とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2013年07月

7月22日(月)午後2時から、脱原発といのちを守る裁判が行われました。経産省や国が、経産省前に立っているテントを「国有地を占有しているので撤去せよ」と訴えた裁判です。原告は財務省・経産省、国。被告はテントの中心メンバーの淵上太郎さんと正清太一さん。

この日の裁判で驚くべき指摘が弁護団長の河合弘之弁護士からなされました。
「国は淵上、正清を被告にしているが、正清は人違いである。国が証拠として出した正清の写真、星取り表(テントへの出勤表)は正清ではない。Aさんである」と。
国よ!さあどうする!

午後2時からの裁判の前、午後1時からテント前で抗議集会が行われました。400名近くの人が集まりました。
集会では、淵上さん、福島の女たちの、橋本あきさん、渡辺ミヨ子さん、黒田節子さん、亀屋幸子さん、駒崎ゆき子さんが居並び、発言しました。そして、河合弁護士が裁判に当たっての決意を述べました。

画像

今回は東京地裁103号法廷(約100名)の大法廷で行われました。傍聴抽選は1時30分の締め切りのため、抗議集会終了後、参加者たちは直ちに傍聴に並びました。328名が並びました。

画像


<裁判の様子>
*裁判は、1回目の時に意見陳述が出来なかった代理人(弁護士)から、本件前のこの裁判の前提である基本的論点についての主張がなされました。
 吉田哲也、川口和子、浅野史生、佐藤昭夫、宇都宮健児弁護士らが発言しました。
*さらに、大口弁護士が「なぜ2人を被告にしたのか」の求釈明を提出しました。
*最後に河合弘之弁護士が「国の訴状が根本的に間違っている」ことを指摘しました。
被告・正清の証拠として提出された写真3枚、星取り表(出勤表)は別人のものである。ここに写真の人Aさんがいる(Aさんは傍聴席前列に座る)。間違っているでしょ?国の訴状は間違っていて訴状として成り立たないので、訴訟を取り下げよ。経産省側はこのことを今はじめてと知ったのか? 間違いを認めるなら、直ちに取り下げよと迫りました。
*河合弁護士の指摘に国の代理人(弁護士)たち10人以上、裁判長、そして傍聴者も驚き、法廷はざわめきました。国の代理人は「今言われたことを文書にして提出してくれ。それを見て検討する」などと言い、弁護士から「検討することもない。違うことは今見たとおりはっきりしているでしょ」と言いました。
 
傍聴抽選に当たらなかった人たちは、再び裁判所前でリレートークを行いました。いろいろの人が様々な意見を述べました。

画像


一方、裁判を終えた弁護士や被告人、福島の女たちは直ちに、裁判所2階の記者会見室で記者会見を行いました。
(河合弁護士)
今日、7/22経産省まえテントひろばといのちを守る裁判・第二回口頭審理で大変なことがありました。
それは何か。この人(正清さん)は第1被告なのですが、正清さんを特定する写真、それはすべての訴状の根幹になっているわけですが、原告側は、正清さんとAさんを完全に取り違えたということです。前代未聞のとりちがえ訴訟です。

画像

それから星取り表(写真下)、テントへの出勤表です。誰が何日に来ているという表です。原告側はこういう表を出しきています。例えば、淵上太郎は何月何日に来た、来ない。正清太一は何月何日に来た、来ないと。その他、A~Oまでの人が、あたかも特定出来るような感じの出勤表です。
少なくとも、正清に関するものは全く間違いです。現に正清さんが自分の手帳でチェックしたら大幅に違っている。A~Oまでの人についても正確であるという担保は全くない。
この勤務表は監視カメラでつくっています。監視カメラは解像度が悪いのです。正確性について非常に疑問です。
これは単に証拠の問題ではなく、これをもとに訴状を書いている。

画像

この裁判の要件事実は、国に所有権があること、被告が占有していること、それだけです。占有していない人を占有していると間違って訴状を書いてしまった。
これは訴訟の根幹にかかわる問題で、今日は法廷でこの2人を並べて、「違うでしょ」ということを裁判長と原告代理人によく説明をして、「こんな根本的なことが違っているんだから、訴えを取り下げろ」ということを要求しました。
これは明らかに不当訴訟で、正清さんからすれば迷惑な話で、場合によっては損害賠償請求もあり得るような事案です。

