とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 反核

首相官邸の目の前で、1月21日(金)午後6時30分から、多摩川太鼓で金曜行動がスタート。とても寒い日でしたが152人が参加し、「汚染水を海に流させない!」と2022年の闘いへの決意を固め合いました。
金曜

呼びかけ人の鎌田慧さんがあいさつに立ち、前日の「朝日川柳」にあった「原発がトンガになくて安堵する」を紹介され、本当にそうだと言われながら、「日本は地震大国、津波大国なのに、平然と原発をつくってきて、福島の大爆発に至ってしまった。住民たちは反対したけれど個別に崩されてしまい、崩す手段はすべてカネだった」と言われました。それを聞きながら沖縄の基地問題でもまったく同じで、こうした切り崩しをどうやったら覆すことができるかと歯ぎしりする思いでした。

他方で鎌田さんは「いま、簡単には再稼働をできない状況に追い込んでいるのは私たちの運動の力だ。大事故が起こってしまった後だから残念だけれど、私たちはこうした運動に誇りを持っていいと思う」と言われ、人間の未来に対する思いを持つ政治家の英知によって原発をなくす見本もあるとドイツの例を紹介しました。また「脱炭素ということで原発を盛り返そうという野望があるが、私たちは脱炭素も脱原発も一緒にやって、そうやって地球を救っていく。そういう運動をこれから進めていきたい」と語られました。
金曜2

福島現地からは、黒田節子さん(原発いらない福島の女たち)がアピール。黒田さんはこの日、東電刑事訴訟(東京高裁)での裁判官に現場検証を求める署名提出に来られていて「重要な裁判で裁判官が現地を見に来ないのはおかしい。原発をちゃんと見に来なさい、人々の声を聞きに来なさいと訴えてきた」と報告されました。また「コロナは怖いけれども、放射能はどうなんだ!内部被曝の問題が日々私たちを脅かしている。周りの仲間たちが倒れている」と深刻な状況を語られました。最後に「汚染水ふざけるな、だますなとやっていこう」と力強くアピール、久しぶりに黒田節を聞くことができました。
金曜1

とめよう!東海第二原発首都圏連絡会の方からは「日本原燃は、今年の秋に燃料棒を挿入し年内にも再稼働を強行しようとしている。今年は正念場、3月5日に3回目の原発いらない一斉行動を予定しているのでぜひご参加を」と訴えがあり、2団体から前日に行われた内閣府へ申し入れ行動の報告がありました(金曜行動実行委有志から「総ての原子力発電に反対、放射能汚染水の海洋放出に反対!」の申し入れ、反原発自治体議員・市民連合から「岸田内閣での原発政策の撤回と、自然エネルギー政策への転換を求めます」の申し入れ)
東電4

全国からは、岩手県の「三陸の海を放射能から守る岩手の会」、鹿児島県薩摩川内市の「薩摩川内市の未来を考える会」から連帯メッセージが寄せられ代読されました。岩手には原発はないですが青森の六ケ所再処理工場が稼動され大事故が起きたらその影響は甚大と、政府・規制委員会の「安全審査合格」の大問題点を指摘していました。薩摩川内では稼動40年に近い川内原発に対し規制委がさらに20年延長させようとしていることに反対しています。金曜行動は2月には500回になるとのこと。
全国での反原発金曜行動を繋いでいる官邸前金曜行動の重要性を感じました。
金曜3

さらに参加団体・個人からのアピール・告知が続きました。とにかく、参加者が次々とマイクをとり自分たちの取り組みを報告し、また全国各地の状況も伝わるという、元気のでる官邸前金曜行動でした。

最後に、金曜行動実行委から、「トリチウム等汚染水の海洋投棄反対の共同申し入れをします。全国から内閣府あての申し入れやメッセージを寄せてください」という要請がありました(下記参照)。汚染水の海洋投棄反対の大きなうねりを創り出そうというものです。ご協力を!(S)
1-申し入書

この日は、官邸前金曜行動に先立って、午後4時からの東電本社前抗議行動にも参加しました。
主催は東京労組交流センター。NAZEN(すべての原発いますぐなくそう全国会議)や原発とめろ!新橋アクション、全学連などが参加、「原発汚染水の海洋放出をやめろ!」と東電に申し入れました。

東電前1

(申し入れ書を読み上げる)
東電前3
(東電に向けて抗議のシュプレヒコール)
東電前2


12月17日・金曜日、夕方6時30分~官邸前「原発いらない金曜行動」(再開第7回目)がスタートしました。恒例の多摩川太鼓で始まり、首相官邸への抗議のシュプレヒコールやリレーアピール、歌や突撃インタビューなど。185名が参加し、寒さを吹き飛ばして、原発なくそう!再稼働とめよう!と声を上げました。
12172
12173
呼びかけ人の落合恵子さんも駆けつけ、「私たちが官邸前で声をあげているこの時も、福島の第一原発では作業員の方たちが過酷な現実と向かい合っていることを忘れてはならない」「原発は地球温暖化対策には決してならない」「社会に向かって声を上げ続けよう」と訴えました。
12171
福島現地からは武藤類子さんのメッセージが届き、読み上げられました。メッセージの最後に武藤さんは「福島では、汚染水の放出をとめるために集会をしたりスタンディングをしたり必死で行動しています。共にがんばりましょう」と訴えました。

