2月9日(金)の昼休み時間帯(正午~13時)に、文京区役所前で街頭宣伝を行いました。文京区も主催者となった1月22日(木)の「ミサイル避難訓練」から2週間は過ぎましたが、ミサイル避難訓練に危機感を持った人、参加した人などと出会えればいいなあと思いながら、新しく作ったばかりのリーフを配り、マイクでアピールしながら「戦争するな!9条変えるな!署名」を呼びかけました。
5-10-CIMG0198
風が強く、横断幕を体に縛り付けての訴えです。この横断幕を目にして、リーフを受け取ったり、署名をしてくれる人が多かったように思います。
2-05-CIMG0171
1-03-CIMG0166
若い人(中学生でしたが)が熱心に話を聞いてくれ、リーフを読んでみると言ってくれました。
うれしい限りです!
4-09-CIMG0189
自らも街頭でアピール活動をしているという人は、「ここでもっと頻繁にやってほしい。あっちでもこっちでも戦争反対、改憲反対の街宣をやっているというようになるといいね」と言っていました。
本当にそうだなと思いました。
1-11-CIMG0199

1時間余の街宣のあと、目の前の建物の中にある文京区職員の労働組合を訪ねました。1.22「ミサイル避難訓練」当日の様子を少しお聞きしたかったのと、ぜひ組合として反対の決議を上げてほしいと思ったからです。

対応してくれた執行委員の方は、とても丁寧に私たちの質問に答えてくれました。ただ、「区の方針に協力できませんと言うことは組合としてできないのではないか」という返答でした。

でも、今回のことをきっかけに組合の中で議論はしていきたい、本当に安全を守るためだったら、こういうのではなくて戦争をしないような国にしていこうと下から積み上げていきたいと語っていました。

組合事務室には日本国憲法「前文」を大きな額縁に入れて掲げられてありました。執行委員の方は、「われわれは役所に入るときに、憲法を守りますと宣誓するのです」と言っていました。なるほどー、その原点を常に自覚するために掲げているんだと思ったら、それはそれで感慨深かったです。(S)