とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 人権

6月20日(土)午後、東京・品川にある東京入管収容所へのデモに参加しました。「収容者を解放しろ!」「入管による差別、襲撃、暴行を許さないぞ!」を訴え、中にいる収容者を激励しました。
20200620-1
20200620-2
20200620-3
20200620-4
今回も収容所の中から大きな声があがりました。窓にしがみついて手をふってくれました。
20200620-5
20200620-6
20200620-7
毎日新聞の電子版で報道された記事です。

 難民認定申請中の多くの外国人らが長期収容されている現状の改善を訴え、難民支援団体などが20日、東京出入国在留管理局(通称・東京入管、東京都港区)周辺で、抗議デモを行った。この日は「世界難民の日」。参加者の抗議に応える形で、入所する外国人らはガラス越しに大きな声を上げ、「自由をください」と訴える人もいた。こうした状況をいつまでも放置していいのだろうか。【鵜塚健/統合デジタル取材センター】

 「東京入管を考える会」や「牛久入管収容所問題を考える会」などの難民支援団体や労働組合などの約120人が参加。最寄りのJR品川駅前を出発し、約1時間半にわたって東京入管周辺を歩き、「長期収容やめろ」「外国人の命を守れ」などと訴えた。

 東京入管前では、参加者が立ち止まり「お父さんを家族のもとに返せ」「皆さん、諦めないでください」などと大きな声で呼びかけた。これに対し、入管の上層階では入所者の外国人が集まり、ガラス越しに手を振ったり、大声で「ありがとう」などと応えたりしていた。中には「Give me freedom(私に自由をください)」などとメッセージを書いたTシャツを窓越しに見せ、思いを訴える入所者もいた。

 法務省によると、今年4月末時点で、全国の収容所にいる外国人は計914人。このうち東京入管(280人)と東日本入国管理センター(通称・牛久入管、224人)で半数以上を占めている。近年、各地の収容所では、早期の仮放免や劣悪な環境の改善を求めて入所者がハンガーストライキを繰り返しているほか、餓死者や自殺者も出ている。

 収容所内は通常どこも密集状態にあり、新型コロナウイルス感染拡大の恐れがあるため、各収容所とも一時的に解放する仮放免を進めている。ただし、仮放免が認められる基準はあいまいで、出所時に支払う保証金の金額も1万~数十万円とばらばら。一部で仮放免が進む一方、数年にわたり長期収容され心身に病気を抱えてもなお解放されない外国人も多い。

 「東京入管を考える会」の設立メンバーの一人で、十亀(そがめ)トシ子さん(72)は「活動を始めた15年前より、長期の収容者が増え、状況はむしろ悪化している」と指摘。法務省が国外退去拒否の外国人への罰則導入も検討していることなどに関し、「ハンガーストライキまでしている外国人がいるのに、訴えを聞こうとしない。許しがたいことだ」と話した。

 「牛久入管収容所問題を考える会」代表の田中喜美子さん(67)は「仮放免が進んでいることはいいことだが、再収容されないか心配だ。長期の収容者が取り残されていることも問題。手を振ってくれた収容者に応えるためにも、まだまだ活動を頑張りたい」と語った。

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、世界の難民・国内避難民は7950万人(2019年末)で、前年から870万人増えた。日本での19年の難民申請者は1万375人に上るが、難民認定者は44人にとどまる。「難民鎖国」とも呼ばれる難民認定率の低さや難民申請者の長期収容を続ける日本の姿勢に、国際社会からは極めて厳しい目が向けられている。


アメリカの国際港湾倉庫労働組合(ILWU)が奴隷解放記念日である6月19日に8時間のストライキに立ちました。レイバーネットのホームページ(www.labornetjp.org/)にストライキに向けての声明の翻訳が掲載されていましたので、紹介します。
*******
 全港湾の友誼組合でアメリカ西海岸の港湾労働組合であるILWU(国際港湾倉庫労働組合)が、奴隷解放記念日である6月19日、8時間ストを決行しました。スト決行前にILWU本部が発表した文章が分かりやすいか思い、翻訳してみました。ちなみに、ウィリー・アダムス委員長は、ILWUの歴代委員長で初めての黒人委員長です。(伊藤彰信)

