とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

カテゴリ: 労働運動

1月15日(金)夕方、東京駅丸の内北口にあるAGC(旭硝子)本社への抗議行動に参加しました。2015年、AGCの子会「AGCファインテクノコリア」は非正規労働者が労働組合をつくったことをもって組合員全員を一方的に解雇しました。当該労働者たちは「こんなことは許されない」と解雇撤回を求め闘い続けています。この不当なやり方に「親会社として責任を取れ、解雇を撤回させよ!」と抗議・要請をする行動です。
旭非正規職支会支援共闘会議が呼びかけたもので、約30人が駆けつけました。
AGC4

下の写真の真ん中の40階近いビルの30階より上数階にAGCが入っています。

AGC1
支援共闘会議は1/8付で「申入書」をAGC本社あてに送っており、その回答を求めて訪ねましたが、コロナ対策からかAGCの受付だけいない!「何回でもやってくるぞ」と叩きつけるように約1時間のアピールとビラ撒きを行いました。
AGC3
AGC2
AGC5
撒いたビラです。

旭硝子1
旭硝子2
日本では工場の製造業務への派遣が認められるようになってしまいましたが、韓国ではまだ禁止されています。AGCはそれを承知しながら子会社での偽装請負・違法派遣を続けてきました。2019年2月に韓国大邱(テグ)検察庁は子会社のAGCファインテクノ(株)及び原納猛社長(当時)、請負会社GTSを、「違法派遣」の容疑で起訴し、現在裁判が進行中です。

この日韓国・旭非正規職支会(民主労総金属労組に所属)から「労働者はひとつだ!」と書かれた檄布が届いた報告があり、さっそく街宣車に貼り出しました。

AGC6
旭支会からマスクのプレゼントも!!みんなでこのマスクをして抗議街宣をやりました。
AGC7
旭非正規職支会は、新年1月4日朝から、韓国・亀尾市にあるAGCの韓国工場正門前で「旭硝子厳重処罰/すべての解雇禁止/労働組合活動をする権利戦取/非正規職撤廃」と書かれたゼッケンをつけて、出勤してくる労働者に共闘を呼びかける出勤闘争を開始しています。

AGCだけではなく、埼玉県新座市に本社があるサンケン電気も韓国の子会社を解散・全員解雇によって組合つぶしをやろうとしています。日本での「韓国サンケン労組を支援する会」の労働者市民らが韓国サンケン支会と一体となって「偽装廃業撤回しろ!」とサンケン電気本社に迫る闘いを年末年始と闘っています。

労働者に国境はありません。韓国旭非正規支会、韓国サンケン支会の労働者の闘いに連帯し、悪徳日本企業の卑劣な労働者支配・解雇攻撃を許さない!支援連帯の闘いを広げましょう。(S)



11月17日、通勤時間帯の7時30分~8時30分まで、JR四ツ谷駅麹町口で、「コンビニ関連ユニオン」の朝ビラ支援に駆けつけました。16日~17日に行われたコンビニ各社への申し入れ行動の第2日目のスタートの駅頭ビラまきです。
駅に着くと、すでに河野正史委員長がアピールしていました。
セブン1
ここから歩いて4~5分のところに、セブンイレブンジャパン本社(千代田区二番町)があります。
前日の16日には河野さんたちはこのセブンの本社と、ファミリーマート本社(港区芝浦)、そしてローソン本社(品川区大崎)を回り、独占禁止法違反行為の根絶を求める8項目の要求を申し入れました。この日もビラまきのあと、河野さんたちは千葉市にあるミニストップ本店へと向かいました。
(ビラの裏に印刷されていた8項目要求)
申し入れ書
9月2日に公正取引委員会は「24時間年中無休営業は独占禁止法違反になりうる」などの改善勧告をまとめ、コンビニ各社に11月末までに自主的是正を行うことを求めました。また経産省も「新たなコンビニのあり方検討会報告書」を提言としてまとめました。

これを受けてコンビニ関連ユニオンは、全国各地のコンビニオーナーの声を代弁して、コンビニ8社、並びにフランチャイズ協会に対して上記内容の申し入れをすることにしたのです。
セブン2
河野さんは、駅から出てくる労働者たち、とりわけセブンイレブン労働者に「ユニオンに結集して団結しない限り、会社が言うままの無権利状態です。命より大切な契約はありません。不当なことには勇気をもって一緒に声を上げましょう!」と訴えていました。

アピールの後、河野さんもビラまきへ。ビラを受け取っていくセブンの社員に声をかけていました。

セブン3
ビラの受け取りは思ったより良かったです。みんなビラを読んでいました。小さな声で「頑張ってください」と声をかけてくれた女性もいました。労働者は、不当な攻撃に負けず闘いぬいている労働者の姿を見るとワクワクするものです。

