とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2011年05月

 18日(水)午前、参院本会議で憲法審査会の運営手続きを定めた規程が民主・自民・公明などの賛成多数で可決しました。憲法改正=改悪へ向けて決定的な一歩がついに踏み出されたこと、特にこの動きを推し進めたのが菅民主党政権であることをはっきりさせ、大きく抗議していきましょう。
                  朝日新聞5/18夕刊
画像

 国民投票法の中で改憲原案などの法案を審議するとされた憲法審査会は、国民投票法成立(07年5月)後に衆参両院に設置されたとされましたが、具体的な体制内容=規程が決められず未設置状態と同様でした。自民党政権時の09年6月に衆議院では規程が採決強行されてしまいましたが、審査会委員の選任は「参議院での可決まで凍結する」となっていました。今回、民主党が改めて党の憲法調査会を設置し、改憲派の前原誠司前外相を会長に当て、直ちに、自民党と合意してきた参議院での憲法審査会規程成立を18日の参院本会議で強行したというわけです。
                  朝日新聞5/19朝刊
画像

 衆議院憲法審査会規程によると、50人の委員は、「各会派の所属議員数の比率」で各会派(党派)に割り当てられるそうで、自民・民主の改憲派が圧倒的に多くなることははっきりしています。そして、委員の半数以上が出席していれば議事を開くことができ、「議事は、出席委員の過半数でこれを決する」ことが出来るとされているのですから、コワイ!長年の「憲法調査会」で国会の中では改憲論議が尽くされているわけで、改憲悪法案が簡単に決まってしまうのが目に見えています。また、この審査会は「会期中であると閉会中であるとを問わず、いつでも開会することができる」とされており、動き出したらドンドン進むということです。参議院の方もほぼ同じ内容の規程だと思います。

 しかし、現実の社会では、憲法はすでに踏みにじられています。「震災復興」「日本は一つ」などというエセかけ声で、さらに9条(戦力不保持)、11条(基本的人権)、13条(個人の尊重)、25条(生存権)、28条(団結権)…等々が踏みにじられようとしています。さらに、大震災を奇貨とし、改憲派は集団的自衛権、国家緊急権などを新たに憲法に加えるべき、と声を強めています。
 今こそ、地震や津波で引き起こされた大災害や福島原発大事故の責任が歴代の政府・財界にあることをはっきりさせ、徹底的に全責任を取らせていくことです。そのことを曖昧にさせ、自分たちの都合のいい「復興」など、ふざけるな!ということです。被災地の怒り、悲しみ、憤りと一体となって、生きるための闘い、戦争絶対反対の闘いで、改憲攻撃に反撃しよう!(S)

●衆議院憲法審査会規程
http://ja.wikisource.org/wiki/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BC%9A%E8%A6%8F%E7%A8%8B

●自民党の改憲案の内容
http://www.kyodo-center.jp/ugoki/kiji/jimin-ronten.htm















 憲法記念日の5月3日、このかん沖縄問題に一緒に取り組んできた3団体が呼びかけて反原発デモ「すべての原発を止めろ!5・3アクション」を行いました。またデモの前段には、60年安保闘争と当時のアーチストの葛藤をテーマにしたドキュメンタリー映画『ANPO』の上映会が行われ、140名が参加しました。
 全国、全世界で反原発の闘いが巻き起こっています。福島県民の原発への怒り、不安は、世界最大の出力を誇る東電の柏崎・刈羽原発を抱える新潟県民にとっては決して他人事ではありません。私たち百万人署名運動の仲間たちもかつて、激しく闘われた柏崎・刈羽原発反対闘争の一翼を担い、また東北電力が計画した、旧巻町(現新潟市)に原発をつくる策動も地元住民、労働組合と共に闘い、計画を断念させ、勝利した経験を有しています。
 デモ出発地のクロスパルにいがた前には、集合時間の午後5時前にネットで情報を知った全くの見知らぬ人たちが集まり始め、またイラク反戦デモ以来の人、かつて原発反対闘争をともに闘った人との出会いがあったりと、原発事故への怒りの広がりを感じさせられました。上映会の参加者も半数以上の人たちが合流して約100名の隊列になりました。デモ隊はそれぞれが思いを込めたメッセージを書いたプラカードを掲げ、画家やデザイナーは自らの作品で原発への怒りを表現しました。新潟市の旧市街地から新潟駅に向かうデモ隊に向かって携帯で撮影する若者も多く、連休のイベントに繰り出した人たちから圧倒的な注目を浴びました。

