぞ!」

三里塚1
反対同盟の市東孝雄さん、萩原富夫さん、伊藤信晴さんらを先頭にデモに出発。

三里塚2
東京高裁前では、ひと際大きな声でシュプレヒコール。

三里塚3
昼休みの霞が関で、国やNAAの不当性を弾劾し、「耕す者に権利がある」「市東さんの農地を奪うな」と訴えました。

三里塚4
裁判は午後2時から開始され、萩原富夫さんの意見陳述、弁護団全員によるの反論や求釈明が行われました。今回は傍聴に入れず、詳しい内容は報告できませんが、法廷でのたたかいが3時間近く闘われました。

それにしても、国やNAAの側に立った判決しかださない地裁・高裁・最高裁に怒りがわきます。何が憲法の番人か!こんなことがまかり通っている反動的な日本の司法の場で、いくつもの裁判闘争をねばり強く闘っている三里塚反対同盟や弁護団の闘いは本当に重要です。
請求異議裁判の不当判決で、への字型誘導路にかかる市東さんの畑への強制収用の危険が迫り、反対同盟と支援は毎日の監視体制をとって闘っています。
国家権力を相手に、農地死守・実力闘争の一歩も引かない三里塚の闘いは50年を超えて健在です。
若い人にもぜひ知らせて、支援共闘の輪を広げましょう!(S)

↑このページのトップヘ