コロナ感染拡大の中で、沖縄防衛局は連日辺野古埋め立て工事を強行しています。現地では土砂が搬出される本部港塩川地区と安和の琉球セメント桟橋前、工事用資材が搬入される米軍キャンプ・シュワブ前の3か所で抗議活動が粘り強く闘われています。

これに連帯して、毎月第一月曜日の夕方に行われている防衛省への抗議行動が4月5日(月)にあり、参加してきました。約120名が駆けつけました。
210405防衛省1
沖縄現地からは、現地行動の先頭に立っている山城博治さんから、電話アピールがありました。山城さんは沖縄現地の動きを報告され、自衛隊の南西諸島配備強化の動きに「またぞろ、沖縄戦のドロ沼に引きずりこむのか!」と弾劾。健康に気をつけて力を合わせて闘いぬこうと訴えました。
210405防衛省4
参加団体からのアピールのあと、2団体から防衛省への申し入れを行いました。防衛省側は地方協力課の職員(女性)が対応しました。
210405防衛省2
申し入れ行動のあとも、アピールが続きました。
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの女性は、3月26日に国会提出された「重要土地規制法案」を弾劾。「沖縄には米軍施設が33,自衛隊施設が50,海上保安庁施設が8ある。それらの周辺が監視され、監視社会に入る。実質的な土地取り上げ、新たな戦争準備だ。廃案に!」と訴えました。
210405防衛省3
 主催者からは、玉城デニー知事が辺野古新基地の設計変更「不承認」の決定を行ったら、翌日午後6時30分~首相官邸前に集まって、菅首相に「直ちに決定に従え!」と要求していこう(「不承認」決定が金曜にの場合は翌週の月曜日)。そして、1週間ブルーを基調としたアクションを展開しようと呼びかけられました。
また、次回の防衛省前行動は、5月の第二週の10日(月)に行うことになりました。沖縄現地の闘いと結んで頑張っていきましょう!(S)