とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 人権

「罰則」導入のコロナ特措法改悪案と感染症法改悪法案が、アッというまに成立してしまいました。衆議院では、2月1日(月)の1日だけで、内閣委員会、内閣・厚生労働連合審査会、そして、夕方の本会議で自民・立憲民主・公明・日本維新の会の各党の賛成多数で可決。参議院では、2日の内閣委員会(参考人質疑)と翌3日の内閣委員会、厚生労働連合審議会での討論・採決、夕方の本会議で可決・成立です。

こんな重要な法案を、たった3日間で成立させてしまうなど、強引なやり方で、民意とは無関係のいまの国会の本性を見せつけられた思いです。

今回の場合、自民党が修正に応じたとして立憲民主党が賛成に回ってしまったことが大きいわけですが、政府や知事らに強権を与える「まん延防止措置」の新設や、警察が前面に出てくる「罰則」の導入に賛成してしまうとは、とんでもないことです。

その影響もあってか、国会前での大きな抗議行動の呼びかけはありませんでした。しかし、こんなのはおかしい!と、1月29日(金)に「戦争・治安・改憲NO!総行動実行員会」が、2月2日(火)には、同じく総行動実行委と東京労組交流センターらが、それぞれ国会前で抗議の声を上げました。
(2月2日、国会前)
2102021
2102022
2102023
2102024
また、都教委包囲ネットや東京労組交流センターなどが、「責任を労働者民衆に押し付けるな!」とそれぞれ新宿駅頭で抗議の街頭宣伝に立ちました。
(1月30日、新宿駅南口、東京労組交流センター呼びかけ)
20210130
(2月1日、新宿駅東口、都教委包囲ネット呼びかけ)
210201東口
いま、コロナ感染拡大収束のためには与野党「挙国一致」と言わんばかりですが、とんでもありません。
コロナ禍で国や知事らは、まず全力をあげるべき「人々の生活保障」「医療体制の拡充」について、まだまだ全くやっていません。逆に、自らがコロナ感染を拡大するような政治を強行しながら、飲食店などに責任を転嫁しています。結果、多くの人々の生活が破壊されています。それなのに、菅政権は要請に従わないなら「罰則」と、この機に乗じてさらなる国の強権支配を合法化しようとしています。労働者市民が生きるために声を上げることを抑圧する、弾圧しようとしている。実質的にこれは改憲であり、戦争への道です。

私たちの命や生活、尊厳を踏みにじるようなことを、国会で決められてたまるか!です。ふざけるな!という怒りの声をもっとあげていきましょう。(S)


1月18日(月)、反動国会開会日に国会前に多くの人々が集まり、菅政権を弾劾しました。
菅はGO-TOトラベルの推進などで自らがコロナ感染拡大を引き起こしながら、その責任を庶民に押し付け、緊急事態宣言で労働者とその家族の命と生活を壊し続けています。その上、今度は今国会で「要請に従わなければ罰則」を法制化し、さらに強権支配をしこうとしている。とんでもない政権です。「不要不急」ではないもっとも重要な怒りの声を叩きつけなければなりません。

午前11時から約1時間、参議院議員会館前で「改憲・戦争阻止!大行進」実行委が主催した集会が行われ、60人ほどが参加しました。
0118国会2
呼びかけ団体の動労千葉からは青年労働者がマイクを持ち、職場でのコロナ下の合理化反対の取り組みを報告し、改憲・戦争阻止を断固闘うと元気に発言しました。
0118国会10
呼びかけ人の森川文人弁護士は、「政府が守ろうとしているのは庶民の生活ではない。大資本の味方だ。8万人の失業者を出しながら株価が上がる。こんなことはありえない!いまこそ、この世界を変えるとき!」と訴えました。
0118国会1
外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実の方からは、今国会に上程されようとしている入管法改正案を絶対に阻止しよう!と訴えられました。これは、2度以上の難民申請を認めず日本から追い出すものであり、これを拒否したら逮捕するというものです。さらに仮放免者にも「逃亡罪」を新設。支援者も弾圧しようとしています。人間を人間として扱わない世界最悪の日本の入管体制を変えることは日本の労働者の大きな課題です。今国会での入管法のさらなる改悪、悪法をつくらせないため闘いましょう。
0118国会5
さらに、アピールと国会へ向けてのシュプレヒコールが続きました。
0118国会9
0118国会3
最後に、学生から菅政権を弾劾し抜く元気なアピールがありました。そして、目の前にいる公安刑事たちを指さし、「全学連がこの公安刑事の暴行を刑事告訴した国家賠償請求訴訟の結審がこのあと東京地裁で行われる。権力犯罪を絶対許さないし、闘っていく」と、勝利感あふれる発言でした。
0118国会4
この後、衆議院第二議員会館前を中心に正午から開始された総がかり行動の集会に全体で合流しました。全体で450人でした。コロナ対策のため時間は短縮されましたが、野党の社民党、共産党、沖縄の風、立憲民主党からの発言があり、さらに、共謀罪NO!実行委から「デジタル庁をつくらせてはいけない」というアピール、法律家団体から改憲手続法改正の問題点の指摘などがありました。(S)
0118国会6
0118国会7
0118国会8