画像

 新潟では続々と原発関連の集会、デモ、学習会が企画されています。私たち百万人署名運動はこれらに積極的にかかわり、ヒロシマ、フクシマが呼びかける「すべての原発の即時停止・廃止を求める」署名運動を広げます。既存の社会を前提とする限り「すべての原発の即時停止・廃止」を訴えることはできません。この訴えこそが大震災、原発事故に衝撃を受け、生き方を模索する人たち、とりわけ青年たちの心に届くメッセージであると確信しています。時代はあたかも「昭和」初期と符合するかのように大震災、恐慌、戦争の危機が深まっています。私たちはこれらの危機に抗して闘う人達の結集軸となるべく頑張っていきます。(新潟県推進委員会 S)











 5月7日(土)、原発なくせ!と、12時30分から千葉市中央公園で集会、14時からデモをおこないました。雨模様の中でしたが画期的なアクションとなりました。
 始まりは、百万人署名運動ちば市連絡会4月例会(4月11日)で「1万5千のデモがあった」という話が出されたことです。いろいろ調べたところ4月10日東京・高円寺で1万5千の反原発デモがあったこと、この日は札幌から沖縄まで全国各地で、またドイツ・アメリカなど世界各地で反原発行動があったことが分かりました。ぜひ千葉でもやりたい、署名だけでなく行動もしたい、ということで高円寺デモの呼びかけ人をさがして電話しました(4/19)。そこで、次は5.7、その次は6.11を予定していると聞かされて、よし、5.7、ちばでもやるぞ!となりました。 
 まず、デモの出発点の公園を決めて予約。(うまくあいていました。公園の借用料って1㎡当たり3円、安くていいですね。)実行委員会を立ち上げて間もないので、百万の呼びかけでやることにしてビラづくり。出来上がったのが4月25日(1万枚)。百万は財政難なので、経費はカンパで賄うことに決めました。それから準備期間2週間。デモ申請、猛然たる宣伝活動。若者たちが大活躍しました。
 そして迎えた5.7。雨でしたがたいしたことなく幸いでした。参加者は200!!裁判員制度反対のデモも100余りでしたのに。カンパは11万2444円。署名は浜岡、ヒロシマ、千葉などの反原発署名が計200余。沖縄・9条署名が20、朝鮮戦争反対署名10、星野署名が16筆でした。ギターと歌で始まった集会は3分くらいのリレートークへ。後から後から引きも切らず、心にためこんでいた思いをぶちまける場となりました。「後の半生を反原発のために」というスピーチもありました。
 最後に福島のお母さんからのメッセージが報告されました。福島の人々は今、政府文科省が20ミリシーベルトという基準を決めたため、高濃度の放射能の下、毎日被曝され続けています。チェルノブイリでは5ミリシーベルト以上は強制移住の対象です。このような中で、福島のお母さんたちは子どもたちの命を守れと動き始めました。私たちは「福島県民を避難させよ」「20mSVを1mSVにもどせ」「子どもたちは即刻学童疎開させよ」という動きを、当面、反原発の重要な課題にしていく必要があると思います。

画像

 デモに出たら雨が降ってきて、東電千葉支社前で「東電は原発をやめろ!」「東電はすべて補償せよ!電気料金を上げるな!」「東電労働者は廃炉のために共に闘おう!」のシュプレヒコールが出来なかったのが残念でした。

画像

画像

 一番おどろいたこと(うれしかったこと)は、デモ終了後に開いた6.11実行委員会に40名以上の参加があったことです。百万の運動の中で一度もお目にかかったことのない人々が10数名いました。急きょ小会議室から中会議室に変更しました。この席で、この日集まったカンパは経費を除いて福島のお母さんたち送ることを確認しました。そして、6.11は東京に行くのではなく千葉でやる、主催は原発なくせアクション実行委員会、次回の実行委員会などを決定しました。
 各地の連絡会のみなさん!5.7は千葉だけでしたが、6.11は全国で一斉に反原発アクションをやろうではありませんか。菅首相は浜岡原発停止の決定を余儀なくされました。押して押して押しまくれ!すべての原発を止めるまで粘り強く闘おう!!!(百万人署名運動千葉県連絡会 深谷由美)

