国会開会街宣tokushima
徳島で
国会開会日の10月4日夕方、百万人署名の全国統一ビラに力を得て、街頭行動を行いました。
安倍総理が「なんとしても改憲をする」と言えば言うほど、なんとしても安倍打倒をしたくなる・・・そんな街の空気が見えました。

この日は徳島で開かれていた、日弁連の人権大会の最終日です。人権を守る意欲に燃えた弁護士さんが、全国から1500人集まられたそうです。

2日間のみっちり熱い議論をおえて、駅に向かわれる最中での街頭宣伝になりました。同時期に開催された星野絵画展にも、多数ご来場いただきました。

おりしも、香港では、デモ隊の高校生に警官が至近距離から発砲する事件も起きています。48年前、渋谷暴動で星野さん、奥深山さん、大坂さんらが立ち上がった状況の、再来を見るようです

ビラまき中の70代のなかまには、帰宅する中学生が「みなさんのこと、もっと知りたいんですけど。」と話しかけてきました。さっそく世代を超えた対話の輪ができました。百万人署名運動のよびかける「とめよう戦争への道」の呼びかけが、力を発揮する時代になっているのを実感しました。(徳島・S)



新潟で
改憲・戦争とめよう!にいがた大行進は、各地区での学習会を重ね、その蓄積をもとに臨時国会開催日の10月4日、一斉行動にたちました。台風18号が温帯低気圧に変わったとはいえ、この日全国で一番の強風吹き荒れる最中、新潟駅南口広場に15人の方が駆け付けました。この日のために年休を取り、各駅頭での早朝街宣に参加した人、仕事を終え、渋滞を縫いながら遅れて参加した人、電車が止まり大混雑の駅構内をかいくぐり到着した方、等々。IMG_0570 (2)
百万人署名の統一チラシを撒き、この日行われた安倍首相の施政方針演説を批判、弾劾しました。

さらに用意したシール投票ボードには、電車が止まって迎えを待つ学生や青年が次々と応じ、対話が続きました。シール投票は「自衛隊明記」の賛否を問うものと、改憲を決めることのできるのは誰?という設問の2種類でした。そして見えてきたものは、「自衛隊明記」や改憲の手続き自体が知られていないのが現状でした。
IMG_0567 (2)
改憲の野望を隠すことなく表明した安倍の施政方針演説に対して、その出ばなをくじく、鮮烈な改憲阻止運動をつくりだしましょう!(新潟・S)