6年目の3.11福島。「奪われてたまるか! 避難・いのち・子どもの未来」。郡山市で反原発大行動が行われ、1000人を超える人々が参加した。
20170311-5-800x600
丸尾めぐみさんと福山竜一さんも参加、ソリダリティなどをうたいあげた。
20170311-1-800x600
 実行委員長の橋本さんは、「フクシマはアンダーコントロールと大嘘をついた安倍のお先棒を担いでいるのがJR、私が毎日出勤している会社です。その会社が福島第一原発の横を走る常磐線の全線開通をする、浪江の駅は外注化すると言っている。本当に許せない。徹底的に闘う」と表明されました。

動労千葉の代表は、「3・11という日も重要だが、私たちは365日福島とつながって闘い続ける」。

動労水戸の委員長は、「福島だけ年間20ミリシーベルト基準だなんておかしい。その中で、JRが10月に富岡駅まで開通させると言っている。闘いはこれからが重要だ」。

動労総連合の労働者がずらりと並んだ。
20170311-2-800x600
自治体労働者から。

京都府職舞鶴支部の委員長は、「福島で自治体労働者の自殺が相次いでいるという。いったいどうなっているんだ。私たちは舞鶴大行動に立ち上がった。福島切り捨てを許さないと訴えた。避難計画のデタラメさを暴き、怒りを組織して再稼働阻止をかちとりたい」。

江戸川区職の執行委員は、「東京と福島の公務員労働者が連帯して、帰還強制をうちかえそう」。

白タク弾圧にあった加須市職の幼方さんは、「帰還してくださいと言うのも自治体の職員なら、戦争に行ってくださいと言うことになるのも自治体の職員。ぜひ支援をお願いしたい。そしてともに闘おう」と。
20170311-3-800x600
農民会議から。地元の鈴木さん、そして三里塚から市東孝雄さんが発言。 20170311-4-800x600
「希望の牧場」の吉沢さんは、「浪江の一部が帰還強制される。しかし浪江は現実にはサヨナラだ」「ドイツや台湾は原発をやめた。日本はなぜそれができない? 市民に実力がまだないからだ。実力闘争の力をつけよう」と心の叫びを発した。
20170311-6-800x600
ふくしま共同診療所を応援する歌を披露。
20170311-7-800x600
20170311-8-800x600
2万筆を超えた署名、まだまだ続けますと佐藤幸子さん。
20170311-9-800x600
共同診療所の布施医師も署名運動の継続の意義を力説。
20170311-10-800x600
20170311-11-800x600
郡山駅前までのデモに出発。
20170311-12-800x600
沿道から子どもたちが声援を送る。
20170311-13-800x600
20170311-14-800x1066
右翼団体の在特会が妨害活動。
20170311-15-800x1066
20170311-16-800x600
郡山駅前に大結集。昨年より増えた感じがした。

健康被害の拡大との闘いもこれからが本番。福島の怒りとともに全原発の廃炉へ。
動労水戸をはじめとした動労総連合の闘いを先頭に、反原発闘争の力強い発展をきりひらいていきたい。(K)