とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2014年10月

10月8日、市東孝雄さん(三里塚芝山連合空港反対同盟)がNAA(成田空港会社)と千葉県を相手取って闘う農地裁判の第3回控訴審が東京高等裁判所で行われました。

反対同盟はこの日、6月25日の第2回控訴審以降集めた4237筆の署名を東京高裁第19民事部へ提出しました。

反対同盟農民と支援は、毎月1回、空港周辺地域を回って、予定されている第3滑走路問題について訴え、「反対同盟ニュース」を配り、「農地取り上げ反対」署名への協力を依頼しています。また、反改憲・反原発を闘う人々にも署名を訴えに出かけています。そうした中で集めた貴重な署名、提出した署名合計は1万7391筆となりました。

裁判では、裁判長の交代(貝阿彌裁判長→小林昭彦裁判長)による更新手続きとして、市東孝雄さんと弁護団の意見陳述が行われました。市東さんは20分にわたり農業を続ける思いを語り、NAAらの違法・不当性を訴えました。

他方、被控訴人のNAAと千葉県側はこの日、前回の法廷で市東さん側が提出した求釈明書に対してダンマリ、いっさい応じようとしませんでした。これに対し、小林裁判長は「事実に関するところで認否、反論をおこなうように」と、12月1日までに書面での提出を命じました。
市東孝雄さん、弁護団の奮闘が切り開いた大きな勝利です。

次回裁判は3月4日となりました。

裁判の前に、正午から東京高裁を包囲する霞ヶ関デモがありました。日比谷公園霞門を出て右折、高等検察庁・公安調査庁・最高検察庁前を通って内堀通りへ、「桜田門」を左折して、法務省前、高裁前へ。さらに直進しテントひろばのある交差点を左折して日比谷公園西幸門まで、昼休みの官庁街をアピールして歩きました。

   闘いへの檄を発する三里塚芝山空港反対同盟事務局長の北原鉱治さん(92歳)

画像


   反対同盟先頭にデモに出発

画像


画像


画像


10月12日には三里塚現地での全国集会があります。会場の反対同盟員の畑はわかりにくいですが、成田駅からマイクロバスも出ますので、初めての方もぜひご参加ください。 


市東さんの農地を守ろう!第3滑走路計画粉砕!10.12三里塚全国集会
とき◆10月12日(日)正午~集会、集会後デモ
ところ◆成田市東峰 反対同盟員所有畑
【行き方】
①JR成田駅前から午前11時20分発のマイクロバスあり、片道500円往復900円。
②コミュニティバスは成田市役所前発11時44分があり。バス停「東峰」下車、200円。
③成田駅からタクシーで東峰十字路まで約2500円。
主催◆三里塚芝山連合空港反対同盟(tel.0476-35-0087)



【三里塚、農地裁判の現状について】

突然の農地明け渡し要求

市東孝雄(しとう・たかお)さんは千葉県成田市で、親子3代、約100年にわたって農地を耕しつづけてきた農民です。父・東市(とういち)さんが1987年から有機完全無農薬の野菜づくりを始め、その後東市さんが亡くなられたため、1999年から家に戻り受け継ぎました。今では年間50種類以上の野菜を栽培しています。

市東さんの畑はおじいさんが開墾したものですから、戦後の農地改革の時に、市東さんが所有者になっているはずの農地でした。しかし、父・東市さんの復員が遅れるなどの事情で、登記手続きが適切に行われず、いわゆる「残存小作地」(農地改革で自作地に転換されなかった農地)として、残された農地でした。実質的には市東さんの所有地なのです。

ところが空港公団(NAAの前身)は、「小作地として残された」ことに目をつけ、市東さんに内緒で名義上の地主から農地を買収し、しかもその事実を隠し続け、15年たった2003年になって、初めて土地の登記をして、市東さんに農地を明け渡せと迫りました。

48年前に閣議決定された国策成田空港建設は農民たちの大反対闘争の中、土地収用法による農地強奪によって建設が強行されました。しかし、農地死守!で闘い抜く反対同盟農民の闘いによって完成が阻まれています。現在、土地収用法の期限はすでに切れ、空港用地は任意買収によるしかありません。

不当な数々の攻撃の中、市東さんの家や畑は空港の中に取り囲まれてしまいました。(下写真)

画像


この明け渡しを断った市東さんに対しNAAは、農業と農民を守る趣旨の農地法を悪用して市東さんの農地を奪い取ろうと、2008年に裁判を起こしたのです。

デタラメなNAA

裁判が始まると、「明け渡せ」とする場所が違っていたり、NAAが出した唯一の証拠が偽造だったり、とんでもないデタラメが明らかになりました。何より農地と農民を守るべき農地法に違反した違法の数々が法廷の場で明らかにされました。

