とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2015年01月

安倍政権の暴力的な辺野古基地建設工事再開に抗議して、16日(金)夜、防衛省当局への緊急抗議行動(主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会)があり、参加しました。
約120名が集まり、辺野古工事の即時中止!を申し入れました。
4-5-DSC06012
知事選・総選挙でも辺野古基地建設中止!の沖縄県民の民意がはっきり示されたにもかかわらず、安倍政権はこれを全く無視して力ずくで工事を進めようとしています。許せません。
防衛省正門前での抗議集会では、辺野古ゲート前の座り込み行動に参加してきた人たちの報告や、連帯して東京でアピール活動をしている若者たちなどの報告がありました。
5-1-DSC06009
6-2-DSC06011
最後に、主催者から1.25国会包囲ヒューマンチェーンへの参加が呼びかけられました。当日は午後2時~3時の間、国会正門前からチェーンをつなげていくそうです。沖縄の美ら海の青い色のものを身につけて参加を!と訴えられました。東京近辺の方はぜひ参加しましょう。
ビラはこちら→http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/1.25flyer.pdf

前日の15日(木)には、連合会館で、沖縄県議会議員団らの東京報告集会がありました。約400人が参加し、3人の議員から「埋め立て『承認』問題を考える」、「沖縄振興と米軍基地について」、「沖縄の民意は明確に示された」というテーマについてそれぞれ報告がありました。
2-2-DSC05993
照屋寛徳衆議院議員を初め4人の沖縄県選出国会議員も参加してアピール。翁長県知事が何度も安倍首相や菅官房長官に会談を希望しているのに、官邸側がこれを拒否していることへの怒りが表明されました。
1-1-DSC05984

1月15日午前のテレビ朝日ニュースより。20150115-1
政府・自民党が推す候補を破って当選した知事が誕生した佐賀と沖縄から反発の声が上がっています。普天間基地の辺野古移設に反対する翁長知事が誕生した沖縄では、14日夜から名護市辺野古のキャンプシュワブ前で、基地建設に反対する住民と機動隊がもみ合いになり、けが人も出ています。20150115-2
アメリカ軍キャンプシュワブのゲート前では、14日夜から基地建設に使う重機や大型トラックの搬入が始まりました。現場には14日夜遅くから100人以上の人たちが集まったほか、これまで見たことがない規模、150人ほどの警察官が駆り出され、ゲート前で工事資材の搬入を止めようとする人々を取り締まっています。20150115-3
事態を聞きつけて、特定の団体などに属していない一般の人々も多く駆け付けています。また、80代の女性が頭を打ち、救急車で搬送されるという事態も起きていて、現場は騒然としています。20150115-4
抗議行動に参加した人々:「どんどん強行的に進めていくということに対して、本当に許せない」「権力には負けない。この綺麗な自然を絶対残したい」20150115-5
政府は海での作業を再開していて、現場の緊迫は続いています。辺野古への基地建設に「ノー」を訴える知事が誕生したにもかかわらず、国との話し合いがないままの工事再開に沖縄では反発の声が強まっています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★1・25国会包囲ヒューマンチェーン
 沖縄の民意を無視するな!辺野古に基地はつくらせない!
 14時、リレートーク、15時、ヒューマンチェーン(終了見込み時刻は15時半)
場所:国会周辺(国会正門向かいの通りから集まり、国会包囲を目指します)
主催:「1.25国会包囲ヒューマンチェーン」実行委員会
http://www.labornetjp.org/EventItem/1419295685262staff01

福岡県連絡会からの報告です。
* * * * *

「川内原発再稼働とめよう!戦争・改憲 1%のための安倍政権倒そう!」と書いた手作りのチラシを手に持ち、今年最初の久留米8の日行動(第14回目)をやりぬきました。
20150109213029df2
毎月「8の日行動」に来られているMさんからの参加報告です。 
「毎月8日は久留米一番街入口へ。これがここ1年の私の毎月の日課です。
年明け1月8日も、午後5時になると、‘とめよう戦争への道!百万人署名運動福岡県連絡会久留米支部’の呼びかけで集団的自衛権の行使容認は認められない、秘密保護法反対、戦争への道反対、と同じ思いを持つ仲間が集まってきました。他の街頭宣伝では、皆マイクアピールを敬遠しがちですが、久留米の8の日は違います。
チラシやカレンダーの裏に伝えたいことをびっしり書いてくる方あり、替え歌を用意してくる方あり、自作のプラカードを用意してくる方あり。
〈アベノミクスの恩恵を受けるのは富裕層だけ、1%のための政治だ〉〈福島の子どもの甲状腺がんが多発している〉〈言論の自由を奪う秘密保護法は許せ ない〉〈戦争は優しい父や兄を鬼にしてしまう〉と、1時間では語りきれないほど。皆、道行く人の心に届いてほしい一心で寒い中、訴え続けました。
ある方が言っていました、メディアが真実を伝えなくなった今、私たち一人ひとりがメディアとなり、情報を発信していかねばと。この場が、まさにそうだと思った年初の8の日行動でした。」
20150109213031263
福岡では、この「8の日行動」を「NAZEN福岡」「星野文昭さんを取り戻す会・九州」や地域の仲間に支えられながら継続し、毎月1回の定例学習会と合わせて活動を続けています。

