とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2014年11月

11月8日(土)午後、有楽町マリオン前で行われた「裁判員制度はいらない!大運動」の定例街宣に参加しました。「11・14最高裁デモ」の案内が書かれた小リーフを配り、裁判員制度の廃止を求める署名を呼びかけました。

画像

画像

少女もビラまきに決起!


裁判員裁判は、2009年5月から始まりました。しかし、その制度の破たんがいよいよ明らかとなっています。

その1。裁判員選出のために呼び出しても、出頭を拒否する人が激増しています。出頭率は27%に。来た人も、「絶対やりたくないと言うために来た」という人が少なくありません。そして、出頭拒否で処罰された人は一人もいません。

その2。裁判員は途中で辞任できない制度になっていますが、この5年で500人が解任されています。今年1月の水戸地裁では、公判の途中で全員が辞めると言いだし、裁判自体が一からやり直しになってしまいました。

その3。検察の求刑を上回る重罰化が進んでいます。アスペルガー患者の大阪の事件では、「社会から隔離せよ」と長期刑をくだし、問題となりました。こうした傾向を裁判員裁判がない高等裁判所が是正しようとしましたが、裁判員制度そのものを否定するという矛盾を引き起こしています。

その4。福島県郡山市の元裁判員・青木さんが、殺人現場の写真を見せられ、音声を聞かされて急性ストレス障害になり、国家賠償請求裁判に立ち上がりました。しかし、裁判員との因果関係は認めたものの、判決は「我慢しろ」というもの。青木さんは判決を不当として仙台高裁に控訴しました。

その5。ところが、この判決を機に、「東京地裁がいたいのイラスト提出認めず」(10/21、読売)、「遺体写真など、衝撃的な証拠、排除広がる」(10/27、毎日)、「裁判員の負担 証拠を直視すべき時もある」(11/4、読売「社説」)など、裁判員裁判がいっそう揺らいできています。

画像

みな、自ら署名に来ます


闘いの継続はとても重要です。敵は追いつめられています。反撃を強化していきましょう。11・14最高裁デモにあつまりましょう。

「安倍は、教育基本法改悪の時に『この国を守るという気概を持つ国民を育てる』と言った。『この国を守る』という思想は『この国の治安を守るのは自分だ』という意識によって初めて支えられる。裁判員制度は、戦争体制を一番基底のところで形成する道具である」「私はこれを『心の改憲』と読んでいる」(弁護士・高山俊吉さん)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最高裁は裁判員候補者通知を発送するな!

裁判員制度は即刻廃止せよ! 11・14最高裁デモ

11月14日(金)正午、 日比谷公園・霞門に集合

12時10分にデモ出発


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





11月6日深夜、鹿児島県議会・原子力安全対策等特別委員会で川内原発再稼働を求める陳情が賛成多数で採択、続く7日の本会議でも採択された。そして、伊藤知事が再稼働の同意を表明した。

この暴挙に対し、鹿児島県庁に多くの住民らが駆けつけ、内外で「伊藤知事は県民の声を聞け!」と終日抗議、百万人署名運動福岡県連絡会の仲間もNAZEN福岡の仲間と共に駆けつけ闘い抜きました。NAZEN福岡のブログよりその様子を紹介します。

* * * * *

11月7日(金)朝9時、鹿児島県庁前で川内原発再稼働反対の行動に駆けつけました。呼びかけは「ストップ再稼働!3.11鹿児島集会実行委員会」です。

伊藤知事が招集する臨時県議会が11月5日に始まり、7日、知事が県議会の判断を受けて再稼働を了解するというということで、全国から400人(主催団体の発表)が結集しました。7日の行動に限定して、写真速報を配信します。

11月7日(金)朝9時、鹿児島県庁前で伊藤県知事の川内原発再稼働「同意」を許さない集会が開かれました。

画像


議会傍聴人数制限にもれた人々が県庁内にあるモニターで観ることができると県庁職員に聞いていたので入ろうとしたところ、職員らに止められました。

画像


「どうして中(県庁内)にわたしたちを入れないんですか?」「おかしいじゃないか!観れると言ったじゃないか」「議会の様子を知る権利があるはずです」県庁職員らの対応に怒りの声が次々、上がりました。

画像


どれだけ話しても対応は変わらず。
しばらくして、ネット配信をしているそうで「そちらをご覧ください」と説明された。
突然の一方的な変更、不適切な対応に怒りがじわじわと吹き出る。あまりに悔しい。腹立たしい。理不尽だ。
わたしたちは職員らのバリケード前で抗議集会を始めました。

