とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2008年03月

画像

 3月20日のイラク戦争開戦から5周年を前後して、全世界で15日~20日にかけてイラク反戦デモが闘われた。15日にはイギリス・ロンドンで4万人が参加し、「イラク・アフガニスタンからの撤退」を掲げ、国会議事堂に向けてデモを行った。この行動は、開戦時に100万人を集めて以来の大規模な行動として報道された。
 アメリカでは3月15日、ANSWER連合(Act Now to Stop War & End Racism)主催のロサンゼルス市ハリウッドでの集会に数万人が参加した。この日はほかにカナダ(20の都市)、オーストラリア、デンマークなどでも集会デモが闘われた。(下の写真は、上からアメリカ・ロサンジェルス、韓国・ソウル、スペイン・マドリード)

画像

画像

画像

 日本では16日、全国10数カ所で集会やデモが闘われた。東京では青年労働者・学生が中心になったワーカズ・アクションが主催する「イラク反戦5周年 労働者の団結が戦争を止める! ブッシュも福田もぶっ倒せ! 3・16全世界一世デモ」が開催され、代々木公園に1350名が集まった。「イラク戦争を止めよう」「戦争と民営化に反対しよう」「労働運動の力で革命を起こそう」と呼びかけて渋谷をデモした。デモが渋谷駅前のスクランブル交差点にさしかかった時、警察機動隊が突如デモ隊に襲いかかり、4人の青年労働者を不当逮捕した。黒山の群集の中からも怒りの叫びが上がった。

画像

 集会では「労働者が胸をはって歩いていける世の中をつくる。闘いこそ生きる道だ!」(動労千葉・田中委員長)、「この間の都教委を追い詰めた闘いで、職場が変わりつつある」(根津公子さん)、「資本家が一番恐怖しているのは労働運動の階級的爆発だ。私たちの存在そのものが力だ!」(医療労働者の基調報告)、「息子への弾圧が私を同志にした」(3・9で逮捕された青年労働者のお母さん)など、魂を揺さぶるような発言が相次いだ。

ワーカズアクション実行委の写真報告集
必見です!クリック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://workersaction.web.fc2.com/page/0316/houkoku.htm







画像
 根津さんを先頭にした渾身のたたかいで、「トレーナー処分・解雇」は何とか押し返してきましたが、いよいよ卒業式です。都教委の横暴を絶対にとめなくてはなりません。頼りは労働者の決起です。都庁に働く労働者たちに粘り強く連帯のたたかいを呼びかけよう、根津さんは職場から連日都庁へかけつけ訴えています。「一緒に石原・都教委へ抗議の声を寄せてください。東京の教育破壊をやめさせましょう!」
 

作日(3/18)は、約20名でアピールしました。
84才のMさんも、連日かけつけています。
画像


 1時間以上アピールを続けた後、27階の都教委へ。しかし、またもやエレベーター前で「人間バリケード」、人事部職員課への道は遮断されていました。自ら窓口への道を閉ざしながら、対応に出てきた職員課課長代理らは「ここは申し入れを受け付ける場ではありません!」と平気で言うのです。
 昨日は、「解雇させない会」が3月14日に教育委員6人宛にそれぞれ「親展」として出した請願書が、教育委員に届けられたかどうかを質問しました。課長代理は「それは答えられない」と答えました。なぜかと聞くと、「職員課の判断で適切に対応します。その内容については話せません。後日回答します。」とくり返すのみ。教育委員にちゃんと届けるかどうかも言えないなんて!? おかしい。

画像


 それでは、過去のことなら答えられるでしょうと、「百万人署名運動」としてすでに3回要請書を出しており、うち2回は教育長はじめ6人の教育委員個人名を書き、わざわざ6枚コピーをして「必ず教育委員会の定例会の前に各教育委員に渡してください」と念を押して窓口の教育情報課に提出してきたので、その件について聞きました。すると課長代理は、何と「記憶にありません」と答えたのです!エッ?ええぇ~!!
 結局、「適切に対応する」とは「何も検討しない」ということではないですか!自ら馬脚を現してしまったものだから、その直後、課長代理らは「もう時間ですから」とサッと逃げ帰ってしまいました。残された若い職員に「あんな卑劣な幹部のやり方に黙っていてはいけない!」と訴えました。

 27階から1階に降りて出口に向かうと、公安刑事が待ちかまえていました。石原都知事は長い間警視庁幹部であり広島県警本部長だった竹花豊氏を副知事にし、さらに昨年から教育委員にいれました。都民や教員を治安管理の対象にしか見なくなっている石原・都教委は異常です。
画像



