とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 反核

遅くなりましたが、9.11経産省前テントひろば10年目大集会の報告です。
*******
9月11日(金)17時から、木村さんと堀口さんの司会で集会は始まった。コロナで集会が制限されたり自主規制される中、300名もの人々が集まって、脱原発の闘いは健在であることを示した。そして、トリチウム等放射能汚染水を海に流すな! 東海第二原発再稼働反対! 青森六ケ所再処理施設稼働許すな!の課題を掲げて、福島とともにあることを確認する集会だった。
テント4-001
テントひろばの活動を支えてくださった神田香織さん、鎌田慧さん、落合恵子さん、福島みずほさん、菅直人さんが発言に立った。また、武藤類子さん、黒田節子さん、小出裕章さん、木原壯林さんがメッセージを届けてくださった。
落合
テント裁判を支えていただいた河合、大口、一瀬弁護士も発言。反原発闘争をリードするたんぽぽ舎の柳田さんや山崎さんもアピールされた。
ムキンポ5
そして、双葉町からの避難者の亀屋さん。三上さんをはじめとする日常的にテントひろばで活動する面々、斎藤美智子さんや乱さん、そして毎日の座り込みを支える当番の人々。テント撤去後鹿児島県の川内原発のテントに居を移して闘い始めたクマさんも来られた。

テント2
テント3
日音協さん、守屋真実さん、ジョニーHさん、うらんさんは歌と演奏で集会を元気づけ、盛り上げてくれた。高橋さんは講談で、福永さんは反原発論で、石塚さんは静岡の闘いでテントとつながっていることを証明してくれた。
テントひろばが続いてきた背景にはこうした人々のつながりがあったんだと思うと、発言した人々の名前を挙げずにはいられない。
テント1

毎週金曜日の17時~18時まで、50人前後で行っている経産省前抗議行動に参加している人々やいろいろな人が集まった。よかった。継続は力だ。
9.12から、また、淡々と座り込みを続けている。(賛同人T)
1599830441ムキンポ2



今日8月12日、安倍政権は「黒い雨」広島地裁判決を不服とし、控訴しました。なんとひどいことをするのか!怒り心頭です。
(8月12日付朝日新聞夕刊)
200812朝日夕刊

国はこの裁判に「補助的立場で参加していた」だけに過ぎないのです。被告は広島県と広島市。その両者が「控訴したくない」と国に伝えていたにも関わらず、また、原告たちが必死に「控訴するな!」と申し入れていたにも関わらず、安倍は被爆者たちの75年の苦しみ、悲しみをいとも簡単に足蹴にしたのです。8.6ヒロシマ、8.9ナガサキ記念式典で言っていることとまったく真逆のことをやっている。つまり、言っていることは原稿を読んでいるだけで、やっていることが本心なのです。
結局、広島県知事(湯崎 英彦)・広島市長(松井一実)もこれに与してしまい、本当に許せません。

「黒い雨」訴訟は、国が決めた援護対象地域外で「黒い雨」を浴びた住民らが、被爆者健康手帳などの交付申請を却下されたのは違法だとして、広島県・広島市に対し「自分たちも被爆者として認めよ、被爆者健康手帳を交付せよ」と求めた裁判で、7.29広島地裁判決は原告側の全面勝利でした。
広島地裁は広島県・広島市に対し、原告全員に被爆者健康手帳を交付せよと命じたのです。
被爆75周年8.6ヒロシマ・8.9ナガサキを前にして、喜びに沸く原告たちの姿がまだ目に焼き付いています。
(7月30日付朝日新聞)
200730朝日
安倍政権の暴挙に対し、全国から弾劾の声を上げましょう!
全ての被爆者に国は直ちに医療を保障せよ!
ヒロシマ・ナガサキ・フクシマを繰り返すな!

そして、被爆者の闘いを知り、学び、共に闘おう!
今こそ、核武装を狙う安倍政権を打倒しよう!

下の写真は、被爆75周年8.9ナガサキ現地の闘いに連帯した8.9渋谷デモ(NAZEN東京の呼びかけ)です。約100人が集まり、代々木公園から出発してJR渋谷駅前を通り、一緒に声を上げようと若ものたちに呼びかけました。(S)
8.9デモ


コロナ情勢の中で、被爆75周年8.6ヒロシマ大行動に向けて広島現地での重要な闘いが続いています。
「8.6ヒロシマ大行動実行委員会ニュース」を紹介します。
8.6ニュース1
8.6ニュース2
一昨年末から、広島市が8.6平和式典会場周辺でのデモ行進の拡声器の音量の規制をする条例をつくる動きを開始しました。「拡声器規制条例」です。8.6ヒロシマ大行動実行委の仲間たち、これは「音量」を問題にしながら、安倍政権への批判の声を圧殺するものだと直ちに抗議の声を上げ、その後さらに被団協や原水禁や原水協、広島弁護士会なども反対の声を上げています。

8.6実行委は、共闘の仲間たちと被爆75年をどう迎えるのかという中身の議論を深め、粘り強く広島市との協議を重ねています。
「今回は慰霊に目的を絞る」という松井市長の発言(4/9)に対しても、「規模の縮小と性格の変更は別問題」と発言の撤回や討論会の開催を要求しています。
広島現地の取り組みに注目し、連帯して共に闘っていきましょう。(S)

(3月28日付毎日新聞より)
毎日新聞

●「8.6ヒロシマ大行動」ホームページ
86hiroshima.blogspot.com/



↑このページのトップヘ