画像


川内原発再稼働にNO!と声を上げ、全国から駆けつけた人々がリレートーク。
鹿児島から、玄海原発が立地する佐賀から、宮崎など九州各地から、そして全国から報告と抗議の声が続きました。
下の写真は長崎から駆けつけた藤田 祐幸さん。集まる人々に語りかけ、行動を続けようと激励しました。

画像


IWJの配信がありました。詳しくはそちらで観れます。
【11月7日 鹿児島県庁】(IWJ)
http://www.ustream.tv/recorded/55041807 ←クリックしてページを開いてご覧ください。

議会傍聴していた人々が戻ってきて報告。
向原 祥隆さんが手に紙製のプラカードを持ち、中の様子を話しました。

画像


川内原発再稼働NOと書かれたプラカードを掲げ、シュプレヒコール。

画像


川内原発の再稼動を容認した鹿児島県議会の様子をBBCが映像で伝えました。
BBC News - Japan governor approves Sendai reactor restart
http://bbc.in/1uEFYgI ←ここの文字をクリックすると記事が観られます。


桜島が活発に噴火(写真下)。
灰が目に入る。
口に入る。
こんなんでどーして再稼働?
人の命より金なんだなー(怒)

画像


記者会見、伊藤県知事への抗議、午後の抗議集会と続き、くたくたになりながらも、「あきらめません。今日がスタートです」と話す主催者たち。
そうだ、前に進もう。
まだまだこれからだ!
福島とつながり、全国各地の人々とともに、闘います。
大きなうねりを作り出し、川内原発再稼働とめよう。
(NAZEN福岡 田宮)











11月2日(日)、東京・日比谷野音で、「戦争と民営化の安倍政権を倒せ!11・2労働者総決起集会」が開催され、全国と世界から5700人が参加しました。以下、写真報道です。

画像



動画=4分30秒


画像

三里塚反対同盟と農民会議


画像

国鉄解雇撤回闘争と国鉄全国運動


画像

JR外注化阻止・非正規職撤廃の闘い


画像

韓国の律動


画像

民主労総訪日団


画像

ロサンゼルス統一教組・セシリー副委員長


画像

滞日外国人の迫力ある訴え


画像

百万人署名運動・西川事務局長


画像


------------------------------------------------
西川事務局長発言

 国境を越えた国際連帯を緊急課題とする今年の全国労働者総決起集会に参加できたことを心から喜んでいます。「とめよう戦争への道!百万人署名運動」の事務局長、西川重則と申します。

 「戦争は国会から始まる」。この言葉は、国会傍聴を15年続けてきた経験の中で、私が考え出しました。現在開かれている国会は、「戦争は国会から始まる」と指摘できる、文字通りそういう厳しい状況です。

 安倍・自民党は、今年1月の大会で、「不戦の誓いと平和国家の理念を貫く」という文言を自民党の運動方針から削除しました。そして、「靖国神社への参拝を受け継ぎ、国の礎となられた方々に対する尊崇の念を高め、感謝の誠を捧げ」るとしました。このことは、改憲をする、再び戦争をすることの宣言にほかなりません。
 そして安倍内閣は、7月1日、集団的自衛権行使容認の閣議決定を強行しました。これは憲法違反そのものであり、私は絶対に認めることはできません。「憲法改正」が自民党の党是であり、安倍首相が「戦後レジームからの脱却」を唱えるとしても、主権者・有権者、労働者・市民はそれを絶対に許さないのです。

 現在の国会において、どのような政治が行われているのか、直接傍聴するとよくわかります。今国会で審議されている「地方創生」に関する特別委員会は重大だと思いました。
 「戦争は国会から始まる」とすれば、その侵略・加害の歴史を具体的に創り出したのが地方自治体だからです。
 石破茂氏が自民党の幹事長であった時、全県的に「改憲を目指す対話集会」を行いました。その石破氏が安倍改造内閣の地方創生大臣に就任しています。石破氏はかつての衆院憲法調査会で、「徴兵制が憲法違反とは考えられない」(2002年5月23日)という発言をしています。その彼が現在の「地方創生」特別委員会でどんな答弁をしているのか、想像に難くないでしょう。

 来年は戦後70年です。しかし、集団的自衛権行使容認の閣議決定に対応して日米安保ガイドラインの再改訂も予定され、戦争をするための多くの悪法が準備されています。
 さらに、戦死・戦病死者を靖国神社に合祀して「英霊尊崇」の対象とし、天皇の神社・靖国を国家護持にしようとしています。

