岡山からのお便りです。
* * * * * * *
12月14日(木)午後、岡山県連絡会のメンバー4人で、岡山駅前で街頭宣伝を取り組みました。今年最後の街頭宣伝で、昼間でも冷え込みましたが、寒さを吹き飛ばして約1時間やりました。

県連絡会代表の野田先生(岡山大学名誉教授)と動労西日本の山田書記長がマイクを握り、改憲・戦争絶対反対を訴えました。そして、憲法9条を変えるな!アメリカの北朝鮮攻撃反対!と訴えるビラを配り、「戦争するな!9条変えるな!全国署名」を集めました。
1-171214岡山
路面電車から降りてきたイベント帰りの人たちの多くがビラを受け取っていきました。
そして、野田先生の訴えを近くのコンビニ前で聞いていた、元気な20代の男性グループが署名をしてくれました。
それ以外にも、北朝鮮情勢のことで討論になる場面が何度かありました。

沖縄県で米軍ヘリの部品が落下する許しがたい事故が相次いでいますが、岡山県も戦争と無縁ではありません。
県北部にある陸上自衛隊日本原演習場で米軍が単独訓練することを、地元自治体幹部が容認しようとしているのです。絶対に許すことはできません。

今月に入り、中四国各地で米軍機の低空飛行訓練も増加しています。新聞でも「北朝鮮情勢が関連か」と報じています。
戦争情勢の今こそ、戦争絶対反対の闘いをもっともっと大きくしていきましょう。(岡山県連絡会 Y)