とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2018年01月

東京初の「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」が1月22日に文京区内で予定されていることに対して、1月17日(水)、文京区と文京区職労への申し入れに行ってきました。西川重則事務局長を先頭に事務局メンバーと、東京北部連絡会の仲間の計9人が参加しました。(K)

まず、内閣官房の報道発表資料(昨年12月26日付)を見てください。
291226hinan-tokyo
「避難訓練」と称していますが、こんなものは、住民の命を守ろうとするものでは全くありません。これは明らかに、国民を戦争に動員するためのものです。戦前戦中で言えば、まさに「防空演習」「防空訓練」です。住民の命を守るためではなく、国土防衛に住民を動員することが目的でした。
小学校の防空訓練1938年
【小学校の防空訓練=1938年】
防空頭巾で地面に伏せる子どもたち1943年
【防空頭巾をかぶり、地面に伏せて防空訓練する小学生=1943年】
fukuoka02
【福岡での小学校での訓練の様子】
fukuoka01
【福岡の地下街への避難訓練の様子】

さて、事前にアポをとっていたので、まず文京区役所14階の広報課に。区長に訓練の撤回・中止を要請したいのだと言うと、係の人が責任を持って伝えると応えてくれたので、その場で要請文を読み上げ、趣旨を説明し、いくつかの質問もぶつけてみました。
CIMG0118
以下が文京区長あての要請文です。
--------------------------------------------------------------------------------------
文京区区長 成澤廣修様

2018年1月17日
とめよう戦争への道!百万人署名運動
事務局長 西川重則
千代田区神田三崎町2-20-7-303
TEL/FAX 03-5211-5415

「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」中止の要請

国と東京都及び文京区は、「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」を1月22日に行うことを決定して一方的に発表しました。私たちは、国が主導した「弾道ミサイルを想定」の「避難訓練」に反対します。文京区には、この訓練を中止することを要請します。

以下、その理由を述べます。

一、実施要綱では、「X国から弾道ミサイルが発射され、我が国に飛来する可能性があると判明」したので避難訓練を行なうとしていますが、X国とはどこの国を指すのですか。こうした「仮想敵国」を想定した訓練の実施自体が、いたずらに近隣諸国間の対立や戦争を煽るものです。国は戦争にならないための平和の努力をこそすべきです。自治体は日本国憲法にのっとって政府の戦争をあおる行為を拒否すべきです。

一、この「訓練」は、「あらゆる手段を通じて北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」とした安倍政権の「北朝鮮」への圧力の一環として行われるものです。

安倍首相はことさらに「北朝鮮の脅威」を煽り、排外主義を煽っています。安倍首相やトランプ米大統領は朝鮮半島での戦争危機を意図的につくりだしています。「弾道ミサイル避難訓練」はこれと完全に一体のものです。

訓練とはいえ、まるで空襲警報のようにサイレンが鳴らされ、手で頭を隠して5分間もしゃがみこむことを強制される。そうすることで住民の不安を煽り、「X国」への敵愾心を植え付ける。国民を戦争動員体制に組織していくことを狙っているのです。自治体は、国家総動員体制に向かっていった戦争の歴史を繰り返してはなりません。

一、安倍政権はこうして「北朝鮮の脅威」を煽ることでかつてない大軍拡に突進し、自衛隊を明記する9条改憲を国民にのませようとしています。文京区は安倍首相の改憲と大軍拡のお先棒をかつぐべきではありません。毅然とした態度で反対すべきです。

私たちは戦争の歴史を絶対に繰り返さないという立場から、訓練の中止を強く要請します。
--------------------------------------------------------------------------------------
どのように区民に知らせたのかと訊ねると、「1月1日付の区報に掲載しました」と。確かに裏面(4ページ目)に小さく掲載されていました。
20180101-4
「『あらかじめお願いした方々に参加していただく』とあるが、町内会や企業に動員要請しているのか?」と訊ねると、「そのようです」との返答。
supi-ka-iti
訓練計画の具体的なことをさらに訊ねると、「それは危機管理課に行って聞いてください。上の階にありますから」と言うので、危機管理課も訪問することにしました。

