ベトナム戦争反対のデモが世界中で呼びかけられた「10.21国際反デー」。その10月21日に、反入管デモが行われました。呼びかけたのは「外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委員会」。35人ほどが参加し、最寄りの品川北ふ頭公園からデモで東京入管へ。大きな入管収容所を包囲するようにデモとコールで2周して、中の被収容者へ「共に闘うよー」と伝えました。
入管4
入管1
入管2
入管3
デモ隊がある一角にさしかかると、ウワーっという大勢の声が建物の中から聞こえてきます。7階くらいの高いところの窓に人々が手を振る姿が見えます。あとから聞いたのですが、そこは洗面所の高い窓とのこと。洗面台に上がって必死に窓から姿を見せていたのでした。
「がんばってー」と、デモ隊もみんな力いっぱいプラカードと手を振って応えました。
入管5

デモの後、出発点の公園で参加者が交流しました。
牛久入管収容所問題を考える会の田中喜美子さんは、「今日の午前中、牛久で5人に面会してきたが、中には4年も収容されている人もいた。収容所の非人間的な処遇に抗議して、いまも9人ほどがハンストをしている。摂食障害を起こしている人もいる」と深刻な収容所の現状を報告されました。また、この臨時国会にも出されようとしている「退去強制拒否罪」「仮放免逃亡罪」新設の入管法改悪に反対しよう訴えました。

入管6
この日の行動に、クルド人で難民申請中のデニズさんも参加され、「自分もそうだが、長期収容でメンタルが壊されていく。早く自由にしたい」と訴えました。

入管7
主催者からは、これからも東京入管デモを続けよう!呼びかけられました。また、菅政権を倒そう、11月1日の全国労働者集会(正午から、日比谷野音)に参加しよう!と呼びかけられました。(S)