1月18日(月)、反動国会開会日に国会前に多くの人々が集まり、菅政権を弾劾しました。
菅はGO-TOトラベルの推進などで自らがコロナ感染拡大を引き起こしながら、その責任を庶民に押し付け、緊急事態宣言で労働者とその家族の命と生活を壊し続けています。その上、今度は今国会で「要請に従わなければ罰則」を法制化し、さらに強権支配をしこうとしている。とんでもない政権です。「不要不急」ではないもっとも重要な怒りの声を叩きつけなければなりません。

午前11時から約1時間、参議院議員会館前で「改憲・戦争阻止!大行進」実行委が主催した集会が行われ、60人ほどが参加しました。
0118国会2
呼びかけ団体の動労千葉からは青年労働者がマイクを持ち、職場でのコロナ下の合理化反対の取り組みを報告し、改憲・戦争阻止を断固闘うと元気に発言しました。
0118国会10
呼びかけ人の森川文人弁護士は、「政府が守ろうとしているのは庶民の生活ではない。大資本の味方だ。8万人の失業者を出しながら株価が上がる。こんなことはありえない!いまこそ、この世界を変えるとき!」と訴えました。
0118国会1
外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実の方からは、今国会に上程されようとしている入管法改正案を絶対に阻止しよう!と訴えられました。これは、2度以上の難民申請を認めず日本から追い出すものであり、これを拒否したら逮捕するというものです。さらに仮放免者にも「逃亡罪」を新設。支援者も弾圧しようとしています。人間を人間として扱わない世界最悪の日本の入管体制を変えることは日本の労働者の大きな課題です。今国会での入管法のさらなる改悪、悪法をつくらせないため闘いましょう。
0118国会5
さらに、アピールと国会へ向けてのシュプレヒコールが続きました。
0118国会9
0118国会3
最後に、学生から菅政権を弾劾し抜く元気なアピールがありました。そして、目の前にいる公安刑事たちを指さし、「全学連がこの公安刑事の暴行を刑事告訴した国家賠償請求訴訟の結審がこのあと東京地裁で行われる。権力犯罪を絶対許さないし、闘っていく」と、勝利感あふれる発言でした。
0118国会4
この後、衆議院第二議員会館前を中心に正午から開始された総がかり行動の集会に全体で合流しました。全体で450人でした。コロナ対策のため時間は短縮されましたが、野党の社民党、共産党、沖縄の風、立憲民主党からの発言があり、さらに、共謀罪NO!実行委から「デジタル庁をつくらせてはいけない」というアピール、法律家団体から改憲手続法改正の問題点の指摘などがありました。(S)
0118国会6
0118国会7
0118国会8