15階の危機管理課に

危機管理課では、どうして最初に文京区なのか、これから各区市で順次行われていくのか、区の職員やメトロや都営の労働者も動員されるのか、どれくらいの動員数なのか等を質問しました。返答としては、都から要請された、区や地下鉄の職員も一定の動員がある、大規模な動員ではない、ということでした。

そうした返答に対して西川重則事務局長が、「皆さんは公務員でしょ。公務員は憲法99条で憲法の順守義務が定められているのです。この訓練は戦争のためであって、国や都が指示してきたからといって、それに従うべきではないです。むしろ公務員として戦争をしないためにどうすべきなのかを良く考え、こんな訓練には反対すべきなんですよ」と叱咤激励しました。

文京区職員労働組合を訪問

続いて、12階にある文京区職労の組合員室を訪れました。事前にアポをとっていたのですが、ちょうど旗開き(新年会)の準備で委員長も在室されていました。

以下が区職労あての要請文です。
--------------------------------------------------------------------------------------
文京区職員労働組合様
2018年1月17日

とめよう戦争への道!百万人署名運動
事務局長 西川重則
千代田区神田三崎町2-20-7-303
TEL/FAX 03-5211-5415

「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」に加担しないことと、
「戦争するな! 9条変えるな! 全国署名」への取り組みの要請

国と東京都および文京区は、「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」を1月22日に実施することを決定し、一方的に発表しました。私たちは国が主導した「弾道ミサイル想定」の「避難訓練」に反対します。文京区で働く皆さんにも共に反対の声をあげてほしいと思っています。貴労働組合がその先頭に立ってくださるよう要請します。

私たちはなぜこの訓練に反対するのか。「弾道ミサイル避難訓練」の実施自体が、近隣諸国間の対立と戦争をあおるものになるからです。国は、戦争にならないための平和的努力をすべきなのに、安倍首相は「あらゆる手段を通じて北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」と明言し、米トランプ大統領と一緒になって戦争を挑発しています。この避難訓練は、政府のこうした戦争をあおる行為と一体で行われるものです。

自治体職員組合は、戦争の歴史を繰り返さないために、政府の戦争行為に加担すべきではありません。
この訓練はまた、国民に不安をあおり、「北朝鮮」に対する敵愾心のようなものをうえつけ、国の戦争動員体制のもとに国民を組織しようという政府の意図が貫かれているものであり、絶対に認めることはできません。訓練と称して、まるで空襲警報のようにサイレンが鳴らされ、手で頭を隠して数分間も床に伏せることを強制されるのです。人々の命を本当に思うなら、一切の軍事的対抗や戦争挑発をやめるべきです。

自治体の労働者と労働組合は、戦前のように陛下の公僕として若者を戦争に送る赤紙を配った歴史を繰り返さないでください。

また、安倍首相は、こうして「北朝鮮の脅威」をあおることで、かつてない大軍拡に突進し、なによりも自衛隊を明記する9条改憲を国民にのませようとしています。この策略のお先棒をかつぐことなく、毅然と立ち向かいましょう。

労働者の団結組織である労働組合には、多くの市民の共感を組織して戦争への道を阻止する力があります。ぜひともにがんばりましょう。

私たちは、朝鮮半島での戦争に絶対反対です。そのための改憲が今年の国会で強行されようとしています。私たちが進めている「戦争するな! 9条変えるな! 全国署名」の取り組みをぜひお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------------
委員長は、避難訓練の実施について「初めて聞きました」と言っていました。私たちも少し驚きましたが、ぜひ反対の声をあげてほしいと要請しました。
CIMG0130
西川事務局長は、戦前、労働組合が労働組合という名前も捨てられて産業報国会に再編され、戦争動員の重要な役割を担ってしまったことを語り、こういうときにこそ労働組合はたちあがらなければならいと訴えました。

訓練実施予定日の1月22日(月)は国会開会日でもあります。
「弾道ミサイル避難訓練」への反対行動は、改憲と戦争を阻む重大な取り組みだと思います。
当日の朝、抗議行動に集まりましょう。昼は国会前(議員会館前)に参加しましょう!