 中国始めアジアの国々、人々が「父を殺した人間を首相が参拝するとは何ごとか!」と心から怒り、叫ぶ追悼の思いを理解することのない安倍首相、閣僚、多くの国会議員の現実を私は無視できません。

 この日本は、戦争が「自衛」の名の下に行われてきたことを何ら反省することなく、相手の国の非を誇大化し、「自衛」を大義名分化し、開戦の道を再び突き進もうとしているのではないでしょうか。

 改めて私は、侵略・加害の歴史を心に刻み、国際連帯による戦争絶対反対・改憲阻止の共なる戦いを決意表明します。
 戦争絶対反対の戦いを広げ、安倍政権を打ち倒しましょう。終わります。
------------------------------------------------

画像

全国水平同盟 植木団地 高槻支部


画像

デモに出発


画像


画像


画像


画像




集団的自衛権行使・憲法改悪反対労組声明

 われわれは7月1日に強行された集団的自衛権行使を認める閣議決定を絶対に許さない。「国権の発動たる戦争は永久にこれを放棄する」「国の交戦権はこれを認めない」と定めたはずの憲法は踏みにじられ、戦争への歯止めが外れようとしている。われわれは歴史の分岐点に立った。戦争への道を阻止しなければならない。それはどんな困難を伴おうとやりとげなければいけない課題だ。それは平和を求める労働者の特別の任務だ。

 安倍首相は、「安全保障環境は変化した」「自由や幸福追求の権利、国民の生命が脅かされていいのか」「必要最小限武力行使は憲法上許される」と言って、集団的自衛権行使を正当化する。戦争への道を美しい言葉で敷きつめようというのだ。しかし、彼らが守ろうとしているのは幸福や生命ではない。貪欲な資本家たちの利益でありその国家だ。そのために血を流せと言っているのだ。そのために青年を戦場に送ろうとしているのだ。「真実など見るな、沈黙しろ!」と特定秘密法を制定したのだ。そして、財界の念願の要求に応じて武器輸出三原則を見直したのだ。
 すべての戦争は「自衛」の名において始まることを片時も忘れてはならない。かつて歩んでしまったアジア諸国への侵略戦争がいかなる経過をたどって泥沼のように拡大し、どれほどの惨禍を民衆に強制したのか。安倍首相は歴史を偽造してその戦争を崇高な行為として賛美し、再び国家主義や排外主義、領土問題を洪水のようにあおって、憎悪と恐怖を時代の精神に仕立てあげようとしている。愛国主義はならず者の最後の砦だ。

 「戦争をする国」への転換は、これまでの社会のあり方を全て破壊して暴れ回る力を生み出す。外への侵略戦争は内に向けた労働者への戦争とひとつのものだ。
 現に、集団的自衛権行使容認と一体で、社会丸ごとの民営化、総非正規職化や解雇自由化、派遣法大改悪、国家戦略特区の指定など、労働者の権利と未来を打ち砕く攻撃が加えられている。特に教育と報道が激しく攻撃され、「貧困による徴兵」が若者たちにのしかかろうとしている。福島ではこれまで人類が経験したことのない大規模な放射能汚染が拡大しているというのに、原子力政策を維持するために真実を隠し、200万県民が見殺しにされている。沖縄では新たな米軍基地建設が始まろうとしている。日米防衛協力の指針が改訂され、来春の通常国会では無数の関連法や治安弾圧立法の成立が画策されている。何もかもが戦争をすることを前提に組み替えられようとしている。

 安倍政権を戦争に突き動かしているのは資本主義体制の出口なき危機だ。世界恐慌が生み出した深い危機が、イラクで、シリアで、ウクライナで、バレスチナで、そして東アジアで戦争への衝動を生み出している。
 世界最悪の財政破綻国・日本は、巨額の量的金融緩和と財政出動を柱とした「アベノミクス」を掲げて「今日」をしのいでいる。しかしそれが破滅的政策にほかならないことは彼ら自信が一番よく知っている。誰ひとりとして明日への確信をもっていない。資本主義体制は歴史的限界に行き着き、危機にあえいでいる。

 1950年、朝鮮侵略戦争の最中に強行された再軍備=警察予備隊の創設以来、戦後の歴史は、労働運動を解体して再び戦争のできる国に変貌させようとする政治反動と、それを許すまじと立ち上がった労働者の闘いの歴史であった。その闘いこそが戦争を阻んできた力であった。その営々たる闘いを憲法もろとも打ち砕こうというのだ。

