とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2017年02月

pdfファイルのダウンロードは、カーソルをニュース面に合わせ、右クリックで「名前を付けて保存」で(microsoft edgeの場合)。

お便りを紹介します。
* * * * * * *
2月16日は税の確定申告日の初日です。毎年この日に、私たちは「良心的軍事費拒否の会」の人たちと一緒に相模原税務署に赴き、「人殺しに使う税は払えない」という横幕を掲げて行動をしています。今年も、鎌田さん(良心的軍事費拒否の会会員、百万人署名運動湘北連絡会代表)を先頭にして、請願・抗議闘争をしました。
png
税務署側は、人の混雑を理由にして税務署内へ入ることを拒否しましたので、税務署内へ入れませんでした。そこで、私たちは税務署前で請願書を読み上げ、税務署員に手渡しました。この請願書の提出先は、「相模原税務署長」「総理大臣」「財務大臣」「防衛大臣」です。

この行動は、1987以来続けられているもので、「私の収めた税金のうち、軍事費分を社会福祉に使用してほしい」と請願するものです。しかし、この願いは聞き入られることなく、軍事費は増加されてきました。安倍政権が発足して、軍事費は昨年度より5兆円を突破、2017年度は過去最大の5兆251億円が予算計上されています。これは、世界第4位の国防予算だと言われています。
(去年は雪が残る中でした。下写真)
png
安倍政権は2013年に従来の「国防の基本方針」に代えて、「国家安全保障戦略」を閣議決定しました。その中の「6.国家安全保障を支える国内基盤の強化と内外における理解促進」の中に「知的基盤の強化」という項目があり、その中で「高等教育機関における安全保障教育の拡充・高度化、実践的な研究の実施等を図る」と方針化されています。

その下に、2015年度から「安全保障技術研究推進制度」がスタート。これは防衛装備庁が設定したテーマに基づいて大学や企業などから研究を公募し、採択されれば研究費が支給されるというもので、2015年には豊橋技術科学大学や東京工業大学など9件の研究が選ばれています。防衛省からの助成費は、2015年には3億円、2016年は2倍の6億円、そして2017年度はさらにその18倍の110億円の予算が盛り込まれました。

安倍政権はトランプ政権との日米同盟を強化すると言って、さらに軍備増強をしようとしています。私たちはそれを許さず、これからも「人殺しに使う税は払えない!」「戦争絶対反対!」と声を上げ続けます。(百万人署名運動・神奈川県湘北連絡会 N)

2月12日夜、東京のすみだ産業会館で「国鉄分割・民営化で不当解雇から30年 2.12国鉄集会」(主催:国鉄全国運動)が開かれ、650名が参加しました。
2-2-DSC02514
国鉄分割民営化で、7,628人の国鉄労働者にJRへの不採用通知が出された1987年2月16日から30年を迎えます。これに抗議して清算事業団に残った国鉄労働者が3年後の1990年に清算事業団を不当解雇され、1047名が解雇撤回・現職復帰を求めて闘いに立ち上りました。

その後2010年に、政府と国労本部などとの間で、もう争わないとの「政治和解」が成立し、「国鉄闘争はこれで終わり」とされようとしましたが、動労千葉争議団や闘う国労闘争団はこれを弾劾し、闘いを継続。その時に「国鉄闘争の灯を消すな」と立ち上げられたのが「国鉄分割民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動」(略称:国鉄全国運動)です。

2015年6月30日、動労千葉1047名解雇撤回裁判で、最高裁は上告棄却。反動判決でしたが、高裁判決の内容にあった「採用差別が不当労働行為であった」ということと、さらに、その「採用候補者名簿が不当労働行為意思のもとにつくられていた」ことが明確に認定されたのです。

この地平から、動労千葉は新たにJR職場復帰闘争を開始しています。
そして、鉄道業務をバラバラに分社化する「第二の分割民営化攻撃」に反対してストライキで闘っています。

そうして、民営化・外注化で社会が破壊されることに警鐘乱打し「民営化と競争を止めよう!」とすべての労働者に呼びかけています。2.12集会はその闘いをさらに前に進めようという熱気に満ちたものでした。
1-1-DSC02510
開会あいさつの中で、金元重さん(国鉄全国運動呼びかけ人)は、「30年間闘い続けて、一昨年、最高裁の分割・民営化による解雇は不当労働行為だという判決を出させた。昨年11月、私たちが韓国のあの歴史的集会の中にいて共闘ができたのは、韓国の労働者たちが動労千葉の階級的闘いを知っていたからだ。1047名解雇撤回闘争は国際連帯の上でもかけがえのない財産だ。」と言われました。