●5.7アクションの報告ビデオ
 http://youtu.be/AFy4uW-IJt8





















 4月28日(木)、午後2時から、内閣総理大臣・菅直人宛に「すべての原発の即時停止・廃止を求める署名」の第一次提出行動をおこない、6662筆を提出しました。4月1日にフクシマ・ヒロシマから全国・全世界に呼びかけられたこの署名は、アメリカ、ドイツ、韓国、イラクなどからも寄せられました。
 この日は署名集約先の「8・6ヒロシマ大行動」の代表2名が広島から参加、婦人民主クラブ全国協議会、都政を革新する会らも集めた署名を持って参加しました。百万人署名運動も神奈川県連絡会や茨城県連絡会などから参加し、島根・鳥取、群馬、新潟、福岡、愛知、静岡、茨城、神奈川、千葉などから寄せられた署名を提出しました。さらに、千葉県連絡会が独自に集めた「東日本大震災の被災者救援に万全の体制を取ることを求める署名」も提出しました。

画像

 請願団10名は西川重則さんを先頭に内閣府の会議室で内閣官房総務課の役人に署名を提出し、原発廃止を強く要請しました。
 8・6ヒロシマ大行動事務局長の谷口恭子さんは、「恐れていたとんでもないことが現実になり、本当に悔しい。もっともっと反対運動を強めて原発をつくらせなければよかったと悔やまれる。だからこそいま、すべての原発の即時停止・廃止を求める。この期の及んで、政府や東電、電力会社があくまでも原発を続けようとしていることは許せない。御用学者やマスコミを動員して原発は安全とデマを流し続けるな。ヒロシマは改めて訴える。被爆者やその子ども、孫が放射能の下で生きることを強制されたその歴史を、福島で再び三度繰り返させてはならない。原発事故にかり出された労働者はとりかえしのつかない放射能を浴びせられている。すべての原発の即時停止こそ、彼らに応える道だ。」と訴えました。

画像

 婦人民主クラブの方は、「私たちの署名にはメッセージを書く欄があります。そこにはほとばしるような怒りが激しい言葉で書かれています。6662筆の署名に一筆一筆にそういう気持、怒りがあることを忘れないでください!」と。都政を革新する会からは「4月10日に高円寺に1万5000人の若者が集まって原発なくせ!とデモをおこなった。しかし、殆どのマスコミはそれを報道しなかった。報道管制が敷かれているのではないか。政府が報道するなと言っているのではないか。1万5000人のデモを報道しないことをおかしいと思わないか。」と訴えました。そして「あなたたちは知っているのか?」との問いに、役人たちは「知らない。ネットを見ていない。そういう動向を把握する部署もない。」などと平然と言い放ちました。

画像

 広島の伊豆さんは絶対に菅首相に伝えてほしいと次のように訴えました。「記者会見なんかで『直ちには影響ありません』 と言うがどういう意味なのか。じゃぁいつから影響が出るというのかと聞きたい。直ちに、その日は影響はない、次の日にも死の灰が降ったら、その影響は出るのかどうなのか。影響について正確に言われてないわけです。そういう言葉を使うことはやめて欲しいんです。」 そして、「確実に放射能の影響を受けて、白血病になったり、がんになったりする、そういう影響は広島の場合10年後なんですよ。じゃあ10年後ならいいのか。放射能の影響はあるのかないのか。ないなんてことはあり得ない。『直ちに影響はない』なんてことは問題にもならないのです。じわじわと永久に放射能が身体をむしばむのです。また、子どもの1年間に浴びる放射線量を20ミリシーベルトだったらいいと言う。何なんですか。原発の労働者の限界が5年間で100ミリシーベルトでしょ。これとまったく同じじゃないですか。基準を勝手に変えたりしているこの状態は、本当に許せないと思います!」と。役人も「私もそう思います。」と言わざるを得ませんでした。
 総理府役人は、「相当数の抗議や陳情を受けている。最初2~3日は首相への激励がわりとあったが、現在は9割り方抗議である」と言っていました。原発とめろ!原発なくせ!の声と行動をもっともっと強め、すべての原発を撤廃させましょう。(T)

●署名用紙はここからダウンロードできます。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/no-nukes.htm

*百万人署名運動でも署名の集約をしています。
送り先:〒101-0061東京都千代田区三崎町2-6-7-301






























↑このページのトップヘ