12175
12176
12177
若い鴨下全生(まつき)さんや、たんぽぽ舎の柳田真さんなどからアピールがありました。
柳田さんは12月5日に行われた「老朽原発このまま廃炉!大集会inおおさか」に参加してきたことを報告。「1600名が参加し、岸田内閣と電力資本に老朽原発を動かすなと大きな声を上げることができた。老朽原発を動かしたら3カ月の間に2回も事故を起こしている。来年9月に動かそうとしている東海第二原発が再稼働したらほぼ確実に事故を起こすと感じた。これが事故を起こしたら、東京中が場合によっては放射能だらけになる。」と警鐘乱打されました。また翌日、福井にある日本原燃敦賀事業本部を訪ねて抗議申入れした報告もありました。
12178
12174
参加した諸団体から、行動への参加が呼びかけられました。
大間原発反対関東の会からは、1月26日(水)大間原発裁判とその報告・講演会のお知らせ。
脱被ばく実現ネットからは、「子どもたちを被ばくさせるな」と毎月19日に官邸前行動をしているお知らせ。12月19日は14時45分~。
たんぽぽ舎からは、1月12日(水)17時からの日本原電本店抗議行動、18時30分からの東電本店合同抗議行動のお知らせ。
また、東海第二原発再稼働に反対している市民からは、葛飾区での連続講座のお知らせ。1月16日(日)14時~(会場?)。
12179
新年第一回目の「原発いらない金曜行動」は第3金曜日の1月21日(金)18時30分~です。
全国各地の反原発金曜行動と結んで、首相官邸前で「原発なくせ!」と声を上げていきましょう。(S)



3.11福島原発事故が起ってから半年目に経産省の敷地内にテントを建てた。それから約5年たった2016年8月21日に、テントは強制撤去されてしまった。しかし、それから今日までの約5年間、1日も休まず、経産省正面で座り込みを続けて、10年目を迎えたのだ。
1-9.11チラシ
「フクシマは終わってない」「アンダーコントロールなんてできてない」「トリチウム汚染水を海に流すなんて許せない」etc。

2109118
2109114

大集会は15時から始まった。オープニングの日音協のミュージックが終ってから、菅直人さんが話した。鎌田慧さんが話した。鎌田さんは福島原発事故で解決されてない、いや解決できない問題を数々挙げた。最悪の資本主義では解決できない、資本主義をやめるしかないことを提起した。
2109112
「福島の女たち」の黒田節子さんが熱く訴えた。女たちは未曽有の出来事に対して無我夢中で経産省や省庁におしかけ必死に、泣きながら抗議したことをありありと語った。
2011年11月に福島の女たちがテントを拠点にして大挙して集まり、全国の仲間とつながって行動を繰り広げたこと、「とつきとおか、いのちを守るに、いのちを張ります」と行動したこと、今も福島は依然として困難の中にあること、くじけずに闘う以外にないこと、福島の問題は命の問題、人間が生きることの問題と言われた。
1-2黒田武藤
武藤類子さんもマイクをとった。武藤さんはテントの存在は重要だと言われた。そして、「原発事故から10年 福島で起きていること」(みんなにプリント配布された)を10項目にわたって緻密に話された。1.原発の問題、2.避難者の問題、3.汚染水について、4.汚染土について、5.木質バイオマス発電について、6.健康被害、7.若者や子どもたちをめぐる状況、8.放射線防護の意識と対策の後退、9.イノベーション・コースト構想(国の復興計画)、10.責任追及

山崎久隆さん(たんぽぽ舎)は汚染水の海洋放出はまだ決まってない、ひっくり返そうと。
21091111

落合恵子さんは髪型を変えた。テントは今日で3654日になる。10年たった。生きている自分を大切にしよう。淵上太郎はもういない。内橋克人ももういない。でも私たちはもう少し変えた社会をみてから死のう。アメリカは あの 9.11にパパブッシュに全権を与えて報復を決めたが、一人バーバラリーは反対した。正しいことだからと。われわれの国は放置国家だ。もう変えなきゃいけない。現実を変えないと、ホントにホントに変えよう。
落合さん

渕上さんと一緒にテントを支えてきた江田忠雄さんは、もうテントがないのにわれわれは「テントひろば」を名のっている。テントがあることの証明だ。淵上太郎の本(『脱原発 経産省前テントここに在り!』~渕上太郎遺稿集)を読んで、テントがどのように強くなってきたのか、その原動力は何かを知った。がんばっていこう。

