千葉からのお便りです。
* * * * * * *
いま、「百万人署名運動・千葉」は「改憲・戦争阻止大行進/千葉」と共に“オスプレイ木更津基地暫定配備撤回”の街頭署名活動に取り組んでいます。7月に続けてオスプレイ2機が木更津基地に配備され、11月にも千葉県内全域だけでなく首都圏での飛行訓練が始まると言われています。

そうした緊迫した情勢の中、百万千葉として独自に4回目の公開学習会を10月4日(日)午後2時から千葉市のDC会館で開催しました。独自のビラ等を作って、街頭宣伝行動を積み重ねて当日を迎えました。当日は20人を超す参加がありました。

千葉1
今回の学習講演会のテーマを「南西諸島軍事基地とオスプレイ」とし、①「宮古島からのSOS」(森の映画社、60分)の上映、②久木野和也さん(百万・賛同人)のお話「コロナ下で変貌する自衛隊」の2本立てで、「イ―ジスアショア」導入を断念した後に「敵基地攻撃」論を突如として打ち出し、ミサイル防衛体制の変化の中での木更津基地へのオスプレイ配備の問題を学習しました。

千葉2
メディアがあまり報道しない中で急速に進む南西諸島のミサイル基地化、対中国戦略の変化の中で突然のように浮上した「敵基地攻撃」論、安保法制後に露骨になってきた自衛隊とアメリカ軍の一体的行動、特に、日本の軍事戦略が増々アメリカ軍と共同作戦、共同訓練、共同行動化しつつある現状について、講師からリアルな実態報告があり、慄然とさせられました。さらに行動を強化しなければと決意を新たにさせられました。
(南西諸島の軍事基地化)
千葉3
最後に、今後の行動として、①「オスプレイはいらない」の署名行動を中心に、「10日行動」(7月10日にオスプレイが木更津基地に強行配備。以降毎月10日に各地で抗議行動をしている)に一斉行動を、②オスプレイ飛行訓練反対の集会に参加しよう、③それらの行動を通じて11・1労働者集会の成功をかちとろう、との提起を全体の拍手で確認しました。
横田・木更津の東西でオスプレイはいらない、飛行訓練反対の闘争強化を訴えて報告にします。(百万人署名運動・千葉 S)