 3月2日の朝日新聞朝刊に続き、3月18日の読売新聞夕刊にも「意見広告」が掲載されました!
画像













韓国、アメリカ、フランスから、根津公子さんをはじめ「日の丸・君が代」不起立闘争を闘う教育労働者に対するパワフルなメッセージが寄せられています。「河原井さん根津さんらの『君が代』解雇をさせない会」事務局ブログから無断転載させていただきました。
http://kaikosasenaikai.cocolog-nifty.com/

{%火webry%}ソウルからの連帯メッセージ
 韓国の全教組ソウル支部政治委員長・チョヒジュです。「トゥジェン(闘争)」でごあいさつ申し上げます。トゥジェン!
 困難で厳しい条件の中、日の丸・君が代不起立闘争をねばり強く展開されている日本の教育労働者の同志たちに敬意を表します。その闘いの最先頭に立って全力で闘っておられる根津公子同志と河原井純子同志に対しても、韓国の教育労働者を代表して同志愛を込めて熱い激励をお送りします。
 真理と正義を教えるべき教師に、真実を教え、ウソの教育に抵抗したという理由で懲戒を強行した日本政府を強く糾弾します。東京都教育委会に対し、思想と良心の自由にもとづき不起立闘争を展開した教育労働者への不当懲戒を直ちに撤回するよう強く求めます。また、東京都教育委員会に対し、日の丸・君が代を強制する行為を直ちに中止するよう強く求めます。
 日本の教育労働者の同志たちの闘いは、軍国主義復活の画策を阻止する闘いです。日の丸・君が代不起立闘争は、教育労働者の団結のための闘いであり、生徒・保護者に真実を知らせる闘いです。同志たちの闘いは正当であり、歪曲された歴史を正す闘いでもあります。
 日の丸・君が代不起立闘争は、戦争に反対し、この地に真の平和を闘いとる闘争です。
 同志たちの闘いは、教育労働者の団結のみならず、労働者全体の団結と連帯をつくりだす闘いです。
 日の丸・君が代不起立闘争は、新自由主義に抵抗する闘いであり、階級闘争です。
 きょうのこの闘争が、根津公子同志と河原井純子同志の解雇を阻止する力強い闘争になるものと確信します。
 そして、ひいては日の丸・君が代強制を撤回させる闘いになるでしょう。
 同志たち! 希望を持ちましょう。必ず勝利できるという自信を持って、勝利するその日までねばり強く闘いましょう。
 解雇を阻み、日の丸・君が代強制を撤回させるために、われわれ全てが力強く団結して闘いましょう。団結した力で2008年の闘いの突破口を力強く切り開いていきましょう。

2008年3月10日
全国教職員労働組合ソウル支部 政治委員
チョヒジュ


{%火webry%}ロスアンゼルスからCAMS連帯メッセージ
 日本の兄弟姉妹の皆さん、私たちは、軍国主義のシンボルである「日の丸・君が代」に反対して、厳しい闘いを展開する皆さんと共にあることを誇りに思います。皆さんは、自らへの攻撃にただ耐えてきただけではなく、良心の自由に沈黙することに反対し、正々堂々とものを言うために、労働者を組織化し動員しています。皆さんは、教師としてまた皆さんの生徒たちの手本として、真剣にその責任を果たしています。結集された皆さん並びにこの抵抗運動に参加されている全ての生徒、教師、労働者の皆さんを、私たちは心より称賛したいと思います。日教組のスローガン「教え子を再び戦場に送るな」は、私たち全てにとって、ここに新たな意味を持つことになりました。本当にありがとうございます。

 皆さんは、太平洋を渡って皆さんの闘いを持ち込み、私たちの心に訴えました。アメリカの教師と労働者階級は、皆さんの勇気を称賛し、心から共に立ち上がります。私たちもまた、アメリカでの生活のあらゆる局面に影を落としている軍国主義、この国の、学校の、予算の軍国主義に反対して闘っています。日本列島には5万人のアメリカ軍が展開し、特に沖縄は、犯罪、公害、劣化ウラン、レイプなどあらゆる面で米軍の影響を受けており、軍事基地による精神的・経済的インパクトを受けていることに対し、激しい怒りを感じています。

 私たちの世界の平和と正義のための運動は、皆さんの声が力強く、そして3月の卒業式に断固たる姿勢で臨むことを必要としています。皆さんは厳しい道を選択されました。しかし平和と正義の道は、最終的に勝利します。皆さんがこの行動に立ち上がるとき、それはまた、私たち全てにとって大きな鼓舞となっていることを忘れないで下さい。
 ガンバッテください!

