とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2013年09月

とめよう戦争への道!百万人署名運動は、毎月、全国通信を発行しています。A4版8頁で100円です。
沖縄・福島のたたかいとつながる団結をひろげ、安倍政権と資本・財界の改憲と戦争攻撃を打ち破ろう!という気概で毎号つくっています。ぜひ、ご購読をお願いします。

百万人署名運動は年間3000円/1口の賛同金で運営されており、この中に全国通信の1年間の購読料&送料とカンパ1000円が含まれています。
メール million@mqc.biglobe.ne.jpかファックス03-5211-5415で、郵送先をお知らせください。すぐに全国通信と賛同金振込用紙をお送りします。

ちなみに、最新号(9月号)は下記の通りです。

1頁…動労千葉の佐藤正和さんのアピール
2頁~3頁…8.6ヒロシマ、8.9ナガサキ行動の報告
4頁~5頁…特集「憲法が変わると働く者はどうなる?」~団結権を中心に考える~
6頁…沖縄の会、千葉県連絡会からの報告
7頁…「テントひろば」報告、お便り(新潟、山陰)
8頁…9月のインフォメーション

画像


(1頁の佐藤さんのアピールを紹介します)

 僕はJR貨物で運転手をしています。職場でも山本太郎さんの応援をしました。彼は必死に、わかってもらおうという気持ちで伝える努力をしていました。僕も、自分たちの職場のことをああいうふうに語れるようにしていきたいと思いました。

 貨物(職場)は国鉄分割民営化で分割されず、今でも政府系の特殊会社としてあります。分割できなかったのは、大きく言えば軍事輸送問題があるからです。貨車の積載規程の中には、戦車はこうして縛って運ぶとか、ミサイルはこうだとかなっています。戦時になれば、物流はフル回転していくでしょう。
 JR貨物の新会長に、今度初めて外から、日本郵船の副社長だった人が入ってきました。政府も「総合物流政策大綱」を閣議決定(6/25)して、船、飛行機、鉄道を一体的に運用しようとしています。国際競争力を強化するためと言っていますが、戦時態勢の構築としてもあると思います。

 こうした動きの中でさらなる賃下げ攻撃がきています。僕はこの攻撃と闘って貨物現場に闘う労働運動を復権させていかないと、戦争に協力していくようになってしまうと思っています。日貨労(JR総連)は「この会社をつぶせないから賃下げはしょうがない」と言って闘わない。これでは、クビと言われれば「軍事輸送だって仕事があれば」となっていきます。

 憲法の中に労働者の権利が書かれていますが、僕たちにとっては、長い闘いの歴史の中で、先輩たちが血と汗を流して勝ち取ってきた権利なんだ、これを譲っちゃならないんだというものとしてあります。資本と労働組合のどちらが労働現場を支配しているかということが大事だと教わってきました。団結して闘えば勝てるのに、そうしないから、「仕方のない現実」にされちゃっているだけの話しです。現場を労働組合が支配していれば、労働者は明るく決起していきます。

 動労千葉が訴えていたJR採用差別裁判で、ついに国鉄とJRが共謀して採用差別を行っていたことが明らかになりました。JRは、国鉄とJRは別会社、国鉄改革法23条(国鉄が名簿を作成し、これに基づきJRが新規採用すると規定したもの)に基づいてやったんだからJRに責任はない、と居直ってきました。でも、東京地裁白石判決(昨年6/29)で、1047名解雇の根拠とされた「名簿不記載基準」が、実はJR設立委員会委員長・斎藤英四郎が指示して国鉄職員局次長・葛西敬之が作成したものであること、これに改革労協(現JR総連)がかんでいたこと、動労千葉を差別する不当労働行為があったことが認定されたのです。

 不当労働行為が認定されたら原状回復=解雇撤回がなされなければならないのに、白石裁判長はこれを金銭解決としたので控訴しました。ところが白石裁判長が左遷され、その控訴審で難波裁判長は全ての証人申請を却下、一切の事実調べを拒否して結審を強行(5/8)、9月25日を判決としたのです。国家権力の強力な意志が働いていると思います。