*写真=ILWUのホームページから
1592643125578staff01_img

ILWU(国際港湾倉庫労働組合)
緊急発表 2020年6月15日

西海岸の港湾労働者は奴隷解放記念日(ジューンティーンス)を祝いこの歴史的な日に8時間の作業停止を決行する

 サンフランシスコ発 西海岸29港のILWU組合員は、6月19日(金)、テキサス州の黒人奴隷が最初に奴隷解放を知った1865年の日であるジューンティーンス(*1)を祝って、8時間の作業停止を決行する。

 「ジューンティーンスは、長い間アフリカ系アメリカ人のコミュニティで知られていたが、他の多くの人々にとって今までは知られていませんでした。ジョージ・フロイドの殺害をきっかけに、全国で進行中の組織的な人種的不正に対する抗議によって、再び焦点を浴びるようになりました」とILWU委員長のウィリー・アダムスは語った。「2020年6月19日、何千人もの港湾労働者が、人種平等と社会正義を実現するために最初のシフトの作業を停止します」

 6月19日の行動は、ILWU組合員がテキサス州ヒューストンでの葬儀に合わせてフロイド氏を追悼するために9分間作業停止した6月9日の行動に続くものである。

 「ジューンティーンスはアメリカ合衆国における奴隷制の終結を記念しています。人種差別を終わらせ、すべてのアメリカ人の正義を回復する方法を模索するなかで、この歴史を認識することは適切かつ必要です」と6月8日にフロイドの追悼式典に出席したILWU書記長のエド・フェリスは述べた。同じく追悼式典に出席したILWU中央執行委員のメルビン・マッカイも「奴隷解放宣言から157年が経ち、フロイド氏の殺害が悲劇的に示されたように、わが国は組織的な人種差別に悩まされたままである。私たちは、より良くすることができるし、しなければならない」と述べた。

 ジューンティーンスを祝い人種的社会的正義を推進する行事は、ロサンゼルス/ロングビーチ、ベイエリア、プーゲットサウンドを含む西海岸の港湾労働者によって組織されている。

 本土のILWU組合員を代表するボビー・オルベラ・ジュニアILWU副委員長は「6月19日、私は南カリフォルニアの労働組合の兄弟姉妹を支援します。6月19日、我々は人種差別、憎悪、不寛容に対して行動せざるを得ないと感じているが、わが国は団結よりも分断を好む大統領からの壊滅的なパンデミックと苦痛に満ちた新たな傷に耐えている」と述べた。

 アダムス委員長は「われわれは1934年に命を捧げた人々を含む、組合創始者の精神(*2)にもとづき6月19日を迎えようとしています。私たちは彼らの信条に従って生きています。『ひとりの障害はみんなの障害』(*3)」

<訳注>
*1  ジューンティーンスは、1865年6月19日、南北戦争の北軍の将軍がテキサス州ガルベストンに到着し、奴隷たちに解放を告げたことを記念した日。
*2  1934年、ILA(国際港湾労組)に加入していたアメリカ西海岸の港湾労働者は、ILA本部の指導に不満を持ち、西海岸の港湾支部が集まりストライキ委員会を結成し、ストライキを闘った。その闘い最中、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ポートランドの3港で6名の港湾労働者が警察に射殺された。1934年のストライキは勝利し、港湾労働者の手配権を港湾労働組合が握った。その最大の勝因は、過去のストのたびにスト破りとして資本の側に動員されていた黒人港湾労働者を労働組合の側に組織したことである。その後、西海岸の港湾労働者はILWUを結成する。
*3 『ひとりの障害はみんなの障害』(an injury to one is an injury to all)は、ILWUのスローガン。



14日は、天気予報通りの展開で、午後1時からの新宿駅東口アルタ前でのリレーアピールの時はあいにくの雨。しかし、幸いにも小雨だった。
その雨をはね返すように、時間通りに、安倍たおせ!リレーアピールが開始されました。
新宿1
私たち百万人署名運動のメンバーは、憲法に自衛隊明記・緊急事態明記NO!の署名活動の準備していたのですが、う~ん残念!この雨の中ではとても無理だなあと諦めました。

でも、『百万人署名運動全国通信』6月号をビニール袋に小分けして持ってきていたので、急きょ手分けして街ゆく人々に見本紙として配ることにしました。
まあ、この雨の中で受け取ってもらうのは無理かなあと思いながら、でも、私たちがどういう思いでアピールしているのか、一人でも多くの人に知ってもらいたいと思って頑張りました。
結果、1時間弱で、4人でなんと90部配布することができました!!