1月15日(金)夕方、東京駅丸の内北口にあるAGC(旭硝子)本社への抗議行動に参加しました。2015年、AGCの子会「AGCファインテクノコリア」は非正規労働者が労働組合をつくったことをもって組合員全員を一方的に解雇しました。当該労働者たちは「こんなことは許されない」と解雇撤回を求め闘い続けています。この不当なやり方に「親会社として責任を取れ、解雇を撤回させよ!」と抗議・要請をする行動です。
旭非正規職支会支援共闘会議が呼びかけたもので、約30人が駆けつけました。
AGC4

下の写真の真ん中の40階近いビルの30階より上数階にAGCが入っています。

AGC1
支援共闘会議は1/8付で「申入書」をAGC本社あてに送っており、その回答を求めて訪ねましたが、コロナ対策からかAGCの受付だけいない!「何回でもやってくるぞ」と叩きつけるように約1時間のアピールとビラ撒きを行いました。
AGC3
AGC2
AGC5
撒いたビラです。

旭硝子1
旭硝子2
日本では工場の製造業務への派遣が認められるようになってしまいましたが、韓国ではまだ禁止されています。AGCはそれを承知しながら子会社での偽装請負・違法派遣を続けてきました。2019年2月に韓国大邱(テグ)検察庁は子会社のAGCファインテクノ(株)及び原納猛社長(当時)、請負会社GTSを、「違法派遣」の容疑で起訴し、現在裁判が進行中です。

この日韓国・旭非正規職支会(民主労総金属労組に所属)から「労働者はひとつだ!」と書かれた檄布が届いた報告があり、さっそく街宣車に貼り出しました。

AGC6
旭支会からマスクのプレゼントも!!みんなでこのマスクをして抗議街宣をやりました。
AGC7
旭非正規職支会は、新年1月4日朝から、韓国・亀尾市にあるAGCの韓国工場正門前で「旭硝子厳重処罰/すべての解雇禁止/労働組合活動をする権利戦取/非正規職撤廃」と書かれたゼッケンをつけて、出勤してくる労働者に共闘を呼びかける出勤闘争を開始しています。

AGCだけではなく、埼玉県新座市に本社があるサンケン電気も韓国の子会社を解散・全員解雇によって組合つぶしをやろうとしています。日本での「韓国サンケン労組を支援する会」の労働者市民らが韓国サンケン支会と一体となって「偽装廃業撤回しろ!」とサンケン電気本社に迫る闘いを年末年始と闘っています。

労働者に国境はありません。韓国旭非正規支会、韓国サンケン支会の労働者の闘いに連帯し、悪徳日本企業の卑劣な労働者支配・解雇攻撃を許さない!支援連帯の闘いを広げましょう。(S)



12月17日、正午から、「市東さんの農地を取り上げるな!」「東京高裁は強制収用をするな!」「菅野裁判長は強制収用をするな!」と、東京高裁を包囲するデモが行われました。
デモ3
デモの先頭に立つ市東孝雄さんと萩原富夫さん。
デモ1
左側が東京高裁の建物です。
東京高裁
午後2時から、東京高裁で市東さんが成田空港会社(NAA)を訴えた請求異議裁判控訴審の判決公判があり、傍聴しました。
目にしたのは、本当にふざけた、堕落した東京高裁の姿でした。

102号法廷の中は、屈強な衛視12~13人が傍聴人を取り囲むように布陣し、法廷のすぐ外側にもその数倍の衛視が身構えるという「言論と正義」を力で押しつぶさんとする現在の東京高裁の本質が露わになった光景がそこにありました。

そして、数分後、開廷時間ぴったりに正面後ろの裁判官専用の扉があき、黒衣を身にまとった悪魔(失礼!)が3人現れて、菅野裁判長が「本件控訴を棄却する、強制執行停止決定を取り消す、費用は控訴人の負担とする、仮執行を認める」と反動判決の主文を述べました。「ナンセンス!」と叫んだけれど、3人の裁判官はサッと後ろを向いて一目散に法廷から出て行ってしまいました。その間1分もありませんでした。

この裁判は、市東孝雄さんの農地取り上げの強制代執行は憲法上もこれまでの三里塚闘争の経緯からしてもできない、ということを訴えたものでしたが、判決公判には被告人のNAA側は誰一人来ていませんでした。この裁判を何回か傍聴しましたが、市東さん側の弁護士や証人は、NAAの不当性を証明しようと全力で証言していましたが、それに対してNAA側の代理人弁護士が反論する姿はこれまでも全くありませんでした。それなのに、東京高裁の菅野裁判長は控訴を棄却し「代執行をしてよい」と判決したのであり、100パーセントNAAの主張認めるものでした。