 動労千葉は8月22日に弁論再開を求めて東京高裁に署名提出・要請行動を行いました。9月15日13時から代々木公園で大集会を開き、JR本社に向けてデモを行います。ここは譲れないところ、全労働者に関わる攻防点だと考えています。この国鉄方式での不当解雇がまかり通っているからです。こうしたやり方を覆して、賃下げ・首切り自由、戦争と改憲の安倍政権と闘いましょう。皆さんの参加をお願いします。

国鉄1047名解雇撤回・動労千葉鉄建公団訴訟、東京高裁は解雇撤回・JR復帰判決を出せ!新たな外注化・強制出向を許すな!非正規職撤廃 9・15総決起集会
とき◆9月15日(日)午後1時~集会、集会後デモ
ところ◆代々木公園ケヤキ並木(JR「渋谷」「原宿」10分、NHK横)
主催◆動労千葉、国鉄闘争全国運動(tel.043-222-7207)










9月6日金曜日、首相官邸前、国会正門前にはいつものように多くの人々が集まり、政府への抗議の声を上げた。
前日の5日、菅義偉官房長官は、「オリンピック東京開催について、汚染水を懸念するには及ばない」と記者会見で表明した。耳を疑った。放置されてきた放射能汚染水の危機的状況を目の前にして、よくもこんなことを言えるものだと腹腸が煮えくりかえる。
手作りプラカードも、その問題への怒りが目立った。

画像

画像

画像

画像

画像

 
この日、安倍首相はG20参加でロシアへ。しかし、安倍首相が留守でも首相官邸は厳重に警備されていた。

画像

画像


若い人たちの力で継続されている官邸前反原発金曜行動はこの日で71回目。

画像

画像

国会正門前も賑わっていた。

画像


この金曜行動には、毎週のように参加している人、時々参加している人といろいろだと思う。もちろん、参加したいと思っても仕事があって来れない人もたくさんいるはずだ。
そうした中で、この日遠方から初めて参加したという70歳前後の男性と出会った。ちょっとした立ち話しのつもりが長い人生の一端を少しお聞きすることとなり感慨深かった。また、1人で静かに座っている高齢の方々の姿も印象深かった。
さまざまな人々が、さまざまなところから、さまざまな思いでこの金曜行動に集まってくる。フクシマの現状を何とかしたい、原発をなくしたいと願う人々によって、1年以上にもなる官邸前金曜行動は継続されているんだなと感じた。(S)

画像

画像

画像

画像















9月1日午後、東京・日比谷公会堂で「つながろうフクシマ!くりかえすな原発震災 さようなら原発講演会」が開かれました(主催:「さようなら原発」一千万署名市民の会)。
鎌田慧さんが、「今日からもう一度脱原発運動の大きなうねりに向けてがんばっていこう」と呼びかけ、大江健三郎さんと小出裕章さんの講演を軸に、フクシマの怒りとともに、安倍政権の原発再稼働ストップ、廃炉に向けた運動を強めようと確認し合いました。

画像

官邸前金曜行動をいつも盛り上げてくれている「ジンタらムーア」がオープニングライブ
不屈の魂、連帯した民は決して負けないという曲が印象的でした。

画像


福島からのアピールはいわき市議の佐藤和良さんが行いました。
大江健三郎さんは、ユーモアのある語り口で静かに語り、「次の世代が生きれる社会を残す」ことが人間にとって最も大事なモラルではないかと訴えました。

画像


ザ・ニュースペーパーの安倍晋三と小泉純一郎のコントでリラックスした後、小出裕章さんの講演。小出さんは、現在の福島原発の危険性を訴え、原発事故は政府の犯罪、原発政策は核武装のためだと弾劾しました。