というわけで、リレーアピールの方はちゃんと聞けてないのですが、耳に入ってきた範囲で報告したいと思います。
主催団体である「改憲・戦争阻止!大行進」呼びかけ人の森川弁護士のあいさつのあと、都教委包囲ネットの伏見さんがアピールしました。伏見さんは、自分は「君が代」不起立で「戒告」という懲戒処分を受けたのに、黒川は「訓告」という注意のみで、7000万円の退職金をもらう。この国はふざけている!と弾劾しました。
また、この日、まったく不当にもアピールの場に、始まる前からものすごい数の公安警察がたむろしていたのですが、伏見さんはこういう状況についても「この国はふざけている!」と怒りを叩きつけました。

本当に、その通りです。一見ヤクザのような目つきの男たちが「アベたおせ!」デモを監視し、ウロウロしている。その場をどくように抗議しても全く聞く耳をもたない。ちょっと接触しようものなら「公務執行妨害!」と言って何をしてくるかわからない。参加者をまるで犯罪者扱いして、参加者の名前をメモしている。実際に彼らのやっていることは、「表現の自由」の侵害、「思想信条の自由」の侵害、安倍たおせアピール活動の妨害です。
公務員なのに憲法順守義務も守らず、しかも、政権のお墨付きがあるから、税金=公金を湯水のごとく使ってこんなことを平気でやっている。本当に、ふざけるなー!!!です。
新宿2
医療・介護現場で働く労働者は「小池都知事は都立病院の民営化をやろうとしている。絶対に許せない。安倍も小池も倒そう」と熱烈アピール。
動労千葉の佐藤執行委員は、関西生コン支部の武委員長と湯川副委員長が保釈奪還されたことを報告し、「正当な組合活動が犯罪扱いされ、政権に近い人間は免罪される。アベや黒川こそ監獄へ行くべきだ」と弾劾しました。

他にも何人もの人たちが次々とアピール。飛び入り発言もありました。
いつも、国会や首相官邸前で闘いの川柳を披露されている乱鬼龍さんもアピール。入管問題に取り組む女性からは、6.20世界難民デーに品川入管へのデモがあるので参加してほしいと訴えがありました。
新宿3
2時過ぎに、安倍退陣!!!新宿デモに出発です。
大ガードをくぐって新宿駅西口へ。
デモ1
デモ2
デモ3
デモ4
デモ5
新宿駅西口では、右翼が大音量スピーカーで妨害してきました。
悔しいけれど、こちらのスピーカーとは比較にならないくらい金額が高そうだ。やはりお金で政権につながっているのだろう。
デモ7
新宿駅南口へ出たころには、雨も止んで、さらに元気よく「アベを倒そう!」と声をあげ、新宿の街をデモ行進しました。約300名が参加しました。
デモ6

夜のニュースで、私たちのデモは報道されませんでしたが、渋谷で行われた人種差別の撲滅を訴える抗議デモが行われたことが報じられました。
6.14渋谷デモ
若者を中心に3500名が参加したそうです。すごいなあと感動しました。
世界で起きていることが、この日本でも起きている。
こうした人々の声、訴えとつながっていこう!
差別・分断支配を打ち破って、一人一人が人間らしく生きられる社会をめざして運動を続けたいと思いました。(S)