百万人署名運動の前進を勝ち取り、安倍政権打倒の年にしましょう。今年もともに闘おう!(百万人署名運動福岡県連絡会・事務局長 吉田和生)

1月9日金曜日、午後6時30分~今年第1回目の金曜行動がスタートしました。
8-8-DSC05957
2-2-DSC05942
今は冬時間なので、6時30分~8時まで、先頭(写真下)からデモコールが続きます。
4-4-DSC05948
ショートアピールも続きます。
印象的だったのは、『フタバから遠く離れて』の監督の舩橋淳さんが、福島の現実を忘れてはならない、福島の人々の苦闘とつながって原発の再稼働に反対していこう!と訴えていたことでした。

隣りにいた方のプラカードを撮させていただきました。
1-1-DSC05938
いつもマイ自転車で、首相官邸・国会周辺をデモしている人々もいます。
3-3-DSC05946
みなさん、防寒対策はばっちりです。
5-5-DSC05949
この官邸前金曜行動は、全国各地の大小さまざまな反原発金曜行動につながっています。
「命よりカネ」、戦争もカネ儲けの一環になってしまっているような末期的な資本主義社会の中で、安倍政権は財界と一心同体で原発の再稼働、輸出に突き進んでいます。そして、武器輸出も。
なんとか止めたい!という思いで、多くの人々が金曜行動に参加している。
そして、この思いは、新基地建設に反対している沖縄の人々や、過労死を強制するような労働現場で苦闘している労働者たち、さらに、安倍政権の農業破壊・教育破壊・福祉破壊等々に怒りを燃やしている人々の思いとつながっているはずです。
それぞれの場で全力で闘い、力を合わせて、今年こそ安倍政権をひっくり返していきましょう!(S)

142054955663594197180_150122
現代の治安維持法と闘う会 結成集会
警察の盗聴拡大を許さない! 「共謀罪」反対!
秘密保護法と戦争・改憲の安倍政権をたおそう


講演:荻野富士夫さん(小樽商科大学教授)
「治安維持法の時代を考える」
2015年1月22日(木)18時~
東京・弁護士会館2F「クレオ」にて


【呼びかけ人】荻野富士夫(小樽商科大学教授) 内田剛弘(弁護士 横浜事件第三次再審請求弁護団) 五野井郁夫(高千穂大学准教授) 長谷川英憲(救援連絡センター運営委員) 森川文人(弁護士 横浜事件国家賠償事件弁護団) 山本志都(弁護士 横浜事件国家賠償事件弁護団) (2014年12月29日現在)


「現代の治安維持法と闘う会」結成の呼びかけ(抜粋)

 安倍政権は、世界大恐慌と国際的な権益争いにおける敗勢に追いつめられ、「この道しかない」と、戦争に突入していく「いつか来た道」を突き進んでいます。昨年、集団的自衛権を容認する「7・1閣議決定」を強行し、「現代の治安維持法」と弾劾される特定秘密保護法を民衆の怒りの中で施行しました。さらに、日本を「戦争をする国」にするために、戦争関連法案と共に盗聴法の改悪や司法取引の新設、「共謀罪」等々の治安立法を成立させようと策動しています。

 15年戦争下では、「国体」に反するとみなされたすべての思想・言論・信教が厳しい取締りの対象になりました。この抑圧に使われたのが「治安維持法」を筆頭とする治安法体制でした。
 治安維持法による最後の大弾圧である「横浜事件」は、出版関係者など60数名が、当局によるでっち上げによって検挙され、激しい拷問の末に5名(1名は出獄直後に死亡)が殺された事件です。権力が戦争を遂行するには「治安の維持」が絶対に必要な前提なのです。

 安倍政権は、盗聴の拡大をはじめ司法取引や匿名証人の導入などの新捜査手法を盛り込んだ法案提出を予定しています。全国の警察施設で警察が立会人なしの盗聴が可能になり、しかも、盗聴対象は飛躍的に拡大され、人びとのつながりが監視の対象とされます。電話やメール等の盗聴のみならず、盗聴器設置による室内盗聴も狙われています。
 司法取引とは、自分が助かるために他人を売り渡すことを奨励する仕組みであり、人びとを分断し、デッチ上げ弾圧を促進します。匿名証人制度も、スパイが身分を隠して犯罪を作り上げることにつながります。こんな悪法は絶対に許せません。

 治安弾圧は、原則的かつ大衆的に反撃をすることで打ち破れます。安倍政権の「現代の治安維持法」攻撃を葬り去りましょう! この攻撃に立ち向かい共に闘うため、「現代の治安維持法と闘う会」結成集会にお集まりください。

【連絡先】
〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階
TEL03-3591-8224 FAX03-3591-8226
http://gendai-chianijihou.at.webry.info/

↑このページのトップヘ