10月8日の午後、御茶ノ水駅前で、新署名で署名活動を行いました。
署名机やノボリ旗などの準備が終わる前に、一人の若者が近づいてきました。19歳の予備校生で、某国立大学志望とのこと。「自民党の改憲案を読んで、こんなことを決めたら、他の内閣になっても大変なことになると思う」と言って署名をしてくれました。
街頭で、若い人はなかなかビラも受け取ってくれませんが、ポツンポツンとこうした若者がいることに勇気づけられます。

また、たまたま署名をしてくれた方が西川重則事務局長と同じ会派のクリスチャンで、リーフなどに載っている西川さんの写真を見て喜んでおられました。
1-DSC06099
この日の街宣では、署名を呼びかけながら「自民改憲案を斬る!」リーフを使って内容を説明しました。特に「緊急事態新設」問題はよくわからない人が多かったです。

今回の自民党の改憲案は、2012年の自民党「日本国憲法改正草案」のように新たに独立した緊急事態の条文をつくるのではなく、憲法第73条という(内閣の職務)の中に追加として「大地震その他の異常かつ大規模な災害により、国会による法律の制定を待ついとまがないと認める特別の事情があるときには、内閣は、法律で定めるところにより、国民の生命、身体及び財産を保持するため、政令を制定することができる。」と入れるというものです。

しかし、なにか大規模な自然災害への対応のように押し出しながら、内閣だけで勝手に法律と同じ効力を持つ「政令」をつくることができると決めてしまうおうという、許しがたいやり方です。こんなことを認めてしまったら、時の内閣の一存で、人権侵害の法律や独裁体制が簡単につくられてしまいます。

「9条に自衛隊明記」問題については、『百万人署名運動全国通信』10月号の元自衛官の井筒さんのお話を紹介したりして問題点を説明しました。
2-DSC06101
街頭署名活動では、圧倒的多くの人々は他人事のように見向きもせず通り過ぎていきます。いいビラなのでぜひ読んで欲しいなあと思いますが、ビラを受け取ってくれる人はとても少なく、逆に、改憲賛成の人の罵声を浴びたりもします。

途中でため息をついてしまいましたが、でもこれが、職場や学園の現実。闘う労働組合や自治会がなければ、人々の日常の中で積極的に改憲問題が話題とされることはないんだなと思い返し、ビラを受け取ってくれなくても「9条改憲に反対しましょう!」と声をかけ続けました。

でも、こんな状態で、改憲案が国会発議され、金に糸目がない改憲派が電通などを使ってマスメディアに大量に「改憲、イエス!」宣伝を繰り広げたら…と思うと、恐ろしいことです。
ますます、いま、改憲・戦争絶対反対派が目に見える形で、街で、職場で、学園で、声を出し、行動していく時だと思います。

私たちはこの日、署名机の周りに「改憲とめる!1万人大行進 11.4日比谷集会&デモ」の青と黄色の賑やかなポスターを貼り、集会への参加も呼びかけました。この集会は、アメリカや韓国からも戦争に反対して闘っている労働者たちが参加する国際連帯の行動です。
署名活動の中で、集会に参加してみたいという人にも出会えチケットも買ってもらえました。やはり、目に見える形で一歩出ると、うれしい出会いもあります。がんばりましょう!(S)