また、伊藤晃さん(同呼びかけ人)は、「国鉄闘争の原点、国家的不当労働行為は認められないという出発点の意義を確認すること。この社会で苦しむ多くの労働者、まだ口を開かない人たちにどう働きかけるかが重要だ。私たちが慣れ親しんだ言葉や考えとはちがった視点から考える人たちとも結んでいくことを、全国運動の今年の課題にしよう。」と呼びかけました。

動労千葉の田中康宏委員長(写真上)は、「不当解雇から30年。その闘いの真価をさらに一歩進めたい。30年たって敵はまた動きだした。北海道の事態は分割・民営化の根本問題を突きだしている。JR資本は鉄道業務全体を転換させ、社会の在り方を転換させようと、新たな分割民営化、分社化、総非正規化を狙っている。
分割・民営化は労働運動の惨憺たる後退をもたらしたが、しかし、本当の労働運動を押し上げてもいる。新しい運動の始まりだ。JR20万人の労働者を先頭に、今度こそ<民営化、外注化のウソ>を阻止しよう。
そのためにも1047名解雇撤回の旗をかかげ、その闘いの核心を伝えていこう。全労働者の権利を取り戻す闘いがその中にある。確信をもって、新しい闘いを出発させよう。」と訴えました。
3-3-DSC02520
4-5-DSC02529
集会では、不当解雇された動労千葉争議団と国労闘争団の労働者の決意表明や動労千葉や動労水戸などの「出向無効確認裁判」の報告、神奈川や東京の動労総連合に結集する労働者の力強い発言が続きました。動労連帯高崎の労働者は「職場の中で、偽装請負が蔓延している。」と外注化の実態を訴えました。2.4内房線切り捨て反対の館山集会の報告もされました。元気の出る清々しい集会でした。(T)


昨年の10月25日、最高裁は不当にも市東孝雄さんの上告を棄却し、国と成田空港会社は暴力的に市東さんの農地を奪おうとしています。こんなデタラメは認められないと、市東さんは11月30日に千葉地裁に「請求異議の訴え」と「強制執行停止申立」を行いました。
それが受理され3月2日から請求異議裁判が始まることになり、その前の「審尋」(当事者双方から事情を聴く非公開のもの)が2月14日に千葉地裁で行われました。

この日は、午前10時30分から第3誘導路裁判があり、そのすぐ後に「審尋」が行われるということで、反対同盟と支援は、9時に葭川(よしかわ)公園に集まって、「強制収用をするな!」と訴えて千葉地裁までデモ行進しました。
1-IMG_20170214_092625
動労千葉の労働者も多く参加していました。
3-IMG_20170214_093148
地元千葉の労働者や市民も駆け付けました。
2-IMG_20170214_092830

「審尋」の結果、この請求異議裁判の第一審が終わるまでの間は「強制執行は停止する」となったそうです。しかし、条件として、1週間以内に200万円の保証金を支払えというのです。
弁護士は「執行を止めたとしても空港会社に損害は生じないから保証金は不要だ」と主張したそうですが、空港会社代理人も裁判長も認めようとしなかったとのこと、本当にふざけた話です。

しかし、何としても市東さんの農地取り上げをさせないため、執行停止を確定していかねばなりません。反対同盟は請求異議裁判を全力で闘い抜くために、緊急のカンパを訴えています。
みなさん、ぜひご協力をお願いします。

【カンパの振込先】

 郵便振替口座番号  00130-0-562987
    〃 口座名    三里塚芝山連合空港反対同盟


●三里塚芝山連合空港反対同盟
http://www.sanrizuka-doumei.jp/home02/index.html






悪辣な「白タク」デッチ上げ弾圧で不当逮捕されていたNAZEN埼玉の3人の仲間が2月7日に釈放されました。弾圧を打ち破った3人からの「報告とお礼」が届きましたので紹介します。
* * * * * * *

2 月 7 日夕方、釈放をかちとりました。全国の実に多くの人々から激励をいただき、抗議闘争を展開して頂いたおかげです。ありがとうとうございました。
弾圧を通して感じたことをいくつか報告します。