CIMG3498
4月25日の東京入管デモ(命を守れ! 被収容者を今すぐ解放しろ!)に参加しました。
例年この時期に行われていた「外登法・入管法と民族差別を撃つ全国集会」が中止となり、その主催者が入管収容所包囲デモを呼びかけました。
CIMG3427
品川駅港南口を出てすぐの「こうなん星の公園」に集まり、そこからデモに出ました。「不要不急の外出の自粛」なので基本は人通りも車も少ないのですが、スーパーの前とか、マンションのベランダから見ている人とか、逆に注目されていたと感じました。
CIMG3437
「3密をひかえろと言うなら、収容者をすぐ解放しろ!」「面会を禁止するなら、収容者を今すぐ解放しろ!」とコールを続けながら東京入管局に向かっていきました。
CIMG3442CIMG3440
東京拘置所の建物のように見えるのが東京入管収容所です。
CIMG3478
CIMG3496
収容所の中から叫び声がなんどもしました。上の階の窓には収容されている方々の顔が見えました。お互いに手を振りあいました。
CIMG3519
CIMG3524
CIMG3526
大阪や東京の拘置所や留置場でもコロナ感染が広がっていると聞きます。しかし入管当局は、ろくな感染対策もせず、長期収容を続けています。「消毒液がない」「隣の人と布団の間が30センチしかない」「新しく収容された人は別の部屋にしてほしい」など、被収容者からは悲鳴があがっています。

デモ終了後、発言された動労千葉の田中さんは、「不当な扱いをされている滞日外国人の仲間をなんとしても解放したいが、今日のような抗議と激励のデモしかできない私たちの力のなさも現実です。しかし、今日抱いた怒り、そして熱い国際連帯の思いを各地に持ち帰って、闘いを組織していこう」と呼びかけました。

主催者からは、6月20日の世界難民デーには再び入管包囲デモを行う予定だと言われました。
収容所を2周するデモだったので、何度も何度も手を振って叫んで呼応することができました。(K)
CIMG3532


2月11日、東京入管包囲デモに参加しました。数年前、この包囲デモへの参加で私は初めて東京入国管理局まで行きました。東京入管は、JR品川駅港南口から歩いて20分くらいのところにあります。デモは、合同・一般労組全国協、東京労組交流センター、外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委の共催で、東八ツ山公園から出発しました。
1-01-CIMG4182
ここ数年、入管収容者の長期収容化が進んでいます。それは、2016年に法務省が「東京オリンピック・パラリンピック競技大会の年までに安全安心な社会の実現を図るため、送還を忌避する外国人など、我が国・社会に不安を与える外国人を大幅に縮減することは喫緊の課題」という通知を全国の入管局長らに発信したからです。さらに法務省は18年には「仮放免運用方針」を出し、難民申請をくり返したりする収容者の仮放免は認めない運用を指示しました。

こうした中で、まともな食事や医療も保障されない中、2年、3年という長期収容者が増えていて、多くの被収容者が仮放免を求めてハンストなど命がけの闘いに立ち上がっています。法務大臣の一存で何年も拘束されることなどあってはならないことです。

目の前奥の一番高い建物が東京入管です。
2-03-CIMG4190
「外国人を収容するな!」「いますぐ家族のもとに返せ!」「難民を強制送還するな!」と入管を弾劾しながら、東京入管の周りをぐるりとデモコールで包囲しました。
3-05-CIMG4199
4-08-CIMG4207
ある一角にさしかかったとき、入管の建物の中から指笛と歓声が聞こえてきました。どこからだろう?と高い建物の窓を眼で追っていくと、10階あたりの出窓のところに何人もの人影が見えました。一生懸命手を振っている人、体を窓のガラスに押し当てて「ここにいるぞ」と外の私たちに存在を知らせようとしている人。よく見るとその上の11階にも窓にへばりついて同じように全身で手を振り、必死に声を発している人々の姿が見えました。その光景を目の当たりにして、私は心が震え、涙が出ました。
デモ隊も、がんばれ!という思いで声を上げ、手を振り続けました。
1-入管前
1-11-CIMG4213
20200211
安倍政権の下で法務省は、法務大臣の私的懇談会である「出入国管理政策懇談会」に設置された「収容・送還に関する専門部会」で、送還忌避者や難民申請をくり返す者などに刑事罰を科すこと議論しているそうです。
オリンピックの名の下に、さらに入管法を改悪するなど許せません。こんな悪法、入管体制を何としても覆していきましょう。(S)

●2月29日にはまた別の有志呼びかけで、東京入管へのデモが呼びかけられているので紹介します。
午後3時に、JR品川駅港南口・東京入管行きバス停前に集合して、そこから東京入管包囲のデモに出発するそうです。



↑このページのトップヘ