12月24日、午前11時から約2時間、JR赤羽駅東口で今月2回目の街頭署名に立ちました。月曜だけど祭日で、しかもクリスマスイブということもあり、駅前は若い人も多く賑わっていました。
前回の街宣のときは寒くて震えたので、重装備してきたのですが、この日は風は強かったけど陽射しが暖かく、街宣日和でした。
赤羽1
延べ5人の参加で、いつものように「9条を変えるな!」の横断幕と「憲法9条に『自衛隊明記NO!」のノボリ旗を立て、マイクで道行く人々に交代でアピール。それぞれ改憲と戦争に進む安倍政権の悪状を弾劾しぬき、力を合わせて9条改憲をとめようと訴えました。
赤羽2
百万人署名運動がつくった『「自衛隊」「緊急事態」明記の自民改憲案を斬る!というリーフをまきながら署名への協力を呼びかけました。リーフの受け取りは良かったのですが、署名はいつもより少なかったのが残念でした。
反応としては、「緊急事態条項はヒトラーが使ったのと同じで問題ですよね」とよく知っている人もいましたが、「(改憲への賛否は)半分、半分なんですよ」と言ってよくわからないという人もいました。なかなかゆっくり話せないのですが、リーフなど読んでもらえるといいなあと思います。

今年1年、いくつかの駅を回りながら月2回の街頭署名活動を続けてきました。反応は毎回いろいろで一喜一憂しますが、「継続こそ力」だと思います。2019年こそ明文改憲阻止の正念場、9条改憲反対!の声を強めるために来年も頑張っていきます。(東京北部連絡会 N)