最新号(4月号)の『百万人署名運動全国通信』を紹介します。
今号は4-5面企画で、無実の政治囚・星野文昭さんの問題を取り上げました。

星野さんは、1971年11月14日、沖縄の米軍基地を固定化するペテン的な沖縄返還協定の批准を阻止するため、東京・渋谷で行われたデモにリーダーの一人として参加しました。そこで機動隊1名が重傷を負い翌日死亡した件で、警察は星野さんを殺人の「実行犯」にデッチあげたのです。

星野さんは無期刑確定後、徳島刑務所で「再審・無罪」をめざして闘いながら、昨年7月で30年が経ちました。

「30年経ったら仮釈放の審理を行う」という法務省通達があり、星野さんを暴力的に閉じ込めてきた国側が動かざるを得ない局面を迎えています。

この問題について、星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議・共同代表の戸村裕実さんにお話を伺いました。
2-245号4面
1-245号5面
3月末に星野文昭さんをモデルにした「ブラインド・タッチ」(作・演出:坂手洋二)という演劇が東京・世田谷で上演され、好評でした。また、星野さんを支援する人々が全国各地で、星野文昭さんが獄中で描いた絵の絵画展を開き、星野さんの解放を求めて運動をしています。星野さんの絵にはお連れ合いの暁子さんの詩が添えられています。機会がありましたら、ぜひお出かけください。
直近では、明日から練馬で開かれます。

■無実の政治囚 星野文昭絵画展
とき◆4月13日(金)~15日(日)午前10時~午後7時(13日は正午~、9日は午後5時30分まで)
ところ◆ギャラリー古藤(練馬区栄町9-10武蔵大学前)
4/13午後4時30分~解説:永田浩三さん(武蔵大学教授)「星野さんが見た『光』問題」あり。
入場無料
主催◆東京北部・絵画展実行委員会(tel.080-1003-0058)

【星野文昭さんをとり戻すためにご協力ください

■四国地方更生保護委員会に提出する「要望書」署名にご協力ください。
この署名には、憲法学者や刑事法学者、布川事件の桜井昌司さん、足利事件の菅家利和さんら多くの方々が協力されています。
要望書等は下記からダウンロードできます。
●要望書
http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/000-hyosi/yobosyo.pdf
●説明書
http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/000-hyosi/yobosyo-02.pdf

●「要望書」用紙は百万人署名運動事務局でも受け付けています。ファックス(03-5211-5415)で送ってくださるのでもよいです。

■意見広告にご賛同を!

5月20日に、四国新聞と朝日新聞大阪本社版に星野文昭さん解放の意見広告を掲載する予定です。掲載費用は「意見広告」への賛同金でまかないます。ぜひ、ご協力ください。
賛同金振込先
  郵便振替口座 00110-5-155521
  ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)店 普通口座 3199947
  加入者名  星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議

さらに、詳しくは下記をご参照ください。
●星野文昭さんをとり戻そう!全国再審連絡会議
http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/