連帯を込めて、
アーリーン・イノウエ

学校の軍国主義に反対する連合(CAMS)
ロスアンゼルス統一教組(UTLA)


{%火webry%}パリ支援グループからのメッセージ
 フランスの教員組合の一つ、SUD Education(シュッド・エデュカシオン)から、昨年12月のアクションに向けてメッセージをもらっていますが、3月10日のOne Day Actionに向けて、彼らが属する組合Solidaires(ソリデール)は、在仏日本大使館に会見を求める要請書を送りました。
 主旨は次のとおりです。
「根津さん、河原井さんをはじめ日本の教員388人が君が代・不起立で東京都と都の教育委員会から処分を受けたことを知った。私たちはそんな処分はまったく理解できない。それが日本の同僚たちの教育の自由をおびやかすだけでなく、教育の場でナショナリズム的心情を助長するのではないかと懸念している。そうしたやり方が過去、悪い害をもたらしたことを日仏だけでなくすべての国はよくわかっているはずである。したがって、彼ら教員への処分を破棄し、元の職場に無条件で復帰できるよう、当局への仲介をしてくださることを私たちは正式に要請する。 当局による抑圧的な処置、教員の自由の否定、そして教育が担う解放的な使命への否定に対して、わたしたちは組合員としてショックを受けている。東京でアクションが行われる3月10日に、根津さん、河原井さんたち処分を受けた教員への連帯をあらわすために、私たちは日本大使に会見を求める。」

 これに対する返事はありません。会見ができないようなら、3月中に自治体国際化協会パリ事務所(クレア)があるパレ・ロワイヤル広場で示威行動を行う予定です。





画像

 河原井さん根津さんらへの「君が代」解雇をさせないOne Dayアクション第3段が3月10日、都庁前で朝8時から夜7時まで延べ250名が集まり闘い抜かれました。2月はじめ、根津さんが「OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO」と書いたトレーナーを着て教えていたことが職務専念義務違反だと決めつけ、新たな処分として「解雇」が出されようとしている中での行動でした。卒業式の前に根津さんをどんな理由をつけてでも「解雇」しようとしていた東京都教育委員会を根津さんと支援の仲間のたたかいが追いつめています。

 この日は、根津さんを先頭に朝8時から都庁前でビラまき行動をおこない、断続的な都教育庁に対する抗議・申し入れ行動と3回の集会をおこないました。三重、大阪、兵庫、大分など全国各地からも支援がかけつけました。また、3月2日の朝日新聞の意見広告を見てかけつけた若い人たちもいました。終日都教委をおいつめる行動をたたかいぬきました。
 都教育庁への抗議行動は午前中2回、午後1回おこない、要請行動は2時~3時40分まで約60名の支援の仲間とともにおこないました。要請行動の中で、要請を始める前に、この間根津さんが出した公開質問状がなぜ中村教育長にわたらないのか、誠意ある回答をなぜしないのか、について黒田教育情報課課長に約1時間にわたり問いただしました。「公開質問状については人事部職員課にまわしました。そこでどう処理したかわからない」「回答しないことが回答」と同じことを繰り返す黒田課長に皆の怒りが収りません。これが東京都の教育の実態です。「日の丸」「君が代」の強制に反対し「君が代」斉唱時に不起立をつらぬいたことで「解雇」されようとしていることに対して、根津さんが人事部長への面会を求めれば、警備体制をとり教育庁は何も根津さんの訴えを聞こうとしません。公開質問状を出せば「回答しないことが回答」と言うふざけきった回答をするのが東京都教育委員会の態度です。これが東京都の教育のありかたです。愛国心教育を強制し、戦前と同じように戦争のできる子どもたちをつくろうとしています。


雨の中、都庁前での朝ビラ
画像


午前中の都教委への抗議行動。職員にせまる根津さん。
画像


都庁前での集会。
画像


集会で発言する根津さん。
画像


午後2時からの都教委要請行動。
画像


午後5時すぎ、再度都教委に抗議。
画像


 根津さんのたたかいは多くの労働者・民衆の心をとらえています。根津さんは3月11日から連日午後4時30分から東京都教育委員会に抗議行動を行います。全国から東京都教育委員会に根津さんを解雇するな!と抗議を集中しましょう。




画像

 教育委員会定例会を明日(3/4)に控えて、多くの人がやりくりをして早朝から都庁にかけつけました。「都庁に働く皆様」で始まるビラは「一緒に声をあげてください!」と呼びかけていました。そして、昨日の朝日新聞朝刊に掲載された「え?歌わないと、クビ!?」と、みんなの力で実現した意見広告が大きく刷られていました。その意見広告の効果かいつもよりずっと多くの2000枚のビラが次々と受け取られていきました。
 午後3時には根津さんもかけつけ、みんなで27階人事部へ。エレベーターを出ると、人事部職員課の窓口に行く通路は遮断され警備員がズラリと構えていました。
画像


