11月13日、金曜日の午後6時30分、首相官邸前と国会正門前で、「再稼働やめろ、原発廃炉!」とデモコールが始まりました。
この日は、久しぶりに国会正門前から歩いてみました。
01-01-DSC09150
正門に向かって右側の歩道の真ん中あたりのところで、集会が行われていました。
ちょうど上関原発反対のアピールがされていました。
02-02-DSC09152
さらに正門前に近ずくと、持参のボードを並べてアピールしている人々がいました。
例えば、何百年も前の言葉が書かれた掛け軸とか。
03-03-DSC09154
ライトアップされた国会を右手に見ながら横断歩道を渡って少し行くと、そこにミニステージがあり、そこからずっとデモ隊列が続いていました。アピールやコールが呼びかけられていました。
04-05-DSC09161
さらに歩くと、暗い中に浮かび上がるきれいなロウソクの灯。
05-06-DSC09163
また、一人で歌を歌っている女性がいたり、楽器の音色に合わせて踊っている人々がいたり。
06-08-DSC09165
また、信号を渡ります。交差点の左手・財務省側の角にも人々が集まって集会をしていました。
そちらへは行かず、首相官邸方向へ。途中、日本山妙法寺のみなさんがお経をあげていました。
また、日本音楽協議会の人々がいつものように合唱をしていました。
07-09-DSC09168
デモ先頭のすぐ目の前が首相官邸です。このあたりは、とても賑やかでした。
10-13-DSC09177
09-12-DSC09176
11-14-DSC09178
途中で、私たちもデモに参加、ノボリとプラカードでアピールしました。
13-16-DSC09180
08-10-DSC09169
自転車でのアピールも。これはけっこう力がいりそうです。
12-15-DSC09179

この日、経産省前テントも賑わっていました。10月26日のテント撤去の高裁反動判決から3週間、連日「撤去させない、テントを守れ!」と撤去の執行官が現れたときの闘いにそなえています。
また、すぐ目の前の経産省正面玄関前で、毎週金曜行動のときに合わせて、午後5時~6時まで、抗議行動を開始しました。この日も、多くの人が集まりました(写真下)。
15-DSCN1511
14-DSCN1509
政府・東電に、福島原発事故の責任をとれ!原発再稼働するな!と要求し続けている経産省前テント(2011年9月~)、首相官邸前金曜行動(2012年3月~)。ここに多くの人々が集い、「あきらめない}と力を合わせています。
命よりカネの社会を変えよう、労働者・市民が社会の主人公だ、ガンバロウ!(S)