憲法を守り従うべき法曹が、市東さん側の主張の正義性を訴える憲法学者、農業学者の皆さんの誠実な証言に何らまともな見解を示すこともできず、憲法を踏みにじる行為を平然と行っている。本当に許しがたい法廷でした。この法廷の裏側でいったい何が行われているのか、実際に見ることはできませんが、憲法無視の国策裁判が国家権力と大資本の意思で動かされているとしか思えません。

法廷に入れず外で判決の行方を見守っていた仲間と共に、東京高裁前で、抗議のシュプレヒコールを叩きつけました。
東京高裁2
裁判後、隣の弁護士会館で報告集会が行われました。
報告集会
市東孝雄さんは「判決に期待はしていなかったけれど、あまりにも、この裁判でみんながいろいろ言ってきたことに何も触れていないことは絶対に認められない」と悔しさをにじませました。
市東さん
そして、「天神峰でこれからも耕してやっていく気持ちは変わらない」と固く語られました。

葉山岳夫弁護士からは、「ただちに判決文を取りに行き、読んだが、不当、違法な判決である」と判決理由の詭弁性について詳しい指摘がありました。そして、「今、弁護団が最高裁への上告と、改めて執行停止の申し立て手続をしている」と報告されました。
反対同盟の萩原富夫さんも「新たな署名運動も含め、市東さんの農地の強制執行は許さないとますます闘っていく」と決意を述べられました。

無農薬・有機農法で耕された豊かな農地と耕し続ける市東孝雄さんの存在が、破綻した成田空港会社と国のあらゆる暴力の前に立ちはだかっています。報告集会で農民会議の方が「全国の農民の姿そのものを映し出している」と言われていました。
農民のみならず、労働者、漁民、辺野古、反原発…とつながっています。この日も同時刻に東京地裁で「宗教者が核燃料サイクル事業廃止を求める裁判」の第1回口頭弁論があり、多くの方が傍聴のため集まっておられました。

こうした闘いについて、国家権力の欺瞞・横暴さについて、もっともっと広く知らせていくことが大事だと思いました。(S)



12月3日(木)正午から、星野文昭さんを獄死させた法務省の責任を追及するデモが呼びかけられ、参加しました。約100人が駆け付け、日比谷公園霞門から星野さんの遺影を掲げてデモに出発。
星野デモ3
霞門を出てすぐに右折してまっすぐ進むと、まもなく法務省前です。
星野デモ2
「星野文昭さんを殺したのは法務省だ!」「法務省は虐殺の責任を取れ!」と弾劾のシュプレヒコールを叩きつけました。
星野デモ1
この日の午前中に、東京地裁で国賠訴訟の第3回口頭弁論が行われました。
星野文昭さんがなぜ獄死することになったのか真実を解明し、徳島刑務所と東日本成人矯正医療センターの責任を追及するために、お連れ合いの暁子さんと文昭さんのご兄弟が今年の2月に提訴した国家賠償請求訴訟です。

昨年5月30日、東日本成人矯正医療センターで肝臓がんの切除手術を受けて2日後に星野文昭さんは帰らぬ人となりました。予期せぬ最悪の事態に誰もが言葉を失いました。
そして、その後明らかになったことは、医療センターでの星野さんの手術体制があまりに無責任であったことです。切除腫瘍が14㎝×11㎝×9㎝ 、重さ1700gもあった大変な手術なのに、手術後担当医は帰宅してしまい異変が生じた星野さんが放置され続けたこと、そもそもこうした大手術ができる施設ではなかったのではないかということです。さらに、徳島刑務所で星野さんが体調不良を訴えていたにもかかわらずきちんとした治療がなされなかったことなどもあります。

しかし、こうしたことに国側は居直っているとのことです。許せません。法務省に対し、「受刑者の命を守れ!」「受刑者に医療を保障しろ!」と訴えました。

また、星野文昭さんと共に闘い、でっち上げ逮捕されている大坂正明さんはすでに3年以上も勾留されています。その中で、ぜんそくや持病、特に鼻ポリープで鼻呼吸ができず苦しんでいるそうです。さらに「大坂さんは無実だ!」「鼻の手術をさせろ!」と訴えました。

デモ解散地で、全国再審連絡会議共同代表の狩野満男さんは、「法務省を徹底的に弾劾し責任を取らせよう」「一人ひとりが星野となろう、星野さんの遺志を引き継いで職場・地域で闘っていこう!」と力強く呼びかけました。国家権力の横暴、犯罪を暴き、人間が人間らしく生きられる社会をめざして闘っていきましょう。(S)
星野デモ4

↑このページのトップヘ