 大きな転換点となったのは、戦後最大の労働運動解体攻撃として仕組まれた国鉄分割・民営化だった。これまでは息をひそめていた反動が大手を振って歩く現実は、それ以降の労働運動のとめどない後退によって生み出されたものだ。しかし、30年余り猛威を振るった新自由主義攻撃は、限度をこえた社会的崩壊を生み出し、怒りの声は社会の隅々まで積みあがっている。誰もが変革を求めている。今こそその流れを断ち切って団結を取り戻そう。労働組合をよみがえらよう。労働者の闘いこそが戦争を止める力だ。

 われわれには、同じ一つの攻撃にさらされ、同じ一つの希望に向かって前進する労働者の力強い叫び声が世界中に響きわたっているのが聞こえる。「もうたくさんだ!」という怒りの声がストライキとなり、街中を埋め尽くすスクラムとなって燃え上がっている。資本家たちが引き起こす強盗戦争を止めるために全世界の労働者が固くスクラムを組もう。労働者には「国境」も「固有の領土」も存在しない。労働者の国際連帯をかけて改憲と戦争に突き進む反動安倍政権を打倒しよう。

 2014年11月2日

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
全国金属機械労働組合港合同
国鉄千葉動力車労働組合



動労千葉の写真速報ページ
http://www.doro-chiba.org/index.html









■世界の労働者と団結し、民営化と戦争の道を許すな!今こそ闘う労働組合を全国の職場に!11.2全国労働者総決起集会
とき◆11月2日(日)正午~、集会後デモあり/ところ◆日比谷野外音楽堂(地下鉄「霞ヶ関」すぐ、日比谷公園内)/アピール◆韓国から民主労総ソウル地域本部・鉄道労働組合、アメリカからロスアンゼルス統一教組(UTLA)、福島から佐藤幸子さん(福島診療所建設委員会呼びかけ人)、長崎から城臺美弥子さん(長崎被爆者・NAZENナガサキ)/呼びかけ◆全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合、国鉄闘争全国運動(tel.043-222-7207)

■11.3労働者国際連帯集会
とき◆11月3日(月・休)午後1時開会、ビデオ上映/ところ◆千葉商工会議所第1ホール(千葉市中央区中央2-5-1、千葉中央ツインビル2号館14階)/発言◆韓国・民主労総ソウル本部、アメリカ・ロサンゼルス統一教組、ドイツから、日本で闘う外国人労働者から/主催◆11.2全国労働者総決起集会実行委員会(tel.043-222-7207)

■朝鮮女性史ミニ講座「海を渡ってきた朝鮮女性たち」
とき◆11月4日(火)午後1時30分~4時/ところ◆高麗博物館(新宿区大久保1-12-1第2韓国広場ビル7F)/資料代600円(入館料含む)/お話◆朝鮮女性史研究会の会員/主催◆高麗博物館(tel.03-5272-3510)

■東電本店合同抗議
とき◆11月5日(水)午後7時~8時/ところ◆東京電力本店前(千代田区内幸町、JR新橋駅5分)/呼びかけ◆経産省前テントひろば、たんぽぽ舎(tel.03-3238-9035)

■11・6 秘密保護法施行するな!院内集会
とき◆11月6日(木)正午開場~午後1時30分/ところ◆衆議院第一議員会館・多目的会議室/発言◆国会議員、表現者、市民団体/廃止署名提出/主催◆「秘密保護法」廃止へ!実行委員会(tel.03-3330-8270)

■NO!辺野古新基地 防衛省への抗議行動
とき◆11月10日(月)午後6時30分~/ところ◆防衛省正門前(JR「市ヶ谷」5分)/主催辺野古への基地建設を許さない実行委員会(tel.090-3910-4140関東一坪)

■戦争させない・9条壊すな!11.11総がかり国会包囲行動
とき◆11月11日(火)午後6時30分~8時/ところ◆国会議事堂周辺/主催◆戦争をさせない1000人委員会、解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会(tel.03-3261-9007憲法会議)

■獄中40年無実の獄壁から「愛と革命」、星野文昭絵画展
とき◆①11月12日(水)・13日(木)午後2時~5時/ところ◆港区民センター2F「楓の間」(大阪市港区弁天2-1-5) /②11月15日(土)午前11時~5時/ところ◆田中機械ホール(大阪市港区南市岡3-6-26)/11/15午後3時~同会場でお連れ合いの星野暁子さん講演会あり/入場無料 /主催◆星野文昭絵画展・港実行委員会(tel.06-7503-7232)

