今年最後の防衛省前抗議行動が、12月4日(月)午後6時30分から防衛省正門前で行われました(主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会)。
小雨の中、約100名余の人々が駆けつけ、「辺野古工事を中止せよ!」と安倍首相と小野寺防衛大臣に申し入れました。
1-DSC04347
宮古島から電話でのアピールがありました。宮古島市では陸上自衛隊配備計画が発表され、11月20日から駐屯地建設に向けての工事が開始されています。前日の3日に防衛省による住民説明会があったという報告でした。50人ほどの参加者から懸念や工事の中止を求める声が相次いだそうです。
3-DSC04360
辺野古現地では毎日200台を超える車両で砕石が運び込まれ、辺野古の海を壊す護岸建設が進められています。海と陸でねばり強い抗議行動が続けられています。

この日(4日)から開始された米韓軍事演習には、大半の米空軍が沖縄の嘉手納基地など在日米軍基地から発信しているとのこと。朝鮮半島有事を想定した大規模戦争訓練の只中にいるんだとゾッとし、もっともっと大きな反戦闘争がこの東京で闘われなくては!という思いを強くします。沖縄の必死の闘いに連帯して、がんばりましょう!(S)
2-DSC04350