山梨からのお便りです。
* * * * * * *
11月17,18日の2日間、真木アート・クラフト市(大月市)で「憲法に『自衛隊』明記反対」の署名活動に取り組みました。クラフト市には賛同人の方々も出店しており、メイン会場の「ギャラリー民」には普段から署名コーナーやふくしま共同診療所支援コーナーが設けられています。郡内地区連絡会では毎年、このクラフト市にテントを出し、署名活動と福島の子どもたちの保養への協力・カンパを呼びかけています。
2-DSCN4566
今年は「憲法9条に『自衛隊』明記NO!」の新しいノボリと前垂れ、カラーリーフを再構成したビラを用意し、署名への協力を訴えました。2日間で87筆の署名と1万円を超える保養カンパが寄せられました。

ビラを配りながら「お店を見た後でぜひ寄って下さい」と声をかけましたが、9条改憲への危機感は強く、すぐに署名に応じる人、ビラを握りしめて署名しに来る人、「安倍さんは早くやめてほしい」と話す人など、積極的な人が目立ちました。
1-DSCN4519
9条改憲の内容について認識が無かった高校生や大学生も、説明を聞いて署名。とくに「緊急事態」条項で基本的人権が停止されることに驚いていました。

「戦争反対」の思いは本当に強い。「自衛戦争」のペテンや「緊急事態」条項の危険性をもっと具体的に語っていくことが必要だと感じました。(郡内地区連絡会 T)