愛媛からのお便りです。
* * * * * * *
伊方原発3号機の即時停止と廃炉を訴える座り込み行動が、毎月フクシマの月命日の11日に伊方原発ゲート前で続いています。呼びかけは地元八幡浜の「原発から子どもを守る女の会」で、毎月11日に原発前で抗議行動をできる状況を守り抜いてくれています。
昨年の8月12日に四国電力は伊方原発3号機の再稼働を強行しましたが、これに対し絶対許せない思いで毎月11日行動に参加しています。

新年1月11日は平日でしたが、愛媛県内、さらに高知・徳島からも参加があり約40人が集まりました。
1-愛媛
今回うれしかったことが二つありました。
ひとつは台湾から来た青年が参加して発言してくれたこと。ちょうど台湾で原発廃止の法律ができたことも報告されました。もうひとつは、ゲート前行動にずっと参加している仲間の友達がお好み焼きの屋台をやっていて、「ぜひみんなに食べさせたい」と軽トラックの屋台でゲート前に来てくれたことです。みんなにお好み焼きをふるまってくれたことに本当に感謝です。

こうした出会いを広げながら、毎週金曜日の愛媛県庁前行動と伊方原発ゲート前行動を全力で取り組み、なんとしても伊方原発の停止-廃炉へ!と行動していきたいと思います。(愛媛県連絡会 H)