コンビニ関連ユニオンは、セブンもファミマもローソンも、本部社員もオーナーも店舗従業員も配送・工場も、みんな入れる労働組合です(ホットライン携帯 090-5572-9108)。
現場で大資本に立ち向かっていくのはとても大変なことだと思います。命を守るためにも一人ひとりが立ち上がって団結しようと呼びかけるコンビニ関連ユニオンを応援していきましょう!(S)


20201101-1
関西生コン支部、港合同、動労千葉の3組合などが呼びかける「11.1全国労働者総決起集会&改憲阻止!1万人大行進」が11月1日、東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。11月集会は今年で23回目ですが、コロナ禍をのりこえて2050人が参加しました。労働組合をよみがえらせよう、スガを倒そうと、力強い集会とデモになりました。(上の写真は各地の関西生コン支援運動)
20201101-2
20201101-3
二和病院労組の皆さんも登壇して発言。
20201101-4
20201101-5
20201101-6
三里塚反対同盟の市東孝雄さん
20201101-7
横田基地に反対して闘う福本道夫さん
20201101-8
百万人署名運動も登壇して発言しました。
20201101-9
20201101-10
20201101-11
20201101-12
20201101-13
20201101-14
写真を撮りきることが出来ませんでした。
動労千葉のHPに一定の記事が載っていますのでぜひご覧ください。
https://doro-chiba.org/page-17993/

闘う労働組合が呼びかける11.1労働者総決起集会への参加を呼びかけます。
11.1労働者集会ビラ

この集会は、現在、労組つぶし弾圧(労働組合活動を犯罪とするデタラメな大弾圧)と闘っている関西地区生コン支部と、JR資本の鉄道破壊・雇用解体攻撃と闘う動労千葉らが、国鉄分割民営化に反対し「闘う労働組合を甦らせよう!」と呼びかけ、毎年11月の第一週の日曜日に日比谷野音で開催している全国集会&デモです。
数年前から、改憲・戦争に反対する市民運動諸団体も集会を共催しています。

世界中で労働者市民が生きるために声を上げ行動しています。何より働く現場で労働者が立ち上がっています。日本でも、闘う労働組合をたくさんつくりましょう。
労働者と一緒に、市民も団結し、菅政権の「命よりカネ、人権無視」の改憲・戦争政治をひっくり返しましょう!

(2020年11.1集会ポスター)
11.1ポスター

(百万人署名運動で作ったビラです)
11.1ビラ表



11.1ビラ裏

★動労千葉が組合員に参加を呼びかけ(組合ニュースより)

日刊動労千葉.jpg.psd

(上記ニュースの全文)
危機こそチャンス! 組織拡大を ー今こそ、闘う労働組合を! 11.1労働者総決起集会へ

 組合員の総結集を

連帯ユニオン関西生コン支部・港合同・動労千葉が「闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう」と呼びかけて始まった11月集会が今年で23回目を迎えます。
コロナ禍から始まった2020年の大情勢に応える道は、まさに「闘う労働組合を再生させる」ことです。日本における新自由主義攻撃の始まりであった分割・民営化攻撃と闘った原点に立ち返り、組合員の総結集を訴えます。

菅政権打倒!

9月16日、7年8カ月にわたって雇用・社会保障制度、医療をはじめ社会の全領域を破壊し、安保戦争法を強行し、改憲に突き進んだ安倍政権は、コロナ危機の前になす術を失い、腐敗にまみれて退陣しました。
しかし、後を継いだ首相・菅義偉もごりごりの新自由主義者です。閣僚人事では20名中14名を日本会議で固め、安倍以上に強権的・独裁的な体制で危機を乗り切ろうとしています。新型コロナの蔓延と世界大恐慌という歴史的な危機に突き動かされて、「改憲に挑戦する」「敵基地攻撃能力の保有」「行政改革」を押し立て、「戦争のできる国」への道にのめりこんでいます。あらたな決意で、菅政権打倒!の旗をかかげよう!

