連日国会前で多くの労働者市民が大きな反対の声を上げて取り巻く中、2015年9月19日深夜、安倍政権は「戦争法」を強行採決しました。戦後一貫して「できない」とされてきた「集団的自衛権の行使」を「できる」とするための悪法を作ってしまったのです(新法1改正法10からなる)。

以降、毎月19日に国会前でこの戦争法の廃止を求め抗議集会が開かれています(総がかり行動などの主催)。5年目の9月19日、午後3時から国会正門前で「戦争法は廃止!いのちをまもれ!改憲発議とめよう!」集会が行われました。

CIMG5088
3500人が参加し、発言者からは5年間の共闘の力が安倍の改憲をとめ、辞任に追いやったことが語られ、安倍政治を引き継ぐ菅新政権との新たな闘いの一歩を踏み出そうと確認しました。

国会前5
国会前4
野党国会議員からは、社民党の福島みずほ党首、立憲民主党の辻元清美副代表、共産党の志位和夫委員長が発言。自民党政権を倒そう!と呼びかけられました。
国会前3
連帯の挨拶で、「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委の木村さんは、沖縄の現状を報告し、防衛省が沖縄県に出した辺野古「設計変更承認申請」の不承認を求める意見書を沖縄県知事あてに出してほしいと訴えました(9月28日消印まで有効、メール・ファックスも可)。
国会前2
安保関連法に反対するママの会の町田さん(保育士)は「コロナ下で黙っていなかった。ストライキをやった人たちもいる、処遇改善をやった人たちもいる。保育園職員たちの逆襲が始まった。ここに希望がある!」と言われ、身近なところから声を上げ変えていこうと訴えました。(S)