毎年8月15日は、平和遺族会全国連絡会代表の西川重則さんにとって、早朝から全力決起の日です。89歳の今年も午前中の集会を主催し、午後からは靖国神社に向かいました。
1-DSC01169
この日午前の平和遺族会8.15集会は、野党(社民党、共産党、民進党)の国会議員を招き、「安保法制の発動を阻止、いまできることはナニ?」というテーマでのシンポジウムでした。
まとめで、西川重則さんは「日本国憲法に習熟しよう。そして、自民党の憲法草案にも習熟して徹底的に批判していこう。また、相手方(日本会議)に対してもしっかりとした認識をもってたたかっていこう。」「対立する国の労働組合や市民が良い関係をつくっていく、国際連帯が最も重要です。」と訴えました。
2-DSC01173
集会後、西川重則さんは休む間もなく2016年8月15日の靖国神社へ(一番右が西川さん)。
3-DSC01178
8.15の靖国神社は、地下鉄「九段下駅」から大鳥居までは様々な「右翼的」団体が列をなし、また大鳥居の中の参道は日本最大の右翼団体と言われる「日本会議」が大きなテントを張って我がもの顔でかっ歩しているという光景です。
5-DSC01182
靖国神社に着いたのは少し遅かったので、英霊にこたえる会と日本会議主催の大テントでの「戦歿者追悼中央国民会議」は終わっていました。午後から青年たちの集会があるとのことでした。
4-DSC01179
西川さんが言われたように、改憲推進の「日本会議」の青年たちはどういう考えなのか知る機会と思い、午後1時30分から始まった「靖國の心を未来へ!感謝の心をつなぐ青年フォーラム」をテントの横で聞いてみました。(聞き入ってしまって、写真は無しです)
一番印象に残ったのは、発言に立った若い女性の言葉でした。「遊就館を見学して、価値観が変わった。それまでは侵略戦争と教えられてきたが、そうではなかった。特に、特攻隊の青年たちの遺書に心うたれた。」というようなことを言っていました。そして、その遺書の一つの母親にあてたものを読み上げ、「母親を死なせたくない、国を守るために自らの命をかけた尊いたたかいだった」と。遺書の朗読に、座っていた青年たち、特に女性が涙をぬぐっていました。
また、もう一つ印象的だったのは、シベリアやフィリピンに出かけて戦没者の遺骨収集の活動をしている青年の次のような言葉でした。「遺骨を探し当て対面したときに、私は戦争と平和の現実に触れた思いだった。国会前でプラカードを掲げて叫んでいる人たちは本当の戦争と平和についてわかっていない。」というようなことを言っていました。
また、ウクライナの留学生など日本人以外の青年の発言もありました。タレントのフィフィさんも発言し、パレスチナ問題にも触れながら愛国心の重要性を説いていたのにはびっくりしました。
基調提起らしきは、ジャーナリストの井上和彦氏でした。
この集会は、「君が代」の2回斉唱で始まり、「ふるさと」の斉唱で閉会となったのですが、聞いていて、とても疲れました。でも、日本会議の一端を知ることができたと思います。

西川さんと一緒に靖国見学をした数人で、感想会を持っていたら、二つのデモが通りました。
一つ目は、参加者全員が日章旗を持った、頑張れ日本!全国行動委員会とチャンネル桜二千本委員会有志の会主催による「8.15英霊に感謝し、靖国神社を敬う国民行進」です。
6-DSC01185
もう一つは、「聖断神話」と「原爆神話」を撃つ8.15反「靖国」行動が主催の反靖国・反天皇制のデモです。デモ隊の周りをデモ隊より多い機動隊が囲っていました。
7-DSC01190
九段下交差点は靖国通りを機動隊の大型車を何台も並べて封鎖するという警察の異常な警備体制でした。
8-DSC01195
9-DSC01204
とにかく、この日は靖国神社周辺のみならず、朝からものすごい数の警察権力が動員され、路地路地にも配置され、戒厳令でも敷かれたか!と思わせるような状況でした。やはり、大がかりな治安弾圧訓練をしているのだと思います。許せません!

第三次安倍政権の閣僚20人のうち15人が「日本会議」を支援する国会議員懇談会に所属しているとのこと。その日本会議こそ、「強く、美しく、輝け日本」「誇りある国づくりへ」という看板で、安倍政権と一体で「憲法改正の実現にむけて全国で国民運動を推進」しています。
私たちは、こうした国民運動をつくるなど断じて認めることはできません。しかし、彼らもまた「平和のために」と言っていることを考えれば、そこにあるウソや欺瞞やすり替えについて、労働者市民に暴いていかなければなりません。「再び戦争への道」をとめるため、ここが正念場、力を合わせてがんばりましょう!(S)

おすすめの1冊
「新遊就館」ものがたり (西川重則著 いのちのことば社 1000円+税、A5版123頁、2003年7月発行)
 靖国神社の敷地内にある遺書や遺品が展示されていた遊就館は、改修・新館増設で映像ホールの導入や設備が充実され、教育施設として新たな装いをもって2002年7月にオープンされました。その新遊就館の内容を詳しく検証したものです。
新遊就館
  →注文は、百万人署名運動事務局でも受け付けています。ご希望の方は、メールかファックスで送り先を連絡ください。本と一緒に郵便振込用紙を同封しますので、後日代金(本代+送料)を振り込んでください。