戦争法が強行採決されて2回目の「19日」、国会正門前に約9000人が集いました。雨の中での必死の闘い、悔しさがよみがえります。
安倍を倒して、戦争をさせないぞ!と闘いの強化を確認し合いました。
6-10-DSC09248
集会が始まる6時30分までには、もう国会前の歩道という歩道は長蛇のぎっしりとした人垣で埋め尽くされました。
4-08-DSC09233
3-07-DSC09232
1-04-DSC09219
5-09-DSC09238
国会正門前につくられたステージでは、国会議員やさまざまな団体から次々とアピールがありました。
インドからも、日印原子力協定反対のために来日していたクマールさんが発言。流ちょうな日本語で「安倍首相は来月インドへ行き、日印原子力協定を結ぼうとしている。これに反対して抗議に来た。日本でも反対してほしい」と訴えました。
2-06-DSC09228
総がかり行動呼びかけの「19行動」の次回12月19日は、国会前行動ではなく、屋内集会が予定されています【12/19(土)午後2時~、北とぴあ さくらホールにて】。

この日、国会前行動の前に、午後5時から「さぁ、安倍政治を終わらせよう11.19院内集会(立憲フォーラム・戦争をさせない1000人委員会共催)があり、半田滋さん(東京新聞編集委員)の講演「安保法で自衛隊はどう変わるのか」がありました。
1-01-DSC09202
講演の中で半田さんは、自衛隊の変貌について、短期的にはと、PKO部隊の「駆けつけ警護」と「ジブチでの自衛隊部隊の強化」をあげて、これまでとの違いを述べました。また、中期的にはと、ISに対する米軍の地上軍派遣が検討されていることをあげ、そうなったらその「後方支援」をすることになり、これまでの人道支援とは全く違ってくると。さらに長期的には、防衛費を増やそう、自衛隊員を増やそうと軍拡競争になっていくだろうと話されました。そして、そうならないように安保法廃止しよう、来年の参議院選挙が重要だと訴えました。(S)