3月16日の夜、小雨の中、国会前・官邸前をめざして人々が続々と集まってきた。この日は金曜日で18時半からいつも通り反原発官邸前デモが開始されたが、いつもの何倍もの人々が官邸前へ押し寄せた。
2-03-DSC04671
3-04-DSC04674
4-05-DSC04679
数10台のブルーの装甲車が国会と首相官邸の周りにずらりと並び、この日はものすごい数の機動隊が動員されていた。そして、抗議行動への参加者を一方的に棒で囲い込み、その前に威圧的に立ち並んでそこからの出入りを妨害した。「歩道を歩行者が通れるように」などと言いながら、官邸に向かって歩くことは禁止され、制止された。歩道と車道の間にも鉄格子が張り巡らされた。
1-02-DSC04669
3-09-DSC04686
この夜、不当にも2名の男性が逮捕されたそうだが、それはこうした異常・過剰な警備に原因があることは明らか。自らが違法・不当なことをしておいて、それに従わない者は逮捕してしまうという、とんでもない警察権力の実態だ。
韓国のように、100万規模の労働者民衆の根底的で幅広い決起が実現されれば、こんな権力の壁は実力で打ち破ることができるのに…と思った。

19時半からは、森友疑獄弾劾・安倍退陣を求める官邸前デモが始まった。国会前で抗議行動をしていた人たちがこれに合流しようとすることを阻止するため、官邸前の横断歩道は通行止めにされた。
1-07-DSC04682
雨が強まる中、人々がさらに続々と集まってきた。若い人々が多かった。列は伸びていき、反対側の歩道にも人々が並んだ。参加者は15000人とのこと。
4-10-DSC04697
福島県浪江町の希望の牧場の吉沢正巳さんが牛のオブジェを引いて参加者にマイクで声をかけながら車で回っていた。
国会議事堂前の地下鉄の出口では、太鼓の代わりにお縄にした安倍・麻生・昭恵を叩いているおじさんも。

2-08-DSC04684
安倍・麻生を逃がさず、徹底弾劾して絶対に引きずり降ろそう!(S)