9月23日(秋分の日)、代々木公園で、「さようなら原発 一千万人署名 市民の会」主催で、<さようなら原発 さようなら戦争 全国集会>が開かれました。 労働組合を中心にして、2万5000人が集まりました。
3-3-DSCF1755_766
9月19日未明に安保法案が参議院で強行採決されて1週間もたたない段階のため、参加した人たちの顔つきはやや緊張していました。衆議院、参議院の審議過程で国会に駆け付けた人々は、これからどういう闘いをしていくか、あの熱気と真剣さを、臨時国会~来年の参院選挙までの過程に、どう持続させていくかをそれぞれに考えて、結集したと思われました。
1-1-DSCF1743_762
午後1時30分から代々木公園内の野外音楽堂で開かれた集会は、木内みどりさんの司会で、最初に、呼びかけ人の落合恵子さん、澤地久枝さんが挨拶に立ちました。続いて、弁護士の河合弘之さん、福島から武藤類子さんと北海道へ自主避難しているの宍戸隆子さんが発言、さらに、鹿児島・川内原発現地からもアピールがありました。川内原発では10月に2号機の再稼働が予定されているがとんでもない、10月12日に全国集会を予定しているので結集してほしいと訴えられました。
2-2-DSCF1752_765
また戦争法反対行動からSEALDsの奥田愛基さんや上野千鶴子さんが発言、辺野古新基地反対の訴え、韓国のキリスト者からのアピールもありました。
呼びかけ人の大江健三郎さんは、「いま、日本は最も危険な転換期だ。その危機に抗して生きていかなければならない。」「われわれがいま完全に終わらせると決意しても、それからが大きな仕事である。」「生きる情熱を失わないとしても、若い人たちに託して死んでいかなければならない。」と思いをかみしめながら語られました。
鎌田慧さんの行動提起を受けて、3時15分からデモ行進。デモコースは、労組中心の<代々木公園~原宿駅~青山通り~明治公園手前まで>と、市民団体中心の<代々木公園~渋谷駅~神宮通公園まで>の2コースに分かれて出発しました。私たちは渋谷コースのデモでした。
4-6-DSCF1802_780
闘いは連日続いています。「原発再稼働はんたい!」「戦争・改憲はんたい!」、そして、「労働者の権利を奪うな!」「市民の権利を奪うな!」「学生の権利を奪うな!」と、大きなうねりにしていきましょう。闘いを持続していくことが大事です。東京での行動、各地での行動をフォローして、参加しましょう。(T)