しかし、「国策裁判」を行う千葉地裁・多見谷(たみや)寿郎裁判長は、昨年7月29日、NAA勝訴の不当判決を下したのです。

反対同盟は直ちに控訴。千葉から東京に舞台を移し、東京高裁で控訴審が闘われています。

この農地取り上げ以外にも、市東さんを追い出し反対同盟の闘いをつぶすために、NAAは数々の暴挙を行っています。

これはひとり市東さんや反対同盟だけの問題ではありません。
食と命を育む農業の価値こそが再認識されている時に、「農地法による農地の取り上げ」――こんなことを許すことはできません。

TPP(環太平洋経済連携協定)や減反政策の廃止などの農業・農民切り捨てに抵抗する日本の農民みんなにかかわる問題です。

また、軍事空港反対・農地死守を掲げ48年間たたかい続ける三里塚闘争は、改憲・戦争反対や反動政権による国策と闘うすべての人々に、多くの教訓を示している反戦の砦です。

















百万人署名運動・山梨連絡会と郡内地区連絡会は、山梨合同労働組合とともに10月4日、北富士演習場での沖縄海兵隊のオスプレイ離着陸訓練反対の申し入れ行動を行いました。

午前10時に北富士演習場梨ヶ原敞舎前に8人で結集、「オスプレイ反対」の横断幕やノボリを掲げて、「オスプレイ北富士訓練反対!」、「北富士を侵略戦争の演習場にさせないぞ!」、「米軍はイラク・シリア空爆を直ちにやめよ!」、「安倍内閣の支持と参戦を許さないぞ!」、とシュプレヒコールを上げました。

    北富士演習場梨ヶ原敞舎前
画像


その後、自衛隊北富士駐屯地で3団体が、安倍首相、江渡防衛大臣への申し入れを読み上げて手渡し、今後の北富士でのオスプレイ訓練絶対反対を申し入れました。

      北富士駐屯地前
画像


一昨年沖縄の労働者人民の反対の中で導入されたMV22オスプレイは、それまでのCH46輸送ヘリに比べ、巡航速度、兵員と物資の搭載量ともに数倍の能力をもち空中給油が可能です。海兵隊は侵略戦争の最先端で突撃していく部隊であり、オスプレイはアメリカのアジア重視戦略の一翼を担って投入されました。

北富士演習場は、沖縄の海兵隊が長距離砲の実弾演習を恒常的に行う演習場です。そのためオスプレイは演習のたびに海兵隊と一緒に北富士にやってくることになります。8月19日からの北富士でのオスプレイ訓練に際し、山梨連絡会は山梨県に対して「北富士をオスプレイ訓練に使わせるな」の申し入れを行いました。

この初の訓練で海兵隊は、演習場使用管理規則に違反した夜間演習や民間上空の低空飛行を行いました。しかし7・1集団的自衛権の行使容認で戦争をする国への転換にふみきった政府やそれに追随する山梨県は、この事態に抗議することすらなく、つぎつぎと演習を容認しています。

10月4日の2回目のオスプレイ訓練は悪天候を理由に中止となりましたが、すでに10月中旬の3回目の訓練が予定されています。
私たちは北富士でのオスプレイ訓練に反対し、山梨の労働者学生にいまこそ戦争反対に立ち上がることを訴えて闘います。(山梨連絡会 I )


   ●10/5付、山梨日日新聞記事

画像











9月10日に、原子力規制委員会が、川内原発1号炉及び2号炉の再稼働に向け、基準に適合していると結論付けた「審査書」を正式決定しました。本当に許せません。政府、九州電力は川内原発の再稼動に向けて動き出していますが、鹿児島現地では絶対反対の闘いが不屈に取り組まれています。

9月28日には、鹿児島県内の個人・労組・市民団体が参加する実行委員会が主催した「ストップ川内原発再稼働!9.28全国集会&デモ」が行われ、全国から7500人が参加して、安倍政権、九州電力に川内原発再稼動ぜったい反対の大きな意志・怒りをたたきつけました。

西日本新聞 朝刊 (9月29日付)。佐賀の一部地域でヨウ素剤配布が始まったことが横に載っています。

画像


鹿児島市内の天文館公園は人、人、人でいっぱいとなりました。

画像


反原発・かごしまネット代表の向原祥隆さん、ルポライターの鎌田慧さんらが発言。鎌田さんが「安倍政権が進める再稼働は、人間が死んでももうかればいいという論理。国民への挑戦だ」と言われたのが印象に残りました。佐賀からは「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」代表の石丸初美さんが発言。福島現地、各地の議員発言、鹿児島現地の議員発言、鹿児島の市民団体からの発言などが続きました。