東京北部連絡会からの報告です。
* * * * * * *
安倍首相は「2020年オリンピックまでの新憲法施行」を宣言した。自衛隊を9条に明記して合憲とする、緊急事態条項の新設などと理由付けをしているが、“憲法を変えること=戦争をする”の一言に尽きる。いよいよ改憲阻止の闘いの正念場に入った新年の初街宣は8日に赤羽駅頭で幕開けした。

街宣メンバーは若い男性が新たに参加して6名、広い駅前広場は成人の祝祭日ともあって華やかで人の流れも多岐だが、マイクの通りもよくてリレースピーチに耳を傾ける人も居る。北部1
「戦争するな!9条変えるな署名です。戦争絶対反対」と呼びかける。一時は反応が鈍く感じられた時期もあったが、9条の改憲案や改憲スケジュールなどが新聞で取り上げられるようになるに従って街を行く人の反応も異なってきている。

モリ・カケ疑惑隠蔽も加えて安倍政権への怒りはすごい。署名をしながら「安倍打倒の闘いを強めよう」、「安倍家の前で街宣をしないか」と言ってくる人、年配の女性が「寒い中ご苦労様、頑張ってください」と。また「陸軍に入隊して沢山の仲間が戦死した、戦争は二度とごめんだ」と言う90歳の男性など。

最近はもう署名をしましたからと言いながら通り過ぎる人がけっこう居る。今回はもっと突っ込んで「何故、3000万人署名に取り組まないんですか?」と問う人が居た。「統一署名にも取り組んでいるが、私たちは百万人署名運動という市民運動で、20年も前から戦争反対でその都度独自の署名用紙を考えて活動を行っている。統一署名も大切だが一つひとつの独自活動も大切、それらが積み重なって改憲を阻止していくのではありませんか」と答えたら、署名をしてくれた。

9条を変えさせないためには、まずは現在起きている戦争への道、例えば、朝鮮戦争への動きや沖縄辺野古新基地建設などにも抗することが重要ではないか。安倍政権を倒すには、もっともっと独自性を生かしたより広範な人々の運動が必要です。
北部2
新年初の街宣で、署名活動はより多くの署名数をめざすのも一つの目標だが、街に出て様々な人たちと出会って交流し運動を広げるのも大きな目的であることを改めて自覚した。また若い人が頑張っている姿に人が引き付けられることもまざまざと眼にした。
今年も年の功で頑張ろう。(東京北部連絡会 N)

とめよう戦争への道!百万人署名運動は、毎月『百万人署名運動全国通信』を発行しています。改憲・戦争絶対反対!と毎号、精力的に編集・作成しており、絶対にお勧めです。
ぜひ、購読して、ご活用ください!

2018年1月号の紹介です。
1面は、西川重則事務局長の新年のアピールです。「憲法に習熟して改憲阻止を」
2面は、「ススム 署名運動」 愛媛と大阪からの取り組み報告です。
     それと、2017年秋の憲法審査会傍聴報告です。
3面は、エルサレム「首都」問題についてです。
2-全国通信1
4-5面企画は、天皇制問題です。「戦争・改憲阻止のために、天皇制問題を考えよう」ということで、天皇制の問題性を鋭く提起されている伊藤晃さん(元大学教授)にお話を伺いました。分かりやすく、とても勉強になりました。
1-全国通信2
6面は、沖縄からのレポート。
7面は、各地からのお便り(裁判員拒否報告、斎藤美奈子さん講演会報告)。
8面は、1月の集会インフォメーションです。

●定期購読のお願い
『百万人署名運動全国通信』は、毎月1日に発行され、A4版8ページで、1部100円です。
定期購読料は、カンパも含めて年間3000円の賛同金としてお願いしています。
百万人署名運動は、この賛同金で運営されていますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

メールで郵送先をご連絡いただくか、「全国通信の定期購読希望」と書いて下記の口座に賛同金を振り込んでください。ぜひ、よろしくお願いします!
【賛同金の振込先】
 郵便振込口座 (口座番号) 00150-1-410561
         (加入者名) 百万人署名運動