午後4時から、弁護士会館2階のクレオで報告集会が行われました。
まず、報告集会では宇都宮弁護士、テント応援団の澤地久枝さん、河合弁護士さんらが発言しました。
裁判を傍聴出来なかった人たちは、その場で、その日の裁判の内容について聞くので、やはりびっくりしました。

画像

河合弁護士は、「選挙結果に一喜一憂してはいけない。われわれに理があることは明らか。山本太郎さんが当選したこと大きい。自民党以外は原発いらないとなった。私たちのテントひろばなどの闘いがあったからだ。裁判はおもしろくなってきた。原発を止めるということは、現在起こっている問題のすべてにかかわり、一番重要といえる。原発を止めるまで闘おう」と結びました。

原発いらない福島の女たち・駒崎さん(郡山市議)は、裁判で川口和子弁護士が第2テントは福島の女たちを当事者にして闘うことを提起したことを受けて、「テントの前で、福島の現状をいっぱい訴えることができた。経産省を囲んでかんしょ踊りもできた。テントをネジロにきちんと頑張って行きたい」と述べました。

次回の裁判は、9月12日(木)です。(T)







毎年、8.6広島・8.9長崎行動に向けて開かれている反戦反核東京集会(主催:8.6広島-8.9長崎反戦反核闘争全国統一実行委員会)が、7月21日(土)午後、文京区民センターで開かれました。100名余が参加し、3.11フクシマにつながる3.1ビキニ、さらに青森の核燃サイクル基地問題などについて思いを共有し、改めて反原発、反核の取り組みの重要性を確認しました。

画像

今年は、「ヒバクシャの怒りの根源を問う」というテーマで、元第五福竜丸乗組員の大石又七さんと原発いらない福島の女たちの一人渡辺ミヨ子さんを招いてのパネルディスカッションが行われました。

画像

大石又七さんは、広島、長崎原爆投下から9年後、1954年3月1日に、太平洋の真ん中で米軍の水爆実験に巻き込まれて「死の灰」を浴び被曝しました。大石さんは漁師でマグロ漁船「第五福竜丸」に乗っていました。

実験場所から160㎞も離れていたけれども、1時間以上たって雪が降るような形で、粉々になったビキニ島の珊瑚礁が大石さんたちに降り注いだのです。当時は放射能の怖さなど知らず、痛いとか熱いとかも一切なく「何だろう、不思議だなあ」と思いながらその白い粉を浴びていたそうです。

まもなく、大石さんをはじめ乗組員23人には体調の異常がでて、一人死亡者もでました。しかし、日米政府は、このビキニ被曝について放射能の危険を隠すことに必死になったのです。さまざまなデマ、ごまかしでビキニ事件を無きものにしようという権力側の策略、また地域での差別の中で、大石さんたちは沈黙を余儀なくされました。

おかしい、と調べる中で、大石さんは「黙っていてはいけない」と思うに至り、真実を語り始めたそうです。「本当にいい加減に事件処理がされてきたことが、残された資料でわかった。あったと言われる『無線日誌』もなくなっている」

画像

そして、「間違いを起こした指導者は、罰せられなくてはならない。戦争責任も同じだ。」と怒りを込めて言われました。

最後に、「日本列島は放射能列島になっている。水なら濁流のようになだれ込んでいるように思う。全国できちんと放射能値を計って調べる必要がある。測定器をみんなに配るべきだ」と訴えました。

渡辺ミヨ子さんは、爆発した福島第一原発から約30㎞の田村市で有機農業をやっていました。3.11直後疎開していましたが、今は田村市に戻ってきています。しかし、国の安心・安全キャンペーンに大きな疑問と危機感を持っています。
「福島第一原発がつくられたときも、安心・安全なんだ、ここは大きな地震は来ないんだとくり返し言われていた。」「広島に落とされた爆弾の何百倍もの放射能が飛び散り、大地が汚染されてしまった。」

また、地域では復興キャンペーンの中、放射能や原発の話しを誰もしないし、話しづらい空気があるとも話されました。
そして、「国は私たちを守ってはくれないことがはっきりわかった。」と言いました。

