とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2020年04月

4月7日夕刻、ついに安倍首相が新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言を発しました。

安倍は緊急事態宣言を発した理由として「国民生活および国民経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある」「医療現場が危機的な状況に陥っている」と判断したと言っています。けれども、おかしいです。

そういう理由なら、同時並行的に、あるいは事前に、要請に伴って発生する損害、賃金補償、生活費等の支給が国から、それこそ「緊急に」なされるべきなのに、そうした措置がなされないからです。これでは、庶民の生活は一方的に甚大な被害を受け、即命にかかわる事態に直面する人々がたちまち出てきます。コロナウイルスの前に安倍政治によって殺されてしまいます。

都教委包囲ネットの呼びかけで新宿駅東口アルタ前に集まった人々は、大きく映し出された安倍に対し、「アベに殺されないぞ!」「生き抜くために闘うぞ!」「安倍を倒すぞ!」と怒りの声を叩きつけました。
新宿4
医療についてもそうです。いま医療労働者はコロナ感染への恐怖の中で全力で働いています。この人々への感染防御のための様々な措置こそ「緊急」です。そもそも、感染者の検査・隔離・十分な治療ができないほど医療を崩壊させてきたのは自民党政府自身であり、いま、その責任をとるべきです。

それを、コロナのせいにするなど言語道断!
各大臣、国会議員は背広を脱いで、医療現場に駆けつけて働け!と言いたい。

この日は同時刻に、新宿駅南口でも東京労組交流センターが呼びかける抗議行動が行われました。
労働者、学生が次々とアピール。
「労働組合に入って闘おう!」と呼びかけていました。
新宿3
撒かれていたビラです。
ビラ表
ビラ裏
手を洗い、うがいをして、暖かくして免疫力をつけながら、マスク等コロナ感染に注意して、しかし、断固声を上げ、安倍政権の緊急事態宣言攻撃と闘っていこう!(S)




4月6日の午後6時30分から、市ヶ谷の防衛省正門前で「辺野古工事をいますぐやめろ」と抗議申し入れ行動がありました。辺野古現地の闘いに連帯して、毎月第一月曜日に行われているものです(主催:辺野古への基地建設を許さない実行委)。
安倍の「緊急事態宣言」発動予告ニュースを背に、辺野古工事こそ自粛しろ!と怒りも新たに沖縄に心を寄せる人々がいつものように集まりました。
防衛省前2
この日は2団体(戦争に協力しない!させない!練馬アクション、アジア共同行動日本連絡会議)が申し入れ、申し入れ書を読み上げて防衛省職員に渡しました。その中で、在日米軍基地内でも兵士・家族の新型コロナ感染で出ていることが指摘されていました。(3月末時点で、横須賀基地で5人、嘉手納基地で3人、佐世保基地で1人)
防衛省前1
申し入れ行動を挟んで、国は辺野古基地建設を中止せよとアピールが続きました。
沖縄からも電話アピールが届きました。宮古島住民の会の女性からは、前日の5日に陸自•宮古島駐屯地へのミサイル部隊約700名の配備完了式典が強行され、抗議行動をしたことの報告と、撤去するまで闘い抜く決意が訴えられました。また、ヘリ基地反対協共同代表の 安次富浩さんは「自粛というが、辺野古ではどんどん工事が強行されている。緊急事態宣言など国民の命と暮らしを守るものではないことを示している。(国が)自分たちのやりたいことをやるということだ」と安倍政権を弾劾しました。
防衛省前3
また、主催者から、辺野古大浦湾の工事海底の軟弱地盤の関係で、防衛省が計画していた6件の護岸•岸壁工事の発注を打ち切ったことが判明したと報告され、建設ありきで強行されてきたずさんな辺野古工事に毎日湯水のごとく税金を使い続ける安倍政権への怒りを新たにしました。
防衛省前4
主催者からは、防衛省沖縄防衛局から沖縄県に辺野古工事変更設計が提出されたら、これに抗議•撤回を求め翌日の午後6時30分に、また防衛省前に集まろうと呼びかけられました。また、5月の防衛省前抗議行動は第二月曜日の11日にすると報告されました。(S)

オリンピック延期決定以降、安倍首相と小池都知事は嬉々として「緊急事態宣言」発動へと動き出しました。こうした動きへの抗議行動が、都教委包囲ネットの呼びかけで4月1日に都庁前で行われ、参加しました。
都庁前3
都庁前1
あいにくの雨の中でしたが、「雨にも負けず」の仲間たちが午後4時に都庁第一庁舎前に約30名が集まりました。小池都知事と藤田教育長あての抗議要請文を持った2名の仲間が厳重警戒の都庁の中へ。彼らが戻ってくるまで約1時間にわたり、都庁前でリレーアピールで抗議の声を上げ続けました。
都庁前2
目の前建物の7階にある都知事室に届けとばかりにシュプレヒコール。
都庁前4
抗議要請文は下記のとおりです。
抗議申し入れ
都庁前での抗議行動の後、ただちに新宿駅へ。新宿駅東南口でアピール活動を行いました。
雨の中のビラまきは困難でしたが、それでも、若い人が受け取ってくれました。
声を上げ続けましょう!(S)
新宿駅前
まいたビラ(表)
ビラ表
(裏)
ビラ裏

↑このページのトップヘ