全国通信7月号ができました!(A4で8頁)
賛同人の皆さまにはすでにお手元に届いているかと思いますが、まだご覧になっていない方のために少し紹介します。
1-全国通信1
自民党・安倍首相は7月の参議院選挙で「改憲議論をするのか、しないのかを問う」と言っています。今年の通常国会で衆・参とも憲法審査会を「ピクリ」くらいしか動かせなかったことに、いかに打撃を受けているかを示しています。秋の臨時国会で絶対に前へ進めなければと必死なのでしょう。

でも、9条改憲(「自衛隊」明記、「自衛の措置」明記)は、安保法制で集団的自衛権の行使が認められた現状では、「日本が戦争をする」ことに直結します。
問題は、「日本が戦争をしていいのか、悪いのか」と立てられるべきだと思います。

公明党・山口代表は、「改憲の議論をして国民の認識を深める」などと言って安倍に追随し、辺野古基地建設についても「政府が決めたことを支持する」とはっきり言って、いまの辺野古の海への土砂投入を推進しています。本当に許せません。

改憲阻止、辺野古阻止、そして、消費税廃止!
これらを強行する自民党・公明党(+維新)を今度の選挙で一人残らず叩き落したいものです。参院選の過程で若い人にも呼びかけ、大いに議論していきましょう。

今号4-5面特集は、マイナンバーカード問題です。
2015年10月に「マイナンバー制度」の運用が始まったとき、この問題に詳しい白石孝さん(共通番号いらないネット代表)にお話を伺い、「全国通信」216号(2015年11月号)に掲載しました。その際、オリンピックをめざした政府の「マイナンバー制度活用推進ロードマップ」も載せたのですが、それがいま、どのようになっているのか、再び白石さんにお話をお聞きしました。
3-全国通信3
「マイナンバーカードの交付枚数は1656万枚で、人口に対する交付率は全国平均13%」(4.1現在)、「国の計画では3月末段階で8700万枚の予定だった」そうです。白石さんは、破たん状態と言えるが、政府はマイナンバーカードと連動した「顔認証」を一番狙っており、オリンピックに向けて進めようとしている。国家による監視・治安管理優先の社会は戦争のできる国づくりと一体と指摘されました。
「マイナンバーカード」はつくらない、持たない」ということが重要です。

また、今号では、「星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議」からの投稿をいただきました(2面)。
2-全国通信2
沖縄基地撤去を求めて、沖縄現地の闘いに連帯して立ち上がった星野文昭さん。沖縄に米軍基地を押しつける日本政府の報復的な弾圧を受けながら、獄中で44年、信念を貫いて不屈に闘い抜かれました。
その星野さんが、こんなかたちで殺されてしまうなんて、あってはならないことです。
悲しく、残念、無念です。

7月5日に「獄死攻撃弾劾!」の法務省包囲デモ、7月26日に「星野文昭さん追悼」の全国集会が呼びかけられています。ぜひ、ご参加を!(S)

星野文昭さんへの獄死攻撃弾劾!7.5法務省包囲デモ
とき◆7月5日(金)正午、日比谷公園霞門集合(弁護士会館前)、午後0時30分デモ出発
主催◆星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議(tel.03-3591-8224)

星野文昭さん追悼、獄死・国家犯罪を許すな7.26全国集会
とき◆7月26日(金)午後6時開会
ところ◆杉並公会堂大ホール(杉並区上荻1-23-15)
内容◆ビデオ上映、家族からの訴え、弁護団の報告
   発言/角田義一さん(元参議院副議長、弁護士)、ほらぐちとも子さん(杉並区議会議員)ほか
   音楽/丸尾めぐみさん、福山竜一さん
主催◆星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議(tel.03-3591-8224)

『百万人署名運動全国通信』の定期購読をお願いします。
7月号をご希望の方には、宣伝紙としてお送りしますので、郵送先をお知らせください。
メールは、ブログ右下の「メッセージ」で、ファックスは03-5211-5415へ。