『百万人署名運動全国通信』8月号(237号)ができあがり、全国に発送しました。すでに、お手元に届いている方もおられると思います。

購読されていない方へ、内容のお知らせです。
まず1面は、「改憲阻止の8.15に集まろう」ということで、西川重則さんからの訴えです。

1-337号1

敗戦記念日の8月15日、西川さんは毎年、午前中は平和遺族会全国連絡会主催の8.15集会の基調報告に立ち、それから日本会議がかっ歩する靖国神社境内へ。その後、8.15実行委員会主催の8.15集会(写真下)に参加されています。
1-170815チラシ
今年90歳となる西川さんにとっては、暑い中で大変なことだと思いますが、ご本人は、それをも上回る安倍政権への危機感、改憲、戦争を絶対に許さない!という強い思いで溢れていて、脱帽です。
皆さん、ぜひご参加ください。

尚、午前中の平和遺族会の集会は下記のとおりです。

■「安倍改憲」を問う!8.15集会~再び遺族をつくらせないために
とき🔶8月15日(火)午前10時開会
ところ🔶日本教育会館7階(地下鉄「神保町」A1出口5分)
基調報告🔶西川重則さん(平和遺族会全国連絡会代表)
講演🔶小西洋之さん(参議院議員、☆立憲フォーラムメンバー)
「憲法9条を破壊する安倍改憲を阻止する方策」
参加費:500円

全国通信に戻って、
2面は、「被爆72周年8.9長崎闘争へ」ということで、長崎現地での集会・デモを呼びかけているNAZENナガサキ事務局長の橋里さんからのアピールと、青森からの7.16大間原発反対現地集会の報告です。
3面は、辺野古現地からのレポートと、東京北部連絡会総会の報告を掲載しました。

そして、今号4-5面特集は「職場から改憲阻止の闘争を!」というテーマで、動労千葉の田中委員長にお話を伺いました。改憲阻止闘争へ向けて、とても示唆に富んだ内容でした。
2-337号3-4
6面は、「闘いに学ぼう」ということで、6月30日に韓国で闘われた「社会的ゼネスト」について肉薄。
7面は、各地からのお便り。
8面は、8月のインフォメーションです。

毎号「全国通信」作成にあたっては、労働運動、市民運動の力になるようにと、4-5面特集に力を入れています。
みなさん、ぜひ、定期購読をお願いします!!!

全国通信は、A4版8ページで、1部100円です。
購読料は、カンパも含めて年間3000円の賛同金としてお願いしています。
百万人署名運動は、この賛同金で運営していますので、ご協力をよろしくお願いします。

【賛同金の振込先】
 郵便振込口座(口座番号) 00150-1-410561
        (加入者名) 百万人署名運動 
   *通信欄に「通信購読料として」とお書きください。