沖縄からの報告です。
* * * * * * *
オスプレイ墜落から1年、そして保育園や小学校に米軍ヘリコプターの部品が落下することに対し、12月15日怒りの抗議集会が名護市(21世紀の森公園屋内運動場)で開催された。
主催は「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」で、約3000人が参加した。
オスプレイ墜落会ら1年抗議集会
集会中に、印刷されたばかりの地元紙が配られた。
集会中に発行された地元紙の号外
昨年12月13日に名護市安部(あぶ)に墜落した米軍普天間飛行場所属の輸送機オスプレイはその後も事故をくり返している危険な欠陥機だ。
また、10月11日には、東村高江で民家から200mという近距離に米軍大型ヘリCH53が墜落し炎上するという大事故が起きている。
11月19日には、酒気を帯びた海兵隊兵士が運転する軍のトラックに軽トラックが追突され、運転していた男性が死亡。
12月13日には、普天間第二小学校の校庭で授業中の小学生たちのすぐそばに、大型ヘリCH53の窓が落下し、あわや大惨事という事態が起きた。

沖縄は毎日が戦場だ。


(百万人署名運動沖縄の会 K )