集まった250名からの人たちはみな主役だ。
2109117
2109116

10年目をこんなふうに闘えることを火炎瓶テツさん音頭のシュプレヒコールで締めくくって、大集会は終えた。(T)
1-てつ

脱原発 心はひとつ脱原発 みんなの願いは脱原発 テントはまだまだなくなってない

心の中にテントはある 形をかえてここにある ひとりひとりがテントだぜ あなたも私もテントだぜ 絶対絶対脱原発 絶対絶対あきらめない

声をあげよう 声を合わせて脱原発 こぶしを挙げて脱原発 みんなの願いは脱原発 世界の思いは脱原発
2109111


8月20日、再開第3回目の官邸前・金曜行動がにぎやかに行われました。180名の参加でした。
08-09-CIMG6822
呼びかけ人の鎌田慧さんも駆けつけて挨拶。
「コロナ禍で多くの人々が苦しんでいる中で、国は公然と原発の再稼働をすると言っている。脱原発の闘いを広めていくために声を上げ続けなければならない。子どもたちが傷つかない未来をどうつくっていくか、長い気持ちで頑張っていこう」と訴えられました。
01-01-CIMG6797
続いて、たんぽぽ舎の柳田さんから。敦賀原発2号機の地質データー書き換え問題で規制委員会が審査の中断を決定した問題に触れ、同じ日本原子力発電(原電)の東海第二原発に通ずることだと訴えました。さらに、いつも豊富な資料を提供してくれている田中一郎さんからトリチウム汚染水の危険性が訴えられました。福島現地からも椎名千恵子さんが参加してアピール。広島の「黒い雨」訴訟勝利が福島にとっても大きいと言われました。
03-03-CIMG6803
04-04-CIMG6810
また、この日も全国の金曜行動からということで、愛媛の伊方原発に反対している「伊方から原発をなくす会」から届いた連帯アピールが読み上げられました。
大間原発に反対して敷地内の土地を売らずに「あさこハウス」で反対を続ける小笠原厚子さんを支援する方からのアピールもありました。
05-05-CIMG6811
若い学生からも元気なアピール。また、お連れ合いの死は「もんじゅ」推進者に殺されたのだと裁判を続けている西村トシ子さんもアピールされました。
06-07-CIMG6815
日音響やマールハートバンドの皆さんが、歌や演奏で盛り上げてくれました。
09-10-CIMG6833
ピースサイクルの方からも、ちょうど昨日今日と青森で東北電力や六ケ所村への申入れを行っているという報告がありました。さまざまな方たちがそれぞれの思いで参加されていました。
07-08-CIMG6818
最後は、多摩川太鼓で〆です。突撃インタビューなどもあり、にぎやかな金曜行動でした。(S)
11-13-CIMG6845


被爆76周年、8月6日の広島原爆ドーム前です。
切れ目のないセミの鳴き声の下で、早朝7時から例年の「8.6ヒロシマアピール集会」(8.6ヒロシマ大行動主催)が無事始まりました。
21080603
この集会とその後のデモに対し、今年も右翼の執拗な妨害がありました。
「厳粛かつ静謐な平和式典を」「8月6日は慰霊の日 静かに祈ろう」という青いプラカードやノボリ旗を掲げて集会を取り囲むというやり方です。確かに、静かにと「無言」なのですが、とても異様な光景でした。
21080601
毎年、8.6アピール集会で8時15分に黙とうした後、すぐにデモに出ます。平和公園内ではちょうど平和記念式典が行われているのですが、戦争政治を押し進める首相の式典出席を弾劾するデモとなります。このデモコールが、式典会場に届いているのです。

これに対し、広島市はなんと、2018年末からデモを規制するために「拡声器規制条例」の制定を策動。多くの反対の声でこれが阻止されると、今度は8.6平和記念式典を「厳粛の中で行う」と規定した「広島市平和推進基本条例」制定でデモを規制しようとしました。この条例にも被爆者団体や多くの市民団体・労組が反対。しかし、改憲派は「静かな8月6日を願う広島市民の会」なる団体で市に条例制定を要請、激しい攻防となりました(6/25に条例は強行採決)。この市民の会が大動員して8.6の朝、妨害に出てきたのです。

もう一つの右翼団体「在特会」(在日特権を許さない市民の会)。こちらはハンドマイクを使って大きな声でがなり立て集会を妨害してきました。
こうした右翼の妨害と対峙して集会をやり抜きました。
21080602
被曝二世の中島健さんは、1945年9月3日の外国人記者の初めての広島現地ルポに対し、アメリカの科学者たちが「広島で放射能に苦しんでいるものはいない」と発表して否定したこと、1949年の「広島平和都市建設法」制定の経緯の中でアメリカの加害責任を求めないとしたことなどを指摘し、8.6デモ規制は、原爆投下と虐殺に怒るな、目の前で進行する新たな核戦争に怒るな、黙って静かに祈り、新たな戦争を推進する首相のスピーチを入れよと、「ヒロシマの怒り」を真っ向から否定するものだと弾劾しました。
21080604
(8.6ヒロシマアピール)
1-8.6アピール
平和公園とその周辺に眠る無数の被爆者の無念の声に後押しされる思いで、デモに出発。
21080605
21080606
繰り返される「改憲阻止!」「「スガは帰れ!」のコールは、スピーチ中の菅首相を射抜きました!!!(S)
21080607



↑このページのトップヘ