9月4日に、沖縄県北部(国頭村安田)の米軍北部訓練場の跡地で、米海兵隊UH1Yヘリとみられる機体の離着陸が目撃されました。ここは2016年12月に米軍から返還された場所で、現在は国立公園の一部となっているところです。
(9月5日付琉球新報より)
2-190905琉球新報
北部訓練場の約半分が日本に返還されることに伴い、東村高江区を取り囲むように6つの新たなヘリコプター発着場(ヘリパット)が建設されました。このヘリパット建設に反対して住民たちの粘り強い座り込み抗議闘争が闘われ、今も続いています。
住民たちは「基地返還の意味があるのか」「恐れていたことが起きた」と怒っています。

新たなヘリパットが建設されて以降、安田上空では米軍機の訓練が激化し、集落上空の低空飛行が繰り返されていました。
2017年10月11日には、東村高江の集落に近い民間牧草地で、米軍ヘリCH53Eが飛行中に出火し墜落炎上しました。事故現場では放射能汚染の可能性も指摘されていました。しかし6日後にやっと沖縄県や沖縄防衛局が事故現場に立ち入ることができ、土壌を採取して調査しようとしたとき米軍はこれを認めず、自分たちだけで事故機周辺からの土壌を持ち去ってしまったのです。
最近、その高江の土壌が県外で処分されていたことがわかりました。
(8月14日付琉球新報より)
1-190814琉球
8月27日には沖縄本島東海岸から8キロの海上で、同じくCH53Eヘリからプラスチック製の窓が海上に落下していたことがわかりました。2017年に普天間第二小学校の校庭に落下したものと同じです。
(8月30日付琉球新報より)
1-190830琉球
CH53Eは米海兵隊が世界各地で軍隊や軍備品輸送ののために使用しているものですがイラクやアフガニスタンなどの戦闘地域での任務ですでにボロボロ、機体の老朽化が指摘されているものです。こんな危険な軍事ヘリが沖縄の空を戦争訓練のために飛びまわっているなど、背筋がぞっとします。
オスプレイもしかり。

沖縄の基地被害の現実、危険な事故と隣り合わせの現実、ここに日米安保の実態があり、この現実をひっくり返していかなければなりません。そのためにも、改憲・戦争反対の闘いを全国から巻き起こしましょう。(S)