千葉県成田市三里塚から、ここ数年7月に行われている「樫の木祭り」の報告が届きました。国・千葉県が強制収用しようとしている滑走路すぐわきの市東孝雄さんの農地に集まり、怒りも新たにデモ行進。そして、市東さん宅の中庭で反対同盟と支援者たちとの交流会が行われました。
*******

梅雨の晴れ間となった7月12日、三里塚で第3回樫の木祭りを開きました。コロナ情勢で集会も裁判もしばらくできなかったので、大勢の仲間を迎えるのは久々です。デモ出発の南台の畑に集まった人々は、飛行機の轟音もゴムタイヤの焼ける匂いもない畑で深呼吸。ナス、ピーマン、ネギなどが育つ夏の畑で、市東さんの日常を共有しました。

計らずも、コロナによる航空需要の激減で取り戻した静かな空ですが、日本国内とアメリカなど世界各地で感染が増え続ける状況で、観光の回復はありえません。まして世界中の人が集まるオリンピックの強硬など、火に油を注ぐようなものです。
三里塚2
猛暑の中、参加者は「今こそ空港の息の根を止めよう」とデモ行進し、100年の樫の木が枝を広げる庭で交流しました。第3滑走路反対住民はじめ、三里塚を支えてきてくれた労働者・市民140名が、市東さんの農地を守ろうと気持ちを新たにしました。
 
コロナ下で自慢の野菜料理は提供できませんでしたが、地元産のスイカと冷えた麦茶でのどを潤してもらいました。ミニライブと、カレー野菜セットや三里塚Tシャツなどの抽選回も企画して、大いに盛り上がりました。
7.12三里塚3
延期されていた裁判が9月から集中的に入ってきます。9月27日(日)には秋の全国集会を予定しています。ため込んでいた怒りを解き放ち、9月に爆発させましょう。皆さんの結集をお願いします。(三里塚現闘 K)