20170305-5
 「国鉄分割・民営化は失敗した! JRは1047名解雇を撤回しろ!」「地方切り捨ての3・4ダイヤ改正阻止!」。動労千葉を先頭とする動労総連合が3月4~5日、全国一斉ストライキを闘った。

 動労千葉は3日夜、千葉市内でスト決起集会を開催した。4~5日は乗務員のべ80人が24時間ストに突入、4日午後には館山駅前で抗議行動を行った。5日は新宿のJR東日本本社前での抗議行動と新宿デモをくりひろげた。

 麻生副総理が国会答弁で〝自分は国鉄の分割には反対だった、今だったら止められたかもしれない〟と言わざるをえないほど、国鉄分割・民営化の破産は露わとなっている。百万人署名運動事務局は、3日の決起集会と5日の新宿行動に参加した。

【3日のスト決起集会】
20170303-1
「国鉄分割民営化で地方は良くなる」と言っていた自民党の当時の広告をとりあげ、政府とJRがやっていることはローカル線廃止・地方切り捨てだ、何が「良くなる」だ、分割民営化の破産はもう明らかだと、動労千葉・動労総連合の闘いの正義性を訴えた。
20170303-2
各支部の代表がスト決起の決意表明。
20170303-3
青年部からは、絶対に組織拡大できる、力を貸してほしいという訴え。
20170303-4
決起集会には200人が参加。まとめでストライキ闘争の意義を強調する田中委員長。

【4日の館山駅前抗議行動】


【5日のJR東日本本社前抗議行動と新宿デモ】
20170305-1
20170305-2
20170305-3
20170305-4
20170305-6
20170305-7
20170305-8
さらに、3月末にはJR常磐線の小高~浪江間の運行再開も狙われている。これに対して動労福島・動労水戸などが闘いを準備している。JR資本と闘う動労総連合の闘いと連帯していこう。