画像

画像

画像


呼びかけ人の澤地久枝さん、内橋克人さん、落合恵子さんもアピール。
落合恵子さんは、第2次大戦の戦争責任をとわないままに終わってしまったようなことを二度とくりかえしてはならない、福島原発事故の責任をとらせていこうと言い、未だ原発安全神話の中にいる人々にこそ働きかけ続けようと呼びかけました。(S)

画像


●次は、9.14集会&デモが呼びかけられています。

再稼働反対!9.14さようなら原発大集会in亀戸
とき◆9月14日(土)午前11時~
ところ◆亀戸中央公園(東武亀戸線「亀戸水神」5分)
内容◆11時~ブース出店など開始
     13時 第一部集会(スピーチ、リレートークなど)
     14時 第二部集会(呼びかけ人、賛同人発言など)
     15時15分 パレード出発(錦糸町方面と浅草方面を予定)
主催◆「さようなら原発」一千万署名市民の会(tel.03-5289-8224)













■9.1さようなら原発講演会
とき◆9月1日(日)午後1時~
ところ◆日比谷公会堂(地下鉄「霞ヶ関」「日比谷」すぐ)
講演◆小出裕章さん(京都大学原子炉実験所助教)他/参加費1000円(先着順)
主催◆「さようなら原発」一千万署名市民の会(tel.03-5289-8224)

■ふくしま共同診療所報告会
とき◆9月8日(日)午後1時~
ところ◆コラッセふくしま3階企画展示室(JR「福島」西口3分)
報告◆ふくしま共同診療所医師より「開院から9ヶ月、甲状腺エコー検査から見えてきたもの」
お話◆崎山比早子さん(医師)「原発事故による健康障害」
主催◆ふくしま共同診療所(tel.024-573-9335)

■9・8徳島刑務所デモ
とき◆9月8日(日)12時30分集会開始、午後1時30分デモ出発(1時間くらい)
ところ◆徳島市入田町 春日橋たもと(徳島市入田支所・コミュにセンター北側)
主催◆9・8徳島刑務所デモ実行委員会(tel.03-3591-8224星野再審連絡会議)

■テントひろば3年目 怒りのヒューマンチェーン
とき◆9月11日(水)午後3時~
ところ◆経済産業省正門前
タイムテーブル◆3時~5時:経産省前座り込み、1分間スピーチ(福島と全国原発立地からの参加者を中心に)、6時30分~7時30分:抗議集会、7時30分~経産省包囲ヒューマンチェーン
主催◆経産省前テントひろば(tel.070-6473-1947)

■脱原発テントといのちを守る裁判・第3回口頭弁論
とき◆9月12日(木)午後1時~抗議集会(地裁前)、1時30分~傍聴抽選、2時~裁判(東京地裁103号法廷)
報告集会◆午後4時~弁護士会館クレオA(東京地裁隣り)
主催◆テントひろば応援団(tel.070-6473-1947)

■再稼働反対!9.14さようなら原発大集会in亀戸
とき◆9月14日(土)午前11時~ブース出店、午後1時~リレートーク、2時~呼びかけ人発言、3時15分~パレード出発
ところ◆亀戸中央公園(東武亀戸線「亀戸水神」5分)
主催◆「さようなら原発」一千万署名市民の会(tel.03-5289-8224)

■映画『ニッポンの嘘』上映&福島菊次郎さんの講演会
とき◆9月14日(土)午前9時15分開場~
ところ◆府中グリーンプラザ2階けやきホール(京王線「府中」北口すぐ)
①映画上映◆午前9時40分開演、
②講演会◆午後7時開演、聞き手は谷川三郎監督、
③写真展◆正午~午後4時、5階展示ホール/料金◆①②は各1000円、①+②共通券1500円、③は無料、予約メールketmipeace@yahoo.co.jp
主催◆福島菊次郎講演会実行委員会(tel.090-5764-8713)

■国鉄1047名解雇撤回・動労千葉鉄建公団訴訟、東京高裁は解雇撤回・JR復帰判決を出せ!新たな外注化・強制出向を許すな!非正規職撤廃 9・15総決起集会
とき◆9月15日(日)午後1時~集会、集会後デモ
ところ◆代々木公園ケヤキ並木(JR「渋谷」「原宿」10分、NHK横)
主催◆動労千葉、国鉄闘争全国運動(tel.043-222-7207)