1月4日(木)午後6時から防衛省正門前で、新年初めての辺野古・抗議行動が闘われ、参加しました(主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会)。約130名がかけつけました。1801041
うたやリレーアピール、申し入れ書の提出など、約1時間にわたって辺野古工事を強行する防衛省に抗議し、ただちに工事を中止するよう要請しました。
1801042

辺野古現地では、今日(1/6、毎月第1土曜日のゲート前月例集会2018年第一回目)のゲート前に600名を超える人々が集まり、辺野古新基地阻止を誓い合ったそうです。(下の写真は「チョイさんの沖縄日記」より)
辺野古6日jpg
沖縄の不屈の闘いに連帯し、今年こそ辺野古新基地阻止!共に闘いましょう!(S)

●チョイさんの沖縄日記
http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/d170876527df56899da6ef8beae7f9b3





西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)
nishikawa
2018年は、掛け値なしに重大な年である。

国会は、今なお厳しい状況が続いている。私の一番好きな言葉は「とめよう戦争への道」だが、それとはまったく逆の方向に国会と政府が動いている。

「憲法を改正する」という発言を、私は国会で何度も聞いてきた。2017年11月17日、安倍首相は衆院本会議で所信表明演説をした。そこで首相は「北朝鮮への圧力を限界まで強化する」と言った。そして四番目ではあったが、明文改憲を明言した。私は、いよいよ改憲阻止の正念場が来たと感じた。

今、自民党本部の入口には「憲法改正推進本部」と書いた大きな立看板が掲げられている。自民党は1955年の結党以来「現行憲法の自主的改正」を掲げてきたが、これから2年でそれを成し遂げようとしている。
jiminto
首相がいくら改憲を唱えようと、「とめよう戦争への道!百万人署名」をやっている我々の考えを、声を大にして訴えていくべきだ。主権在民、国民主権の立場を貫くべきであって、絶対に黙っていてはいけない。

そのためには、憲法に習熟することが大事だと思う。

労働組合の活動で忙しい、学校や仕事で忙しいから、憲法の勉強をする余裕などないと言われるのも当然だろう。あるいは、自分の学校や職場には憲法は存在しないと思われるのも現実だと思う。しかしそこで考えてみてほしい。なぜこういう憲法がつくられたのか? なぜ安倍・自民党は、憲法を改悪しようとしているのか? 憲法の条文には深い歴史があり、国家や社会の問題を考える重要なきっかけにもなる。

一つ指摘すれば、憲法の制定過程で、GHQのマッカーサーが、平和的な環境で占領政策をきちんとやるためには、天皇制を残して利用しようと考えたことがある。その意図を昭和天皇も、当時の政府も積極的に受け入れ、それが憲法の第一条となった。「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」と。私はこの条項に反対であり、天皇制は廃止すべきという立場だが、憲法とは何かを考える上で重要なことがそこにはある。

かつて日本は朝鮮を植民地化し、「満州事変」(1931年9月18日)を起こしてアジア侵略戦争を行った。しかしその戦争を「自衛戦争」と言った。最初に「自衛戦争」という言葉を使ったのは、昭和天皇だった。1932年1月8日の読売新聞に、天皇の勅語が掲載され、そこに「自衛戦争」という言葉が書かれていた。

私は、戦争への道をとめるために、アメリカ帝国主義との軍事同盟を許さない、9条に自衛隊を明記する憲法改悪を絶対に許さない。それをどういうやり方で運動するかと言えば、アジアの視点・立場にたって、国際連帯を実現すること。戦争をしようとする権力者に立ち向かう、共なる戦いをしたい。

憲法に習熟することとは、若い人にも読んでもらえるように、理解されるように、そして若い人と一緒になって日本のあり方を考え、行動できるようにするためでもある。私は、国会傍聴18年の中で見てきた厳しい動向を正確に報告しながら、改憲・戦争阻止の訴えを続けていきたい。そしてぜひとも、改憲阻止の大集会を開こう。
(2017年12月18日談。写真は、国会傍聴に入る西川さん)sinnen

↑このページのトップヘ