画像


集会後、繁華街へデモに出ました。
原発いらない!再稼働とめよう!川内原発再稼働とめよう!
NAZENのデモ隊列です。

画像


百万もノボリ旗を持って参加しました。

画像


歩道でいっしょに踊りながらコールする青年たち、車の中からエールを送る労働者、うなずきながら運転するバスの運転士。椎名千恵子さんが一生懸命に福島のことを話し、「再稼働してはいけません。福島から来ました」と訴える姿を、街の人びとも真剣に見つめていました。

デモの様子は、下記のビデオに詳しいです。(脱原発デモカメラマン・制作:秋山理央さん)




鹿児島市内にこれほど多くの人が集まり、再稼働にNO!と声を上げることができたことは、大きな力です。再稼動阻止へ、これからも継続して行動を拡大しましょう。(福岡県連絡会 T)


















9月29日(月)から臨時国会が始まった。この日、さまざまな団体の共同行動で、終日、国会周辺では「安倍はやめろ!」と抗議の声があげられた。

画像


午前中から、破防法・組対法に反対する共同行動や9条改憲阻止の会などが議員会館前で座り込み、正午からは秘密保護法廃止実行委員会や戦争させない1000人委員会、9条壊すな!実行委員会などに参加する団体が、首相官邸前、国会正門前、議員会館前、国会図書館前、憲政記念館前などのエリアでそれぞれ集会を持ち、ヒューマンチェーンで国会を包囲、約2000人が参加した。私たちは、国会正門前での行動に参加した。

画像


画像


7.1に集団的自衛権容認の閣議決定を強行した安倍首相は、それを携えて、経済界と一体となって海外に商売に走り回っている。それくらい、今の財界と安倍政権の危機は深刻なのだろう。しかし、それをいくら「国民のため」と繰り返しても空々しく、「それはウソだ」と見抜かれてしまっている。この日の安倍首相の所信表明演説の中身の寒々しさの中にも安倍政権の危機が示されていると感じた。

画像


画像


それにしても、国会周辺に行くと、これが憲法下の国会なのか?!と思う。この日も例外ではなかった。まず、警察の不当な警備状態だ。それも「天皇警備」。国会開会日に天皇が出席するが、その警備と称して今回は国会正門前周辺を鉄柵で封鎖し、その周辺を通行することをも許さないという不当なことを行った。こんなことはこれまでになかったこと。

画像


画像


正門前へ行かせろ!と抗議を続けた。

画像


このせいで、国会図書館方向から国会正門前に向かった百万人署名運動の仲間の一人は、途中で正門方向に行けず、戻ってグルリと大回りさせられた。ところが反対側から正門前に行こうとすると、今度はまた途中で警官から「ここから正門方向へは行けない」と制せられまた別方向へ。連絡を受け迎えに行った仲間が抗議してやっと合流できたが、こんな形で他の人たちも分断させられたのではないだろうか。

ところが、なんと!「日の丸」を持った一団は正門前を堂々通過させたのです!
「日の丸」が小さくてわかりづらいのですが…。

画像


そして、抗議の中、天皇の車列が出て行った後、やっと封鎖が解かれたのです。いったい主権者は誰なのか!

画像


画像


画像



また夕方も、6時30分~8時まで、首相官邸前で抗議行動があり、昼間参加できなかった人たちも駆けつけ、「戦争する国絶対反対!」と抗議の声をあげた。(S)

画像


画像


画像


画像

















■「戦争は教育から始まる」を阻止する10.3集会
とき◆10月3日(金)午後3時30分~都教委への要請行動(都庁第二庁舎前・都庁通りに集合)、6時30分集会開始/ところ◆角筈区民ホール(都庁裏、新宿区西新宿4-33-7)/資料代500円/集会内容◆基調報告、学校現場から闘いの報告、学校に入り込む自衛隊、排外主義と闘うコリアンたち、治安弾圧の強化と共謀罪ほか/主催◆都教委包囲・首都圏ネット(tel.090-5415-9194)

ドキュメンタリー映画『SAYAMA』上映&トークライブ
とき◆10月4日(土)午後3時上映開始(105分)、5時~7時トークライブ/ところ◆在日韓国YMCA・地下1FスペースY(千代田区猿楽町2-5-5、JR水道橋駅東口6分)/入場料1500円、要予約/問合せ◆映画『SAYAMA』製作委員会(tel.042-316-5882)