画像

最後に、「今の日本は、隠さないで話すのはおかしいという社会だ。勇者の歴史ではなく、その陰で死んでいった弱者の立場になって考えるべきです。この社会の中で犠牲になった人たちに一番豊かな生活をさせる。まず弱い者を守る社会であるべきです。」と話されました。
お二人のお話を聞いて、日本の政治のありようをぐさりとついていると思いました。

このあと集会に参加されていた医師の松井英介さんが放射能、内部被曝について発言。そして「政府が何を隠しているか、マスコミが何を報道していないかを見なければいけない」と言われ、政府が安保理にぶら下がっている国連科学委員会とIAEA(国際原子力機関)などのメーカーと密接な関係にある方の意見を取り上げ、国連人権理事会の福島に関する報告書(日本で低線量被曝が過小評価されている)のような意見を無視していると指摘しました。

画像


この後、大間原発反対現地集会実行委事務局長の中道雅史さんが、「青森から核を撃つ」と特別報告。10月5日(土)~6日(日)の反核燃・秋の共同行動への参加を呼びかけました。
また、すべての原発いますぐなくそう!全国会議事務局長の織田陽介さんが、原発再稼働阻止に向けアピールしました。

最後に、主催団体事務局長の三角忠さんが、8.6広島、8.9長崎行動参加を訴えました。(S)

画像


【8.6広島行動】
■再稼働阻止!全原発廃炉!ヒロシマ世界大会
とき◆8月5日(月)午後3時~6時/ところ◆アステールプラザ中ホール(広島市中区加古町4-17)/アメリカ・ドイツから他/主催◆8・6ヒロシマ大行動実行委、NAZEN(tel.082-221-7631)
■ヒロシマ・アピール集会
とき◆8月6日(火)午前7時~/ところ◆原爆ドーム前(広島平和公園内)/午前8時15分黙とう後、首相式典出席抗議・中国電力包囲デモ/主催◆8・6ヒロシマ大行動実行委(tel.082-221-7631)
■8・6ヒロシマ大行動大集会
とき◆8月6日(火)午後12時30分~集会、2時30分~市内デモ/ところ◆広島県立総合体育館(広島市中区基町4-1)/主催◆8・6ヒロシマ大行動実行委(tel.082-221-7631)

【8.9長崎行動】
■山下俊一(長崎大学副学長)弾劾行動
とき◆8月8日(木)正午~/ところ◆長崎大本校前(長崎市文教町1-14)/午後3時~九州電力長崎支社申し入れ行動/主催◆8・6広島-8・9長崎反戦反核闘争全国統一実行委(tel.095-800-1107)
■長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼式典
とき◆8月9日(金)午前7時30分~/ところ◆爆心地公園の原爆朝鮮人犠牲者追悼碑前(長崎市平野町7-8)/主催◆長崎在日朝鮮人の人権を守る会
■8・9安倍首相の平和式典出席弾劾デモ
とき◆8月9日(金)午前10時~/ところ◆城栄公園(長崎市城栄町6、路面電車「大橋」4分)/主催◆8・6広島-8・9長崎反戦反核闘争全国統一実行委(tel.095-800-1107)
■8・9フクシマの怒りとともに被ばく68周年長崎集会
とき◆8月9日(金)午後1時30分~/ところ◆長崎勤労福祉会館(長崎市桜町9-6、路面電車「公会堂前」3分)/主催◆NAZENナガサキ、協賛:8・6広島-8・9長崎統一実行委(tel.095-800-1107)









画像

山本太郎さんが参院選・東京選挙区で快勝しました。レイバーネットTVが撮影・編集した当選時の動画からは、これからの闘いにむけた太郎さんの決意、そして闘いの呼びかけが伝わってきます。7分30秒、ぜひご覧下さい。

















7月16日(火)午前9時から、水道橋駅近くの東京都教職員研修センター前で、不当な再発防止研修に対する抗議行動がありました。この日、9時30分から、この春の卒業式での不起立で不当処分された教員KBさんの2回目の再発防止研修が行われたのです。
このかん、都教委は君が代不起立教員への「研修」に名を借りた「いじめ」とも言えるいやがらせを執拗にくり返しています。一人ひとり違う日に呼び出し、反省がなければ2回も3回も呼び出してくる。ある教員には職場で20数回も「研修」が強要されたそうです。
被処分者の会の呼びかけで約40名ほどが集まり、KBさんを激励して送り出しました。

