沖縄からの報告です。
* * * * * * *   
2月1日(土)に本年初めての辺野古・土曜日大行動に参加しました。米軍キャンプ・シュワブゲート前で毎月第一土曜日に行われている県民大行動で、主催者発表で800人が参加して抗議の声を上げました。朝夕の寒さとは裏腹に集会の始まる頃には20度近い気温となり、絶好の闘争日和となりました。
3-辺野古1
2-20200201辺野古
この日は、ジュゴン保護キャンペーンセンターの吉川秀樹さんの講話がメインとなり、学習を深めることになりました。①米国の国防権限法(国防予算の大枠を定めたもの)について ②辺野古の海にサンゴなどの希少種が5000種が生植していること ③ジュゴン裁判が2003年から17年間米国で続いていること、などが話されました。また、多くの弁士が辺野古新基地が欠陥だらけで、ほとんど完成のメドが立たないと言い切りました。
4-辺野古3
丁度、この日の地元新聞で辺野古の埋立地が「不同沈下」すると報道されていました。「不同沈下」とは沈下が同一でないということであり、そのことにより埋立地にデコボコが生じて使い物にならないということです。
1-200201琉球新報
報道では、国内の米軍基地にも適用されている米軍の統一施設基準では、滑走路の端から300㍍未満で勾配に変化が生じない設計が求められているとのこと。しかし辺野古の工事では、計画される2本の滑走路の両方で施設の使用開始後も地盤がふぞろいに沈む「不同沈下」が見込まれ、使用開始後20年間の最大沈下量は北側滑走路で約8㌢、南側滑走路で約12㌢と予測されるそうです(吉川さんによると4㍍)。埋立地はどこでも沈下することが明らかになっており、関西空港はこれまでに10~11㍍沈下し、ジャッキアップで維持されているとのこと(吉川さん)。

さらに、警備費用も問題になっています。これも報道によると、今後の総工費9300億円の内、18%の1700億円を警備費として見積もっています。2015~17年に契約済みの警備費は166億円で年間55億円程度の規模。今後、防衛省が予定する沖縄県への変更申請が認められた場合、そこから起算して埋立などにかかる工期として9年3ヶ月が見込まれているので、1700億円は約30年分に当たることになります。今後、警備体制を数倍に強化することも考えられますが、それでも30年分の警備費を見積もるところに辺野古新基地建設の破綻を見る思いがします。

現在、辺野古新基地建設工事に対する闘争は、辺野古キャンプ・シュワブのゲート前がメインとなっていますが、それ以外に砂利を積み出す名護市安和(あわ)・琉球セメント桟橋前と本部港塩川地区でも連日闘いが続けられています。これらの地区での闘いにも参加したいと思っています。(百万人署名・沖縄の会 M)