■安倍政権の改憲を阻もう!集会
とき◆9月15日(日)午後1時30分~、集会後に連絡会の定期総会
ところ◆福岡市中央市民センター第1会議室(地下鉄空港線「赤坂」10分、警固交差点すぐ)
講演◆斎藤文男さん(九州大学名誉教授)「憲法改正はどうなるのか」/参加費500円
主催◆百万人署名運動福岡県連絡会(tel.092-483-0860)

■9.18研修会~靖国問題と中国
とき◆9月16日(月・休)午後1時30分~3時30分
ところ◆矯風会館3階集会室(JR大久保駅北口3分)
講師◆楊志輝先生(恵泉女学園大学)/資料代300円
主催◆キリスト者遺族の会、日本キリスト教婦人矯風会(tel.03-3361-0934)

■阿佐ヶ谷市民講座「チェルノブイリを訪ねて」
とき◆9月19日(木)午後6時30分~
ところ◆劇団展望(杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)
講師◆中村敦夫さん(俳優、作家)/参加費1000円(学生500円)
主催◆阿佐ヶ谷市民講座実行委員会(tel.090-8080-6860)

■連続講座「在日の今を生きる」第3回~
とき◆9月21日(土)午後3時~5時
ところ◆高麗博物館(新宿区大久保1-12-1、7階)
参加費1000円/講師◆朴英二(パク・ヨンイ)さん(在日三世、映画監督)、短編映画『まとう』上映あり
主催◆高麗博物館(tel.03-5272-3510)

■キリスト教平和講演会
とき◆9月23日(月・休)午後1時30分~
ところ◆YMCAアジア青少年センター(千代田区猿楽町2-5-5)
講演◆鎌田利治さん(キリスト教独立伝道会)「亡国の第一歩」、千葉眞さん(国際基督教大学教授)「憲法と尖閣諸島」/入場料無料
主催◆キリスト教独立伝道会(tel.042-778-0459鎌田)

■憲習会「自民党改憲草案批判」第1回~前文と9条など
とき◆9月23日(月・休)午後1時30分~
ところ◆高津市民館・第5会議室(川崎市高津区溝口1-4-1ノクティプラザ2・11階)
内容◆伊藤真弁護士の講演DVD上映と討論
主催◆百万人署名運動神奈川県・川崎連絡会(tel.080-5641-7672)

■神奈川東電デモ第24弾
とき◆9月27日(金)午後6時~リレートーク、7時デモ出発
ところ◆桜木町駅前広場
主催◆とめよう原発!神奈川東電デモ実行委(tel.045-242-1055神奈川労組交流センター)

■政教分離の会・公開学習会「自民党日本国憲法改正草案を駁する」
とき◆9月28日(土)午後2時~
ところ◆新宗連会館2階会議室(渋谷区代々木5-57-10)
内容◆自民党の憲法改正草案をもとに、参加者で思いを語り学び合う/参加費無料
主催◆政教分離の会(tel.042-574-9210西川重則)

■ふくしま共同診療所報告会
とき◆9月29日(日)午後2時~
ところ◆万代市民会館403・404号室(新潟市中央区東万代町9-1、新潟中央郵便局裏)
報告◆ふくしま共同診療所・杉井吉彦医師、意見交換/参加費500円
主催◆NAZENにいがた(tel.080-2093-5244白石)

■核燃サイクル絶対反対!再処理を止めろ!反核燃秋の共同行動
【青森行動】
とき◆10月5日(土)12時30分~集会、午後2時45分~デモ
ところ◆青森市民ホール4階会議室
【むつ行動】
とき◆10月6日(日)正午~集会、集会後デモ
ところ◆むつ関根浜「浜の家」
主催◆2013年反核燃秋の共同行動実行委(tel.080-6041-5089阻止実)












↑このページのトップヘ