 根津さんは公開質問・要請書(2)を持ってきていました。根津さん自身は受けた覚えのない「職務命令」違反で不当な事情聴取を受け、その不当性について質問したが、「後で出しなさい」と答えてもらえなかった。それで根津さんは、後日すぐ、中村教育長宛に公開質問状を出しましたが、その回答は「ご質問のすべてについて、回答することが出来ません。これが回答です。」という、回答ならざる回答でした。しかも、その後明らかになったことは、根津さんの処分を決める懲戒分限審査会のメンバーにもこの公開質問状が届けられていなかったことです。当人の疑問への回答もなく、意見も聞き入れられず、明日解雇処分が出されるかもしれない、どうしても納得できない!根津さんは、今日、この再質問状に答えてもらいたい、人事部長に会わせてください!と要請しました。
画像


 対応に出た人事部幹部は「人事部長は会いません」と。なぜ?の問いには答えず、まるで機械のように「要請受付は教育情報課で受けるシステムになっています。そちらに行ってください」。しかし、総務部・教育情報課へ行けば、また機械のように「担当所管にお伝えしておきます」だけだ。しかも、質問状や要請書が本当に届けられているのか全くわからない。だから、直接担当の人事部に来ているのではないか。しかし、職員課幹部は「私は受け取りません」。根津さんは「人事部長に渡して後で回答を聞きに来るからと伝えてください」と幹部らの足下に質問状を置きました。すると幹部の1人が何と「ゴミとして処理します」と言ったのです!根津さんに対してこんな言辞は絶対に許せない。根津さんがどんなにか悔しい思いで、張り裂けんばかりの怒りでこれを書いたのか、あなたたちは思いやることができないのか?根津さんを傷つけ、処分を乱発し、クビにしようとしているのはあなたたち自身ではないか!
 このあと、私たちは30階の教育情報課に移りましたが、根津さんの公開質問状は廊下に捨て置かれたままでした。
画像


 30階もエレベーターの外には阻止線が張られ、警備員に行く手を阻まれました。掲示板には「正常な通行を妨げてはいけない」と書いてあるのに、何ということだ。対応に出てきた教育情報課の黒田課長に根津さんは、新しい公開質問状への回答を今日中にほしいから速やかに回すようにと要請しました。「それはできない、もっと時間がかかる」という黒田課長に根津さんは「明日、私への処分が出される前に納得のいく回答をすべきだ、と伝えなさい!」と一喝。
画像


 しかし、驚くべきことにこの黒田課長は、その後の要請に対して、要請書を要請先に出すかどうか「内容を見て判断する」と言ったのです。要請受付窓口として、どんな内容のものであっても要請を受けたら要請先・被要請者に届けるべきではありませんか。ところが「お約束できません」というのです!前回、私たちの要請書を教育委員一人一人に渡してほしいとの強い申し入れに対しても、今日の回答は「渡したかどうかは答えられないとのことです」、でした。ということは渡していないということではないですか?!都民の声を聞きます、要請は受け付けますというのは「建前だけ」、実際は聞く耳を持たない、ただのガス抜きということですか!

 怒りが納まらないけど再び27階へ。しかし、対応に出てきた職員課幹部はまたもや「人事部長はお会いしません」。なぜ?「答える義務も、責任も、考えも、ありません」。では、あなたが説明をして!「説明する責任も義務もありません」。ほとんど理解しがたい居直りの言葉の繰りかえしでした。しかし、誰かが「人殺し!」と言った時、その人を指さして「そういう誹謗はやめなさい!」と初めて主体的(?)な言葉を述べたのです。これには「都教委の現場破壊で自殺者が出ているじゃないか」と大きな抗議の声があがりました。根津さんも「私の教員生命を殺さないで!」と叫びました。
画像


 根津さんの必死の要請・抗議は4時間に及びましたが、無責任な都教委職員は「時間ですから」と言って消えて行ってしまいました。明かりが消され、真っ暗な中で、私たちは「根津さんへの処分を許さないぞ!」「根津さんを解雇するな!」とシュプレヒコールを続けました。

 明日はいよいよ教育委員会です。ビラまき、傍聴とみなさん都庁へかけつけましょう!
ビラまきは午前8時~、傍聴は10時~(受付は9時30分ごろまで)です。










↑このページのトップヘ