画像

都立工芸高校と同じ建物にある研修センター

画像

一人の教員の研修のために何と10人もの都教委の職員が建物の前にズラリと並んでいました。

画像


送り出した後の集会で、被処分者の会の近藤事務局長は「まるで犯罪者扱い、精神的にも物理的にも圧迫を加えてくる。こんなことをくり返せば憲法違反だ」と怒りの声を上げ、こうした再発防止研修への抗議と該当者への支援行動への参加を訴えました。

画像

また、参加した河原井純子さんから、裁判闘争の勝利の報告がありました。7/12に最高裁が都の上告を受理しない決定をしたので河原井純子さんの差し戻し控訴審高裁判決(2012年11月7日)が確定したのです。
確定した内容は、都立養護学校の創立記念式典で君が代斉唱の際に起立も斉唱もしなかったとして、都教委から停職処分を受けたことに対する損害賠償訴訟で、30万円の支払いを都に命じたものです。
河原井さんは「判決の中では、教育の営みについても触れており、今後、教育の自由の門戸を開ける一歩にしよう」と訴えました。

画像


教育労働者の「10.23通達」との闘いが不屈に継続されています。連帯しましょう。(S)














7月14日(日)の午後、千葉市中央公園で「市東さんの農地を守ろう!7.14全国総決起集会」(主催:三里塚芝山連合空港反対同盟)が開かれました。集会では、弁護団から市東孝雄さんの農地裁判の詳しい報告を受け、迫る7.29判決に向けて、反動判決を絶対許さない!と千葉地裁までデモ行進しました。

画像

集会前のライブでは、「はちようび」という関西のグループが怒りを歌と踊りで表現していました。

画像

主催者あいさつに立った北原鉱治事務局長は、「先の見えない政治を根本から変えるときが来た。」と檄をはっしました。

画像

動労千葉の田中委員長、関西新空港反対住民、市東さんの農地取り上げに反対する会から連帯のあいさつがありました。
国鉄闘争と三里塚闘争、二つの闘いを結合させ、戦争、民営化、TPP、社会保障の解体に「労農連帯で闘おう!」と訴える田中委員長。

画像


市東孝雄さん(写真下)は発言冒頭、「並々ならぬ決意を持ってこの集会を迎えた。」と言われました。
そして自らの思いと決意を語りました。「裁判に来るたびに、裁判のデタラメさ、違法さを味わってきた。裁判長に誠実さなどどこにもない。」「三里塚の大地はすばらしい土地だ。これをコンクリートにしてしまうことは私に死ねということ。肥沃な農地になるには何10年もかかる。金より大事なものはいっぱいある。」「誠実に働いているものが当たり前の権利をかちとる、といつも思っている。」
「仮執行付き判決など絶対許さない。いかなる判決にも身体を張って闘う。」

画像

農地法裁判を市東さんと共に闘う弁護士たち7人が一人一人発言。改めて、農民を守るべき農地法を悪用して農地強奪をしようとしていること、その違憲性、多見谷裁判長の不当な訴訟指揮などに怒りがわきました。

発言の最後に萩原進事務局長が「農地取り上げ反対」緊急署名が1万1588筆集まり17日に千葉地裁に提出すると報告。そして署名を持って歩く中で、国策に抗して50年近く農地死守で闘い抜いてきた三里塚の闘いをもう一度見てくれ、一緒に闘おうと広く呼びかけるきっかけにもなったと話されました。

画像


集会後、反対同盟を先頭に千葉市内デモに出発。

画像

画像

画像

画像


千葉地裁前でシュプレヒコール。

画像

厳重に警備される千葉地裁

画像

「多見谷裁判長は不当判決を出すな!」

画像

画像


猛暑の中でしたが、約900人が参加し、沿道の人々に共に闘おうと呼びかけました。(S)


●市東さんの農地法裁判判決
とき◆7月29日(月) 午後1時30分開廷
ところ◆千葉地方裁判所601号法廷

当日、午前10時30分集会(千葉市中央公園)
    午前11時~デモ




















↑このページのトップヘ