■裁判員制度はいらない!最高裁に向け都心デモ
とき◆11月14日(金)正午~/集合場所◆日比谷公園霞門(地下鉄「霞ヶ関」B2出口、弁護士会館前)/デモコース◆日弁連~裁判所~首相官邸脇~各政党本部~最高裁/主催◆裁判員制度はいらない!大運動(tel.03-5510-4985)

■11・18秘密保護法施行するな!国会正門前行動
とき◆11月18日(火)正午~午後1時/ところ◆国会正門前/続いて1時15分~首相官邸前で秘密保護法準備室抗議行動あり/主催◆「秘密保護法」廃止へ!実行委員会(tel.03-3330-8270)

■阿佐ヶ谷市民講座「日本軍『慰安婦』制度と朝日新聞バッシング」
とき◆11月20日(木)午後6時30分~/ところ◆劇団展望(杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)/講師◆林博史さん(関東学院大学教授・現代史)/参加費1000円/主催◆阿佐ヶ谷市民講座実行委(tel.090-8080-6860)

■久留米・定例学習会
とき◆11月22日(土)午前10時~12時30分/ところ◆えーるピア久留米203号室(福岡県久留米市諏訪野町1830-6)/テキスト◆「百万人署名運動全国通信」11月号/主催◆百万人署名運動福岡県連絡会・久留米(tel.090-7539-7497)

■NO!辺野古新基地 首相官邸への抗議行動
とき◆11月22日(土)午後2時~/ところ◆国会記者会館前(地下鉄「国会議事堂前」出口3すぐ)/主催◆辺野古への基地建設を許さない実行委員会(tel.090-3910-4140関東一坪)

■映画上映会「わすれない ふくしま」(四ノ宮浩監督、98分)
とき◆11月23日(日)午後1時30分開会/ところ◆船橋中央公民館・視聴覚室(京成「船橋」5分)/参加費300円/主催◆原発なくせ!ちばアクション(tel.043-225-2207ちば合同労組)

■ふくしま共同診療所報告会
とき◆11月23日(日)午後1時30分開会/ところ◆長崎市男女共同参画推進センターアマランス研修室1/お話◆杉井吉彦さん(医師)「甲状腺エコー検査から見えてきたもの」/カンパ500円/主催◆NAZENナガサキ(tel.095-800-1107)

■「圧殺の海~沖縄・辺野古」(2014年10月完成、90分)
とき◆11月24日(月・祝)、25日(火)、30日(日)/ところ◆スペース・オルタ(神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1)/上映時間◆各日3回上映(午後1時~、3時30分~、6時~)/チケット◆1200円(前売1000円)/共催◆スペース・オルタ(tel.045-472-6349)、森の映画社(tel.090-8278-6839)

■検証!成田空港と住民の暮らしシンポジウム
とき◆11月29日(土)午後1時20分開始/ところ◆成田公民館・市民ホール(千葉県成田市田町299-2)/講師◆松井利仁さん(北海道大学大学院教授)/資料代500円/主催◆市東さんの農地取り上げに反対する会(fax.050-3588-0142)

■100万人の署名で星野さんをとり戻そう!11.29全国集会
とき◆11月29日(土)午後2時開始/ところ◆四谷区民ホール(新宿区内藤町87四谷区民センター9F)/会場費500円/内容◆星野文昭さんメッセージ、再審弁護団報告/主催◆星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議(tel.03-3591-8224)

■映画「A2-B-C」(福島の子どもたちを追った記録映画、71分)上尾上映会~
とき◆11月30日(日)①午前10時30分~上映、②午後2時上映~、上映後フリートーク。4時30分~上尾駅までデモあり/ところ◆上尾市コミュニティセンター(上尾市柏座4-2-3、上尾市西口10分)/観賞料1000円/主催◆NAZENさいたま(tel.090-4000-2756)

■映画「A2-B-C」上映会&講演会
とき◆11月30日(日)午後1時~/ところ◆大月キリストの教会(大月市駒橋1-9-14)/講師◆ふくしま共同診療所の医師/主催◆郡内地区映画を観る会(tel.0554-22-0312)

■「内部被曝を許さない!」NAZEN福岡3周年集会
とき◆11月30日(日)午後1時30分~/ところ◆福岡農民会館4F大ホール(福岡市中央区今泉1-13-19)/講演◆杉井吉彦さん(ふくしま共同診療所医師)「被曝と真正面から向き合い、福島の子どもの健康を守る」、特別提起◆城臺美弥子さん「8.9長崎平和祈念式典での、被爆者代表発言への思い」/主催◆NAZEN福岡(tel.092-483-0860)









↑このページのトップヘ