 時代が動く

大倒産・大失業、より極端化された新自由主義攻撃が社会を呑み込もうとしています。しかし、コロナ危機は労働者が団結して歴史の全面に登場する条件を広範につくりだしました。全世界で労働者が燃え上がる炎のように立ち上がっています。
新自由主義の中で最底辺に突き落とされ、軽んじられ、侮辱されてきた世界中の労働者が本来いるべき場所を自覚し始めたのです。怒りの声は社会に満ちあふれ、時代が動こうとしています。日本でも必ず山が動く時がきます。まなじりを決して立ち上がろう。

 JR大激動

コロナ感染症の拡大は、JR民営化体制を崩壊させました。3島JRの経営は壊滅的な状態です。本州3社も巨額な赤字におちいっています。JR貨物も深刻です。
しかしJR東日本はそれを「千載一遇のチャンス」として、1500億円のコストカット、〝整理解雇〟を振りかざして、分割・民営化以来の大攻撃に踏み出しています。
「整理解雇一歩手前」と称する休業命令に関する就業規則改悪は、すべての労働者を恒常的に失業・解雇の恐怖のもとにおく究極の雇用解体攻撃です。東労組などは「雇用と職場を守るため全組合員とともに黒字経営を作り出す」と、解雇さえしなければ何でも呑むと震えあがっています。

 危機こそチャンス

強固に団結した労働組合の闘い以外にこの攻撃に立ち向かうことはできません。「団結さえ崩さなければ道は開ける」、自分たちは、国鉄分割・民営化との闘いでこのことを、身をもって体験しました。「危機こそチャンス」〝JR大激動〟この情勢の中で組織拡大を実現しよう。
11・1全国労働者集会―改憲・戦争阻止!1万人大行進の成功をかちとろう。労働運動の産業報国会化、総非正規職化・解雇自由・労組なき社会を許すな!闘う労働運組合の全国ネットワーク、国際連帯闘争のさらなる発展をかちとろう!


世界の労働組合から連帯のメッセージが届いています。(11.1集会実行委員会ニュースより)

11.1メッセージ


7月23日、江古田駅近くの「ギャラリー古藤」で行われたドキュメンタリー映画「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」上映会に参加しました。コロナ対策で会場の受付には消毒液があり、予約優先で定員が決められていました。2回の上映会の間に、杉浦弘子監督のトーク&質疑がありました。

映画は約1時間ですが、労働運動とは無縁だった杉浦弘子さんが、インタビュー申し入れで初めて会った関西生コン支部委員長の武建一さんがその3日後に不当逮捕されるという現実に直面して、関西生コン支部というのはどういう労働組合なんだろう、武建一委員長とはどういう人なんだろうとカメラを回しながらその真実に迫ろうとしたものです。
初めて見ましたが、とてもいい映画だと思いました。
2007232
杉浦監督は、トークの中で、「インターネットの中では関西生コンとか武委員長は<暴力団><怖い男>というイメージで描かれていた。武委員長を知るために、まず彼が生まれ育った徳之島に身を置いてみよう、そこの風にふかれてみようと思って徳之島に向かった」と言われました。映画監督とは程遠い私でしたが、「なるほどー」と物事を理解するやりかたはみんな同じなんだなと妙なところで共感してしまいました。

エンディング曲はPANTA(頭脳警察)さん、「棘」のロゴデザインやポスターは浅葉克己さん(アートディレクター)。労働組合活動が犯罪にされて、大資本や警察権力・裁判所によって延べ90名近くが不当逮捕され、委員長・副委員長が1年以上も勾留され続けているという中で、多くの人々の協力、支援の思いを集めてつくられた映画なんだなあと思いました。

5月29日、武建一委員長は641日ぶりに勾留から解かれ、保釈されました。その3日後、湯川副委員長も保釈。杉浦監督は、保釈後、武委員長から届いた手紙を紹介してくれました。その中の一節を紹介します。
「私たちの弾圧の後は、ファシズムであり、戦争への道です。負けるわけにはいきません。」
シンプルだけど、闘う労働組合を指導し抜いてきた武委員長の血肉化した信念に触れた思いでした。

間生支部への大弾圧をはね返す闘いはまだまだこれからです。いま、関西以外でも、東京、神奈川、静岡などで共に闘う会が発足しています。闘う労働組合を守り、連帯していきましょう。
「棘」上映会は、近いところでは下記のところで予定されています。お近くの方はぜひお出かけください。
■「棘」上映会in埼玉
とき◆8月1日(土)午後1時30分上映開始
ところ◆埼玉会館小ホール(JR浦和駅西口6分)
参加協力券1000円(当日1200円)
主催◆「棘」上映実行委員会(予約・問合せ 090-4727-6109杉浦、080-3738-0799新井)

また、「関西生コン支部」も呼びかけに加わっている「国鉄分割・民営化に反対し、1047名の解雇撤回闘争を支援する全国運動(略称:国鉄闘争全国運動)」の全国集会が7月26日(日)に江戸川区総合文化センターで予定されています。関西生コン支部からも報告の発言があります。
チラシを添付しますので、こちらも、ぜひご参加ください。(S)
7.26チラシ表
7.26チラシ2




↑このページのトップヘ