裁判員制度を考える学習集会
とき◆10月4日(土)午後6時30分~/ところ◆川崎市多摩区市民館・会議室(多摩区総合庁舎内、小田急線「向ヶ丘遊園」北口5分)/お話◆竹内更一さん(弁護士、憲法と人権の日弁連をめざす会事務局長)/呼びかけ◆登戸宿の会(tel.044-933-4780中島)

戦争と民営化絶対反対!10.5岡山労働者集会
とき◆10月5日(日)午後3時~5時/ところ◆岡山国際交流センター5F会議室3(岡山市北区奉還町2-2-1)/発言◆山田和広さん(動労西日本書記長)ほか/主催◆国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動・岡山(tel.090-1325-0414山田)

12.6を忘れない6の日行動(台風のため中止
とき◆10月6日(月)正午~午後1時/ところ◆衆議院第2議員会館前/主催◆「秘密保護法」廃止へ!実行委員会(tel.03-3330-8270)
【院内集会】午後2時~、参議院議員会館B104、お話:海渡雄一さん(弁護士)

辺野古新基地建設中止を! 防衛省前抗議行動(台風のため中止
とき◆10月6日(月)午後6時30分~/ところ◆防衛省正門前(JR・地下鉄「市ヶ谷」5分)/主催◆辺野古への基地建設を許さない実行委員会(tel.090-3910-4140 沖縄関東一坪)

市東さんの農地裁判第3回控訴審、東京高裁包囲行動
とき◆10月8日(水)正午~高裁包囲デモ(日比谷公園霞門に集合)、午後2時10分~30分整理券交付、3時開廷/ところ◆東京高等裁判所102号法廷(地下鉄「霞ヶ関」A1出口すぐ)
報告集会】裁判終了後、4時30分位から。会場は虎ノ門ビジネスセンター(港区虎ノ門1-19-9 虎ノ門TBLビル6F)/問合せ◆三里塚芝山連合空港反対同盟(tel.0476-35-0087)

閣議決定撤回!憲法違反の集団的自衛権行使に反対する10.8日比谷野音大集会&パレード
とき◆10月8日(木)午後6時~集会、7時30分~パレード(銀座方面と国会方面の2ルート)/ところ◆日比谷野外音楽堂(日比谷公園内)/主催◆日本弁護士連合会(tel.03-3580-9941)、協力:戦争をさせない1000人委員会・解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会・立憲デモクラシーの会

10.9辺野古への基地建設を許さない 防衛省抗議行動
~10月9日 沖縄県庁包囲行動に連帯して~
とき◆10月9日(木)午後6時30分~/ところ◆防衛省正門前(JR・地下鉄「市ヶ谷」5分)/呼びかけ◆辺野古への基地建設を許さない実行委員会(tel.090-3910-4140 沖縄関東一坪)

久留米・定例学習会
とき◆10月11日(土)午前10時~12時30分/ところ◆えーるピア久留米203号室(福岡県久留米市諏訪野町18306)/テキスト◆「百万人署名運動全国通信」10月号/主催◆百万人署名運動福岡県連絡会・久留米(tel.090-7539-7497)

市東さんの農地を守ろう!第3滑走路計画粉砕!10.12三里塚全国集会
とき◆10月12日(日)正午~集会、集会後デモ/ところ◆成田市東峰 反対同盟員所有畑【行き方】①JR成田駅前から午前11時20分発のマイクロバスあり、片道500円往復900円。②コミュニティバスは成田市役所前発11時44分があり(「東峰」下車)、200円。③成田駅からタクシーで東峰十字路まで約2500円/主催◆三里塚芝山連合空港反対同盟(tel.0476-35-0087)

テント裁判第8回口頭弁論
とき◆10月14日(火)午前10時30分開廷、傍聴抽選は10時締め切り/ところ◆東京地裁103号法廷(地下鉄「霞ヶ関」A1出口すぐ)/問合せ◆経産省前テントひろば(tel.070-6473-1947)

阿佐ヶ谷市民講座「反原発・反改憲と労働組合」
とき◆10月16日(木)午後6時30分~/ところ◆劇団展望(杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)/講師◆石井真一さん(動労水戸委員長)/参加費1000円/主催◆阿佐ヶ谷市民講座実行委(tel.090-8080-6860)

第25弾 東電本店直撃デモ
とき◆10月16日(木)午後6時30分~デモ/集合◆桜田公園(港区新橋3-16、JR「新橋」烏森口2分)/5時30分~JR新橋駅SL広場でリレーアピール/安倍を倒せ!川内原発再稼動阻止!東電の事故の責任を取れ!/主催◆原発とめろ!新橋アクション(tel.03-3778-0717南部ユニオン)