一つは、安倍政権が本当に追い詰められているということです。

道路運送法に違反する点は何一つないのですが、昨年 2 月にツアーの件で家宅捜索を受けたときから、「なんでこんな理由で」とか「でも、逮捕は無理なんじゃないの」と私たち自身も甘く思っていた面はありました。でも、逮捕されてみて、安倍政権の焦りは、そういう「常識」を越えたレベルにあることがよくわかりました。

政府は今、避難指示の解除や県民健康調査の縮小、住宅支援のうちきりのみならず、放射線被害防止技術基準法改正案を国会に提出して、 20 ミリシーベルト基準に改定しようとしています。それと一体で、権力は起訴することに最後まで執着していました。

仮に権力側がいずれ裁判で負けることがあったとしても、それ以上に 2020 年オリンピックまでの 4 年間、現地闘争にツアーでかけつけるような闘いの大衆的爆発を押さえ込めればそれでいい、そのための「みせしめ」を作るためならなんでもやる、と必死だったと思います。

二つ目には、でも、それを上回る福島をはじめとした全国の激しい怒りのエネルギーの大きさと、その力が弾圧を打ち破ったことです。

原発事故とその後の対応への怒り、安保関連法への怒りから続く、韓国の革命情勢やアメリカの反トランプデモと同じ情勢が日本にもあり、革命情勢が日々成熟していると実感しました。人々の次々と続く決起は本当に感動的でした。弾圧を粉砕したのは、この力でした。

三つめは、公務員攻撃という側面です。

私たちが主催した帰還強制に反対する集会で、井戸川元双葉町町長は、3・11直後、政府が 20 ミリシーベルト基準に勝手にあげて学校の再開を策動したときに、町職労に「組合はストライキをやってくれ。そうすれば政府がやっていることがどんなにひどいことなのか明らかになるんだ!」と再三に言ったけれども、ダメだったと報告してくれました。

帰還強制がなされる今、自治体職員や教育労働者が、「おかしい」と声をあげることが決定的です。幼方は、井戸川さんのそうした思いを受け止めて、職務と活動に力を入れていたからこそ、攻撃されたと私たちは理解していますし、だからこそ屈するわけにはいきません。

四つ目は、共謀罪の先取りという点です。

逮捕令状は「埼玉反原発アクション(NAZEN埼玉の前称)という団体」が「共謀して」行ったという内容で、県警は「過激派キャンペーン」を押し出してこの事件で起訴に持ちこめれば、「一般の人には無縁」というウソで分断させて共謀罪成立も可能になると目論んでいたと思います。この勝利が共謀罪粉砕を可能にしています。粉砕しましょう。

五つ目は、独特とも言える埼玉県警の悪辣さです。

川越署と浦和西署(県警本部にある)に留置されいやおうなく狭山事件のことを考えました。当時もし完黙非転向の思想と県警本部にデモをかけるような支援運動があったなら石川さん犯人でっち上げは粉砕できていたと思います。

埼玉県警は石川一雄さんをでっち上げたことを反省しているのではなく、逆に「生きた犯人をつかまえろ」と政府に号令され石川=犯人を仕立てあげたことを反革命的「誇り」にさえしている組織です。

最後に、だからこそ、完黙非転向の闘いだけが勝利の道だということを全ての民衆とともに確認したい。

関源三という刑事が、「俺は犯人じゃない」と頑張り続けていた石川さんの心理に雑談と差し入れでつけ入り、あろうことか「兄ちゃんが犯人か」と思い込ませて(こんなことは代用監獄がなければありえない!)一転、ウソの自白に追い込む、そして、起訴か否かの段階で「万年筆」を捏造して鴨居に仕掛ける(!)というとんでもない権力犯罪に手を染めた。

そのためにというべきであろう、関源三は平素から被差別部落に世話役的に送り込まれていた。こういう国家権力の悪辣な犯罪に立ち向かえるのは、完黙非転向の思想だけです。この思想が全人民共通のものとなったとき、政府国家権力を打ち倒して 私たちは真の自由を手にすることが出来るのです。

実質21日間でしたが、労働者民衆が団結したときに、自由は我らの手にできるとあらためて学びました。「わたしたちってすごいかも!」。

本当にありがとうございました。



↑このページのトップヘ