10・17戦争への道をゆるさない東京集会
とき◆10月17日(金)午後6時30分開会/ところ◆日比谷公会堂(日比谷公園内)/講師◆前泊博盛さん(沖縄国際大学教授、元琉球新報論説委員長)「集団的自衛権行使容認閣議決定撤廃と沖縄」/主催◆戦争をさせない東京1000人委員会(tel.03-5443-4110)

松江・星野文昭絵画展
とき◆10月18日(土)~20日(月)/ところ◆松江市市民活動センター1F展示ブース(島根県松江市白潟本町43、JR松江駅10分)/18日は正午~午後9時、19日と20日は午前9時~、入場無料/主催◆星野文昭絵画展実行委員会(tel.090-2006-9119)

10.19戦争・民営化と闘う福岡労働者集会
とき◆10月19日(日)午後1時~/ところ◆ももちパレス・視聴覚室(福岡市地下鉄「藤崎」すぐ)/提起◆羽廣憲さん(国労小倉地区闘争団)「集団的自衛権閣議決定と国鉄決戦の展望」/主催◆国鉄全国運動・九州(tel.092-483-0860)

10.21国際反戦デー大街宣
とき◆10月21日(火)午後4時30分~6時/ところ◆福岡市中央区天神 コア前/共催◆百万人署名運動福岡県連絡会(tel.080-5218-1917)、福岡県労組交流センター

10.21国際反戦デー 集会&渋谷デモ
とき◆10月21日(火)午後6時30分~/ところ◆代々木公園・ケヤキ並木(JR「原宿」5分、NHK隣り)/呼びかけ◆全国労働組合交流センター(tel.03-3845-7461)、全国学生自治会総連合(斎藤郁真委員長)

裁判員候補通知の発送を許さない!10.22千葉地裁前行動
とき◆10月22日(水)正午~午後1時 千葉地裁前行動、2時~報告・学習会/ところ◆千葉市文化センター9階(千葉市中央区中央2-5-1、中央公園の斜め横)/講師◆高山俊吉さん(弁護士、憲法と人権の日弁連をめざす会代表)/主催◆裁判員制度はいらない!千葉県実行委員会(tel.090-4017-8373 深谷)

重慶大爆撃裁判・最終弁論
とき◆10月22日(水)午後2時~4時、1時~霞ヶ関ミニデモ(日比谷公園霞門に12時50分集合)/ところ◆東京地方裁判所103号法廷(地下鉄「霞ヶ関」A1出口すぐ)/問合せ◆重慶大爆撃訴訟弁護団(tel.03-3501-5558一瀬法律事務所)

函館市大間原発建設差し止め裁判・第2回口頭弁論
とき◆10月29日(水)午後2時30分~傍聴券配布・抽選、3時開廷/ところ◆東京地方裁判所103号法廷(地下鉄「霞ヶ関」A1出口すぐ)/問合せ◆大間原発反対関東の会(tel.047-423-6676玉中)

裁判員制度に反対する仙台市民集会
とき◆10月30日(木)午後6時~/ところ◆仙台市戦争復興記念館4F・第一会議室(宮城県仙台市青葉区大町二丁目12番1号)/講演◆高山俊吉さん(弁護士、「裁判員制度はいらない!大運動」呼びかけ人)/参加費無料/主催◆裁判員制度はいらない!大運動(tel.022-225-3774織田法律事務所)、共催:死刑廃止連絡会・みやぎ、百万人署名運動・宮城県連絡会

秋の憲法の集い
とき◆10月30日(木)午後6時30分開演/ところ◆室蘭市民会館2F(北海道室蘭市輪西町2-5-1)/講演◆清水雅彦さん(日本体育大学教授・憲法学)「『戦争のボタン』押しますか?」/参加費500円/主催◆憲法を守る室蘭地域ネット(tel.0143-22-4714増岡)

世界の労働者と団結し、民営化と戦争の道を許すな!今こそ闘う労働組合を全国の職場に!11.2全国労働者総決起集会
とき◆11月2日(日)正午~/ところ◆日比谷野外音楽堂(日比谷公園内)/主催◆全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合(tel.043-222-7207)

11.3労働者国際連帯集会
とき◆11月3日(月・休)午後1時開会、ビデオ上映/ところ◆千葉商工会議所第1ホール(千葉市中央区中央2-5-1、千葉中央ツインビル2号館14階)/発言◆韓国・民主労総ソウル本部、アメリカ・ロサンゼルス統一教組、ドイツから、日本で闘う外国人労働者から/主催◆11.2全国労働者総決起集会実行委員会(tel.043-222-7207)










↑このページのトップヘ